プロミス・シンデレラ ニュース

<SNS反響>「あなたはもう用済み」 “菊乃”松井玲奈が「怖い」と話題に

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、7月27日に放送され、ラストで、松井玲奈さん演じる人気芸者・菊乃が、早梅(はやめ、二階堂さん)の元夫・正弘(井之脇海さん)に「あなたはもう用済み」と言い放つ場面が登場。視聴者からは、「松井玲奈ちゃんの役柄が怖い」「菊乃さん怖すぎ」などの声が上がった。

 早梅が離婚届を書くことになった第3話。ラストでは、正弘が、菊乃に電話で「離婚届はちゃんと書いてもらえたよ。これで君とちゃんと向き合える」と話すと、菊乃は「こちらもやっと次に進めるわ。だからあなたはもう用済み。今までありがとう。さよなら」と言って、正弘の番号を着信拒否に設定。そして、スマホの写真を見ながら「すてきねぇ。10年越しのシンデレラさん」とほほ笑んで……という展開だった。

 SNSでは、「松井玲奈さんから醸し出されるミステリアスな雰囲気すごい」「玲奈さんいい味出してるなあ」「松井玲奈さん可愛い」「意味深の役柄お似合い」「松井玲奈ちゃんの悪女役最高」「菊乃さんを松井玲奈にした時点でいろいろと勝利してる」などのコメントが並ぶなど、注目を集めていた。

<SNS反響>不器用な“壱成”眞栄田郷敦に「たまらない」 「どんどん可愛くなる」の声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第3話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、7月27日に放送された。金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成を演じる眞栄田郷敦さんについて、視聴者からは「眞栄田郷敦くん不器用な感じがたまらない」「壱成くんが不器用で可愛すぎる」などの声が上がった。

 第3話では、壱成(眞栄田郷敦さん)から、不倫した正弘(井之脇海さん)から慰謝料300万円をぶん取るゲームを持ちかけられた早梅(二階堂さん)。不倫の証拠を押さえるため、正弘を尾行していた早梅は、自宅で不倫相手と抱き合う正弘の姿を目撃してしまう。

 終盤では、正弘に慰謝料を自ら「いらない」と言った早梅が、壱成に「ゲーム失敗、お金返さなきゃいけないのに自分の感情を優先させてしまいました」と謝罪する様子が描かれた。そして、こらえきれず泣き始めてしまった早梅。そんな早梅が、周囲の人から見えないように「こっち向いて待ってろ」と声をかけた壱成は、「セレブ保湿」と書かれた箱ティッシュを早梅に渡して……という展開だった。

 SNSでは、「プロミスシンデレラの眞栄田郷敦がよすぎる」「壱成ほんとは純粋でめっちゃいい人なのよね」「プロミスシンデレラがどんどん面白くなってきた……!」などの声が並んだ。壱成の変化にも注目が集まっており、「壱成がキュートで可愛くてカッコよくて回を追うごとに惹き込まれていく」「壱成がどんどんかわいくなる」という意見も上がっていた。

<シンデレラ・コンプレックス>第3話「条件3:誠実」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第3話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第3話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第3話「条件3:誠実」の配信が7月27日に始まった。

 上利(武田航平さん)が「籍を入れてほしい」と誰かに電話で迫られている様子を、黒瀬(金子ノブアキさん)が見掛けてから数日後。上利とまひろ(松村さん)のデート写真が週刊誌にすっぱ抜かれる。

 上利に「君との関係は大事にしていきたかった」と言われ、まんざらでもないまひろは、上利からの次の誘いを快諾する。一方、倉持(小宮璃央さん)はまひろの気を引こうと頑張るが、「いつも笑顔を振りまいていて気持ち悪い」と、まひろから辛辣(しんらつ)な言葉を浴びせられる。そんな中、1人の女性が旅館に乗り込んできて……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、本編と同じ老舗高級旅館「かたおか」。ヒロインの仲居・坂村まひろ(松村さん)が、理想の結婚相手を日々探す中、資産数十億円とうわさされるイケメンデイトレーダーと出会う。更にアルバイト大学生がまひろに一目ぼれして……という展開。

<シンデレラ・コンプレックス>第2話「条件2:ライフスタイル」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第2話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第2話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第2話「条件2:ライフスタイル」の配信が7月20日に始まった。

 思わず上利(武田航平さん)に「あなたのお嫁さんにして下さい!」と告白してしまったまひろ(松村さん)。すぐに冗談だと撤回したものの、内心は上利に興味津々。上利にふさわしい女性を演じようと努力を重ねる。

 倉持(小宮璃央さん)は壁ドンなどでまひろの気を引こうとするが全く相手にしてもらえない。

 まひろと上利は近くのカフェへパフェを食べに行くことに。2人が気になる黒瀬(金子ノブアキさん)は倉持と共にカフェまで偵察に。苦手な生クリームを無理して口にするまひろの姿を見て……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

<SNS反響>“仲居さん”松村沙友理に「可愛すぎ」の声 着物姿に反響

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」の仲居・坂村まひろ役で、元「乃木坂46」の松村沙友理さんが出演。視聴者からは、「松村さんの仲居さん姿可愛すぎ」などの反響があった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。松村さんが演じるまひろは、世渡り上手で人懐っこい性格で、仲居として働く姿が登場した。SNSでは、「さゆりんご可愛い」「着物姿めちゃくちゃかわええ」「さゆりんめっちゃ似合う~」などのコメントが並んでいた。

<SNS反響>人気芸者役の松井玲奈に「美しい」の声 二階堂ふみとの“エール”共演も話題

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」に出入りしている人気芸者・菊乃役で松井玲奈さんが出演。視聴者からは、「松井玲奈美しいな。さすが菊乃役」「うなじが綺麗な菊乃さん」「松井玲奈の首筋美しっ」「松井玲奈いい感じだった! ハマりそう!」などの声が上がった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。二階堂さんと松井さんは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で仲良し姉妹を演じたことから、SNSでは「二階堂ふみと松井玲奈ちゃんって朝ドラでも共演してたな」「エールの3姉妹だ!って思ってうれしくなった」といった声も上がっていた。

(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>“壱成”眞栄田郷敦に「ワルっぽい役新鮮」「ハマリ役になりそう」と話題に 二階堂ふみとのバトルも注目

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成を演じる眞栄田郷敦さんについて、視聴者からは「眞栄田郷敦くんのワルっぽい役新鮮」「ごうどんのハマり役になりそう」などの声が上がった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。公園で野宿生活をする早梅のサンダルを、壱成が池に投げ捨ててしまった場面では、早梅の怒りが爆発。早梅は、壱成に平手打ちをしたり、壱成の上に乗って「笑いなさいよほらー!」と言ったり、「私の靴弁償しろ、クソガキー!」とやり合う様子が放送された。

 SNSでは、「ふみちゃんと郷敦くんのケンカシーン笑っちゃいました」「眞栄田郷敦くんの壱成が原作の初期のイキってる壱成まんまで違和感が全くなかった」「郷敦のあの生意気高校生やばい好きです。ニヤってするとこたまらん」「眞栄田郷敦にキュンした」「郷敦かっこよかった」といったコメントが並んでいた。

<SNS反響>着物姿の“成吾”岩田剛典にキュン 「まさしく王子様」「私も靴履かせて」と反響

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」の若旦那・片岡成吾役の岩田剛典さんが着物姿で登場。視聴者からは、「岩ちゃんの着物姿かっこよかった」「若旦那かっこよすぎでしょ。和服がやばい~」などの反響があった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。成吾が、女の子に靴をはかせてあげるシーンでは、「かたおか」の仲居が「超シンデレラと王子様じゃん。私も成吾様に靴履かせてもらいたい」と話す展開で、SNSでは「私も若旦那に靴履かせてほしい」「GUNちゃんリアル王子様。登場するたびにキュンとしたぁ」「まさしく王子様やん」といった声のほか、「若旦那かっこよすぎ。これからどうなるのか楽しみ」と期待の声も上がっていた。

<SNS反響>二階堂ふみ「プロミス・シンデレラ」早梅役に「ぴったり」 説教&“顔面ケーキ”シーンに「スカッとする」の声

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。夫から突然離婚を切り出され、無一文、無職、宿なしとなってしまったバツイチアラサー女子・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)を演じる二階堂さんについて、視聴者からは「二階堂ふみちゃんが早梅すぎる」「二階堂ふみちゃんはめちゃくちゃぴったり」などの声が上がった。

 第1話では、ある日突然、夫・正弘(井之脇海さん)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に切り出された早梅。そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金を全て奪われ、「バツイチの無一文、無職、宿無し」になってしまう。早梅が公園で野宿生活を始めて数日後、目の前に金持ちのイケメン高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)が現れ、「ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろう」と持ち掛けられ……と展開した。

 そんな中、「セレブパーティーで主役に恥をかかせる」というミッションに挑まないといけなくなってしまった早梅。誕生日パーティーの主役であるモデルに対し、壱成が言いたい放題言っていると、早梅は「やりすぎ! もう少し人の気持ちってもんを考えなさいよ、あんたは」と言って、壱成の顔面をケーキに思いっきり押しつける場面も登場。その後、壱成の悪口を言うモデルにも、早梅はケーキを思いっきりぶつけて……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「原作でも大好きなケーキのシーンめちゃくちゃ良かった」「顔面ケーキ爆笑した。見ててスカッとする!」「このドラマ、二階堂ふみが気持ちいい! 喧嘩するシーンや、相手に説教するところがスカッとする!」などの声が上がった。

 二階堂さんについて、「二階堂ふみさんの早梅が本当にリアル早梅で勝気な役がハマりどころだった」「二階堂ふみの演技は相変わらず素晴らしい」「二階堂ふみちゃん可愛すぎたわ」などの意見も上がっていた。

二階堂ふみ「プロミス・シンデレラ」Pに聞く魅力 「引き出しの多さ」と「目の魅力」

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)が、7月13日にスタートする。昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で主人公の妻を演じ、話題を集めた二階堂さんが、今作では夫から突然離婚を切り出され、無一文、無職、宿なしとなってしまったバツイチアラサー女子・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)を演じる。「スカッとする言葉を言うかっこいい姿や、乙女な顔、泣きのお芝居など、さまざまな二階堂さんが見られるので、二階堂さんファンにとってたまらない作品じゃないかなと思います」と話す共同テレビの橋本芙美プロデューサーに、二階堂さんの起用理由や芝居の魅力について聞いた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

 ◇撮影初日から実感 「早梅そのもの」

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。二階堂さん演じる人生崖っぷちアラサー・早梅が、金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)に拾われ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”をくりひろげる中で恋に落ちていくラブコメディー。壱成の兄で、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)との三角関係にも発展していき、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 原作の魅力について、あらゆる困難に屈しないヒロイン像に惹(ひ)かれたという橋本さん。「早梅のカッコ良さと、壱成の可愛さがクセになります(笑い)。胸キュンが随所にありながら、ゲームで始まる入り口、さらにサスペンスの要素もあって面白いなと思いました。“リアル人生ゲーム”という言葉もキャッチーだと思いました」と振り返る。

 ヒロイン・早梅は、曲がったことが大嫌いで真っすぐな性格。しかし、人に頼ることが苦手な一面も持つ。そんな早梅に二階堂さんを起用した理由を聞くと、「すごく“自分”がある方だなと感じていて。早梅のたんかを切っていく感じがすぐに想像できたんです」と明かす。映画「ヒミズ」(園子温監督)での二階堂さんの芝居を見て以来、「いつかご一緒したい」と思っていたという。

 もともと、原作のファンだったという二階堂さんについて、「ものすごく読み込んでいるので(笑い)、はじめにお会いしたときから早梅のことをわかりつくしていた」と表現した橋本さん。撮影初日には、早梅が高校生たちに言いかかっていくシーンを撮影したというが、「二階堂さんの目つきが早梅そのものでした。原作の早梅まんまって感じがして。現場でその姿を見て、やっぱり(早梅は)二階堂さんだったなと思いました」と手応えを語る。

 ◇引き出しがとにかく多い 二階堂ふみの芝居

 二階堂さんの撮影現場での様子については、「明るくて、いろいろな方と気さくに話して笑っています」と明かす。「エール」で仲良し姉妹を演じたが、今作では恋のライバル関係となる松井玲奈さんとは仲が良いといい、「二階堂さんが、松井さんを後ろからハグするなどすごく仲良し」だ。

 そんな二階堂さんの芝居の魅力について、「感情のリアルさと細やかな表情が素晴らしくて。引き出しがとにかく多いなぁと。身体能力も高くて、壱成とのケンカシーンはかなりアクション入ってますが、想像以上に見ごたえのある面白いシーンになっています(笑い)」と話す橋本さん。演じる相手によって受けの芝居もバリエーションがあるので、どんなシーンでも面白くなっていくという。「『あっ、こういう表情もあるんだ』と、監督も喜んでいます」と制作サイドの様子を明かす。

 二階堂さんの目も魅力の1つだといい、「優しい柔らかなまなざしもあれば、瞬時に刺さるような強い目になることもあったり……早梅の強さや弱さ、優しさにまさにピタッとハマっています。いつも二階堂さんの目に吸い込まれますね」と明かす。

 火曜ドラマといえば、“胸キュン”が話題となることが多いTBSの人気枠。今作では女性の生き方や人間ドラマの縦軸がある中で、胸キュンシーンが随序に登場していく。はじめは壱成とケンカばかりしているが、二人が次第に恋に落ちていく中で、ドキッとする乙女な早梅の顔なども見られるという。橋本さんは、「コロナでなかなか不安がぬぐえない雰囲気が世の中に漂っていますが、この作品を見てスカッとしたり、思い切り笑ったり泣いたりすることで少しでも元気に、楽しい気持ちになれたらいいなと思って、みんなで全力で作っています。ぜひご家族皆さんで見ていただきたい」と呼びかけた。

小宮璃央、“キラメイレッド”が初のラブコメ 松村沙友理に猛アタックする年下男子

7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん
7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん

 スーパー戦隊シリーズ「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(2020~21年)でキラメイレッド/熱田充瑠を演じた俳優の小宮璃央さんが、7月13日午後10時にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)のオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」に出演することが分かった。今作は、アイドルグループ「乃木坂46」の活動を7月13日で終了する松村沙友理さん主演の本格的なラブコメディー。小宮さん自身はラブコメ初挑戦で、ドラマの初回放送後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。

 小宮さんが演じるのは、「プロミス・シンデレラ」の舞台の旅館「かたおか」にアルバイトでやってきた20歳の大学生・倉持雄吾(くらもち・ゆうご)。可愛らしい見た目で、愛嬌があり、どんな女性でも彼といると笑顔になってしまう。そして、「かたおか」で働く年上の仲居・坂村まひろ(松村さん)に一目ぼれして猛アタック……という役どころだ。

 また、今作には「かたおか」の茶房で働く、女性好きでお調子者のマスター・黒瀬洸也役に金子ノブアキさんが出演。「かたおか」に客として訪れた、資産数十億円と噂されるイケメンのデイトレーダー・上利(あがり)圭市役で、武田航平さんも登場する。

 小宮さんは「ラブコメのドラマを見たりするのは大好きですが、演じる側に回るのは初めてで、『シンデレラ・コンプレックス』に出させていただくことを聞いた時は緊張と不安が少しありました。ですが、倉持くんの少し抜けてるところや、男らしいところを精いっぱい演じているので、初々しさなども含め見守っていただきたいです」とコメント。

 「台本を初めて読んだ際は、演じる僕自身がドキドキしてしまう展開が多かったので皆さんも胸キュン間違いなしだと思います(笑い)! 松村沙友理さんと金子ノブアキさんとのお芝居を全力で楽しみながら、見てくださる皆様にたくさんの胸キュンをお届けし
たいと思っておりますので、楽しんでParaviオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』をご視聴ください! そして、ストーリーが進んでいくにつれて見える倉持くんの成長などもお見逃しなく~!」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

LiSA、二階堂ふみ主演「プロミス・シンデレラ」主題歌担当 「ドキドキしています」

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の主題歌を担当するLiSAさん
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の主題歌を担当するLiSAさん

 歌手のLiSAさんが、女優の二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の主題歌を担当することが6月15日、分かった。主題歌のタイトルと音源は後日、発表される。

 LiSAさんは、主題歌の制作について「今回のお話をいただいてから改めて原作を読みこみ、早梅さんの姿を想像し、私なりに不器用なステップで一歩ずつ楽曲制作を進めていきました」と明かし「ドキドキしています。どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せている。

松井玲奈、「エール」“姉妹”二階堂ふみと今度は恋敵役「バトルを繰り広げる」 「プロミス・シンデレラ」に金子ノブアキと出演

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS

 女優の松井玲奈さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが6月1日、分かった。松井さんと二階堂さんは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で仲良し姉妹を演じたが、今作では恋のライバル関係に。松井さんは「二階堂さんとは朝ドラで仲の良い姉妹を演じていましたが、今作では姉妹げんかではなく、物語のスパイスになる火花ほとばしる恋のバトルを繰り広げることになります。最後まで楽しみながら、ぶつかっていきたいと思います」とコメントしている。

 松井さんは、早梅に恋する旅館「かたおか」の五代目若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)にいちずな思いを寄せる人気芸者の菊乃こと、加賀美明を演じる。早梅に激しい嫉妬心を抱き、早梅をどん底に落とそうと、裏でさまざまな画策をする悪女だ。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・早梅が金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、早梅と成吾、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 松井さんはドラマについて「原作を読んだ時にひきつけられる設定と、テンポの良いストーリーにすぐに夢中になりました。主人公の早梅は真っすぐで正義感の強い女性。原作や脚本を読めば読むほど、二階堂さんのパワフルで時に繊細な早梅の姿が生き生きと浮かび上がりました。眞栄田郷敦さん、岩田剛典さんとも早く現場でご一緒したい気持ちでいっぱいです」と語っている。

 「かたおか」の茶房で働くお調子者のマスターで、早梅にちょっかいを出す黒瀬洸也(こうや)を金子ノブアキさんが演じることも発表された。金子さんは「素晴らしいご縁に心より感謝いたします! 日々の息抜きに楽しく見ていただける様、チーム一丸となって取り組みたいと思います」と語っている。

岩田剛典、眞栄田郷敦と兄弟役 二階堂ふみと三角関係に 7月期TBS“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと俳優の眞栄田郷敦さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月18日、分かった。岩田さんと眞栄田さんは、主人公・桂木早梅(はやめ、二階堂さん)と三角関係になる兄弟を演じる。

 岩田さんは、早梅に思いを寄せる旅館の御曹司・片岡成吾演じる。成吾は、容姿端麗、成績優秀で常に周りから注目を浴びてきたが、自由がなく、心を許せる相手もいないことをひそかに悩んでいた。そんなあるとき、初恋の相手である早梅と10年ぶりに再会し、次第に早梅への思いが抑えられなくなっていく。

 眞栄田さんは、成吾の弟で、早梅に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成を演じる。壱成は、友達と豪遊し、ホームレスに金をばらまくようなことをする金持ち。劇中では、金に一切興味を示さないばかりか、自分に平手打ちをくらわせた早梅に次第に興味を持っていくという役どころだ。

 岩田さんは「僕が本作品のお話をいただいたときには二階堂ふみさん、眞栄田郷敦さんと共演することが決まっていました。ですので、初共演ということが、まずとても楽しみだなと思っていました。また実は僕自身、こういうラブコメの作品に出演することが久しぶりなので、そこも楽しみです。原作を読ませていただいたのですが、三角関係だったり、いわゆる王道のラブストーリーの部分もありつつ、とても夏ドラマにふさわしい、毎週明るく見ていただけるような作品になるのかなと思っています。うだるような暑さを吹き飛ばす、明るいスカッとしたドラマを、皆さんと一緒に作ってお届けできればと思います」とコメントを寄せている。

 眞栄田さんは「原作を読んでみて、コミカルな部分は面白く、良い表情が描かれていて、シリアスな部分はとてもきれいな絵で、まずマンガの絵がとても好きだなと思いました。話は、正直壱成のギャップにやられたといいますか(笑い)。非現実的な部分もある話だと思いますが、それを感じさせないほど入り込んで楽しめた作品でした」とコメント。

 続けて「ドラマを通して、スカッとしたり、切なくなったり、キュンとしたり、原作を知っている方にも、知らない方にも、『プロミス・シンデレラ』の魅力を最大限お届けできればいいなと思っています」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館

二階堂ふみ、人生崖っぷちアラサー女子役でTBSドラマ初主演 7月期“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが、7月スタートのTBS系新火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)で主演を務めることが5月9日、分かった。二階堂さん演じる人生崖っぷちのアラサー女子が、金持ち男子高校生に拾われて金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑むというストーリーで、二階堂さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。主人公の桂木早梅(かつらぎ・はやめ)は、ある日、夫から突然離婚を切り出されたショックから、勢いで家を飛び出したものの、スリに遭って無一文となり、ホームレス同然の生活になってしまう。そんな中、ひょんなことから出会った金持ちの男子高校生から「泊めてやる代わりにゲームしようぜ」と持ち掛けられ、とある事情で背負ってしまった借金返済のため“リアル人生ゲーム”に参加することに。人に頼ることが苦手な早梅は、豪邸に居候しながら「セレブパーティーで主役に恥をかかせ20万円獲得」などのゲームに体を張って挑戦。そんな早梅の前に、かつての初恋の人である御曹司も現れて……と展開する。

 最悪の出会いを果たした2人が、互いの利害関係からゲームという形を通してつながり、やがて強く惹(ひ)かれ合っていく壮大なラブストーリー。さらに、男子高校生がサイコロを転がして出したお題を、曲がったことが大嫌いなヒロインが自身の信念を貫くやり方でクリアしていくゲームの行方も見どころの一つだという。

 二階堂さんは「ドラマのお話をいただく前から原作を読んでいて、アプリで毎回更新されるのを楽しみにしていました。とあるお仕事の現場で、楽屋に戻ると原作本が置いてあって、『私の好きなマンガだ!』と言ったら、マネジャーさんから、実はドラマのお話が来ているんですと(笑い)。両手を上げて喜んだ記憶があります」とコメント。

 続けて、「私が演じる主人公の早梅は、真っすぐな強さの中に弱さも持ち合わせていて、そのギャップがとても魅力的なキャラクターです。主人公とは実年齢が同じということもあって、これからの人生をどう生きていくのかという悩みや葛藤など、等身大で演じることができればと思いますし、キャストやスタッフの方々と一緒にこのドラマを素晴らしいものにできたらと思っています。また、見てくださる皆さんに寄り添う場面が必ずあると思いますので、ドラマを見て元気になったり、ちょっと泣いたり、大笑いしたりしていただけるような、エンターテインメントをお届けできるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 原作の橘さんは「脚本を読ませていただき、自分の描いたマンガがここまで面白くなるのかと感動しています。この脚本をそのままマンガにしたい……。初めての作品で右も左も分からない私をたくさんの方がサポートしてくださいました」「このようなご時世の中でのドラマ撮影、大変かと思われますが、ワクワクしながら一視聴者として放送日を心待ちにしています!」と話している。

 橋本芙美プロデューサーは「二階堂さんが早梅を演じることで、きっとたくさんの視聴者に勇気と元気をお届けできるような作品になると確信しました。不器用なところもあるけれど、誰よりも真っすぐで強く生きていくヒロイン・早梅、人生のどん底からこの物語はスタートしますが、彼女がどんな未来を切り開いていくのか、ぜひ早梅と一緒になって“リアル人生ゲーム”に挑んでいただけたらと思います。お楽しみに!!」とアピールした。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館

プロミス・シンデレラTBS系 火曜ドラマ
2021年7月スタート 火曜午後10時放送