プロミス・シンデレラ ニュース

<SNS反響>“菊乃”松井玲奈の演技に「素晴らしかった」の声 “正弘”井之脇海との2ショットに反響も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が、9月14日に放送された。人気芸者・菊乃を演じる松井玲奈さんについて、視聴者からは「プロミスシンデレラの菊乃役ハマってたな~!」「菊乃が素晴らしかったです」など絶賛の声が上がった。

 最終回では、早梅(二階堂さん)のスマホに、監禁された壱成(眞栄田郷敦さん)の画像が送られてくる。送り主は菊乃(松井さん)で、助けたければ成吾(岩田剛典さん)と関係を持てと言うのだった。早梅に話を聞いた成吾は、ある言葉をヒントに、監禁場所の手掛かりを知る方法を思い付き、やがて監禁場所を確信。早梅は旅館を飛び出し、壱成の元へ走り……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が世界トレンド2位となるなど、盛り上がりを見せ、SNSでは「松井玲奈ちゃん迫真の演技だ……演技めちゃくちゃうまい」「松井玲奈ちゃんの菊乃さんあってたと思う」「マンガの菊乃も恐ろしいけどドラマの菊乃もゾワゾワしっぱなしでした」などのコメントが並んだ。

 また、監禁騒動が一段落した後、菊乃が、早梅の元夫・正弘(井之脇海さん)と会う場面もあり、SNSでは「えっ、菊乃と正弘!?」「菊乃さんと正弘と2人のシーン、めっちゃ良かったです!」「菊乃と正弘も、みんな幸せになってほしい」「正弘くんと菊乃さんのその後もみたい」という声が上がるなど、注目を集めていた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>最終回迎え「ロス」&続編希望の嵐 「最後まで最高でした!」「すてきな時間をありがとう」

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦さんが出演する連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が、9月14日に放送された。最終回を迎え、視聴者からは「完全にプロミスシンデレラロス!」「眞栄田郷敦くんロス……最初から最後まで可愛かったぁ」などロスを訴える声が続々と上がった。

 最終回では、早梅(二階堂さん)のスマホに、監禁された壱成(眞栄田さん)の画像が送られてくる。送り主は菊乃(松井玲奈さん)で、助けたければ成吾(岩田剛典さん)と関係を持てと言うのだった。早梅に話を聞いた成吾は、ある言葉をヒントに、監禁場所の手掛かりを知る方法を思い付き、やがて監禁場所を確信。早梅は旅館を飛び出し、壱成の元へ走って……。ラストでは、早梅と壱成の恋の結末が描かれた。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が世界トレンド2位になるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「終わってしまったぁぁ。最後まで最高でした!」「『プロミス・シンデレラ』のロスから抜け出せん」「今までのドラマの中で1番良かったな。最高だった」「この番組で壱成郷敦沼に落ちてしまった」といったコメントがずらり。

 また、「プロミスシンデレラ続編希望!」「続編やスペシャル待ってます」「続編か数年後スペシャルみたいー!」などの続編希望の声も並んだ。「すてきな時間をありがとう」「たくさんの胸キュンをありがとう」「このようなご時世のなか、楽しませていただき感謝です」という声も上がっていた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>世界トレンド2位! 「俺が18になったら結婚すんぞ」“壱成”のプロポーズに大反響「完全に郷敦沼落ち」

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦さんが出演する連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が、9月14日に放送された。ラストでは、眞栄田さん演じる壱成が、早梅(二階堂さん)への思いを告げる展開で、視聴者からは「壱成くんが男前すぎ」「完全に郷敦沼落ち」「壱成の表情本当よかったな~本当すごい俳優さんだよ」などのコメントが並び、大反響だった。

 最終回のラストで、早梅は「あんたとずっと一緒にいたいって思ってたんだけど、でも、私とあんたは10コ離れているし、壱成の将来を台無しにしちゃうんじゃないかとか、壱成にはもっとふさわしい子がいるんじゃないかとか、もうどうすればいいかわかんなくて……」と壱成への思いを明かす。

 「私、あんたのこと好きになっちゃった」という早梅の言葉を受けて、早梅を抱きしめた壱成は、「年の差なんてどうだっていい。早梅だから好きなんだ。俺が18(歳)になったら結婚すんぞ」とプロポーズをして……。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が世界トレンド2位になるなど大盛り上がりで、SNSでは「『18歳になったら結婚すんぞ!』がたまらん」「郷敦沼に落ちてしまった」「壱成の成長と男らしさと可愛さに終始ニヤニヤ。早梅ちゃんと二人で幸せになってほしい」などの感想が書き込まれた。ほかにも、ロスや続編を希望する声でもあふれるなど、話題を集めていた。

<シンデレラ・コンプレックス>最終話「条件0:無意味」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の最終話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の最終話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元「乃木坂46」の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)最終第7話「条件0:無意味」の配信が9月14日に始まった。

 「別れてほしい。いつも心の中には自分以外の人がいた」と倉持(小宮璃央さん)に言われたまひろ(松村さん)。倉持の「誰のそばにいたいか、誰にそばにいてほしいのか、本当は分かっているはず」という言葉に黒瀬(金子ノブアキさん)を思い浮かべるも、レーダーチャートはなぜか反応しない。

 まひろは、黒瀬が旅館の茶房を辞めてバーで働くらしいと仲居仲間から聞かされる。黒瀬を探しに走るまひろ。黒瀬との思い出が次々によみがえり……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、本編と同じ老舗高級旅館「かたおか」。ヒロインの仲居・坂村まひろが、理想の結婚相手を日々探す中、資産数十億円とうわさされるイケメンデイトレーダーと出会う。更にアルバイト大学生がまひろに一目ぼれして……。

眞栄田郷敦、“郷敦沼”から抜け出せない! 「プロミス・シンデレラ」壱成が「可愛すぎ」と話題に 「現場でも愛されキャラ」

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する俳優の眞栄田郷敦さん(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する俳優の眞栄田郷敦さん(C)TBS

 「郷敦沼から抜け出せない」。そんな絶賛の声を集めるのは、火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)で、壱成を演じる俳優の眞栄田郷敦さんだ。生意気で、性格の悪い高校生だったが、二階堂ふみさん演じる早梅に思いを寄せるようになると、徐々に変化。素直になれない様子などに、視聴者からは「可愛すぎ」といった声が続出している。9月14日放送の最終回を前に、ドラマを手がける共同テレビの橋本芙美プロデューサーに、眞栄田さんの撮影現場での様子を振り返ってもらった。

 ◇「壱成がどんどんかわいくなる」と話題 起用理由は?

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。眞栄田さん演じる壱成は、家が金持ちであることをいいことに友達と豪遊する高校生。老舗旅館の副社長を務めるしっかりものの兄・成吾(岩田剛典さん)とは正反対で、クラスメートに荷物を持たせたり、無一文になり公園に住んでいた早梅のサンダルを池の中に投げてしまったり……とにかく性格の悪さが際立っていた。

 そんな壱成が、自分が暮らす豪邸に早梅を居候させ、金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑ませることに。不倫した早梅の夫・正弘(井之脇海さん)から慰謝料300万円をぶん取るゲームが描かれた第3話のラストでは、早梅がさまざまな思いから泣き出してしまう展開に。そんな早梅に、「セレブ保湿」と書かれた箱ティッシュを渡した壱成。SNSでは、「壱成がどんどんかわいくなる」などのコメントが並んだ。

 眞栄田さんといえば、昨年放送された火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(同局系)では、イマドキの若者でやや世間知らずの新入社員・瀬川遙人役を担当。多部未華子さん演じるメイをいら立たせることもしばしばだったが、素直で勉強熱心でもあるため、どこか憎めないチームの弟的存在を好演した。

 「これまで年下の可愛い役が多かったと思うのですが、役によってガラッと違う顔を見せる“カメレオン”的な印象も受けていて、底知れない秘めた可能性や魅力を感じていました」と眞栄田さんの印象を話した橋本さん。

 木村拓哉さん主演のスペシャルドラマ「教場2」(フジテレビ系)では、鑑識を目指すも事件を起こして退校処分になる稲辺隆を演じていたが、「『教場2』ではサイコ的な役もやられていてゾクッとしました。素晴らしかったですね。壱成は、性悪な高校生から少しずつ成長して一途でかわいくなっていくので、そのキャラを実写でリアルにするには郷敦くんがぴったりだと思い、彼にお願いしたいと思いました。今後さらに、ものすごいスピードで力をつけてブレークしていくんだろうなと感じています」と明かす。

 ◇壱成の“不意打ちキス”に大反響 表情の変化が話題に

 第6話では、祖母の悦子(三田佳子さん)ともめて家を飛び出した壱成が、これまでつるんでいた同級生たちが自分の金目当てだったと知り、やるせない気持ちに。独りぼっちになり、自分にとって早梅がいかにかけがえのない存在だったかに気づく。

 そんな中、第7話で2人で花火大会に行かないかと早梅を誘った壱成。早梅から「いいよ」と言われ、「マジで?」と喜びを隠しきれない様子が映し出され、SNSでは「デレた壱成かわいすぎ」と盛り上がりを見せた。

 そして、花火大会当日が描かれた第8話のラストでは、自宅で早梅のケガを手当てする壱成が、早梅に「(成吾と)付き合いたいって思わねーの?」と質問。「今の気持ちはまた別だから」という早梅に、「今の気持ちって?」と尋ねた壱成が、突然早梅にキスをする展開で、ツイッターではハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」がトレンド1位となるなど大反響だった。

 壱成を演じる眞栄田さんについて、「とにかく可愛いです」と話した橋本さんは、「撮影現場でも、男女問わずみんなから好かれていて。かっこよさもありつつ、壱成のふてくされた表情とか、イジけた感じとか、ちょっとしたしぐさとか……とにかくかわいくて、現場スタッフたちが撮影しながらキュンとなっています(笑い)。みんな『うちの郷敦』と呼んでいます(笑い)。すごく愛されています」と明かす。

 視聴者からも「表情の変化がすごいと思う」「同一人物とは思えない」「これから、活躍が楽しみ」など絶賛の声が上がる眞栄田さん。最終回ではどんな表情を見せてくれるのか。今から待ち遠しい。

<SNS反響>“菊乃”松井玲奈、再びスタンガン… 「エグい程怖かった」「ゾッとする」の声続々

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が、9月7日に放送された。ラストでは、松井玲奈さん演じる人気芸者・菊乃が、スタンガンを使って、壱成(眞栄田郷敦さん)を気絶させる展開で、視聴者からは「菊乃さん本領発揮」「菊乃さんエグい程怖かった」などの声が上がった。

 8月17日に放送された第6話では、スタンガンで正弘(井之脇海さん)を気絶させ、「だからあなたは本当にこれで用済み」と言い放つ場面が登場し、「怖すぎ」と視聴者の話題を集めていた菊乃。第9話のラストでは、壱成から呼び出された菊乃が、「私ね、早梅さん(二階堂さん)をもっともっと傷つけたかったの」「彼女が苦しめば苦しむほど、私は楽しくて楽しくて仕方ないんだもの」などと、早梅への思いを話す。思わず壱成が「テメーふざけんなよ」と近づくと、早梅はスタンガンを使って、壱成を気絶させてしまい……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」がトレンド1位になるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNS上では、「菊乃のサイコパス感マジでやばい」「菊乃さんにゾッとする」「菊乃やべぇーやつだわ」「壱成くん大丈夫かな」「壱成どうなんのよ~」「ほんと法的手段とってほしいよこれは」などの感想が書き込まれた。

 また、菊乃を演じる松井さんについて、「毎週菊乃さんの演技が怖くなってきていてめっちゃ見応えあるな。演じてる松井さんがすごい……」「松井玲奈さん、ほんっと菊乃っぽくて上手だなぁーと思う」と絶賛する声も上がっていた。

<SNS反響>“壱成”眞栄田郷敦の「抱きしめていい?」に大反響 「ハグの許可可愛い」 次週最終回ですでにロスの声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が、9月7日に放送された。眞栄田郷敦さん演じる壱成が、二階堂さん演じる早梅に、「抱きしめていい?」と尋ねる場面が登場。視聴者からは、「ハグの許可とる壱成かわいい!」「壱成の『抱きしめていい?』で1週間頑張れる」といった声が上がるなど、大反響だった。

 第9話では、早梅に「俺のこと、マジで弟みたいなもんだとしか思ってねーって、それがお前の答えなのかよ?」と確認した壱成。質問に答えられない早梅の姿を見た壱成は、「抱きしめていい?」「弟だって思ってんなら余裕だろ?」と言って、“許可”を取ることに。早梅から「いいけど」とOKをもらうと、優しく早梅を抱きしめた。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」がトレンド1位になるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「めちゃくちゃ優しく愛情たっぷりで抱きしめるよね壱成」「プロミスシンデレラの郷敦くんめちゃめちゃ可愛い」「壱成の抱擁に胸きゅんした」など興奮の声が相次いだ。

 ドラマは、9月14日の放送で最終回を迎えることから、SNSでは「『プロミス・シンデレラ』の最終回は来週なのに既に壱成ロス」「終わらないでもらいたい笑」「毎週楽しみにしていたので来週で最終回、寂しいです」とロスを訴える声のほか、続編を希望する声も上がっていた。

<SNS反響>“早梅”二階堂ふみを突き落とす… “菊乃”松井玲奈に反響続々「怖すぎて見てられない」

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が、8月31日に放送された。松井玲奈さん演じる人気芸者・菊乃が、早梅(二階堂さん)を突き落としてしまう場面が登場。視聴者からは、「菊乃さん怖いよー!」「菊乃姐さん本日もえげつない怖かった」などの反響が上がった。

 第8話では、早梅と壱成(眞栄田郷敦さん)が花火大会に行く様子が描かれた。早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。しかし、菊乃の企みによって、早梅は壱成とはぐれてしまう。そんな中、菊乃に立ち入り禁止の場所へ連れて行かれた早梅は、急斜面で突き落とされ、ケガをしてしまい……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」がトレンド1位になるなど、大盛り上がり。SNSでは、「菊乃さん……こわいこわすぎる」「菊乃ほんとイライラするw」「菊乃大嫌い」「菊乃マジ無理!」などのコメントが並んだ。

 また、菊乃を演じる松井さんについて、「松井玲奈、すごい好きなんだけど、菊乃さん怖すぎて見てられない(笑い)」「めっちゃハマり役!」「松井玲奈が最高の悪女!」「菊乃さんの演技うますぎ」という意見も上がっていた。

<SNS反響>トレンド1位! 不意打ちキスの“壱成”に大反響「あのタイミングでキスはやばい」 「どんどん眞栄田郷敦沼に」の声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が、8月31日に放送された。ラストでは、眞栄田郷敦さん演じる壱成のキスシーンが登場。視聴者からは、「壱成の最後のキスシーンで叫んでしまった」「あのタイミングでキスはやばい」などの反響が続々と上がっていた。

 早梅(二階堂さん)と壱成(眞栄田郷敦さん)が花火大会に行く様子が描かれた第8話。早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。しかし、菊乃(松井玲奈さん)の企みによって、早梅は壱成とはぐれてしまう。そんな中、菊乃に立ち入り禁止の場所へ連れて行かれた早梅は、急斜面で突き落とされ、ケガをしてしまい……と展開した。

 ラストでは、自宅で早梅のケガを手当てする壱成が、早梅に「(岩田剛典さん演じる成吾と)付き合いたいって思わねーの?」と質問。「今の気持ちはまた別だから」という早梅に、「今の気持ちって?」と尋ねた壱成が、突然早梅にキスをして……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」がトレンド1位になるなど、大盛り上がり。SNSでは、「プロミスシンデレラの眞栄田郷敦かわいすぎ。ときめく」「壱成の破壊力計り知れん」「どんどん眞栄田郷敦沼に」「壱成の郷ちゃんがハマり役すぎて…」などのコメントがずらり。

 また、「壱成が可愛くて可愛くて。早く続きが見たい!」「次週も楽しみ」と期待の声も上がっていた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<シンデレラ・コンプレックス>第6話「条件6:価値観」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第6話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第6話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第6話「条件6:価値観」の配信が8月31日に始まった。

 まひろ(松村さん)は倉持(小宮璃央さん)と花火大会に行く約束をしたが、当日、仕事のトラブルで倉持が来られなくなる。仕方なく独りで帰る途中で黒瀬(金子ノブアキさん)と偶然出会い、一緒に花火を楽しむことに。

 翌日、倉持から埋め合わせにとデートに誘われたまひろは、ひょんなことから黒瀬と一緒に花火を見に行ったことを倉持に知られてしまい……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、本編と同じ老舗高級旅館「かたおか」。ヒロインの仲居・坂村まひろ(松村さん)が、理想の結婚相手を日々探す中、資産数十億円とうわさされるイケメンデイトレーダーと出会う。更にアルバイト大学生がまひろに一目ぼれして……という展開。

松井玲奈「プロミス・シンデレラ」悪女役が「怖すぎ」と話題に 起用理由は「底知れぬミステリアス感」

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で菊乃役を演じる松井玲奈さん(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で菊乃役を演じる松井玲奈さん(C)TBS

 火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に人気芸者・菊乃役で出演する女優の松井玲奈さん。スタンガン片手に「あなたは本当に用済み」と言い放ったり、早梅(二階堂ふみさん)に嫉妬心を抱き、何やら画策をしていたり……。視聴者からは、「菊乃さんがめちゃくちゃ怖い!」「相変わらず不気味」「松井玲奈ハマり役」といった声が上がるなど、話題となっている。松井さんについて、「ヒール役をすごく楽しんでやってくださっている」と話す共同テレビの橋本芙美プロデューサーに、菊乃役での起用理由を聞いた。

 ◇ミステリアスな菊乃 松井玲奈の表情に「ぞくっとする」

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女・桂木早梅が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 松井さん演じる菊乃は、旅館「かたおか」に出入りする人気芸者。いちずに想いを寄せる成吾とは、深くつながりがある様子も見せる謎多き美女だ。橋本さんは、「(松井さんは)女優としての底知れぬミステリアス感があって、菊乃にぴったりと思いました」と話す。

 結婚1年足らずのある日、早梅が、夫・今井正弘(井之脇海さん)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に離婚を切り出され、物語がスタート。第3話(7月27日放送)では、早梅と正弘が話し合い、離婚届を書く様子が描かれた。そんな中、菊乃に電話で「離婚届はちゃんと書いてもらえたよ。これで君とちゃんと向き合える」と話した正弘。

 しかし、菊乃は「こちらもやっと次に進めるわ。だからあなたはもう用済み。今までありがとう。さよなら」と言って、正弘の番号を着信拒否に設定。そして、スマホの写真を見ながら「すてきねぇ。10年越しのシンデレラさん」とほほ笑む。

 第6話(8月17日放送)では、早梅との復縁を正弘にお願いした菊乃だったが、結局復縁はできず。あきらめないと正弘は言ったが、菊乃は「気にしないで。失敗するのはわかってたわよ」と冷たく言い放つ。そんな菊乃に、正弘は「お願いだからもう僕から離れないでくれ」と懇願するが、スタンガンで気絶させられてしまう。スタンガン片手に、菊乃は「だからあなたは本当にこれで用済み」と言うのだった。

 そんな菊乃を演じる松井さんについて、SNSでは「松井玲奈さんから醸し出されるミステリアスな雰囲気すごい」「松井玲奈ちゃんの悪女役最高」という声も続々と上がっている。橋本さんも、「表情を見ているだけでぞくっとします。(松井さんは)ヒール役をすごく楽しんでやってくださっていて、その姿がまたかっこいいです。視聴者からしてみれば、ヒロインの恋敵なのでネガティブな思いを持たれることもあると思いますが、堂々と悪役をやってくださっていて、だからこそ菊乃への反響も大きいですし、ドラマが盛り上がっている要因の1つになっていると思います。菊乃を松井さんに演じていただけて本当に良かったと思います」と話す。

 ◇「エール」で共演 二階堂ふみと仲良し

 アイドルグループ「SKE48」を卒業後、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」(2018年)、「エール」(2020年)など、女優として数々の作品に出演してきた松井さん。そんな松井さんについて、「肌が白くて、見た目にはかなさがあって、その上でのミステリアスさがある。女優としての底知れぬミステリアス感がある」と表現した橋本さん。「ご本人からにじみ出てくる雰囲気、色気というか。素晴らしいものを持っていらっしゃると思います」と続ける。

 「エール」では、二階堂さんと仲良し姉妹を演じた松井さん。橋本さんによると、撮影現場では二階堂さんが、松井さんを後ろからハグしているときもあるなど、仲が良いという。「(今作では)恋のライバルなので、仲が良いからこそ、信頼してお芝居をやりあっている感じです」と二人の様子を明かす。

 そんな早梅と菊乃に何かが起こりそうな第8話。予告動画では、成吾が菊乃に「二度と早梅には近づくな。もうお前の思い通りにはさせない」と話すシーンが公開されており、SNSでは「来週も菊乃何かしらやらかしそう」と注目度が高まっている。今夜の放送を楽しみにしたい。

<SNS反響>“菊乃”松井玲奈に「怖すぎる」「ハマり役」の声続々 次週予告も注目集まる

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が、8月24日に放送された。人気芸者・菊乃を演じる松井玲奈さんについて、視聴者からは「菊乃さんこわい。演技上手すぎます」「松井玲奈ハマり役」などの声が上がった。

 第7話では、壱成(眞栄田郷敦さん)と話をしていた菊乃に対し、成吾(岩田剛典さん)が、「壱成と何を話していた? 何を企んでいる?」と聞き出す場面が描かれた。菊乃は、「あなたと早梅さん(二階堂さん)が運命の相手ということを伝えようとしただけよ」と微笑み、「聞かせてほしい? 早梅さんをあなたに会わせるために私が何をしてきたか。これから何をするつもりか」と続ける。

 そんな菊乃に、成吾が「明」と呼びかけると、菊乃は「その名前で呼ぶのはやめて。あの頃の私はもういないの」と言って、「あなたと私の関係を早梅さんにバラす? それとも私の計画に乗って早梅さんと結ばれる? あなたに選択肢なんてないと思うけど」と言うのだった。

 SNSでは、「菊乃さん現れるだけでなんかドキドキする」「菊乃の闇がこわいわ~」「菊乃さんがめちゃくちゃ怖い! 怖すぎる!」「菊乃が相変わらず不気味……少しずつ彼女のことも明らかになってきたけど、一体何が目的なのかはまだまだわかんないな」などのコメントが並んだ。

 次週予告では、成吾が菊乃に「二度と早梅には近づくな。もうお前の思い通りにはさせない」と話すシーンが公開されており、SNSでは「来週も菊乃何かしらやらかしそう」「来週、、祭り、、菊乃やばい」という声が上がるなど、注目を集めていた。

<SNS反響>デレた“壱成”眞栄田郷敦が話題 「どんどん可愛くなる」 “早梅”二階堂ふみとのかけ合いも注目

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が、8月24日に放送された。眞栄田郷敦さん演じる壱成について、視聴者からは「壱成がどんどん可愛くなるー! やることいちいち可愛い」「壱成丸くなりすぎてて可愛すぎる」「デレた壱成かわいすぎ」などの声が上がるなど、話題を集めた。

 第7話では、意見箱を使って早梅(二階堂さん)が個人攻撃されていると聞いた壱成が、「俺が意見を書いた人間を見つけ出して撤回させてやる」と宣言。仲居たちへの聞き込みをする様子などが描かれた。早梅が彼女なのかと聞かれた壱成が、照れながら「まだ彼女じゃねえよ」と言いつつも、「同居はしてるけど」とうれしそうに話す姿もあった。

 ラストでは、「たこ焼き早食い勝負」などを提案しつつも、2人で花火大会に行かないかと早梅を誘った壱成。早梅から「いいよ」と言われ、「マジで?」と喜びを隠しきれない壱成。「手加減しねえからな、出店の勝負」と続けると、早梅が「こっちも負けないから」と楽しそうに話して……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が6位にランクイン。SNSでは、「プロミス・シンデレラの壱成めっちゃ可愛いやん」「壱成くんのデレが高速でやばい」「壱成がただただ可愛い回だった……ワンコな壱成もデレな壱成もかわいい」「急に早梅に優しくてツンデレがデレになった」「早梅と壱成の掛け合いにやられます」などのコメントが並び、盛り上がりを見せた。

<シンデレラ・コンプレックス>第5話「条件5:人格」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第5話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第5話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第5話「条件5:人格」の配信が8月24日に始まった。

 倉持(小宮璃央さん)と付き合うことにしたまひろ(松村さん)。初デートに着ていく服に悩んでいると、黒瀬(金子ノブアキさん)がやってきて、デート行きを見透かされる。

 倉持は、壱成(眞栄田郷敦さん)と同じく年上女性を喜ばせるデートプランに頭を悩ませていた。

 デート当日。倉持の選んだ行き先は公園。予想と異なる展開に戸惑いながらも、まひろは倉持とフリスビー遊びを楽しむが、倉持が買ってきたランチのチョイスや何気ない行動に違和感を覚え……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成との三角関係を描く。

 「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、本編と同じ老舗高級旅館「かたおか」。ヒロインの仲居・坂村まひろ(松村さん)が、理想の結婚相手を日々探す中、資産数十億円とうわさされるイケメンデイトレーダーと出会う。更にアルバイト大学生がまひろに一目ぼれして……という展開。

<SNS反響>松井玲奈演じる菊乃が「怖すぎる」と注目 「どう豹変するか期待」の声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第5話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が、8月10日に放送された。松井玲奈さん演じる人気芸者・菊乃について、視聴者からは「菊乃さん、怖すぎるー」「松井玲奈ちゃんの菊乃がどう豹変するか期待」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 第5話では、成吾(岩田剛典さん)から食事に誘われた早梅(二階堂さん)が、壱成(眞栄田郷敦さん)に内緒で出かけることに。そんな中、食事を終え、早梅と別れた成吾の元に、菊乃から電話がかかってくる。菊乃は、「どうだったデートは? 電話に出られたってことは食事だけで済ませたみたいね、今日のところは」と告げる。「なんで知っている?」と慌てる成吾に対し、菊乃は「あなたのことはなんでもお見通しだから」と話すのだった。

 ラストでは、「さあ楽しませてね」とつぶやく菊乃の近くに、早梅の元夫・正弘(井之脇海さん)の姿が映し出され……と展開した。SNSでは、「菊乃さんがどんな恐ろしい企みをしているか、全然見えてこないな」「菊乃さん何者なのかしら」「なんでまた元旦那がでてくるのか? 菊乃はこわい」「松井玲奈の演技半端ない。上手すぎて鳥肌やばい!」などの反響が上がっていた。

(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>“大女将”三田佳子の存在感に注目 かたせ梨乃との共演も話題「あねさん」

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が8月3日に放送された。旅館「かたおか」大女将(おかみ)・片岡悦子を演じる三田佳子さんについて、視聴者からは「プロミスシンデレラの三田佳子さんすてき」「三田佳子さま何であんなにいつまでもきれいなんだ」「三田佳子さんの存在感は別格」といった声が上がるなど注目を集めた。

 第4話では、「S会」と呼ばれ従業員から恐れられている、芸能事務所社長の西園寺(かたせ梨乃さん)の宴会の模様が放送された。予約当日、西園寺を出迎えた悦子。お気に入りの成吾(岩田剛典さん)が留守と知った途端に不機嫌になった西園寺に対し、悦子が「成吾には急ぎ戻るように申し伝えておりますし、あの子も西園寺様にお目にかかるのを楽しみにしておりますから」と声をかけて機嫌をとるなど、存在感を見せていた。

 SNSでは、「三田佳子さんのファッション、おしゃれですてき」「三田佳子さんの演技と存在感はさすがのひとこと」などのコメントが書き込まれた。また、三田さんとかたせさんが出演した映画「極道の妻たち 三代目姐」(1989年公開)を引き合いに、「三田佳子とかたせ梨乃とかそれはもう立派な極妻」「三田佳子さんとかたせ梨乃さんが……あねさん(笑い)」「三田佳子、かたせ梨乃の共演は胸熱」といった声も上がっていた。

<SNS反響>「俺の目見てちゃんと言え」 ラストの“壱成”眞栄田郷敦に視聴者キュン 着物姿も話題に

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が8月3日に放送された。ラストでは、眞栄田郷敦さん演じる壱成が、二階堂さん演じる早梅(はやめ)に「あいつ(岩田剛典さん演じる成吾)のことなんとも思ってないなら、俺の目見てちゃんと言え」と伝え、SNSでは「最後の壱成と早梅の場面にキュンキュン」「壱成くん早梅ちゃんのこと好きだね」などの感想が書き込まれていた。

 第4話では、「S会」と呼ばれ従業員から恐れられている、芸能事務所社長の西園寺(かたせ梨乃さん)の宴会の模様が放送された。S会は女性従業員は立ち入り禁止だったが、早梅は自ら西園寺の元へ飛び込んでいく。しかし、西園寺から「今すぐ裸踊りするのよ」と命令されてしまい、早梅が着物の帯を外していると、壱成が「接客にまいりました」と着物姿で登場して……。

 ラストでは、宴会で助けてくれたお礼を早梅が伝えると、壱成は「旅館のために、成吾のために頑張ったとか?」と質問。早梅が、「あんたさ、やっぱりなんか勘違いしてるよ。お兄さんとはホントに何もなかったんだから」と答えると、壱成は「こっち見て言えよ。あいつのことなんとも思ってないなら、俺の目見てちゃんと言え」と伝えて……という展開だった。

 SNSでは、「めちゃくちゃきゅんきゅんしたぁ」「壱成かっこよかった」「壱成くんの表情、行動ひとつひとつが可愛い。和装で現れたときときめいた」などのコメントが並んだ。また、「壱成の着物姿がめちゃくちゃお似合い」「壱成可愛いー! 着物が最高でした」という意見も上がっていた。

<SNS反響>“早梅”二階堂ふみの“強さ”が話題「かっこよすぎ」 「役にハマってる」の声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第4話(8月3日放送)では、芸能事務所社長の西園寺(かたせ梨乃さん)の宴会の模様が放送された。従業員から恐れられ、やりたい放題の西園寺に対し、覚悟を決めて立ち向かっていく早梅(はやめ、二階堂さん)の姿が描かれ、視聴者からは「早梅ちゃんかっこいい」「二階堂ふみめっちゃ役にハマってるな」などの声が上がった。

 「S会」と呼ばれる西園寺の宴会当日、旅館へとやってきた西園寺はお気に入りの成吾(岩田剛典さん)が留守と知った途端に不機嫌になる。代わりに他の男性従業員が接客するが、次々とメンタルをやられ退散。見かねた早梅が覚悟を決めて座敷に上がるが、宴会は女性従業員立ち入り禁止だったため、西園寺は「私の宴会では男のスタッフ以外入れるなって言ってあるはずよ」と怒り出す。

 早梅は、宴会予約の電話を受け取ったのは自分だと名乗り、十分なおもてなしができないのは自分の責任だとした上で、西園寺に向かって「私には(スタッフを)いじめているようにしか見えません」ときぜんと立ち向かうが。そんな早梅に、西園寺は「今すぐ裸踊りするのよ」と命令する。早梅が着物の帯を外していると、壱成(眞栄田郷敦さん)が「接客にまいりました」と着物姿で登場して……という展開だった。

 SNSでは、「早梅強いなぁ。よく自分から飛び込んでいったなぁ」「二階堂ふみ、役のイメージにぴったりな気がする」「早梅ちゃんカッコよすぎるし壱成が可愛い」などのコメントが並び、注目を集めていた。

<SNS反響>「あなたはもう用済み」 “菊乃”松井玲奈が「怖い」と話題に

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、7月27日に放送され、ラストで、松井玲奈さん演じる人気芸者・菊乃が、早梅(はやめ、二階堂さん)の元夫・正弘(井之脇海さん)に「あなたはもう用済み」と言い放つ場面が登場。視聴者からは、「松井玲奈ちゃんの役柄が怖い」「菊乃さん怖すぎ」などの声が上がった。

 早梅が離婚届を書くことになった第3話。ラストでは、正弘が、菊乃に電話で「離婚届はちゃんと書いてもらえたよ。これで君とちゃんと向き合える」と話すと、菊乃は「こちらもやっと次に進めるわ。だからあなたはもう用済み。今までありがとう。さよなら」と言って、正弘の番号を着信拒否に設定。そして、スマホの写真を見ながら「すてきねぇ。10年越しのシンデレラさん」とほほ笑んで……という展開だった。

 SNSでは、「松井玲奈さんから醸し出されるミステリアスな雰囲気すごい」「玲奈さんいい味出してるなあ」「松井玲奈さん可愛い」「意味深の役柄お似合い」「松井玲奈ちゃんの悪女役最高」「菊乃さんを松井玲奈にした時点でいろいろと勝利してる」などのコメントが並ぶなど、注目を集めていた。

<SNS反響>不器用な“壱成”眞栄田郷敦に「たまらない」 「どんどん可愛くなる」の声も

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第3話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、7月27日に放送された。金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成を演じる眞栄田郷敦さんについて、視聴者からは「眞栄田郷敦くん不器用な感じがたまらない」「壱成くんが不器用で可愛すぎる」などの声が上がった。

 第3話では、壱成(眞栄田郷敦さん)から、不倫した正弘(井之脇海さん)から慰謝料300万円をぶん取るゲームを持ちかけられた早梅(二階堂さん)。不倫の証拠を押さえるため、正弘を尾行していた早梅は、自宅で不倫相手と抱き合う正弘の姿を目撃してしまう。

 終盤では、正弘に慰謝料を自ら「いらない」と言った早梅が、壱成に「ゲーム失敗、お金返さなきゃいけないのに自分の感情を優先させてしまいました」と謝罪する様子が描かれた。そして、こらえきれず泣き始めてしまった早梅。そんな早梅が、周囲の人から見えないように「こっち向いて待ってろ」と声をかけた壱成は、「セレブ保湿」と書かれた箱ティッシュを早梅に渡して……という展開だった。

 SNSでは、「プロミスシンデレラの眞栄田郷敦がよすぎる」「壱成ほんとは純粋でめっちゃいい人なのよね」「プロミスシンデレラがどんどん面白くなってきた……!」などの声が並んだ。壱成の変化にも注目が集まっており、「壱成がキュートで可愛くてカッコよくて回を追うごとに惹き込まれていく」「壱成がどんどんかわいくなる」という意見も上がっていた。

<シンデレラ・コンプレックス>第3話「条件3:誠実」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第3話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第3話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第3話「条件3:誠実」の配信が7月27日に始まった。

 上利(武田航平さん)が「籍を入れてほしい」と誰かに電話で迫られている様子を、黒瀬(金子ノブアキさん)が見掛けてから数日後。上利とまひろ(松村さん)のデート写真が週刊誌にすっぱ抜かれる。

 上利に「君との関係は大事にしていきたかった」と言われ、まんざらでもないまひろは、上利からの次の誘いを快諾する。一方、倉持(小宮璃央さん)はまひろの気を引こうと頑張るが、「いつも笑顔を振りまいていて気持ち悪い」と、まひろから辛辣(しんらつ)な言葉を浴びせられる。そんな中、1人の女性が旅館に乗り込んできて……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、本編と同じ老舗高級旅館「かたおか」。ヒロインの仲居・坂村まひろ(松村さん)が、理想の結婚相手を日々探す中、資産数十億円とうわさされるイケメンデイトレーダーと出会う。更にアルバイト大学生がまひろに一目ぼれして……という展開。

<シンデレラ・コンプレックス>第2話「条件2:ライフスタイル」

Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第2話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の第2話のワンシーン(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリーで、元乃木坂46の松村沙友理さん主演の「シンデレラ・コンプレックス」(Paravi)第2話「条件2:ライフスタイル」の配信が7月20日に始まった。

 思わず上利(武田航平さん)に「あなたのお嫁さんにして下さい!」と告白してしまったまひろ(松村さん)。すぐに冗談だと撤回したものの、内心は上利に興味津々。上利にふさわしい女性を演じようと努力を重ねる。

 倉持(小宮璃央さん)は壁ドンなどでまひろの気を引こうとするが全く相手にしてもらえない。

 まひろと上利は近くのカフェへパフェを食べに行くことに。2人が気になる黒瀬(金子ノブアキさん)は倉持と共にカフェまで偵察に。苦手な生クリームを無理して口にするまひろの姿を見て……。

 「プロミス・シンデレラ」の原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガ。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生を賭けた「人生ゲーム」に挑む姿を軸に、早梅と片岡成吾(岩田剛典さん)、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

<SNS反響>“仲居さん”松村沙友理に「可愛すぎ」の声 着物姿に反響

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」の仲居・坂村まひろ役で、元「乃木坂46」の松村沙友理さんが出演。視聴者からは、「松村さんの仲居さん姿可愛すぎ」などの反響があった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。松村さんが演じるまひろは、世渡り上手で人懐っこい性格で、仲居として働く姿が登場した。SNSでは、「さゆりんご可愛い」「着物姿めちゃくちゃかわええ」「さゆりんめっちゃ似合う~」などのコメントが並んでいた。

<SNS反響>人気芸者役の松井玲奈に「美しい」の声 二階堂ふみとの“エール”共演も話題

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」に出入りしている人気芸者・菊乃役で松井玲奈さんが出演。視聴者からは、「松井玲奈美しいな。さすが菊乃役」「うなじが綺麗な菊乃さん」「松井玲奈の首筋美しっ」「松井玲奈いい感じだった! ハマりそう!」などの声が上がった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。二階堂さんと松井さんは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で仲良し姉妹を演じたことから、SNSでは「二階堂ふみと松井玲奈ちゃんって朝ドラでも共演してたな」「エールの3姉妹だ!って思ってうれしくなった」といった声も上がっていた。

(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>“壱成”眞栄田郷敦に「ワルっぽい役新鮮」「ハマリ役になりそう」と話題に 二階堂ふみとのバトルも注目

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成を演じる眞栄田郷敦さんについて、視聴者からは「眞栄田郷敦くんのワルっぽい役新鮮」「ごうどんのハマり役になりそう」などの声が上がった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。公園で野宿生活をする早梅のサンダルを、壱成が池に投げ捨ててしまった場面では、早梅の怒りが爆発。早梅は、壱成に平手打ちをしたり、壱成の上に乗って「笑いなさいよほらー!」と言ったり、「私の靴弁償しろ、クソガキー!」とやり合う様子が放送された。

 SNSでは、「ふみちゃんと郷敦くんのケンカシーン笑っちゃいました」「眞栄田郷敦くんの壱成が原作の初期のイキってる壱成まんまで違和感が全くなかった」「郷敦のあの生意気高校生やばい好きです。ニヤってするとこたまらん」「眞栄田郷敦にキュンした」「郷敦かっこよかった」といったコメントが並んでいた。

<SNS反響>着物姿の“成吾”岩田剛典にキュン 「まさしく王子様」「私も靴履かせて」と反響

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。高級老舗旅館「かたおか」の若旦那・片岡成吾役の岩田剛典さんが着物姿で登場。視聴者からは、「岩ちゃんの着物姿かっこよかった」「若旦那かっこよすぎでしょ。和服がやばい~」などの反響があった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。成吾が、女の子に靴をはかせてあげるシーンでは、「かたおか」の仲居が「超シンデレラと王子様じゃん。私も成吾様に靴履かせてもらいたい」と話す展開で、SNSでは「私も若旦那に靴履かせてほしい」「GUNちゃんリアル王子様。登場するたびにキュンとしたぁ」「まさしく王子様やん」といった声のほか、「若旦那かっこよすぎ。これからどうなるのか楽しみ」と期待の声も上がっていた。

<SNS反響>二階堂ふみ「プロミス・シンデレラ」早梅役に「ぴったり」 説教&“顔面ケーキ”シーンに「スカッとする」の声

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月13日に放送された。ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。夫から突然離婚を切り出され、無一文、無職、宿なしとなってしまったバツイチアラサー女子・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)を演じる二階堂さんについて、視聴者からは「二階堂ふみちゃんが早梅すぎる」「二階堂ふみちゃんはめちゃくちゃぴったり」などの声が上がった。

 第1話では、ある日突然、夫・正弘(井之脇海さん)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に切り出された早梅。そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金を全て奪われ、「バツイチの無一文、無職、宿無し」になってしまう。早梅が公園で野宿生活を始めて数日後、目の前に金持ちのイケメン高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)が現れ、「ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろう」と持ち掛けられ……と展開した。

 そんな中、「セレブパーティーで主役に恥をかかせる」というミッションに挑まないといけなくなってしまった早梅。誕生日パーティーの主役であるモデルに対し、壱成が言いたい放題言っていると、早梅は「やりすぎ! もう少し人の気持ちってもんを考えなさいよ、あんたは」と言って、壱成の顔面をケーキに思いっきり押しつける場面も登場。その後、壱成の悪口を言うモデルにも、早梅はケーキを思いっきりぶつけて……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#プロミスシンデレラ」が2位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「原作でも大好きなケーキのシーンめちゃくちゃ良かった」「顔面ケーキ爆笑した。見ててスカッとする!」「このドラマ、二階堂ふみが気持ちいい! 喧嘩するシーンや、相手に説教するところがスカッとする!」などの声が上がった。

 二階堂さんについて、「二階堂ふみさんの早梅が本当にリアル早梅で勝気な役がハマりどころだった」「二階堂ふみの演技は相変わらず素晴らしい」「二階堂ふみちゃん可愛すぎたわ」などの意見も上がっていた。

二階堂ふみ「プロミス・シンデレラ」Pに聞く魅力 「引き出しの多さ」と「目の魅力」

女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS
女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが主演を務める連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)が、7月13日にスタートする。昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で主人公の妻を演じ、話題を集めた二階堂さんが、今作では夫から突然離婚を切り出され、無一文、無職、宿なしとなってしまったバツイチアラサー女子・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)を演じる。「スカッとする言葉を言うかっこいい姿や、乙女な顔、泣きのお芝居など、さまざまな二階堂さんが見られるので、二階堂さんファンにとってたまらない作品じゃないかなと思います」と話す共同テレビの橋本芙美プロデューサーに、二階堂さんの起用理由や芝居の魅力について聞いた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

 ◇撮影初日から実感 「早梅そのもの」

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。二階堂さん演じる人生崖っぷちアラサー・早梅が、金持ちで性格の悪い男子高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)に拾われ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”をくりひろげる中で恋に落ちていくラブコメディー。壱成の兄で、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)との三角関係にも発展していき、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 原作の魅力について、あらゆる困難に屈しないヒロイン像に惹(ひ)かれたという橋本さん。「早梅のカッコ良さと、壱成の可愛さがクセになります(笑い)。胸キュンが随所にありながら、ゲームで始まる入り口、さらにサスペンスの要素もあって面白いなと思いました。“リアル人生ゲーム”という言葉もキャッチーだと思いました」と振り返る。

 ヒロイン・早梅は、曲がったことが大嫌いで真っすぐな性格。しかし、人に頼ることが苦手な一面も持つ。そんな早梅に二階堂さんを起用した理由を聞くと、「すごく“自分”がある方だなと感じていて。早梅のたんかを切っていく感じがすぐに想像できたんです」と明かす。映画「ヒミズ」(園子温監督)での二階堂さんの芝居を見て以来、「いつかご一緒したい」と思っていたという。

 もともと、原作のファンだったという二階堂さんについて、「ものすごく読み込んでいるので(笑い)、はじめにお会いしたときから早梅のことをわかりつくしていた」と表現した橋本さん。撮影初日には、早梅が高校生たちに言いかかっていくシーンを撮影したというが、「二階堂さんの目つきが早梅そのものでした。原作の早梅まんまって感じがして。現場でその姿を見て、やっぱり(早梅は)二階堂さんだったなと思いました」と手応えを語る。

 ◇引き出しがとにかく多い 二階堂ふみの芝居

 二階堂さんの撮影現場での様子については、「明るくて、いろいろな方と気さくに話して笑っています」と明かす。「エール」で仲良し姉妹を演じたが、今作では恋のライバル関係となる松井玲奈さんとは仲が良いといい、「二階堂さんが、松井さんを後ろからハグするなどすごく仲良し」だ。

 そんな二階堂さんの芝居の魅力について、「感情のリアルさと細やかな表情が素晴らしくて。引き出しがとにかく多いなぁと。身体能力も高くて、壱成とのケンカシーンはかなりアクション入ってますが、想像以上に見ごたえのある面白いシーンになっています(笑い)」と話す橋本さん。演じる相手によって受けの芝居もバリエーションがあるので、どんなシーンでも面白くなっていくという。「『あっ、こういう表情もあるんだ』と、監督も喜んでいます」と制作サイドの様子を明かす。

 二階堂さんの目も魅力の1つだといい、「優しい柔らかなまなざしもあれば、瞬時に刺さるような強い目になることもあったり……早梅の強さや弱さ、優しさにまさにピタッとハマっています。いつも二階堂さんの目に吸い込まれますね」と明かす。

 火曜ドラマといえば、“胸キュン”が話題となることが多いTBSの人気枠。今作では女性の生き方や人間ドラマの縦軸がある中で、胸キュンシーンが随序に登場していく。はじめは壱成とケンカばかりしているが、二人が次第に恋に落ちていく中で、ドキッとする乙女な早梅の顔なども見られるという。橋本さんは、「コロナでなかなか不安がぬぐえない雰囲気が世の中に漂っていますが、この作品を見てスカッとしたり、思い切り笑ったり泣いたりすることで少しでも元気に、楽しい気持ちになれたらいいなと思って、みんなで全力で作っています。ぜひご家族皆さんで見ていただきたい」と呼びかけた。

小宮璃央、“キラメイレッド”が初のラブコメ 松村沙友理に猛アタックする年下男子

7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん
7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん

 スーパー戦隊シリーズ「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(2020~21年)でキラメイレッド/熱田充瑠を演じた俳優の小宮璃央さんが、7月13日午後10時にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)のオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」に出演することが分かった。今作は、アイドルグループ「乃木坂46」の活動を7月13日で終了する松村沙友理さん主演の本格的なラブコメディー。小宮さん自身はラブコメ初挑戦で、ドラマの初回放送後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。

 小宮さんが演じるのは、「プロミス・シンデレラ」の舞台の旅館「かたおか」にアルバイトでやってきた20歳の大学生・倉持雄吾(くらもち・ゆうご)。可愛らしい見た目で、愛嬌があり、どんな女性でも彼といると笑顔になってしまう。そして、「かたおか」で働く年上の仲居・坂村まひろ(松村さん)に一目ぼれして猛アタック……という役どころだ。

 また、今作には「かたおか」の茶房で働く、女性好きでお調子者のマスター・黒瀬洸也役に金子ノブアキさんが出演。「かたおか」に客として訪れた、資産数十億円と噂されるイケメンのデイトレーダー・上利(あがり)圭市役で、武田航平さんも登場する。

 小宮さんは「ラブコメのドラマを見たりするのは大好きですが、演じる側に回るのは初めてで、『シンデレラ・コンプレックス』に出させていただくことを聞いた時は緊張と不安が少しありました。ですが、倉持くんの少し抜けてるところや、男らしいところを精いっぱい演じているので、初々しさなども含め見守っていただきたいです」とコメント。

 「台本を初めて読んだ際は、演じる僕自身がドキドキしてしまう展開が多かったので皆さんも胸キュン間違いなしだと思います(笑い)! 松村沙友理さんと金子ノブアキさんとのお芝居を全力で楽しみながら、見てくださる皆様にたくさんの胸キュンをお届けし
たいと思っておりますので、楽しんでParaviオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』をご視聴ください! そして、ストーリーが進んでいくにつれて見える倉持くんの成長などもお見逃しなく~!」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS

LiSA、二階堂ふみ主演「プロミス・シンデレラ」主題歌担当 「ドキドキしています」

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の主題歌を担当するLiSAさん
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の主題歌を担当するLiSAさん

 歌手のLiSAさんが、女優の二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)の主題歌を担当することが6月15日、分かった。主題歌のタイトルと音源は後日、発表される。

 LiSAさんは、主題歌の制作について「今回のお話をいただいてから改めて原作を読みこみ、早梅さんの姿を想像し、私なりに不器用なステップで一歩ずつ楽曲制作を進めていきました」と明かし「ドキドキしています。どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せている。

松井玲奈、「エール」“姉妹”二階堂ふみと今度は恋敵役「バトルを繰り広げる」 「プロミス・シンデレラ」に金子ノブアキと出演

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS

 女優の松井玲奈さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが6月1日、分かった。松井さんと二階堂さんは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で仲良し姉妹を演じたが、今作では恋のライバル関係に。松井さんは「二階堂さんとは朝ドラで仲の良い姉妹を演じていましたが、今作では姉妹げんかではなく、物語のスパイスになる火花ほとばしる恋のバトルを繰り広げることになります。最後まで楽しみながら、ぶつかっていきたいと思います」とコメントしている。

 松井さんは、早梅に恋する旅館「かたおか」の五代目若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)にいちずな思いを寄せる人気芸者の菊乃こと、加賀美明を演じる。早梅に激しい嫉妬心を抱き、早梅をどん底に落とそうと、裏でさまざまな画策をする悪女だ。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・早梅が金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、早梅と成吾、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 松井さんはドラマについて「原作を読んだ時にひきつけられる設定と、テンポの良いストーリーにすぐに夢中になりました。主人公の早梅は真っすぐで正義感の強い女性。原作や脚本を読めば読むほど、二階堂さんのパワフルで時に繊細な早梅の姿が生き生きと浮かび上がりました。眞栄田郷敦さん、岩田剛典さんとも早く現場でご一緒したい気持ちでいっぱいです」と語っている。

 「かたおか」の茶房で働くお調子者のマスターで、早梅にちょっかいを出す黒瀬洸也(こうや)を金子ノブアキさんが演じることも発表された。金子さんは「素晴らしいご縁に心より感謝いたします! 日々の息抜きに楽しく見ていただける様、チーム一丸となって取り組みたいと思います」と語っている。

岩田剛典、眞栄田郷敦と兄弟役 二階堂ふみと三角関係に 7月期TBS“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと俳優の眞栄田郷敦さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月18日、分かった。岩田さんと眞栄田さんは、主人公・桂木早梅(はやめ、二階堂さん)と三角関係になる兄弟を演じる。

 岩田さんは、早梅に思いを寄せる旅館の御曹司・片岡成吾演じる。成吾は、容姿端麗、成績優秀で常に周りから注目を浴びてきたが、自由がなく、心を許せる相手もいないことをひそかに悩んでいた。そんなあるとき、初恋の相手である早梅と10年ぶりに再会し、次第に早梅への思いが抑えられなくなっていく。

 眞栄田さんは、成吾の弟で、早梅に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成を演じる。壱成は、友達と豪遊し、ホームレスに金をばらまくようなことをする金持ち。劇中では、金に一切興味を示さないばかりか、自分に平手打ちをくらわせた早梅に次第に興味を持っていくという役どころだ。

 岩田さんは「僕が本作品のお話をいただいたときには二階堂ふみさん、眞栄田郷敦さんと共演することが決まっていました。ですので、初共演ということが、まずとても楽しみだなと思っていました。また実は僕自身、こういうラブコメの作品に出演することが久しぶりなので、そこも楽しみです。原作を読ませていただいたのですが、三角関係だったり、いわゆる王道のラブストーリーの部分もありつつ、とても夏ドラマにふさわしい、毎週明るく見ていただけるような作品になるのかなと思っています。うだるような暑さを吹き飛ばす、明るいスカッとしたドラマを、皆さんと一緒に作ってお届けできればと思います」とコメントを寄せている。

 眞栄田さんは「原作を読んでみて、コミカルな部分は面白く、良い表情が描かれていて、シリアスな部分はとてもきれいな絵で、まずマンガの絵がとても好きだなと思いました。話は、正直壱成のギャップにやられたといいますか(笑い)。非現実的な部分もある話だと思いますが、それを感じさせないほど入り込んで楽しめた作品でした」とコメント。

 続けて「ドラマを通して、スカッとしたり、切なくなったり、キュンとしたり、原作を知っている方にも、知らない方にも、『プロミス・シンデレラ』の魅力を最大限お届けできればいいなと思っています」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館

二階堂ふみ、人生崖っぷちアラサー女子役でTBSドラマ初主演 7月期“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが、7月スタートのTBS系新火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)で主演を務めることが5月9日、分かった。二階堂さん演じる人生崖っぷちのアラサー女子が、金持ち男子高校生に拾われて金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑むというストーリーで、二階堂さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。主人公の桂木早梅(かつらぎ・はやめ)は、ある日、夫から突然離婚を切り出されたショックから、勢いで家を飛び出したものの、スリに遭って無一文となり、ホームレス同然の生活になってしまう。そんな中、ひょんなことから出会った金持ちの男子高校生から「泊めてやる代わりにゲームしようぜ」と持ち掛けられ、とある事情で背負ってしまった借金返済のため“リアル人生ゲーム”に参加することに。人に頼ることが苦手な早梅は、豪邸に居候しながら「セレブパーティーで主役に恥をかかせ20万円獲得」などのゲームに体を張って挑戦。そんな早梅の前に、かつての初恋の人である御曹司も現れて……と展開する。

 最悪の出会いを果たした2人が、互いの利害関係からゲームという形を通してつながり、やがて強く惹(ひ)かれ合っていく壮大なラブストーリー。さらに、男子高校生がサイコロを転がして出したお題を、曲がったことが大嫌いなヒロインが自身の信念を貫くやり方でクリアしていくゲームの行方も見どころの一つだという。

 二階堂さんは「ドラマのお話をいただく前から原作を読んでいて、アプリで毎回更新されるのを楽しみにしていました。とあるお仕事の現場で、楽屋に戻ると原作本が置いてあって、『私の好きなマンガだ!』と言ったら、マネジャーさんから、実はドラマのお話が来ているんですと(笑い)。両手を上げて喜んだ記憶があります」とコメント。

 続けて、「私が演じる主人公の早梅は、真っすぐな強さの中に弱さも持ち合わせていて、そのギャップがとても魅力的なキャラクターです。主人公とは実年齢が同じということもあって、これからの人生をどう生きていくのかという悩みや葛藤など、等身大で演じることができればと思いますし、キャストやスタッフの方々と一緒にこのドラマを素晴らしいものにできたらと思っています。また、見てくださる皆さんに寄り添う場面が必ずあると思いますので、ドラマを見て元気になったり、ちょっと泣いたり、大笑いしたりしていただけるような、エンターテインメントをお届けできるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 原作の橘さんは「脚本を読ませていただき、自分の描いたマンガがここまで面白くなるのかと感動しています。この脚本をそのままマンガにしたい……。初めての作品で右も左も分からない私をたくさんの方がサポートしてくださいました」「このようなご時世の中でのドラマ撮影、大変かと思われますが、ワクワクしながら一視聴者として放送日を心待ちにしています!」と話している。

 橋本芙美プロデューサーは「二階堂さんが早梅を演じることで、きっとたくさんの視聴者に勇気と元気をお届けできるような作品になると確信しました。不器用なところもあるけれど、誰よりも真っすぐで強く生きていくヒロイン・早梅、人生のどん底からこの物語はスタートしますが、彼女がどんな未来を切り開いていくのか、ぜひ早梅と一緒になって“リアル人生ゲーム”に挑んでいただけたらと思います。お楽しみに!!」とアピールした。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館