プロミス・シンデレラ 視聴率

初回視聴率7.9% 二階堂ふみ主演TBS“火10” 崖っぷちのアラサー女子の“リアル人生ゲーム”

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第1話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の第1話が7月13日に15分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話では、慎ましく専業主婦として幸せに平穏な暮らしをしていた早梅は、結婚1年足らずのある日突然、夫・正弘(井之脇海さん)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に切り出される。早梅は、そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金を全て奪われ、「バツイチの無一文、無職、宿無し」になってしまう。

 早梅が公園で野宿生活を始めて数日後、目の前に金持ちのイケメン高校生・壱成が現れる。崖っぷち状態の早梅に興味をもった壱成は、彼女で暇つぶしをしようと自分の屋敷へ連れて行く。そして早梅は、壱成から「ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろう」と持ち掛けられる……という展開だった。

第2話視聴率7.8% 二階堂ふみは旅館で働き始めるが…予期せぬ災難?

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第2話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第2話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の第2話が7月20日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第2話では、旅館で働き始めた早梅への仲居たちの態度が冷たい。女将の座を狙って成吾争奪戦に火花を散らす彼女たちは、悦子(三田佳子さん)の口利きで入った早梅が成吾のお嫁さん候補ではないかと嫉妬しているのだった。一方、自分の連れてきた早梅を兄に取られる気がして面白くない壱成(眞栄田郷敦さん)。ある日、悦子から新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう頼まれると、あるゲームを思い付き、早梅にやらせようするが、早梅が予期せぬ災難に見舞われ……という展開だった。

第5話視聴率8.1%で番組最高 “成吾”岩田剛典、“早梅”二階堂ふみに急接近

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第5話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第5話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第5話が8月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。前週第4話の6.2%から1.9ポイント上昇。第1話でマークした7.9%を上回り、番組最高を更新した。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 第5話では、成吾から食事に誘われる早梅。察しのいい壱成は何かあると感じ、内緒で出かけた早梅をこっそり尾行する。早梅と成吾がレストランに入っていく姿を目撃した壱成は、道中で出会った黒瀬(金子ノブアキさん)と共に早梅たちのテーブル近くで監視することに……という展開だった。

第7話視聴率7.7% “早梅”二階堂ふみ、旅館を移りたくない本当の理由は…

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第7話が8月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 第7話では、仲居たちから壱成との関係を怪しまれ、その上、成吾からは、別の旅館へ移るのはどうかと言われ、落ち込む早梅。意見箱を使って早梅が個人攻撃されていると聞いた壱成は「俺が意見を書いた人間を見つけ出して撤回させてやる」と宣言。仲居たちへの聞き込みから、望(森カンナさん)と茜(堺小春さん)が怪しいとにらんだ壱成は2人のところへ乗り込む。

 成吾は、早梅が旅館を移りたくない本当の理由は、壱成にあるのではと感じ……という展開だった。

第8話視聴率8.9%で番組最高 “早梅”二階堂ふみと“壱成”眞栄田郷敦、2人の距離は一気に近づくが…

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第8話が8月31日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第6話の8.1%(同)を上回り、番組最高を更新した。

 第8話では、花火大会で、早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。2人の距離は一気に近づく。同じ頃、成吾は会場の詰め所で運営委員たちと酒宴を開いていた。そこに菊乃(松井玲奈さん)が登場。何をたくらんでいるか分からない彼女に、成吾は不安になる……という展開だった。

第9話視聴率8.2% “壱成”眞栄田郷敦は“早梅”二階堂ふみを守るため… 次週最終回

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話が9月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。ドラマは、次週14日に最終回を迎える。

 第9話では、キスの後、早梅はよく眠れずドキドキしたまま翌朝を迎える。悦子(三田佳子さん)と吉寅(高橋克実さん)が急きょ旅行で家を空けることになり、早梅と壱成は2人きりの生活に。その後出勤した早梅は、成吾から菊乃(松井玲奈さん)の過去について聞く。その上で成吾から10年前と変わらぬ自分への気持ちを打ち明けられる。早梅は壱成、成吾、菊乃の思いの中で自分はどうすべきかを悩む。壱成は早梅を守るために、ある人に会いに行くが……という展開だった。

最終回視聴率番組最高9.6% 二階堂ふみに執着する松井玲奈 眞栄田郷敦は監禁され…

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回が9月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は番組最高となる9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 最終回では、帰宅しない壱成を捜す早梅のスマホに、監禁された壱成の画像が送られてくる。送り主は菊乃(松井玲奈さん)。早梅に話を聞いた成吾は、ある言葉をヒントに、監禁場所の手掛かりを知る方法を思い付く。その頃、壱成は、なぜそれほど早梅に執着するのか、と菊乃を問い詰めていた。

 やがて監禁場所を確信する成吾。早梅は旅館を飛び出し、壱成の元へ走るが……という展開だった。