緊急取調室 第4シーズン キャスト

緊急取調室 第4シーズンキャスト

天海祐希

天海祐希主演人気ドラマ「緊急取調室」2年ぶり再始動へ 第4シーズンはチーム解散判明の衝撃的幕開け

7月スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に主演する天海祐希さん=テレビ朝日提供
7月スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に主演する天海祐希さん=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマシリーズ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が、2019年4月期の第3シーズン以来、約2年ぶりに再始動することが5月10日、分かった。今回の第4シーズンは、天海さん演じる真壁有希子が率いる専門チーム「警視庁捜査1課緊急事案対応取調班」(通称キントリ)の解散が明らかになる、衝撃の展開で物語がスタート。第1話から“想像を絶する戦い”も待ち受けているという。

 「緊急取調室」は、井上由美子さんのオリジナル脚本で、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる「キントリ」のメンバーが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年1月期に第1シーズン、2017年4月期に第2シーズンが放送。2015年9月にはスペシャルドラマも放送された。

 第4シーズンでは、警視庁から「役目は終わった」と判断され、キントリの解散が決定。“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットの中、キントリのメンバーは真摯(しんし)に目の前の事件と向き合い、容疑者の動機解明にまい進していく。

 「キントリ」の梶山勝利役で田中哲司さん、菱本進役ででんでんさん、小石川春夫役で小日向文世さんが続投。「キントリ」を敵対視する「捜査1課殺人捜査第1係」の“もつなべコンビ”の監物大二郎を鈴木浩介さん、渡辺鉄次を速水もこみちさんが引き続き演じることも発表された。

 また、第3シーズンで「キントリ」の一員となったが、今作では「サイバー犯罪対策室」の刑事として古巣に帰り、「キントリ」と連携していく玉垣松夫を、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが務める。

 主演の天海さんは「今は正面を切って人と会うことが難しく、触れ合う機会が少なくなっていますが、やはり最後に残るのは“人と人とのつながり”や“人を思う気持ち”だと思うんです」と昨今の状況に触れつつ、「それはキントリ・チームが何よりも大切にしてきたものでもあります。キントリは人と正面を切って対峙(たいじ)し、相手の目を見て何かを伝え、また何かを引き出そうとします。それは機械では決してできなくて、“人力”だからこそできること」と本作についてコメント。

 「私自身もコロナ禍になって以来ずっと、“人と人とのつながり”について改めて考えていたこともあり、このタイミングで『緊急取調室』をお届けできることがうれしいです。人の言葉や行動の裏側にある“思い”をくみ取り、“肌で感じる”ことの大切さを改めて伝えられたら、と思っています」と意気込みを語った。

 また、「今回も素晴らしいゲストの方たちが続々来てくださいます。手ごわい方ばかりなので四苦八苦すると思いますが、皆さんとの対決を楽しみしています」と期待を寄せ、「第4シーズンも誇りを持って頑張ります。ぜひ皆さんも楽しみにしていてください!」と視聴者に呼びかけた。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

半沢直樹・諸田役、池田成志 「緊急取調室」で天海祐希と敵対する刑事部長に 工藤阿須加も出演

7月8日スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に出演する池田成志さん(前列中央)と工藤阿須加さん(前列、左から2番目)=テレビ朝日提供
7月8日スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に出演する池田成志さん(前列中央)と工藤阿須加さん(前列、左から2番目)=テレビ朝日提供

 2020年7~9月に放送された連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系)で主人公を裏切った東京セントラル証券の諸田祥一役で知られる俳優の池田成志さんが、天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の新シリーズに出演することが6月10日、分かった。天海さん演じる主人公・真壁有希子と敵対する警視庁公安部出身の刑事部長・北斗偉(ほくと・たける)を演じる。

 北斗は、緊急取調室(通称・キントリ)の消失を言い渡す人物。警察組織という“絶対的縦社会”の中で泥水をすする思いをしながら地道に出世してきた。組織が下した決定事項と上下関係は絶対であるという考えを持っていて、必要とあらば組織のルールを無視してでも事件の真相を解明しようとするキントリ、特に有希子を敵視しているキャラクターだ。

 池田さんは、天海さんとさまざまなドラマや舞台などで共演した経験があり、印象について「いつも気を回しすぎるくらい、気を回してくださる方。過去に何度も共演し、お互いの芝居を見に行ったりするなど、普段から仲良くさせていただいていますし、大好きな方です」と語り、「(緊急取調室への)出演が決まった後も連絡をくれましたし、おかげで途中加入に対する不安は一切なかったです」とコメント。

 北斗については「『権力欲があって、悪そうだなあ……』という印象のキャラクター」と話し、「作品のスピード感を大切にしつつ、海の物とも山の物ともつかぬ感じで演じようと思います。つい芝居で余計なことをしがちな性格ではありますが、なるべく余計なことはしないよう心掛けつつ、北斗がどういう人間なのか想像しながら演じていきますので、皆さんも一緒に想像しながら、ご覧いただければと思います」と語っている。

 俳優の工藤阿須加さんの出演も発表された。工藤さんは、新シリーズで起こる“第一の事件”で有希子と出会い、キントリの捜査に協力する警視庁の警乗警察官・山上善春(よしはる)を演じる。工藤さんは山上について「正義感が強く、熱い心を内に秘めながら、冷静さと少し屈折した部分も持ち合わせていると感じています」と語り、「山上については“明かされていない部分”もあるので、僕自身楽しみながら演じていきたい」と意気込んでいる。

 ドラマについては「緊張感があり、スピーディーに進んでいきながら、想像力を駆り立てられる内容。『キントリ』を見てくださる方々の期待を裏切らないすてきな内容だな、と感じました」と話している。

 「緊急取調室」は、井上由美子さんのオリジナル脚本で、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べるキントリのメンバーが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年に第1シーズン、2017年に第2シーズン、2019年に第3シーズンが放送された人気作。

 第4シーズンでは、警視庁から「役目は終わった」と判断され、キントリの解散が決定。“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットの中、キントリのメンバーが真摯(しんし)に目の前の事件と向き合い、容疑者の動機解明にまい進する姿を描く。7月8日スタートで、初回は10分拡大版で放送される。

桃井かおり、史上最多せりふ披露 「緊急取調室」初回ゲストに 初共演の天海祐希は「最高の女優です!」

7月8日スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に出演する桃井かおりさん(左)と主演する天海祐希さん=テレビ朝日提供
7月8日スタートの連続ドラマ「緊急取調室」に出演する桃井かおりさん(左)と主演する天海祐希さん=テレビ朝日提供

 女優の桃井かおりさんが、天海祐希さん主演で7月8日スタートの連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に初回ゲストとして登場することが6月15日、分かった。“7分間の演説”の伝説を持つ活動家・大國塔子役で、劇中では桃井さん“史上最多”のせりふを披露しているという。

 塔子は、「黒い女神」と呼ばれた活動家で、50年前に人民の連帯を訴え“7分間の演説”を行った。その後は潜伏していたが、なぜか50年たった今になって再び動き出し、ハイジャックを実行。真壁有希子(天海さん)ら緊急取調室(キントリ)の取り調べを受けることになる、という役どころだ。

 現在、米ロサンゼルスを拠点に活動する桃井さんは「『緊急取調室』はロサンゼルスに行ってから、唯一見ていた日本のドラマなんです。会話がものすごく面白くて、テーマがとても深いところにありますし、“今の時代に耐えられるのはこのドラマだけ”というくらいのクオリティーだと思います」とコメント。「とにかく真壁に会いたくて……。天海さんとは前にちょっと飲んだことがあったんですけど、一緒に飲んでいてもこんなに気持ちのいい女はいないので、また会いたかったんですよ!」と明かした。

 また、天海さんについては「共演してみたら、とにかく人柄が最高にいいし、座長としての仕切りから気遣いから、見事なの! 彼女を見ていると、今から娘を産んで宝塚に入れようかと思うくらい、素晴らしいわけ。しかも、知力がとても高い方なんですよ。台本の内容に関して、これだけしゃべれる女子に会ったのは初めて。桃井かおり史上最高の女優です!」と絶賛。「深いところから演じてくれるし、アニキみたいに私のこともものすごく支えてくれるし……すごく好き! すっかりほれてしまい、撮影最終日には交際を申し込みました(笑い)」と語っている。