緊急取調室 第4シーズン 視聴率

初回視聴率14.7% 天海祐希主演、人気刑事ドラマ新シリーズ “ゲスト”桃井かおりがハイジャックテロ

連続ドラマ「緊急取調室」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「緊急取調室」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第1話が7月8日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好スタートを切った。

 ドラマは、井上由美子さんのオリジナル作。警視庁捜査1課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の真壁有希子(天海さん)たちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年にシーズン1が放送されて人気を博し、2017、2019年とシーズンを重ねるごとに話題を呼んでいる。

 初回は、女優の桃井かおりさんがゲスト出演した。桃井さん演じる「黒い女神」と称された50年前の学生運動のリーダー大國塔子が長年の沈黙を破ってハイジャックテロを起こす。要求は、同じ便に乗っている国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平さん)を自分の元へ呼ぶこと。出張先の北海道警察へ向かう途中、機内でテロに居合わせてしまった有希子は、事態収束のため、塔子との交渉を試みる。

 そんな中、宮越の代わりに塔子の元へやって来た第1秘書・東修ニ(今井朋彦さん)が、塔子ともみ合いになった揚げ句、落命してしまう事態に。現場に居た有希子には、世間から非難の声が集まる。そんな中、刑事部長・北斗偉(たける、池田成志さん)の決定で、キントリが100日足らずの9月末で解体される……という内示が下された。

第2話視聴率13.4%で好調維持 桃井かおりとの“対決” 壮絶な取り調べ…

連続ドラマ「緊急取調室」第2話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「緊急取調室」第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第2話が7月15日に放送された、平均視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第1話の14.7%(同)からダウンしたものの、好調をキープした。

 第2話は、初回に引き続き女優の桃井かおりさんがゲスト出演。キントリと、ハイジャックテロを起こして捕まった活動家・大國塔子(桃井さん)の取調室内での“対決”が描かれた。

 塔子の起こしたハイジャック事件には間違いなく裏があると考えた有希子は、自ら塔子を取り調べようと奮起するが、取り調べは既に公安が担当することになっていた。交渉の末、刑事部長・北斗偉(池田成志さん)がキントリに許した取り調べ時間は1時間。あまりにも短い制限時間の上、50年前の国会議事堂前での7分間の名演説で名をはせた口の立つ塔子に、壮絶な取り調べが繰り広げられ……という展開だった。

第3話視聴率9.1% “ボクサー”岡山天音&神尾楓珠がゲスト イメチェン&大幅減量

7月22日に放送された連続ドラマ「緊急取調室」第3話の一場面=テレビ朝日提供
7月22日に放送された連続ドラマ「緊急取調室」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第3話が7月22日に放送された、平均視聴率(世帯)は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第3話は、俳優の岡山天音さんと神尾楓珠さんがボクサー役でゲスト出演。2人は撮影にあたり、岡山さんは金髪、神尾さんはショートヘアに“イメチェン”し、共に撮影の1カ月以上前からのトレーニングで岡山さんが「体脂肪率5.5%減」、神尾さんは「体脂肪率9.4%から7.0%」という大幅減量を果たした。

 バンタム級チャンピオン・加賀見光一郎(神尾さん)と元不良少年のボクサー・石倉衆ニ(岡山さん)のタイトルマッチが目前に迫る中、事件が起こる。対戦1週間前の会見が開かれた直後、記者会見に出席していた週刊誌記者・梅本マサル(松本実さん)が、川に転落して溺死した。

 その後、梅本は亡くなる前に顔面を殴られていたことが判明し、石倉と一緒に事件現場付近を歩いている姿をとらえた防犯カメラ映像が発見される。これを受け、警視庁捜査一課は石倉を任意同行することに。真壁有希子(天海さん)ら「キントリ」には、石倉を取り調べて自供させるよう、刑事部長・北斗偉(池田成志さん)から命令が下る……という展開だった。