ボイスII 110緊急指令室 ニュース

三ツ矢雄二、「ボイス2」人気声優出演の“トリ”飾る 最後の事件の通報者に

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」最終話に出演する三ツ矢雄二さん(左)と唐沢寿明さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」最終話に出演する三ツ矢雄二さん(左)と唐沢寿明さん=日本テレビ提供

 アニメ「タッチ」の上杉達也役や、「キテレツ大百科」のトンガリ役などで知られる声優の三ツ矢雄二さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の最終話(第10話、9月25日放送)に出演することが分かった。「最後の事件の通報者」として登場するという。

 作品タイトル「ボイス=声」にかけて、毎話人気声優が出演してきた「ボイスII」。これまで、第1話には関智一さん、第2話には古賀葵さん、第3話には松岡禎丞(よしつぐ)さん、第4話に榎木淳弥さん、第5話に梶裕貴さん、第6話に日高のり子さん、第7話に山口勝平さん、第8話に三宅健太さん、第9話に平田広明さんが出演した。三ツ矢さんは、そのトリを飾る。

 三ツ矢さんは出演について「ドラマに出るのは久しぶりだったので、撮影現場の雰囲気が懐かしかったです」「もし、セリフがいっぱいだったらどうしよう……と戦々恐々でしたが、セリフは一言と聞いて、安堵(あんど)しました」とコメント。ドラマについて「文句なく面白いドラマです。ぜひ僕を見つけてください」とアピールした。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

中川大輔、「ボイス2」の内通者役で話題 「仮面ライダーゼロワン」ではテロリストのメンバー迅

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する中川大輔さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する中川大輔さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、これまで久遠(安藤政信さん)に警察内部の情報を提供していた“内通者”であることが明らかになった、県警捜査1課の捜査員・片桐優斗役の中川大輔さんが話題だ。

 中川さんは1998年1月5日生まれ、東京都出身の23歳。2016年に行われた、男性ファッション誌「MEN 'S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)のモデルを決める「第31回メンズノンノモデルオーディション」に応募し、応募総数2000人以上の中からグランプリに選ばれた。

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年、テレビ朝日系)では、主人公たちと敵対するテロリスト「滅亡迅雷.net」のメンバーである迅/仮面ライダー迅役で出演し、一躍注目を集めた。その後も「極主夫道」(2020年、読売テレビ・日本テレビ系)で「大城山組」の組員・井田昇、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(2021年、日本テレビ系)でたい焼き屋「おだや」アルバイトのケンタを演じるなど、話題作への出演が続く注目の若手俳優だ。

 「ボイスII」で演じる片桐は、捜査1課の捜査員としてスーツに身を包み、課長の重藤通孝(藤本隆宏さん)のもとで捜査にあたっていた。たびたび石川透(増田貴久さん)などに突っかかる場面はあったものの、血気盛んながら忠実に任務を果たしているように見えていたため、内通者と明らかになった第8話では、視聴者から「まじかよ!!」と驚きの声があがった。

 さらに、正体が明らかになるやいなや、通孝に銃を突き付け、不穏な笑みを浮かべる姿も描かれ、「内通者なのバレて銃を向けてる時の表情の切り替えがすごすぎる」「中川大輔くんいい顔するなあ!」「悪い笑みとかめちゃくちゃ最高」「片桐のラストの表情が最高過ぎる」と、中川さんの演技を絶賛する声もあった。

 18日放送の第9話では、憎しみに火をつけ、自分に引き金を引かせることが久遠の目的と気付いた樋口(唐沢さん)は、通孝を生きて解放することを条件に、あえて片桐の逃亡を許す。その後、ECUの緒方(田村健太郎さん)は、片桐のパソコンを自宅へ持ち帰り解析していると、突然部屋に侵入してきた片桐に襲われる……と展開する。ヒールぶりが加速する中川さんの演技に注目だ。

“石川透”増田貴久が主人公 警察残留の「事件」描くオリジナルストーリー配信へ

9月25日に配信されるオリジナルストーリー「ボイスII 110緊急指令室 LAST CALL」に出演するNEWSの増田貴久さん (C)NTV
9月25日に配信されるオリジナルストーリー「ボイスII 110緊急指令室 LAST CALL」に出演するNEWSの増田貴久さん (C)NTV

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)のオリジナルストーリー「ボイスII 110緊急指令室 LAST CALL」が動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが9月18日、分かった。LAST CALLは、人気グループ「NEWS」の増田貴久さん演じる石川透が主人公で、本編の前シリーズと今シリーズをつなぐ物語。

 「ボイスII」は、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。透は第8話で何者かに狙撃され、命を落とした。

 LAST CALLは、前シリーズのオリジナルストーリーとして2019年9月に配信された「ボイス 110緊急指令室 CALL BACK」の後日譚で、今シリーズの前日譚。大切な仲間を裏切った罪悪感から警察を辞職する決意を固めた透が、警察に残ることにした「事件」を描く。同シリーズ初のECU不在の事件で、懐かしのキャラクターも登場する。

 増田さんは「ある事件をきっかけに透の存在を必要としてくれる人に出会います。なぜ警察に戻ってきたのか、戻って来られたのか。透の生きた証を、ぜひご覧ください!」とアピールしている。

 9月25日、本編最終第10話の放送終了後に配信される。

増田貴久、「ボイス2」クランクアップ 続編あるなら「幽霊役でもいい」 安藤政信も撮了

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する(左から)増田貴久さん、唐沢寿明さん、安藤政信さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する(左から)増田貴久さん、唐沢寿明さん、安藤政信さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、樋口彰吾(唐沢さん)の相棒・石川透を演じた増田貴久さんがこのほど、クランクアップを迎えた。

 “兄貴”の唐沢さんより一足先に撮了した増田さんは「石川透役、増田貴久さんオールアップでーす」とコールされ、両手を上げてバンザイ。「ありがとうございました!」と頭を下げ、「2年前の前作『ボイス』の時から、まさに命がけといいますか、普段の生活でもずっと役作りをして生きてきて、この気持ちを作り続けた 2年間がひとまず終わるのはさみしいですが、一つ大きなことをやり遂げられたのかな、と思います」とコメント。

 続けて「唐沢さんの作品なので、しっかりやらねばという思いでしたが、皆さんの熱量がすごかった作品でした。もし『ボイス3』があるのなら、幽霊役でもいいので出してもらえたら! ボイス最高でした! ありがとうございました!」とあいさつした。

 また、最凶最悪の真犯人“白塗り男”こと久遠京介を演じた安藤政信さんもクランクアップ。花束を贈呈されると「お花が大きいですね。まあ僕、頑張ってきたし。4カ月間ありがとうございました。皆さんに会えてめちゃくちゃ感謝しています。この現場のこと、作品のこと、役についても、自分はストレートに皆さんの思いに応えたい、とずっとやってきました。その思いを皆さんがすごく拾ってくれて、いいグルーヴ感で4カ月できたと思います。本当に感謝しています。会えて良かったです。またよろしくお願いします」と感謝の思いを語った。

第9話に筒井真理子が出演 “久遠”安藤政信の過去知る重要人物、40~70代を演じ分け

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第9話に出演する筒井真理子さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第9話に出演する筒井真理子さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第9話に、女優の筒井真理子さんが出演することが9月16日、分かった。これまで描かれてきた一連の事件に関与してきた久遠京介(安藤政信さん)の過去を知る重要人物役で、40~70代までを演じ分ける。

 筒井さんは「私が演じたのはとても大切な役どころで、気を引き締めて臨みました」と語り、「1日で30歳若返らなければいけないというミッションもあり、とてもエキサイティングな現場でした。皆さま、ついに最終章を迎えた怒涛(どとう)の物語に身を任せてください」とアピールしている。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。9月18日放送の第9話では、“白塗り野郎”久遠京介の知られざる過去が明らかになる。

三宅健太、人気声優が初のドラマ出演 「ものすごく緊張しました」 「ボイス2」で事件捜査に関わる役

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する三宅健太さん(右)と主演の唐沢寿明さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する三宅健太さん(右)と主演の唐沢寿明さん=日本テレビ提供

 人気アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト/八木俊典役や「ジョジョの奇妙な冒険 Parte3 スターダストクルセイダース」のモハメド・アヴドゥル役などで知られる声優の三宅健太さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第8話(9月11日放送)に出演することが9月4日、分かった。初のドラマ出演となる。

 三宅さんは樋口(唐沢さん)の“石川狙撃事件”の捜査に関わる役で登場する。ドラマの出演オファーについて「おそらく人生で5本の指に入るくらいにキョトンとして、そして大いに驚きました。声優を主ななりわいにしている自分に、まさかドラマ出演のお話が来るとは……。正直、撮影が終了した今現在も驚き続けています」と語り、「正直前日はあまり眠れず、ものすごく緊張しました」と撮影を振り返っている。

 ドラマは、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」(同)の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする、緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く、タイムリミットサスペンス。今シーズンは毎話、ドラマのタイトルにかけて、人気声優が出演している。

“石川”増田貴久が苦悩 眼前に県警本部長の死体が… 第7話場面写真公開

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第7話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第7話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話(9月4日)の場面写真が9月3日、公開された。前話で県警本部長を射殺したかのような場面が描かれた石川(増田貴久さん)が、苦悩する様子が写し出されている。

 第7話は、石川の眼前に県警本部長の死体が……という怒涛の展開で幕を開ける。石川は犯人を死なせてしまった過去があり、感情が高ぶったり、精神的に追い詰められたりすると、脳への酸素供給が途切れてしまうという病を抱えている。前話ラストでは意識を失い、目を覚ますと本部長が銃で撃たれて死んでおり、石川の手には拳銃が握られていた。現場から逃げた石川を、兄の樋口(唐沢さん)が追う。

福澤朗、日テレ系「ボイス2」で大学教授役 局アナ時代に「タイムスリップしたかのよう」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する福澤朗さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する福澤朗さん=日本テレビ提供

 フリーアナウンサーの福澤朗さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)に第7話(9月4日)から出演することが2日、分かった。元同局アナの福澤さんは、慣れ親しんだスタジオを訪れ「タイムスリップしたかのようでした」と出演を喜んでいる。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査員たちの活躍を描く。

 福澤さんが演じるのは、真犯人の“白塗り野郎”こと久遠京介(安藤政信さん)が勤める神奈川医科大学の法医学教授の福田吉弘。久遠と言葉を交わす場面も多く、物語の鍵を握る重要な役柄だという。第8話にも出演する。

 ◇福澤朗さんのコメント

 撮影が行われた某スタジオは日テレ局員の頃、頻繁にお世話になっていた場所。久しぶりに訪れた某スタジオは当時と全く変わっておらず、タイムスリップしたかのようでした。しかし、撮影現場に女性スタッフが増えていたことに驚がく。生き生きとした彼女たちの声(ボイス)が飛び交う現場に時代の移り変わりを強く感じました。このドラマの持つジェットコースター感は彼女たちのパワーによるところも大きいのでしょう。

 感染対策を徹底しての撮影には戸惑いつつも、丁寧に作品を作り上げようとするスタッフの情熱に後押しされて、濃い時間を過ごすことができました。実は私の演じる大学教授と白塗りの男との関係については家族にも教えておりません。昔も今も「秘密」と「時間」は厳守なのです。

 私にとって思い出に残る日テレ土曜日の夜のドラマといえば「家なき子」。そこに「ボイス2」が加わることは間違いありません。家族そろって震えてください!

山口勝平「ボイス2」で重要な手がかり与える役 「なんとしても出演したい!」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する山口勝平さん(左)と主演の唐沢寿明さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する山口勝平さん(左)と主演の唐沢寿明さん=日本テレビ提供

 人気アニメ「名探偵コナン」の工藤新一役などで知られる声優の山口勝平さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが分かった。9月4日放送の第7話に、「捜査に重要な手がかりを与える役」として登場する。

 ドラマは、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」(同)の続編。通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする、「緊急指令室(ECU)」の捜査官たちの活躍を描く。唐沢さんのほか、女優の真木よう子さん、人気グループ「NEWS」の増田貴久さんらが出演している。

 山口さんは「新しいことにチャレンジできる機会をいただけて、とてもうれしかったです。体調管理をシッカリやって、なんとしても出演したい!と思いました」とコメント。撮影について、「慣れない現場で、しかも唐沢さんとの絡みだったりしたのでとても緊張しましたが、おいしい出番だったのではないかと思っています。撮影現場の一つ一つがとても新鮮で刺激的でしたし、スタッフの皆さんのお心遣いで、とても楽しく撮影に臨めました。そして当たり前なことでしょうが、唐沢さんの集中力に驚かされました」と振り返った。

 再び「ボイス」に出演できたら、やってみたい役どころを聞かれると、「もちろん探偵役!って言いたいところですが、どこかの捜査チームにいる、のんびりした窓際上司みたいな役とかいいなぁって思いますね。あ、でも緊迫感が続くボイスでは出番がなさそう」とにっこり。

 最後に、「今回、自分も毎週楽しみにしているボイスの世界に入ることができて光栄でした。自分の出番を見るのは、また違った意味でハラハラドキドキですが(笑い)、『ボイス』を大好きな皆さんに楽しんでいただけるようがんばりましたので、応援よろしくお願いします。小道具にもぜひ、注目してみてくださいね」とアピールした。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

花田優里音「透明なゆりかご」では“14歳で妊娠” 子役出身17歳が「ボイス2」出演へ「初めて経験することだらけの中…」

「ボイスII 110 緊急指令室」第6話出演を告知する花田優里音さん
「ボイスII 110 緊急指令室」第6話出演を告知する花田優里音さん

 子役出身で、2018年のNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」では“14歳で妊娠した少女”を演じた女優の花田優里音さん(17)が8月27日、自身のインスタグラムを更新。8月28日放送の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話への出演をファンに報告した。

 花田さんは同話で、心霊スポットをめぐるネット動画配信者・成瀬友則(松岡広大さん)らに拉致される高校生・内山碧を演じる。

 「なぜに私にこの役をくださったのか、いろいろな意味で怖くて聞けていないままですが、役作りから最後のシーンまで初めて経験することだらけの中、熱くて優しくすてきな現場で、キャストの方々のお芝居は容赦なく素晴らしくて、私も精いっぱい頑張ることができました。どんな結末になるのか、ハラハラドキドキゾクゾクと熱さと怒りと悲しさと、さまざまな感情湧き上がってもらえるとうれしいです。最後までせひ、見てください」と呼びかけた。

第6話に松岡広大、嶺豪一、花田優里音が出演 心霊スポットで事件発生

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第6話に出演する(左から)松岡広大さん、嶺豪一さん、花田優里音さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第6話に出演する(左から)松岡広大さん、嶺豪一さん、花田優里音さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話(8月28日)に、俳優の松岡広大さん、嶺豪一さん、女優の花田優里音さんが出演することが27日、分かった。

 同話では、ネット動画配信者が心霊スポットで襲われる事件が発生し、緊急出動班が現場に急行する。心霊スポットをめぐるネット動画配信者・成瀬友則を松岡さん、カメラマンの平山洋介を嶺さん、成瀬らに拉致された高校生・内山碧を花田さんが演じる。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

 ◇松岡広大さんのコメント

 成瀬友則を演じました、松岡広大です。成瀬は動画配信を生業(なりわい)にしていて、再生回数や高評価等の数字に振り回されていくと共に、精神的摩耗が激しく生じていき、台本を熟読し彼を演じると、どこかで彼と僕がつながりました。芝居中は苦しいと感じましたが、現場ではキャストスタッフの皆様の温かさと笑顔に支えられた、愛おしい撮影期間でした。微力ではありますが、すてきな作品に参加できたことを誇らしく思います。ぜひ、ご覧ください!

 ◇嶺豪一さんのコメント

 ネット動画配信カメラマンの平山洋介役を演じさせていただきました、嶺豪一です。第6話では、動画配信の沼にハマっていく様子が描かれております。共感をしてはいけないと思いながらも、映像に関わる人間として少しその気持ちが分かるかも……と思ってしまう瞬間もありました。また、緊急指令室とのやりとり、現場での緊張感、そして監督スタッフキャストが一丸となり物語を紡いでいるのを感じました。白塗りの男の展開も含めて、この事件最後の最後まで読めない展開なので、見応えがあります。第6話もぜひご覧ください!

 ◇花田優里音さんのコメント

 ボイス2の世界に入りました、うれしすぎます。ホラー苦手でぽやぽやしている私がこの役をできるのかと戸惑いも不安もありましたが、キャストの方々の迫真の演技に引っ張ってもらいました。震えました。 碧がこんな目に遭うまでの悩みながら懸命に頑張っていただろう日々を想像して、最後のシーン撮影の日まで、日記をつけました。感情移入しすぎて悲しかったです。

 ちょっとしたタイミングや判断で人生が変わってしまう恐ろしさを感じました。廃墟(はいきょ)は怖すぎでした。休憩中も1人にならず話したり写メを撮ってもらったりして気を紛らわせていましたが、それを後で見返す時も勇気がいりました(自分の風貌も怖いですし)。廃墟、行ってはダメです。ハラハラドキドキゾクゾクと、熱さと怒りと悲しさと……。いろんな感情湧き上がりながら見てくださるとうれしいです。

前半5話を30秒に凝縮 SPトレーラームービー公開 “白塗り野郎”安藤政信の姿も

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」スペシャルトレーラームービーのサムネイル=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」スペシャルトレーラームービーのサムネイル=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の特別映像が8月25日、番組公式ツイッターと、YouTubeの日テレドラマ公式チャンネルで公開された。「スペシャルトレーラームービー」と題され、ドラマの前半5話分が30秒に凝縮されている。

 特別映像には、唐沢さん演じる樋口彰吾、真木よう子さん演じる橘ひかり、増田貴久さん演じる石川透、真犯人の“白塗り野郎”を演じる安藤政信さんらの姿が映し出されている。

「ボイス2」白塗り野郎の正体は誰だ!? SNSで考察が過熱

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話に登場する“白塗り野郎”=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話に登場する“白塗り野郎”=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、主人公・樋口(唐沢さん)たちに立ちはだかる“最凶最悪”の真犯人“白塗り野郎”が話題だ。「この最凶最悪の“白塗り野郎”を演じているのは、ある“有名俳優”」としか公表されておらず、エンドクレジットでも役者名が伏せられている。多くの視聴者が正体についての考察で盛り上がっており、SNS上のさまざまな考察を紹介する。

 ドラマは、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

 白塗り野郎はこれまで、ECUの班長・重藤雄二を襲撃し、樋口の息子・大樹を誘拐するなど、再三にわたり攻撃を仕掛けてきた。相手が苦しむ目の前で得意げに舞う様子も非常に不気味で、第1話の放送直後から、SNSで正体を巡って考察合戦が起きていた。

 SNSを見ると、大本命とされているのが安藤政信さんだ。白塗り野郎が長身であることに加え、目鼻など顔立ちが安藤さんそっくりだという意見が多い。中には、セリフの間の取り方が安藤さんに似ていると指摘する視聴者も。安藤さんといえば、2020年の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS)で重要人物のみきおを演じたことも記憶に新しく、またしても怪演を見せてくれるのでは?と期待する声もある。

 続いて怪しいとされる人物は、重藤を演じた増田昇太さんだ。重藤は白塗り野郎のワナにはまり、第1話で殉職してしまったが、放送当時から「本当に死んだのか疑ってしまう」「重藤と白塗りは接点があるのでは?」「こんなに早くいなくなるわけないよ」と“重藤生存説”が飛び交っている。また、白塗り野郎の舞いは、増田さんが振り付けを担当したことが発表されており、関連性を疑問視する視聴者も多い。

 そのほかにも横浜流星さん、小山慶一郎さん、松田翔太さん、古川雄大さん、山田裕貴さんなど、さまざま予想があるが、8月14日放送の第5話では、白塗り野郎の正体がいよいよ明らかになるという。今回紹介した役者の中に白塗り野郎はいるのか、それとも予想だにしない人物が演じているのか、放送が楽しみだ。

梶裕貴、「ボイス2」で重要な役 “樋口”唐沢寿明と声のやり取りも 「崩れ落ちるくらい疲労こんぱい」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する梶裕貴さん(左)と増田貴久さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する梶裕貴さん(左)と増田貴久さん=日本テレビ提供

 アニメ「進撃の巨人」の主人公エレン・イェーガー役や、「七つの大罪」の主人公メリオダス役などで知られる声優の梶裕貴さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第5話(8月14日放送)に出演することが7日、分かった。梶さんは、主人公・樋口(唐沢さん)が拉致される事件の中で、ある重要な役で登場。声を頼りに脱出を図る樋口と、梶さん演じる男の「声」のやり取りが物語の鍵になるという。

 梶さんは出演について「かなり心を消耗しながらお芝居しました。監督と一緒に役づくりをさせていただけたような気がしていて、とても楽しかったです。アドレナリンが切れたのか、撮影後はガクッと崩れ落ちるくらい疲労こんぱいでした」と振り返っている。

 ドラマは、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」(同)の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする、緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く、タイムリミットサスペンス。

 今シーズンは、ドラマのタイトルにかけて毎話、人気声優が出演する。第1話には関智一さん、第2話に古賀葵さん、第3話に松岡禎丞さん、第4話に榎木淳弥さんが出演した。

“白塗り野郎”の正体、次回で明らかに SNSでは考察合戦も

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話に登場する“白塗り野郎”=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話に登場する“白塗り野郎”=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)。8月14日放送の第5話では、主人公・樋口(唐沢さん)たちに立ちはだかる最凶最悪の真犯人“白塗り野郎”を誰が演じているのか、いよいよ明らかになる。

 白塗り野郎はこれまで、樋口の息子・大樹を誘拐し、大樹を助けるために廃ビル内にいた樋口を爆破するなど、再三にわたり攻撃を仕掛けてきた。顔が白塗りになっていることや、エンドクレジットでも役者名が伏せられているため、誰が演じているのか、SNSで考察合戦が起きていた。

 2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

<SNS反響>藤間爽子、話題の日本舞踊家 「ボイス2」で迫真演技 事件解決に挑む警官役に反響

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演した藤間爽子さん
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演した藤間爽子さん

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が7月31日に放送。女優で日本舞踊家の藤間爽子(ふじま・さわこ)さんが、果敢に事件解決に挑む警官・小松知里役として、迫真の演技を披露し話題となった。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査員たちの活躍を描く。

 藤間さんが演じる知里は、第3話(7月24日放送)で、仕事帰りを付け狙っていた元恋人の前薗に殴られて気を失い、車で屋敷に誘拐されてしまった。第4話で知里は、何者かによって刺された前薗を目撃。けがを負いながらも、前薗を襲った人物の追跡に加わり、樋口(唐沢さん)や石川(増田貴久さん)、ECUの仲間たちと共に事件解決に挑んだ。

 前薗に暴行を受け、過去のトラウマに苦しめられながらも、警官として事件に立ち向かう知里のたくましい行動に、SNSでは「大活躍やな」「見ていてゾクゾクしました」「一皮むけたね知里ちゃん!!」などの反響があった。

<SNS反響>堀未央奈、「ボイス2」で“怪演” 恐怖で視聴者震える「血だらけ姿ヤバい」「一番怖かった」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演した堀未央奈さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演した堀未央奈さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が7月31日に放送され、元「乃木坂46」の堀未央奈さんがゲスト出演。元交際相手からDV被害に遭う奥井由香を怪演し、視聴者を震え上がらせた。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査員たちの活躍を描く。

 第4話は、ECUの小松知里巡査部長(藤間爽子さん)が、元交際相手・前薗に拉致され、樋口(唐沢さん)と石川(増田貴久さん)が追跡。前薗は、大型リゾート施設を開発している前薗グループの御曹司で、ひかり(真木よう子さん)は、前薗がリゾート近くの別荘へ知里を連れ込むと読む。だが、別荘に到着した樋口と石川が発見したのは腹部を刺された前薗の姿だった……という展開。

 前薗を刺したのは、前薗から暴行を受けていた奥井由香や交際相手の女性だった。奥井由香が返り血を浴びた姿でうつろな目を浮かべ、淡々と取り調べに応じる様子や、前薗に何度もナイフを突き立てる回想シーンなどが描かれた。

 堀さんの怪演に、SNSでは「未央奈の演技めっちゃ恐怖」「目の動きや笑顔が一番怖かった」「堀未央奈の血だらけ姿ヤバい」と反応。また「サイコパスな役似合う」「堀未央奈の演技最高によかった」「ミステリアスな演技最高」「また堀未央奈の新しい一面が見れました」と、絶賛する声もあった。

<インタビュー>藤間爽子「すごい熱量使います」 話題の日本舞踊家 初ドラマレギュラー「ボイス2」で奮闘

連続ドラマ「ボイスII 110 緊急指令室」に小松知里役で出演している藤間爽子さん
連続ドラマ「ボイスII 110 緊急指令室」に小松知里役で出演している藤間爽子さん

 唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)に出演する女優で日本舞踊家の藤間爽子(ふじま・さわこ)さん。今年2月、日本舞踊の流派の一つ、藤間流の流れをくむ「紫派藤間流」の三代目家元として「藤間紫」を襲名し、話題となった。そんな藤間さんは今回が初のドラマレギュラーとなる。「いろいろなことが初めてで、映像経験があまりない自分にできるのだろうか、プレッシャーや緊張もありました」と明かしつつ、撮影現場で日々奮闘する藤間さんに話を聞いた。

 ◇

 藤間さんは1994年8月3日生まれ、東京都出身。女優としては、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」(2017年)で、若い頃の立花富役を務めたほか、広瀬すずさん主演のWOWOWのドラマ「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」(2021年)にも、主人公と同じ寮に住むクルミ役で出演した。

 「ボイス2」は、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の第2弾で、「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査員たちの活躍を描いている。

 藤間さんが演じているのは、今回から新たに加わった港東署ECUの新人室員・小松知里。「新人ということもあって真っすぐで正義感が強くて、自分の職務と向き合い、事件に立ち向かっていく頑張り屋さん」だ。

 また「新人という意味で言うと、私もドラマの現場では新人。無理に何かをやらなくても、自然と“新人感”は出ているのかな」とほほ笑む藤間さんは、声を聞いて応対するECUのシーンでは、「目の前に相手がいるお芝居ではないので」ちょっとした目線や動きを意識。「あとは事件の現場がどうなっているか、必ず“想像すること”を大切にしていますし、声で伝える立場でもあるので、はっきりと正確に話すということを心がけています」と明かす。

 7月24日放送の第3話の後半では、元交際相手から暴行を受けて拉致されるという、事件の被害者になってしまった知里だが、「知里は頑張り屋さんであるがゆえに自分の弱い部分がさらけ出せずにいて、だからこそ事件にも巻き込まれてしまった」と分析。

 「知里の中には『警察官はこうあるべき』というのがあって、自分の弱さや“恥”みたいなものをうまく人に相談できず、一人抱え込んでしまう。私も結構そういうタイプなので、プライベートをさらけ出せない部分は自分にも似ていると感じています」と共感を寄せると、「そういった警察官としての知里と一人の女性としての知里、両方を見せることができたら」と思いを語った。

 ◇

 日本舞踊とドラマでの演技との違いについては、「日本舞踊はそもそも声を発するものではないですし、身体表現という意味でも、映像では、そのときそのときに感じた“リアルな動き”を求められるので、決めつけてしまうとうそくさくなってしまうんです」と話す。

 改めて「今回、全てが挑戦でしたし、やってみて映像ってすごく難しいなって感じました」という藤間さんは、「(映像は)“切り取っていく”わけじゃないですか。その前後が入れ替わって撮影することも普通にあるので、集中して気持ちを持っていくというのは、すごい熱量を使います」と本音を吐露。

 それでも「映像のお仕事はやっていて楽しいです」と笑顔を見せ、「今回は初めてレギュラーという形でガッツリとやらせてもらって。映像は映像としての、“作り上げていく面白さ”があるのだと感じることができましたし、今後もいろいろな作品に携わらせてもらえたら」と前向きに語った。

 今回は警察官という役どころだったが、藤間さんは「経験が少ないのでやらせてもらえるならどんな役でも」と前置きした上で、「人間的に汚いような役とか、それこそ『ボイス2』に出てくるような狂気じみた役にもいつか挑戦できたらなって思っています」と意欲をのぞかせていた。

堀未央奈「ボイス2」でDV被害者役 返り血浴びうつろな目に

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演する堀未央奈さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第4話に出演する堀未央奈さん=日本テレビ提供

  3月にアイドルグループ「乃木坂46」を卒業した堀未央奈さんが、唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(7月31日)にゲスト出演し、DV被害者の奥井由香を演じることが7月30日、分かった。場面写真も公開され、奥井由香が返り血を浴びてうつろな目をしている姿が写し出されている。

 堀さんは出演について「とてもスリリングで毎回ハラハラしながら一視聴者として見ていた作品に、自分も出演することができてすごくうれしかったです。私が演じる役は感情の変化が難しく、初めての経験ばかりですごくやりがいがありました。悔しさや憎しみなど“陰”の感情をたくさん感じた役どころでした」と語っている。

 また、過去にDV被害を受けた女性の母である上野早苗役で街田しおんさん、もう一人のDV被害者・藤井綾乃役で二宮郁さんが出演することも発表された。

堀未央奈「ボイス2」にゲスト出演 唐沢寿明と2ショット公開「負けないように頑張りました」

連続ドラマ「ボイスII 110 緊急指令室」にゲスト出演する堀未央奈さん(左)と主演の唐沢寿明さん
連続ドラマ「ボイスII 110 緊急指令室」にゲスト出演する堀未央奈さん(左)と主演の唐沢寿明さん

  3月にアイドルグループ「乃木坂46」を卒業した堀未央奈さんが、唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(7月31日)にゲスト出演することが明らかになった。堀さんが自身のインスタグラムで発表した。

 堀さんは唐沢さんとのツーショット写真を公開し、「私が演じる役どころも今まで演じたことのない役で、難しかった分、やりがいがありすごく楽しい現場でした。唐沢寿明さんと目を合わせるシーンがあるのですが、力強い眼差しに負けないように頑張りました」とつづった。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

<SNS反響>“透ちゃん”増田貴久、“恐怖のキス”に視聴者騒然 「一生のトラウマ」「闇墜ち…!?」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第2話が7月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同話では、増田貴久さん扮(ふん)する石川透の“恐怖のキスシーン”が描かれ、視聴者を騒然とさせた。

 第2話は、白塗り男と共犯者・二ノ宮純名(片山友希さん)は、樋口(唐沢さん)の息子・大樹(鳥越壮真さん)を連れて逃走。樋口や石川らは手分けして犯人を追う。石川は純名を追い詰めるが、体に巻きつけた爆弾を見せ、近くにいた子供の群衆へ向かうと、石川は発砲。横たわる純名の元に駆けつけ、止血を行っていると、純名は「ようこそこちら側に……」といって石川にキスし、そのまま息絶えた……。

 ショックからか、石川が苦悩する様子も描かれ、恐怖のキスに対して、SNSでは「一生のトラウマもんのキスすぎる……」「まさかのキスシーン&闇墜(お)ち……?!」「ボイス2でキスシーンがあるとは思わなかった」「透ちゃん大丈夫かな」と話題になった。

SNSで話題の“白塗り野郎”が舞う 横で“樋口”唐沢寿明が倒れて…第2話場面写真が公開

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第2話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話の場面写真が7月16日、公開された。雑居ビルのような場所で、“白塗り野郎”が得意げに舞い、その横で樋口彰吾(唐沢さん)が倒れている様子が写し出されている。

 白塗り野郎は、今作の最大の敵。第1話では、樋口が直接対決したが、巧妙に逃げられ、ラストで再びその姿を見たが、車で逃走された。演じているのは“有名俳優”だとしか公表されておらず、SNS上では「考察合戦」が起こっている。

 第2話は、白塗り野郎と共犯者・二ノ宮純名(片山友希さん)が、樋口の息子・大樹(鳥越壮真さん)を連れて逃走。乗り捨てられた犯行車両を見付けた樋口は、石川(増田貴久さん)と手分けして犯人を追う。白塗りの男を追って雑居ビルの地下室に到着し、大樹を発見するが、白塗り野郎のわなが張り巡らされていた。

「ボイス2」地上波ギリギリの演出&抜群のキャスティング 「この夏イチバンの恐怖」と話題になった理由

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第1話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第1話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)が7月10日に始まる。2019年7月期に放送され、「この夏イチバンの恐怖」と話題になった「ボイス 110緊急指令室」の第2弾だ。「ボイス」がなぜ話題になったのか、2019年に行った尾上貴洋プロデューサーへのインタビューを基に振り返る。

 ◇ハードなシーンもごまかさず

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺された神奈川県警港東警察署の樋口彰吾(唐沢さん)と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラーの橘ひかり(真木よう子さん)らの活躍を描いた。

 前作には、菊池桃子さんや吉川愛さん、矢作穂香さんらが事件被害者として出演。殴る蹴るの暴行を受ける……というハードなシーンをごまかさずに描いたことで、「圧倒された!」「怖い!!」といった反響があった。こうしたシリアスで、ある種凄惨(せいさん)なシーンを地上波で放送することに、当時、尾上さんは「土曜10時の枠で放送するのに、どこまで暴力表現を描くか、かなり葛藤しました」と告白。

 「理不尽な死や暴力をリアリティーを持って伝えるためには、ある程度の痛みが伴わないと、表現できないと思いました。(シリアスな描写が)『刺さってくる』『不快な気持ちになる』というのは、やっぱりリアリティーのある痛みが伝わっているからだと思います。それを損なわないよう演出、表現しています」と語っていた。

 ◇追い詰める様、まるでホラー映画

 加害者役の芝居にも注目が集まった。ラッパーで俳優としても活躍する般若さんは、前作の初回で、女子大生役の吉川さんを誘拐する犯人役で出演。廃虚となったビルにジリジリと追い詰め、殴る蹴るといった暴行を加える……という恐怖の展開が続いた。吉川さんを追いかけていく様が、あまりにもホラー的な演出だったため、「『シャイニング』のジャック・ニコルソンが頭をよぎった」という反響もあった。

 また、近年舞台を中心に活動するソニンさんは、前作で子供への虐待が疑われる母親を演じた。子どもに刃物をちらつかせたり、狂気に満ちた声を上げながら、隠れている子どもを探す姿など、その迫真の演技を披露。「こわいこわいこわい」「ソニンの顔が怖すぎる」と視聴者を震え上がらせた。

 実力派たちが魅せた演技について、尾上プロデューサーは「ゲストは極端なお芝居を求められるキャラクターが多かったと思います」と苦笑いを浮かべつつ、「大きなお芝居でもリアリティーを出せる人を、と思いました」と、キャスティングのこだわりを明かしていた。

 地上波ギリギリともいえる演出と、抜群だったキャスティングの両輪がはまり、「この夏イチバンの恐怖」と話題になった「ボイス」。今作ではどんな恐怖で視聴者の肝を冷やしてくれるのか、期待したい。

“室長”真木よう子に恋人の存在 “重藤”増田昇太からプロポーズ受ける

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演で7月10日スタートの連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、真木よう子さん演じる、緊急指令室(ECU)の室長・橘ひかりに、恋人がいることが7月9日、分かった。

 相手は、主人公・樋口(唐沢さん)を慕い、後を継いだECU緊急出動班・二代目班長の重藤雄二(増田昇太さん)で、橘ひかりはプロポーズを受けているという。また真木さんは、「今回は前回の『ボイス』ではなかった恋愛要素もあるので新鮮な気持ちです。ただ幸せな感じではないですが……」とコメントを寄せている。

関智一、人気声優が「ボイスII」初回に出演 唐沢寿明&増田貴久に手がかり教える役

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の初回に出演する(左から)増田貴久さん、関智一さん、唐沢寿明さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の初回に出演する(左から)増田貴久さん、関智一さん、唐沢寿明さん=日本テレビ提供

 声優の関智一さんが、唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第1話(7月10日)に出演することが2日、分かった。関さんは、“白塗りの男”を追う樋口(唐沢さん)と石川(増田貴久さん)に、重要な手がかりを教える役を演じるという。

 関さんは「視聴者として前作を拝見してファンだったので、オファーをいただいて素直にうれしかったです」と喜び、「ほんの短い時間の共演でしたが、唐沢さん増田さん、お二人の魅力にバッチリやられました。お二人とも紳士的で、カッコ良かったです!」と振り返っている。

 また、ドラマのタイトルにかけて毎話、人気声優が出演することも発表された。犯人や被害者、関係者、巻き込まれた一般人など、さまざまな役柄が用意されているという。

BLUE ENCOUNTが前作に続き主題歌担当 主演・唐沢寿明「ドラマに緊張感を与えてくれる」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の主題歌を担当する「BLUE ENCOUNT」
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」の主題歌を担当する「BLUE ENCOUNT」

 俳優の唐沢寿明さん主演で7月10日スタートの連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、ロックバンド「BLUE ENCOUNT」が主題歌を務めることが6月18日、分かった。本作は、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編で、同バンドは前作でも主題歌を担当。唐沢さんは「今回もドラマに良い意味での緊張感を与え、そしてもちろん盛り上げてくれる、彼ららしい楽曲になっていると感じました。今回の『ボイス2』も正義と悪が隣り合わせで、いつどちらに転がるかわからない、そんな世界観がこの曲からも伝わってくると思います」とコメントを寄せている。

 ドラマは、「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする、緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く、タイムリミットサスペンス。

 主題歌は、BLUE ENCOUNT書き下ろしの新曲「囮囚(ばけもの)」で、メンバーの田邊駿一さんは「再び僕らの音楽をこの物語の一部にしてくれて本当にありがとうございます」と感謝。「同じチームとして、僕らも変わらずに一切の妥協なく制作に挑みました。あなたと、あなたの裏側にいる本当のあなたに贈ります」と話している。

 楽曲は、6月19日午後10時放送のドラマ「コントが始まる」の最終回終了後に流れる、「ボイスII 110緊急指令室」のPR映像で初解禁される。

中川大輔、仮面ライダーゼロワン“迅”が「ボイスII」で警官役 「一つ夢がかないました」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」にレギュラー出演する(左から) 宮本茉由さん、中川大輔さん、藤間爽子さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」にレギュラー出演する(左から) 宮本茉由さん、中川大輔さん、藤間爽子さん=日本テレビ提供

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)で迅/仮面ライダー迅を演じたことでも話題になった俳優でモデルの中川大輔さんが、唐沢寿明さん主演で7月10日スタートの連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)にレギュラー出演することが6月16日、分かった。モデルで女優の宮本茉由さん、女優で日本舞踊家の藤間爽子さんのレギュラー出演も発表され、3人とも警官役を演じる。

 ドラマは、2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」(同)の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする、緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く、タイムリミットサスペンス。

 中川さんは、神奈川県警捜査1課の捜査員・片桐優斗役で出演。捜査1課長に若手有望株として見いだされ、相棒として行動を共にするほど頼られているが、物おじせず思ったことをそのまま発言するので、周りを驚かせることもある、という設定。中川さんは「いつか刑事役をやりたいという思いがあったので、今回のお話をいただいた時はとてもうれしかったです。一つ夢がかないました。しかも県警本部の捜査1課、刑事の花形。スーツでビシッときめて、誇りを持って演じたいです」と意気込んでいる。

 また、同局のドラマ出演は、2020年の「トップナイフ」以来となる宮本さんは、港東署ECUの副室長・山城早紀を演じる。警察大学校を首席で卒業したキャリアで、上昇志向が強く、組織を重んじており、橘ひかり(真木よう子さん)の「特殊な聴覚」を、警察官としての正当な能力ではないと考え、ひかりにしばしば意見をぶつける、という役柄だ。

 また、本作で初の連ドラレギュラー出演となる藤間さんは、港東署ECUに配属されたばかりの新人室員・小松知里役で出演。立場の弱い人々を助けたいという正義感から警察官を志し、常に冷静で肝が据わっている室員という設定となる。

唐沢寿明&真木よう子&増田貴久が見どころや展開語る スリーショット動画公開

7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する(左から)真木よう子さん、唐沢寿明さん、増田貴久さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する(左から)真木よう子さん、唐沢寿明さん、増田貴久さん=日本テレビ提供

 唐沢寿明さん主演、真木よう子さんや増田貴久さんらが出演する7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)のスリーショット動画が6月9日、公開された。動画では、役衣装の唐沢さん、真木さん、増田さんが、見どころや展開などをコメント。日本テレビドラマの公式YouTubeチャンネルや、番組公式ツイッター、日本テレビドラマの公式LINEなどで公開されている。

増田貴久、「ボイスII」撮入、兄貴&透ちゃんコンビ復活 「関係性より深く」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と増田貴久さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と増田貴久さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演で、7月10日スタートの連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、人気グループ「NEWS」の増田貴久さんがこのほど、クランクインした。初日から、唐沢さん扮(ふん)する“兄貴”こと樋口彰吾と、増田さん演じる石川透によるアクションシーンの撮影で、2年ぶりに兄貴&透ちゃんのコンビが復活した。2人は早くも、息の合った演技を見せていた。

 前回と同じスタッフも多く、「スッと現場に入れました」と話した増田さん。唐沢さんと会うなり「お前、また身体を絞ったな」と話しかけられ、前回も引き締まった身体で撮影に臨んでいたのを覚えてもらっていたことに感激したという。「前回の『ボイス』が終わってから、さすがにここ1年はないですが、何十回もご飯に連れていっていただいたので、兄貴と透の関係性も、より深くなっていると思います」と自身をのぞかせていた。

唐沢寿明、「ボイスII」撮入、初日にハードなアクション 真木よう子、今作には「恋愛要素も…」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」撮影初日の様子=日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」撮影初日の様子=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演で、7月からスタートする連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)がこのほど、クランクインした。初日でいきなり、主人公・樋口彰吾(唐沢さん)とダークヒーローとの撮影が行われ、唐沢さんは全力疾走で追い、戦い、また追いかけるといったハードなアクションを連発。切れのある動きを披露していた。また、7月10日からスタートすることも発表された。

 唐沢さんは「いやぁ、思っていたより大変でしたね(笑い)。セリフのあるシーンは少なくて、初日からアクションシーンがあったので、またハードな撮影が始まったなと」と撮影を振り返り、「体幹トレーニングなど体作りはしてきたので、これから徐々に慣れていくと思います。2年ぶりの『ボイス』ですが、スタッフがほぼ一緒だったのでやりやすく、初日という感じがしなかったです」と語っている。

 また、緊急指令室(ECU)の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかりを演じる真木よう子さんも撮入。凶器をもった男とのアクションシーンを撮影した。「『コード0』というセリフを言った時には、急に『ボイス』の世界がよみがえってきました。ただ今回は前回の『ボイス』ではなかった恋愛要素もあるので新鮮な気持ちです。幸せな感じではないですが……(笑い)」とコメントしている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

増田貴久、「ボイスII」でも“兄貴”唐沢寿明のバディーに 黒髪姿に「気分的にも“シュッ”としました」

7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演するNEWSの増田貴久さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演するNEWSの増田貴久さん=日本テレビ提供

 7月から放送される俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、人気グループ「NEWS」の増田貴久さん演じる石川透が、唐沢さん扮(ふん)する主人公・樋口彰吾のバディーを務めることが5月27日、分かった。

 石川は、前作のラストで、“兄貴”として慕っていた樋口を裏切り、警察官を辞める決断をしていた。増田さんがドラマの続編への出演が発表された際、石川がどのような形で出演するのか明らかにされなかったため、臆測が飛び交っていた。石川が警察官として残ることができたのは、ある恩人の存在があったからだといい、今作ではその謎も明らかになる。

 増田さんは「石川透の役をもう一度やらせていただけることをうれしく思います」と明かし、「石川透を演じるために、髪の色を黒にして、役作りをしているのが楽しいです。警察官というのもありますが、石川透は、黒い髪がぴったりだと感じています。長さも短くして、気分的にも“シュッ”としました。自分でも黒い髪はとても気に入っています。ただ、髪を黒にした日、周りのみんなから何も触れられなかったのが意外でした(笑い)」と語っている。

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺された神奈川県警刑事港東警察署の樋口と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり(真木よう子さん)らの活躍を描いた。2019年7月期に前シリーズが放送された。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>増田貴久、「ボイスII」石川透続投に「おかえり!」 ファン大盛り上がりで「透ちゃん」トレンド1位

7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する「NEWS」の増田貴久さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する「NEWS」の増田貴久さん=日本テレビ提供

 人気グループ「NEWS」の増田貴久さんが、唐沢寿明さん主演で7月から放送される連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で石川透役を続投することが5月20日、分かった。SNSでは「透ちゃんおかえり!」「また透ちゃんを見られる日が来るとは」「めっちゃうれしい!」と、ファンからのコメントで盛り上がり、ツイッターでは「透ちゃん」がトレンド1位となった。

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺された神奈川県警港東警察署の樋口彰吾(唐沢さん)と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり(真木よう子さん)らの活躍を描く。2019年7月期に前シリーズが放送され、続編では、樋口とひかりと対峙(たいじ)する“ダークヒーロー”が登場するという。

 石川は、前作のラストで“兄貴”と慕っていた樋口を裏切り、警察官を辞める決断をしていた。続編にどのような形で登場するのかは明かされておらず、「どんな透ちゃんが見られるんだろう」「どんな役どころなのか楽しみ」と期待の声が広がっている。

増田貴久、「ボイスII」に石川透役で続投 主演・唐沢寿明との出会いは「大きな出来事」

7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演するNEWSの増田貴久さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演するNEWSの増田貴久さん=日本テレビ提供

 人気グループ「NEWS」の増田貴久さんが、7月から放送される俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)で石川透役を続投することが5月20日、分かった。石川は、前作のラストで“兄貴”と慕っていた主人公の凄腕(すごうで)刑事・樋口彰吾(唐沢さん)を裏切り、警察官を辞める決断をしていたため、続編でどのような形で登場するのかは明かされていない。

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺された神奈川県警刑事港東警察署の樋口と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり(真木よう子さん)らの活躍を描いた。2019年7月期に前シリーズが放送された。

 続編では、樋口とひかりと対峙(たいじ)する“ダークヒーロー”が登場するという。前シリーズと同様に、浜田秀哉さんが脚本を務め、大谷太郎監督と久保田充監督らがメガホンをとる。

 増田さんは、続編の出演オファーが来た際に「思わず、『おおおっ! やったぁ!』という言葉が出てしまいました」と振り返り、「今は、いよいよ来たか、と、うれしい気持ちでいっぱいです!」と語っている。さらに、「2年前の唐沢寿明さんとの出会いは僕にとってとても大きな出来事で、プライベートでもお世話になっているほどです。今回も“兄貴”とボイスに全てをかけて頑張るつもりです!」と意気込んでいる。

 過失致死ではあるが、犯人の命を奪ってしまった石川を演じることについては「抱えた罪の意識を2年の月日がどう変えたのか。そんな心の変化を意識しながらも、優しく強い透ちゃんを演じたいと思っています」と語り、ドラマについては「大好きなドラマの続編が決まったことがとてもうれしいです。僕も作品を楽しみながら視聴者の方と一緒にハラハラしながら進んでいきたいです」とコメントしている。

 唐沢さんは、増田さんの出演に「IIをやるなら、同じメンバーがいいと思っていました。『ボイス』の後にいろいろな作品に出演して経験を重ねてきたと思うので、2年前とはまたちょっと違う透が見られるんじゃないかなと思います。今年も一緒に熱い夏を過ごせることを楽しみにしています」とコメント。真木さんも「(増田さんは)前回も体作りを全力でしたりと、忙しい中でもとてもストイックな方なので、私も刺激を受けて毎回撮影に挑んでいました。今回も共演が楽しみです」と語っている。

唐沢寿明、初の連ドラ続編 「ボイスII」7月から放送 真木よう子も帰還

7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と真木よう子さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と真木よう子さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演で2019年7月期に日本テレビの土曜ドラマ枠(土曜午後10時)で放送された連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」の続編が7月から放送されることが5月12日、明らかになった。続編には、主人公で凄腕(すごうで)刑事・樋口彰吾役の唐沢さんと、ボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役の真木よう子さんが続投する。唐沢さんが主演を務める連続ドラマの続編が制作されるのは初めて。

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺された神奈川県警刑事港東警察署の樋口と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラーのひかりらの活躍を描いた。

 続編の「ボイスII 110緊急指令室」では、樋口とひかりと対峙(たいじ)する“ダークヒーロー”が登場するという。前シリーズと同様に、浜田秀哉さんが脚本を務め、大谷太郎監督と久保田充監督らがメガホンをとる。7月から毎週土曜午後10時に放送される。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 ◇唐沢寿明さんのコメント

 今、なかなか「II」をやる連続ドラマは少ないと聞きました。自分自身も連続ドラマで続編をやるのは今回が初めてです。それだけ前作の反響が大きかったということでうれしいです。

 真木さんと再び共演ですが、「II」をやるならやはり同じメンバーがいいと思っていました。メンバーそれぞれに今回、新たな展開がありそうなので期待してほしいです。「ボイス」の魅力の一つは、“恐怖”ですが、ただ単純に怖いということだけではなく、犯罪者側にも何か背負っているものがあって、そういったところがしっかりと描かれているヒューマンドラマになっていると思います。樋口彰吾自身も、2年たっていろいろな環境の変化がありましたが、再び港東署に戻って、新たな事件に立ち向かっていきます。自分自身も今後の展開を楽しみにしています。ご期待ください!

 ◇真木よう子さんのコメント

 (「ボイスII」の話を聞いて)橘ひかりは絶対聴感能力という特殊でとても難しくやりがいのある役で、またハードな撮影になるかと思うので、気合を入れて頑張りたいと思いました。

 (共演の)唐沢さんはとても頼りがいのある方で前回も演者、スタッフ全員の兄貴的存在でした。今回も唐沢さんに全力で甘えていきたいと思います(笑い)。前作「ボイス」は最後「復讐」では終わっていません。「何があっても生きて、前進していく」という大きなメッセージがあったと思います。コロナ渦で我慢の日が続いていますが、また皆さんに時間を忘れるようなタイムリミットサスペンスをお届けできるように頑張りたいと思います。

 ◇尾上貴洋プロデューサーのコメント

 「復活」は、ちょうど2年後にやってきました。再びあの「アブなく、切なく、目が離せない夏」が始まります。今回は、さらにパワーアップした“ある特徴”を持つ、最凶最悪の殺人犯が、容赦なく主人公たちに襲い掛かります。その正体は誰か? どんな人物なのか? 裏切者は? いくつもの謎を載せて疾走する、夏にふさわしい爽快なエンターテインメントドラマになっています。

 また、スピード感あふれる映像の中にもいろいろな方々が楽しめる「仕掛け」を施していこうと考えています。主演の唐沢さんとも話しましたが、すでに走り出す準備は万端な様子でした。スタッフも「前作を超えるものを作ろう!」と、全員意気込んでいるところです。

 今夏までのタイムリミットは、あとわずか。ぜひ、今から期待していただければと思います。

ボイスII 110緊急指令室日本テレビ系 土曜ドラマ枠
2021年7月10日スタート 土曜午後10時放送