ショートショート劇場「こころのフフフ」 あらすじ

ショートショート劇場「こころのフフフ」あらすじ

 ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」は、ショートショート作家の田丸雅智さんが原案を手がけるオリジナル作品。“短くて、不思議で印象的な結末のある”九つのショートショートで構成され、高校1年生になったばかりの主人公が、身の回りで起こる不思議な出来事を“フフフ”と楽しんでいく姿を描く。

  2019年~2020年に放送されたスーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のオト役で知られる女優の田牧そらさんがドラマ初主演を務める。ドラマには、アイドルグループ「櫻坂46」の山崎天さん、公開中の映画「るろうに剣心 最終章 The Final」(大友啓史監督)に、明神弥彦役で出演している大西利空さんが出演する。

 田牧さんは、主人公の高校生・奥野こころを演じる。高校に入学し、未知の世界に触れることで内気な性格が少しずつ変わっていくという役どころだ。また、山崎さんは、優しくこころを見守るしっかり者の同級生の鳥居あすか、大西さんは、こころの幼なじみで、あすかと同じく同級生の瀬川小太郎をそれぞれ演じる。

 「ショートショート劇場『こころのフフフ』」は、7月にWOWOWオンデマンドで一挙配信。8月にはWOWOWプライムで一挙放送される。

ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」のあらすじ

ショートショート劇場「こころのフフフ」WOWOWオンデマンド 2021年7月に一挙配信
WOWOWプライム 2021年8月に一挙放送