彼女はキレイだった ニュース

中島健人、小芝風花に“言葉責め” 「彼女はキレイだった」トレーラー映像 Sexy Zoneの主題歌も

連続ドラマ「彼女はキレイだった」の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんのダブル主演で、7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)から、特別トレーラー映像が6月18日、解禁された。カンテレの公式YouTubeチャンネルで公開された。Sexy Zoneが歌う主題歌「夏のハイドレンジア」が流れる中、中島さんが小芝さんに「プロ意識のない人間は必要ない」「気に入らない」などと“言葉責め”する姿が映し出されている。

 初回は、愛が宗介と再会を果たすが、待ち合わせの場にいたのはイケメンに成長した宗介だった。愛は「今の自分を見て幻滅されたくない」と、自身の代役として親友の桐山梨沙(佐久間由衣さん)を向かわせる。後日、愛はひょんなことから大手出版社・文講出版のファッション誌「ザ・モスト」で働くことになる。そこで、副編集長として異動してきた宗介と再会することになり……と展開する。15分拡大で放送される。

中島健人、小芝風花を後ろから“あごギュイ” 「彼女はキレイだった」ポスタービジュアル LiLiCoら追加キャストも

7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演で、7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)から、ポスタービジュアルと場面写真が6月16日、公開された。ポスタービジュアルには中島さんが後ろから小芝さんを抱きしめて、口元を優しく押さえる、“あごクイ”ならぬ“あごギュイ”する姿が収められている。

 「彼女はキレイだった」は、韓国の同名ヒットドラマが原作のラブストーリー。さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島さん)と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という真逆の成長を遂げた2人のすれ違う初恋を描く。初回は15分拡大で放送される。

 併せて、LiLiCoさん、木村祐一さん、菅原大吉さんの出演も発表された。LiLiCoさんは宗介が副編集長を務めるファッション誌「ザ・モスト」の編集長・池沢蘭子、木村さんは「ザ・モスト」を廃刊にしたいと思っている出版社の常務で、本作オリジナルキャラクターとなる岸田庸司、菅原さんは経営していた印刷所が倒産してしまった愛の父親・佐藤豊を演じる。

 LiLiCoさんは自身の役について、「LiLiCoという感じはあまり出したくないので、演じる編集長の蘭子をイメージして髪の毛を勝手に上げてみたりしたんですが、すごくいいと監督にも言っていただけたので、いろいろ相談させていただきました」と裏話を披露。ドラマは「とにかくインテリアやファッションがすごくポップで元気がもらえる」といい、「みなさんの働く原動力になってもらえるといいなと思います」と話している。

 木村さんは「ドキドキしながら感情の入りそうなドラマで、宗介と愛の恋愛の行方も、愛ちゃんがどう変貌していくのかも楽しみの一つですね。健人くんの衣装にも注目です!」とアピール。菅原さんは「久しぶりにほっこりする人間味のある明るいドラマに出られて本当にうれしい」と喜び、「安心して楽しめるドラマであるので、主人公と一緒にときめいてハラハラドキドキしていただければと思います」と呼びかけている。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

村瀬紗英、元NMB48の「Ray」専属モデル 「彼女はキレイだった」で宇垣美里のアシスタント役

7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」に出演する村瀬紗英さん=カンテレ提供
7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」に出演する村瀬紗英さん=カンテレ提供

 アイドルグループ「NMB48」の元メンバーで女性ファッション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルを務める村瀬紗英さんが、中島健人さんと小芝風花さんのダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが6月11日、分かった。村瀬さんは、物語の舞台となる「ザ・モスト」編集部ビューティー班のアシスタント・風見若葉を演じる。

 村瀬さんが演じる若葉は、今作が女優デビューとなる宇垣美里さん演じる須田絵里花のアシスタント。村瀬さんは今回の出演に「この原作ドラマのことを知っていたので、リメークする作品に出演が決まった時はとてもうれしく、楽しみな気持ちになりました」とコメント。撮影については「ファッション雑誌の撮影現場で、ドラマのシーンにもあるように、時間に追われて働く編集部員の方々の大変さを感じていたので、その雰囲気をしっかり再現できたらいいなと思いながら撮影に挑んでいます」と語っている。

 村瀬さんのほか、女優の片瀬那奈さん、モデルで女優の寒川綾奈さん、元アナウンサーで女優の山田桃子さん、俳優の本多力さんも出演する。片瀬さんはザ・モストを愛するエグゼクティブ・ファッション・エディターの岡島唯子、寒川さんは上昇志向が強いファッション・エディターの東今日子、山田さんはファッション班のアシスタント・小松麻利奈、本多さんは図鑑を作る部署からザ・モストに異動してきたエグゼクティブ・デジタル・エディターの宮城文太を、それぞれ演じる。

Sexy Zone、連ドラ「彼女はキレイだった」主題歌担当 中島健人「Sexy Zone史上究極のラブソング」

連続ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌を担当するSexy Zone
連続ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌を担当するSexy Zone

 人気グループ「Sexy Zone」が、中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演を務める連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の主題歌を担当することが6月9日、分かった。主題歌は「夏のハイドレンジア」で、シンガー・ソングライターの秦基博さんが書き下ろした夏っぽいラブソング。

 「夏のハイドレンジア」は、都会の雨の中でもりんと咲くあじさいの花(ハイドレンジア)をヒロインに見立て、「そのままのあなたでいいんだよ」というメッセージが込められている。8月4日に発売される。

 「彼女はキレイだった」は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島さん)と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という真逆の成長を遂げた2人のすれ違う初恋を描くラブストーリー。7月6日スタート。

 ◇「Sexy Zone」メンバーのコメント

 ・佐藤勝利さん

 この曲の歌詞を見て、ハイドレンジア(アジサイ)という誰もが知る普遍的な花を憧れの存在として表現されていて、そんな秦さんの目線がすごくすてきだなあと思いました。この秦さんの楽曲を歌えるということは、プレッシャーもありつつ、喜びもあり、またこのドラ
マの主題歌として歌えることもすべて光栄だなと思います。

 ・中島健人さん

 Sexy Zone史上究極のラブソングに出逢(あ)えた気がします。今現場で毎日、共演者、監督、スタッフの皆さんとこの曲を聴きながら撮影に臨んでいます。この曲はドラマの中では宗介から愛に気持ちを伝える歌でもあり、Sexy Zoneからは応援してくれている全ての方やこれからSexy Zoneを知っていただく方に送るラブソングです。秦さんにこのドラマ「かのきれ(彼女はキレイだった)」をきっかけに曲を提供していただき、出会えたことを幸せに感じています。この夏、僕たちSexy Zoneと皆さんと一緒に“ハイドレンジア”を咲かせていきましょう。

 ・菊池風磨さん

 最初にこの曲を聴いて、すごく耳触りが心地よくて、優しい感じの曲で、真っすぐで歌詞もピュアで美しいけれども、どこか夏の切なさ、はかなさを感じるすてきな1曲になっているなと思いました。秦さんの曲はとても好きな曲が多く、今回書いていただけて、すごく不思議な気持ちで今も実感が沸いていませんが、そんな秦さんのすてきな世界観の中に Sexy Zoneも入れてもらって、一つの作品をご一緒させていただけるというのは感動的な話でとてもありがたく思っています。

 ・松島聡さん

 この1年リリースしてきた楽曲とは違うテイストの曲で、レコーディングでは歌いやすかったです。これまで触れたことのあるような音色で、歌っていて温かい気持ちになりました。ストレートに思いを伝える歌詞が印象的で、このドラマとどう組み合わさるかが楽しみです。しっとりした甘いラブソングをこの夏、皆さんにご堪能いただけたらと思います。

 ◇秦基博さんのコメント

 「夏のハイドレンジア」、ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌ということで脚本を読ませていただいてから、この曲を作りました。ハイドレンジア=⻄洋アジサイ。雨の中、季節を越えて懸命に咲く花のような「君」と、それを見つめる「僕」の思いを歌にしました。そして、それがSexy Zoneの皆さんの歌声の重なりによって、真っすぐで、等身大のラブソングになっていると思います。ドラマとともに、ぜひお楽しみください。

宇垣美里、7月スタート「彼女はキレイだった」で女優デビュー 地で行くビューティー・エディター役 「私にぴったり」

7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」で女優デビューする宇垣美里さん
7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」で女優デビューする宇垣美里さん

 フリーアナウンサーの宇垣美里さんが、7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で女優デビューすることが6月5日、分かった。演じるのは、ファッション誌編集部員のビューティー・エディター。宇垣さんは「ドラマはもともと好きでした。その世界にどっぷりつかれて、ほかの人生を疑似体験できますし、見ている側として楽しませていただきました。今回は女優として演じる魅力を知ることができて新鮮ですし、違う人生を演じることが楽しいです」とコメント。

 宇垣さんは自身のおすすめのコスメや美容の秘訣(ひけつ)などをつづった「宇垣美里のコスメ愛」(小学館)を出版するなど、もともと美容分野に関わりがあった。役どころについて、「普段からお仕事で美容誌やファッション誌のビューティー担当の編集者の方とご一緒することが多いので、私にぴったりな役柄だなと思います。どういうお仕事をされているのか多少は分かりますし、私自身メークが大好きでコスメオタクなところもあるので、共通する部分があってうれしかったです」と話している。

 宇垣さんは、宗介と愛が働くファッション誌「ザ・モスト」編集部の若手編集部員・須田絵里花を演じる。宇垣さんは「自分とは似ているようで異なるキャラクターになりきっているつもりなので、ドラマを楽しんでいたらよくよく見ると、演じている人が宇垣さんだった! と驚いてもらえたら幸いです」とコメント。

 続けて、「毎週火曜日に仕事から帰ってきてご覧いただく⽅々がキュンキュンして元気になれる作品だと思います。働くことの楽しさも描かれているので、たくさんの方にご覧いただいて楽しんでいただきたいです」とアピールした。

HiHi Jets高橋優斗、“先輩”中島健人とドラマ初共演「たくさん吸収」 「彼女はキレイだった」でファッション誌編集部員に

7月スタートの「彼女はキレイだった」に出演するHiHi Jetsの高橋優斗さん=カンテレ提供
7月スタートの「彼女はキレイだった」に出演するHiHi Jetsの高橋優斗さん=カンテレ提供

 ジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jets」の高橋優斗さんが、中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが6月1日、分かった。高橋さんと中島さんは舞台「JOHNNYS’ World」で共演経験があるが、ドラマでは初めて。小芝さんとも初共演。

 高橋さんは、中島さん演じる長谷部宗介と、小芝さん演じる佐藤愛が働く「ザ・モスト」編集部の若手メンバー・里中純一を演じる。女性の多い「ザ・モスト」の編集部で食事会を率先して仕切るなど気配りで仲間から可愛がられているが、ちょっとドジな一面もある好青年。お人よしで押しに弱いという役どころだ。

 ◇高橋優斗さんのコメント

 --このドラマ出演の話を聞いていかがでしたか?

 率直にびっくりしましたよね。本当にいいんですか!って(笑い)。ドラマに出演させていただけるだけでもうれしいですが、いただいたチャンスなので先輩からたくさん吸収して、僕もできること精いっぱいやっていい作品にできたらと思います。

 --演じる里中純一については?

 僕もグループで活動させていただいてファッション誌とかで取材を受けた経験はあったんですが、雑誌の制作工程を教えていただいてこんなにも大変なんだって思いました。実際に自分が編集の過程に関わるお芝居をすることでこんな世界があることに驚きましたね。今回、ファッション雑誌の編集部員ということで「もっとオシャレに詳しくならないといけないな」って思いましたし、この「ザ・モスト」というファッション誌の世界を作る一員になれることはすごくありがたいことだと思います。

 --中島健人さん、小芝風花さんの印象は?

 健人くんとは、現場で一緒になるのは入所してすぐの「JOHNNYS’ World」という舞台でバックにつかせていただいて以来なので一緒に出演させていただけるのはすごくうれしいですね。小芝風花さんはテレビの中の人(笑い)。ドラマなどでたくさん拝見させていただいた方なので、近くで一緒にお芝居させていただくことができるのもすごくありがたいことだなって思います。お2人からしっかりと良いところを学ばせていただければと思います。そして、このドラマで自分自身の役柄をうまく表現できたらと思います。

 --視聴者へのメッセージをお願いします。

 幸せなストーリーでハッピーになるし、嫌いになる人物がいないなって思いました。平和で幸せなストーリーとさまざまな個性的なキャラがいますのでそこを見ていただけたらなと思います。そして、僕自身にも注目していただけるように日々頑張っていきたいと思いますのでぜひ、よろしくお願いします!

中島健人、ドラマ「彼女はキレイだった」長谷部宗介役でインスタ開設 トレンド入りで大盛り上がり

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが5月28日、連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で演じる長谷部宗介に扮(ふん)したインスタグラムのアカウントを開設。ツイッターでは「#中島健人Instagram」「ケンティー」「インスタ開設」などのワードがトレンド入りし、盛り上がりを見せている。

 「彼女はキレイだった」は、中島さんと女優の小芝風花さんダブル主演で7月スタート。韓国の同名ヒットドラマが原作で、さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という真逆の成長を遂げた、2人のすれ違う初恋を描くラブストーリーだ。

 開設されたアカウントには、中島さんが「驚きましたか? 皆さん準備はいいでしょうか? フォローしてくださいね」と呼びかける動画が公開された。この投稿に対し、ファンからは「インスタ開設おめでとう!」「めちゃめちゃうれしい……」「更新とても楽しみです!」といった声が寄せられている。

赤楚衛二、中島健人&小芝風花W主演「彼女はキレイだった」出演へ 佐久間由衣も加わり“恋の四角関係”に

7月スタートのドラマ「彼女はキレイだった」に出演する赤楚衛二さん(左)と、佐久間由衣さん=カンテレ提供
7月スタートのドラマ「彼女はキレイだった」に出演する赤楚衛二さん(左)と、佐久間由衣さん=カンテレ提供

 俳優の赤楚衛二さんが、中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが5月23日、分かった。女優の佐久間由衣さんが出演することも併せて発表され、中島さん、小芝さん、赤楚さん、佐久間さんが演じるキャラクターたちによる、“恋の四角関係”が展開する。

 赤楚さんは、中島さん演じる長谷部宗介と、小芝さん演じる佐藤愛が働く「ザ・モスト」編集部のメンバー・樋口拓也を演じる。愛のよき理解者である一方、宗介の“恋のライバル”となる役どころ。ムードメーカーで、仕事の評判も良いが、どこかつかみどころがない一面も持つ。
 
 佐久間さんは、愛の親友・桐山梨沙を演じる。超がつくほどの美人で男性からの誘いが絶えない半面、本人は本気の恋愛をしたことがない。劇中では、自分に自信がないという愛の代わりに宗介に会いに行ったことがきっかけで、次第に宗介に惹(ひ)かれていくという役どころだ。

 赤楚さんは、「原作が韓国で人気なので、この作品を日本版でやるんだという驚きと、自分に声をかけていただいた喜びと、頑張らなくちゃいけないなっていうプレッシャーを感じました。台本を読んでみるとめちゃくちゃ面白い。宗介と愛の関係性や、樋口と梨沙を含めた4人の動きっていうのもそうですし、緩急もしっかりしていて『続きが気になるなぁ』と一気に読めてしまいました」とコメント。

 「中島さんとの共演は初めてで、役者になる前からテレビで見ていた方なので、“テレビ越しの人”という感じがあり、共演できるのはすごくうれしいです。小芝さんは3度目の共演になるので、頼もしい仲間が撮影現場にいる印象です」と明かし、「樋口の役としては『チーム・モスト』と愛をとことん愛するので、ぜひ、見ていただけたらなと思います」と語った。

 佐久間さんは、「原作の大ファンで作品を見ていたので、お話をいただけてうれしい半面、驚きと緊張のいろいろな感情が混ざっている感じです。実際に台本を読むと、すごくテンポ感が速くて、あっという間に1話1話を読み終えてしまいました。すごく楽しく見やすいドラマになるのではないかと思います。日本版のドラマとしてオリジナル性があって、すごく楽しんでいただけると思います」とアピール。

 「中島さんはとても爽やかで、かっこいい印象を持っています。一緒にお芝居させていただくシーンが多いので、コミュニケーションをとらせていただきながら、さまざまな面を知っていけたらと思います。小芝さんは、作品を個人的に見させていただいていて、見ていてとても元気をもらえる方だと思っていました。私も一視聴者として小芝さんのファンなので、一緒にお芝居させていただくのが楽しみです」と語っている。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

中島健人、小芝風花とW主演で「彼女はキレイだった」リメーク 「キュン死」させる

7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」でダブル主演を務めるSexy Zoneの中島健人さん(右)と小芝風花さん=カンテレ提供
7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」でダブル主演を務めるSexy Zoneの中島健人さん(右)と小芝風花さん=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが、女優の小芝風花さんと7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)でダブル主演を務めることが5月15日、明らかになった。中島さんと小芝さんが共演するのは初めて。

 「彼女はキレイだった」は、韓国の同名ヒットドラマが原作。中島さんはさえない太っちょ少年から、一流ファッション誌「ザ・モスト」の副編集長兼クリエイティブディレクターに就任した、イケメンで毒舌のエリート・長谷部宗介を、小芝さんは優等生美少女からルックスに変化が生じた“残念アラサー女子”の佐藤愛をそれぞれ演じる。宗介と愛はお互い初恋の相手で、ひょんなことから「ザ・モスト」で再会するが、愛を初恋の相手だと気付かない宗介と、宗介に自分が愛だと伝えられない愛の姿を描く“初恋すれ違いラブストーリー”。

 ◇中島健人さんと小芝風花さんのコメント

 --ドラマ主演の話を聞いた感想は?

 中島さん:この夏、ラブストーリーをみんなで作っていけるということにまず喜びを感じましたし、とにかく歴史に残る夏になると思うので、そのときに僕たちが一緒に「彼女はキレイだった」というすてきな作品を描けるということがとてもうれしかったです。

 小芝さん:韓国版のドラマを見させていただいてすごく面白くて、キュンキュンして楽しかったので、それを私たちがリメークできるというのがすごく光栄だなと思いましたし、味わわせてもらった「キュンキュン」を日本の皆さんにも味わっていただけるように全力で頑張りたいなと思いました。

 --ドラマに対する意気込みを教えてください。

 中島さん:たぶん僕史上一番のドSな役で、“最恐毒舌”ということで、まずは嫌われないように頑張ろうと思います(笑い)。それからちゃんと二人セットで応援してもらえるようにたくさんの方をキュンキュンさせていきたいなと思っています。

 小芝さん:実はラブストーリーが初めてなんです! だから、キュンキュンってどうしたら表現できるんだろうっていうのがちょっとまだ不安要素としてあるので、キュンキュンの大先輩・中島さんに引っ張っていただきながら頑張りたいなと思っています。

 --ドラマの台本を読んでお互いの役柄の見どころは?

 中島さん:小芝さんが演じる愛ちゃんは成長して、徐々にすてきな女性になっていくという過程を歩むので、その過程がたくさんの方に応援されていく部分だと思いますし、とにかく「人は恋をすると人生を変えられる」というところが、このドラマのキーポイントでもあると思うので、そこを愛ちゃん演じる小芝さんがどう演じていくのかなっていうのが楽しみですね。

 小芝さん:急にプレッシャー(笑い)……。

 中島さん:国民の代表になりますので(笑い)。

 小芝さん:中島さん演じる宗介の一番のいいところは「ギャップ」なんですよね。Sっ気の強い毒舌キャラなんですけど、好きな人に対するときだけ180度変わるんです! 接し方だったり、笑顔だったり。そのギャップで世の女性たちを狙い撃ちしていただいて、キュン死にさせていただきたいなと思います。

 中島さん:キュン死にさせていこう! させていきます! 頑張ります!

 --視聴者にメッセージをお願いします。

 中島さん:この夏忘れられないラブストーリーをみんなで作っていこうと思っています。皆さんにとって、何十年先も愛していただけるドラマになるようにしっかりと頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 小芝さん:この作品はみんな脇役じゃなく、みんなが主人公になれるところがすごく大きなキーポイントになっていて、見ていただける皆さんも「みんなが主人公なんだよ!」というメッセージを届けられたらいいなと思っています。頑張ります!

 ◇萩原崇プロデューサーのコメント

 誰しもが、小さいころに思い描いていた理想の自分になれているのか、考えたことがあるかと思います。そして、理想通りになっていると答えられる人は、ほんのわずかかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか! 今の自分が、今よりもっと好きになれる、もっと前向きに頑張れる! そんなエネルギーを感じられる、最高にポジティブで、この夏一番の胸キュンなドラマを、中島さんと小芝さんという、最高にフレッシュですてきなお2人と一緒にお届けします! 中島さん史上、最もドSで“最恐”のイケメンエリートな人物が、どのように変わり、小芝さん史上、最もキュートで残念な女性と恋していくのか、ぜひお楽しみにしてください!

彼女はキレイだったカンテレ・フジテレビ系
2021年7月6日スタート 火曜午後9時放送