彼女はキレイだった 視聴率

初回視聴率7.6% 中島健人×小芝風花W主演ラブストーリー 韓国ヒットドラマが原作

連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第1話が7月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 本作は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介(中島さん)、優等生の美少女から無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

 第1話は、宗介と再会を果たすことになった愛。しかし、待ち合わせの場にいたのはイケメンに成長した宗介だった。愛は「今の自分を見て幻滅されたくない」と、自身の代役として親友の桐山梨沙(佐久間由衣さん)を向かわせる。

 後日、愛はひょんなことから大手出版社・文講出版のファッション誌「ザ・モスト」で働くことになる。そこで、副編集長として異動してきた宗介と再会することになり……という展開だった。

第3話視聴率7.1% 小芝風花を気にかける中島健人 赤楚衛二&佐久間由衣は知り合いに

連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第3話が7月20日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 本作は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介(中島さん)、優等生の美少女から無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

 第3話は、宗介は連日残業しながら人に押しつけられた仕事も懸命にこなす愛のことが気になっていた。「自分は脇役だから、サポート役が性に合っている」と明るく笑う愛に、宗介は子供の頃、自分がある人に勇気づけられた出来事を話す。

 一方、桐山梨沙(佐久間由衣さん)は、自分の中で宗介の存在が大きくなっていることに戸惑う。相手は愛の初恋の人で、自分はあくまで身代わり。このまま愛に内緒で宗介と会っていいのか悩んでいた矢先、梨沙はひょんなことから樋口拓也(赤楚衛二さん)と知り合いになる。樋口が愛と宗介の同僚だと知らない梨沙は、樋口にあることを頼んで……という展開だった。

第7話視聴率7.2% “愛”小芝風花、こじれる“宗介”中島健人との関係

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第7話が8月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。前週第6話の6.9%(同)から0.3ポイントアップした。

 本作は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介(中島さん)、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝さん)という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

 第7話は、昔も今も宗介を好きと気付いた愛は、全てを打ち明けようと宗介の元へ。しかし、そこには桐山梨沙(佐久間由衣さん)の姿が。愛は梨沙がいまだに自分のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたと知りショックを受けるが、問いただせない。

 宗介は愛を思う気持ちが日に日に強くなり、それを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口拓也(赤楚衛二さん)は、もはや自分の恋が実ることはないと、ある決意をするが……という展開だった。

第8話視聴率7.2% 両思いになった中島健人&小芝風花 「ザ・モスト」編集部は危機に

連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第8話が8月31日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第8話は、ついに互いの気持ちが通じ合った宗介と愛。しかし、愛は桐山梨沙(佐久間由衣さん)が宗介に本気で恋をしていたと知り、ためらう。

 「ザ・モスト」編集部では、宗介が秘密にしていた廃刊の危機がバレてしまう。編集部員は宗介に腹を立て、廃刊をかけた次号の制作を拒否。孤立した宗介が一人で作ることになり、愛は宗介と編集部員の架け橋になるべく動き出し……という展開だった。

一部生放送の最終話 視聴率8.5%で番組最高の数字 中島健人&小芝風花らの未来は?

連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)最終話が9月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。番組最高の数字で同話は一部生放送された。

 本作は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介(中島さん)、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝さん)という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

 最終話では、廃刊の危機にあるファッション誌「ザ・モスト」の起死回生の一手として取材交渉してきた謎の作家・楠瀬凛の正体が、樋口拓也(赤楚衛二さん)だったと判明。樋口は「モストを救いたい」と、生い立ちや小説への思いを自らつづったインタビュー原稿を宗介に手渡すが、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまうと、宗介は悩んだ末に掲載を見送る。

 愛の元には、絵本作家の夏川ちかげ(日高のり子さん)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが。更に、愛はちかげから「ここで一緒に働かない?」と誘われる。幼い頃から絵本作家が夢だった愛は、早速宗介に報告するが……という展開だった。

彼女はキレイだったカンテレ・フジテレビ系
2021年7月6日スタート 火曜午後9時放送