彼女はキレイだった あらすじ

彼女はキレイだったあらすじ

 ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)は、韓国の同名ヒットドラマが原作。人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんがダブル主演を務める。中島さんと小芝さんが共演するのは初めて。2021年7月スタート。

 中島さんはさえない太っちょ少年から、一流ファッション誌「ザ・モスト」の副編集長兼クリエイティブディレクターに就任した、イケメンで毒舌のエリート・長谷部宗介を、小芝さんは優等生美少女からルックスに変化が生じた“残念アラサー女子”の佐藤愛をそれぞれ演じる。宗介と愛はお互い初恋の相手で、ひょんなことから「ザ・モスト」で再会するが、愛を初恋の相手だと気付かない宗介と、宗介に自分が愛だと伝えられない愛の姿を描く“初恋すれ違いラブストーリー”。

ドラマ「彼女はキレイだった」のあらすじ

彼女はキレイだったカンテレ・フジテレビ系
2021年7月6日スタート 火曜午後9時放送