彼女はキレイだった あらすじ

彼女はキレイだったあらすじ

 ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)は、韓国の同名ヒットドラマが原作。人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんがダブル主演を務める。中島さんと小芝さんが共演するのは初めて。2021年7月スタート。

 中島さんはさえない太っちょ少年から、一流ファッション誌「ザ・モスト」の副編集長兼クリエイティブディレクターに就任した、イケメンで毒舌のエリート・長谷部宗介を、小芝さんは優等生美少女からルックスに変化が生じた“残念アラサー女子”の佐藤愛をそれぞれ演じる。宗介と愛はお互い初恋の相手で、ひょんなことから「ザ・モスト」で再会するが、愛を初恋の相手だと気付かない宗介と、宗介に自分が愛だと伝えられない愛の姿を描く“初恋すれ違いラブストーリー”。

ドラマ「彼女はキレイだった」のあらすじ

<ドラマ紹介>「彼女はキレイだった」 中島健人×小芝風花W主演の初恋すれ違いラブストーリー 韓国ヒットドラマのリメーク作

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第1話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第1話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が7月6日に始まる。初回は15分拡大で放送。原作は韓国の同名ヒットドラマ。さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介、優等生の美少女から無職の“残念女子”になった佐藤愛という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリーだ。

 一流ファッション誌「ザ・モスト」の副編集長兼クリエーティブディレクターに就任した宗介を中島さん、アラサーの愛を小芝さんが演じる。「ザ・モスト」編集部のメンバー・樋口拓也を赤楚衛二さん、里中純一をジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jets」の高橋優斗さん、須田絵里花を宇垣美里さん、宮城文太を本多力さん、岡島唯子を片瀬那奈さんが務め、愛の親友・桐山梨沙に佐久間由衣さんが扮(ふん)する。

 第1話は……子供の頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝さん)は、親友の桐山梨沙(佐久間さん)と2人暮らし。求職中の28歳の誕生日にバイトをクビになり、すっかりダサくなってしまった自分の容姿や、何もかもうまくいかない人生に激しく落ち込んでいた。

 ある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・長谷部宗介(中島さん)から「帰国するので会いたい」とのメールが届く。気弱で太っていたためいじめられっ子だった宗介だが、愛は彼の優しい一面が大好きで、両思いだった。愛は久しぶりの再会に胸を躍らせるも、待ち合わせ場所にいた宗介は、昔の面影など全く無い洗練されたクールな男に成長。今の自分に幻滅されて嫌われることを恐れた愛は代役として梨沙を宗介の元へ向かわせる。

 しばらくして大手出版社に採用された愛は、ファッション誌「ザ・モスト」の編集部で働くことに。拓也(赤楚さん)の指導のもと、自分とは無縁の華やかな世界に戸惑いを隠せない愛。売り上げ低迷の雑誌立て直しにやって来たクリエーティブディレクター兼副編集長は宗介で……。 

第2話のあらすじ “愛”小芝風花が“宗介”中島健人のサポート役に 恋の四角関係が動き出す!

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第2話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第2話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第2話が、7月13日に放送される。予告映像には「動き出す恋の四角関係!」の文字があり、長谷部宗介(中島さん)と桐山梨沙(佐久間由衣さん)、佐藤愛(小芝さん)と樋口拓也(赤楚衛二さん)が距離を縮める様子が映し出されている。

 愛の身代わりで宗介と対面した梨沙は、もう会わなくて済むようにとイギリスに留学していると装う。しかし、仕事中に偶然、宗介と遭遇。とっさの言い訳でその場を切り抜けるが、このままでは自分が愛でないことがバレてしまうと焦る。

 愛は、相変わらず厳しい言葉を連発する宗介に反発しながらも自分に与えられた仕事を全うしようと、ファッションやメークの勉強を開始。そのかいあって、次第に編集部員にも認めてもらえるようになる。そんな愛を樋口も優しく見守っていた。

 そんな中、愛は帰国直前のデザイナーにアポイントを取り付けた宗介のサポート役として一緒に空港へ向かう。ところが、移動中の車内で宗介がとんでもないことに気付き……。

第3話のあらすじ “宗介”中島健人&“愛”小芝風花に2人だけの秘密 “樋口”赤楚衛二と“梨沙”佐久間由衣が知り合いに

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第3話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第3話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第3話が7月20日に放送される。予告映像には、ファッション誌「ザ・モスト」の副編集長・長谷部宗介(中島さん)と編集部で働く佐藤愛(小芝さん)の場面で、「ザ・モスト廃刊の危機!?」「2人だけの秘密…」の文字が並ぶ。

 宗介が一流デザイナーとのコラボ企画を成立させ、編集部のメンバーはお祝いを兼ねて食事へ。しかしその夜、残業していた愛は偶然、宗介が「モストジャパンを廃刊にはさせない」と話しているのを聞いてしまう。

 宗介は、連日残業しながら人に押しつけられた仕事も懸命にこなす愛のことが気になっていた。「自分は脇役だから、サポート役が性に合っている」と明るく笑う愛に、宗介は子供の頃、自分がある人に勇気づけられた出来事を話す。

 一方、桐山梨沙(佐久間由衣さん)は、自分の中で宗介の存在が大きくなっていることに戸惑う。相手は愛の初恋の人で、自分はあくまで身代わり。このまま愛に内緒で宗介と会っていいのか悩んでいた矢先、梨沙はひょんなことから樋口拓也(赤楚衛二さん)と知り合いになる。樋口が愛と宗介の同僚だと知らない梨沙は、樋口にあることを頼んで……。

第4話のあらすじ “宗介”中島健人&“愛”小芝風花が2人切りの出張へ “梨沙”佐久間由衣は“樋口”赤楚衛二に婚約者のふり依頼

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第4話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第4話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第4話が7月27日に放送される。

 長谷部宗介(中島さん)は待ち合わせ場所へ向かう途中、交通事故を目撃。母親がバイク事故で亡くなった時の状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまう。居合わせた佐藤愛(小芝風花さん)は宗介を介抱。宗介はかつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、愛に熱いまなざしを向ける。

 愛の初恋相手が宗介と知る樋口拓也(赤楚衛二さん)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていると気付き、焦る。

 好きな人を諦めたいという桐山梨沙(佐久間由衣さん)の頼みで、樋口は婚約者のふりをすることに。しかし、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介。

 翌日、宗介と愛は急きょ2人切りで1泊2日の出張へ。雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめいて……。

第5話のあらすじ “宗介”中島健人ら、重大なコラボ企画の撮影へ “愛”小芝風花は解雇の危機!?

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第5話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第5話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第5話が8月10日に放送される。

 佐藤愛(小芝さん)のアイデアが採用された特集記事が完成。届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も記載され、愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして喜ぶ。しかし、「ザ・モスト」はライバル誌に売り上げで大きく差をつけられ、立て直しを任された長谷部宗介(中島さん)が窮地に立たされる。

 宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影日。決してミスが許されない現場で、愛は撮影の目玉・オートクチュールのドレスの管理を任される。

 ところが、予期せぬハプニングで目を離した隙にドレスが破損し、撮影は続行不可能に。怒ったデザイナーに宗介は挽回のチャンスを懇願するも、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう要求され……。

第6話のあらすじ “宗介”中島健人、“愛”の正体に疑念 “梨沙”佐久間由衣は告白!?

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第6話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第6話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第6話が8月17日に放送される。

 予告映像には、佐藤愛(小芝さん)のふりをする桐山梨沙(佐久間由衣さん)が、長谷部宗介(中島さん)に「私の初恋は宗介だよ」と伝える場面が登場。「梨沙は宗介に告白!?」の文字が並ぶ。
 
 「ザ・モスト」編集部では、愛の考えた童話企画について会議が開かれる。愛はコラムの執筆を人気絵本作家の夏川ちかげに依頼したいと申し出るが、彼女は10年前に引退していた。しかし愛は何とか交渉したいと食い下がり、その真剣な表情を見た宗介はゴーサインを出す。

 宗介への思いが募る桐山梨沙(佐久間由衣さん)は、幼い頃の話ばかりする宗介に「昔の話はもうやめない?」と切り出す。宗介は梨沙のある言葉に違和感を覚え、目の前にいるのは自分の知る“佐藤愛”ではないかもしれないと疑念を抱く。焦った梨沙は宗介の気持ちをつなぎとめようと、ある行動に出て……。

第7話のあらすじ “愛”小芝風花、こじれる“宗介”中島健人との関係 混戦の恋愛模様!

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第7話が8月24日に放送される。

 昔も今も長谷部宗介(中島さん)を好きと気付いた佐藤愛(小芝さん)は、全てを打ち明けようと宗介の元へ。しかし、そこには桐山梨沙(佐久間由衣さん)の姿が。愛は梨沙がいまだに自分のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたと知りショックを受けるが、問いただせない。

 宗介は愛を思う気持ちが日に日に強くなり、それを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口拓也(赤楚衛二さん)は、もはや自分の恋が実ることはないと、ある決意をするが……。

第8話のあらすじ 恋の新章突入! “宗介”中島健人&“愛”小芝風花が両思い 「ザ・モスト」は崩壊の危機に

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第8話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第8話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第8話が8月31日に放送される。予告映像には「恋の新章突入!」の文字が。

 ついに互いの気持ちが通じ合った長谷部宗介(中島さん)と佐藤愛(小芝さん)。しかし、愛は桐山梨沙(佐久間由衣さん)が宗介に本気で恋をしていたと知り、ためらう。

 「ザ・モスト」編集部では、宗介が秘密にしていた廃刊の危機がバレてしまう。編集部員は宗介に腹を立て、廃刊をかけた次号の制作を拒否。孤立した宗介が一人で作ることになり、愛は宗介と編集部員の架け橋になるべく動き出し……。

第9話のあらすじ “宗介”中島健人、“愛”小芝風花と恋人に 「ザ・モスト」廃刊の危機に下す決断は?

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第9話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第9話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第9話が9月7日に放送される。

 晴れて恋人同士になった長谷部宗介(中島さん)と佐藤愛(小芝さん)。宗介は愛にファッション誌「ザ・モスト」の存続が決まったらプロポーズすると告げ、2人の幸せは最高潮。しかし、次号の目玉企画として組んでいた人気アーティスト・アリサへの独占インタビューがお蔵入りとなり、編集部は危機に陥る。

 締め切りが迫る中、新たな取材対象者を謎の小説家・楠瀬凛に決めるが、交渉は難航。後の無くなった宗介は、あることを決断して……。

最終話のあらすじ “樋口”赤楚衛二の正体判明 「ザ・モスト」の存続、四角関係の結末は?

連続ドラマ「彼女はキレイだった」最終話の場面写真=カンテレ提供
連続ドラマ「彼女はキレイだった」最終話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)最終第10話が9月14日に放送される。予告映像には「モスト解散!? それぞれの道へ」「四角関係の結末とは?」の文字が並ぶ。

 長谷部宗介(中島さん)が、廃刊の危機にあるファッション誌「ザ・モスト」の起死回生の一手として取材交渉してきた謎の作家・楠瀬凛の正体は、樋口拓也(赤楚衛二さん)だった。樋口は「モストを救いたい」と、生い立ちや小説への思いを自らつづったインタビュー原稿を手渡すが、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまうと、宗介は悩んだ末に掲載を見送る。

 佐藤愛(小芝さん)の元には、絵本作家の夏川ちかげ(日高のり子さん)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが。更に、愛はちかげから「ここで一緒に働かない?」と誘われる。幼い頃から絵本作家が夢だった愛は、早速宗介に報告するが……。

 原作は韓国の同名ヒットドラマ。さえない太っちょ少年から「イケメン毒舌エリート男子」になった宗介、優等生の美少女から「無職の残念女子」になった愛という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

彼女はキレイだったカンテレ・フジテレビ系
2021年7月6日スタート 火曜午後9時放送