#家族募集します ニュース

<SNS反響>最終回迎え…「終わってしまった」「寂しい」の声 続編希望も続々

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」最終回のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」最終回のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が、9月24日に放送された。SNSの「#家族募集」から始まった“家族”の物語が完結。視聴者からは、「最終回寂しいよ……」「終わってしまったね……悲しい」「毎回感動したなぁ。ロスになる」などの反響があった。

 最終回では、銀治(石橋蓮司さん)の息子の達也(宇野祥平さん)と達也の妻・久実子(ヒコロヒーさん)が「にじや」にやって来る。黒崎(橋本じゅんさん)の元妻・黛倫子(平原綾香さん)もいつき(板垣樹さん)を引き取りに現れる。突然の来訪者たちに困惑しながらも、俊平(重岡さん)ら“家族”たちは未来のためにある選択をして……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#家族募集します」がトレンド2位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「『#家族募集します』最終回ほんとすてきでした」「最終回良かったな。感動した」「とにかく毎週金曜日が待ち遠しくなる楽しい夏だった」「久しぶりに涙なしでは見れないドラマだった」「離れて暮らす家族のこと思い出して泣けてしまったな」などのコメントが並んだ。

 また、「続編お願いしますっ!」「続編、本当に楽しみにしてます!」「もう続編みたいです。スペシャルでもいいので!」「続編みたいな。それぞれの家族がどうなっていくのかみたい」といった続編を希望する声も続々と上がっていた。

ついに最終回 P明かす、注目は「屋上」 撮影こぼれ話も

連続ドラマ「#家族募集します」最終回の一場面(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」最終回の一場面(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の最終回(第9話)が9月24日に放送される。ドラマの佐久間晃嗣プロデューサーが同回の注目シーンと撮影こぼれ話を明かした。

 注目は「最終話も屋上のシーン」だといい、「1話から、登場人物が自分の思いを吐露するのは屋上が多かったのですが、最終話では屋上が何度も登場します。詳しくはお伝えできないのですが、それぞれ印象的なシーンになっていると思いますので、ぜひご注目ください」とアピールする。

 また、撮了時の裏話も披露。「先日無事クランクアップを迎えたのですが、撮影スケジュールの都合で全員集合してのオールアップにはなりませんでした。午前中の重岡さんと木村(文乃)さんのクランクアップにはサプライズで(仲野)太賀さんが駆け付け、同じ日の夕方の太賀さんのクランクアップには重岡さん、木村さん、岸井(ゆきの)さん、橋本(じゅん)さん、そして子供たち4人が駆け付けるという”サプライズ返し”。太賀さんは『にじや』の表でクランクアップを迎えたので、にじや前で記念写真大会が開催され、皆別れを惜しんでいました」と振り返っていた。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー礼(木村さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターのめいく(岸井さん)、俊平の幼なじみの蒼介(仲野さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人と子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

撮了に重岡大毅、満面の笑みで「本当に楽しかった!」

連続ドラマ「#家族募集します」をクランクアップした(左から)重岡大毅さん、佐藤遙灯君、宮崎莉里沙ちゃん、木村文乃さん(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」をクランクアップした(左から)重岡大毅さん、佐藤遙灯君、宮崎莉里沙ちゃん、木村文乃さん(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)がクランクアップしたことが分かった。今作で父親役に初挑戦し、ゴールデン・プライムタイム(GP)帯の連続ドラマで初主演を務めた“座長”の重岡さんは、息子役の佐藤遙灯君、桃田礼役の木村文乃さんと共にクランクアップの瞬間を迎えると、両手でガッツポーズ。「本当に楽しかった!」と満面の笑みを浮かべた。ドラマは9月24日に最終回を迎える。

 重岡さんは「クランクアップした瞬間にどんなことを思うんだろうと考えていたんですけど、本当に楽しかったです! 撮影が大変なときでもしんどくなることが全然なくて、早く夜が明けて次の日がこないかなって遠足を楽しみにする子供みたいな気持ちになるくらい、ずっと楽しい現場でした。本当に良い仲間に巡り会えて、すごく幸せです。ありがとうございました」と感謝の思いを述べた。

 木村さんは「子供たちと四六時中一緒に撮影するというのは初めてだったのですが、大変なときでもカメラが回ると笑顔で頑張る子供たちを見ていたら、自分も頑張らないといけないなって思わされました。つらいときにみんなで助け合い、一つの家族みたいになれた現場でした」と振り返った。

 小山内蒼介役の仲野太賀さん、横瀬めいく役の岸井ゆきのさんもそれぞれクランクアップ。仲野さんは「楽しい時間を過ごせて幸せな気持ちでいっぱいです。温かい現場、そして子供たちにもすごく救われました。ありがとうございました」、岸井さんは「みんなとすごく仲良くなれて楽しかったし、子供たちからいろんな影響を受けていくのも面白かったです。他人同士が家族になっていくというストーリーの中で、こういう関係性が生まれたことはすごく尊いことだと思っています。それも、太陽みたいな重岡さんが真ん中にいてくれたからだと思うので、感謝しています」と話していた。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった赤城俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー礼、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターのめいく、俊平の幼なじみの蒼介という、性格も価値観もバラバラな大人4人と子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>ラストの“蒼介”仲野太賀の涙 視聴者もらい泣き

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第8話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第8話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が、9月17日に放送された。ラストでは、仲野太賀さん演じる蒼介が涙を見せる展開で、視聴者からは「蒼ちゃんのラストのシーン、泣かないわけがない」「涙する蒼ちゃんの表情がめちゃめちゃよかったな」などの声が上がり、注目を集めた。

 第8話では、旅行中の俊平(重岡さん)と礼(木村文乃さん)の元に、銀治(石橋蓮司さん)が倒れたと大地(三浦綺羅さん)から電話があり、俊平らは急いで東京へ戻ることに。黒崎親子も駆けつけ、病院に集まった「にじや」の“家族”は、銀治の本当の家族に連絡を入れるべきではと考えるが、銀治は家族について口を閉ざしていて連絡先も分からない。

 そんな中、突然やってきた銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒーさん)から、銀治と家族が疎遠になった事情を聞いた蒼介。「ほんとはまたこんなふうに暮らせたらなって」という久実子の思いも知るのだった。銀治の家族の気持ちを思う一方で、銀治の家族が「にじや」に戻ってくるということは、今の「にじや」での暮らしは終わってしまうことになる。ラストでは、久実子が訪ねてきたことを、俊平たちに言わなかった蒼介が、これまでの「にじや」での暮らしに思いを巡らせ、キャベツを切りながら涙を見せる姿が描かれた。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#家族募集します」がトレンド2位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「蒼ちゃんがどんな思いをにじやに持って今があるかがわかったからこそ、余計に気持ちがグッと入っちゃう」「最後のそうちゃんが泣きながら野菜切ってるところ見てたら、うるうるしてきちゃった」「蒼介、一人で抱えないで!」といったコメントがずらり。

 ほかにも、「蒼介は家族欲しかったのに手放さなきゃいけないかもしれないのか……せっかくできた家族なのに」「蒼介は銀治さんの家族の幸せを選ぶのか、みんなと暮らしてくのか、選択が気になります」「自分の幸せと本当の家族の幸せ、どっちを優先すればいいのか」などの感想が書き込まれていた。

<SNS反響>次週最終回で「寂しい」 「すでにロス」の声も

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第8話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第8話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が、9月17日に放送された。9月24日の放送が最終回ということで、視聴者からは「最終回なの寂しい」「来週で最後……すでにロス」などの声が上がっていた。

 第8話では、旅行中の俊平(重岡さん)と礼(木村文乃さん)の元に、銀治(石橋蓮司さん)が倒れたと大地(三浦綺羅さん)から電話があり、俊平らは急いで東京へ戻ることに。黒崎親子も駆けつけ、病院に集まった「にじや」の“家族”は、銀治の本当の家族に連絡を入れるべきでは、と考えるが、銀治は家族について口を閉ざしていて連絡先も分からない。そんな中、「銀治の家族」を名乗る女性(ヒコロヒーさん)が突然やって来て……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#家族募集します」がトレンド2位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「毎週の楽しみ終わらないでほしいなー」「もう終わっちゃう、無理。既に俊平ロス」「来週最終回でロスる」「最終回、寂しいけれど楽しみです!」「こんないいドラマない。続いてほしい。にじやロスになりそう」といったコメントが並ぶなど、話題となっていた。

<SNS反響>“礼”木村文乃の変化が話題に 「表情が前とは全然違う」  “元夫”にも注目集まる

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第6話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第6話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が、9月3日に放送された。木村文乃さん演じる礼について、視聴者からは「礼さんの表情が前とは全然違って優しい。そして、ほんと可愛い」「礼さんの吹っ切れた自然な演技すごかった」などの声が上がり、その変化が話題となった。

 第5話(8月27日放送)で、夫・三沢芳樹(橋本淳さん)に正式に離婚しようと伝えていた礼。第6話では、離婚を切り出したことをにじやの家族に報告した礼が、「向こうの返事はまだだけど、私は自分の思いを伝えたから、今はスッキリしてる」と笑顔を見せる場面が登場した。

 中盤では、芳樹が離婚届を持って、にじやにやってくる展開に。「昨日の礼は、僕が初めて見る顔をしてました。冒険に出かける前の少女みたいな」と話した芳樹は、にじやの面々に「少し嫉妬しましたけど、2人をよろしくお願いします」とあいさつするのだった。

 SNSでは、「礼さんこと文乃ちゃんが可愛すぎました」「礼ママの柔らかさがぐんと出てた気がするけど、それを表現してる木村文乃さんまじすげえ」「今週の礼さん、柔らかくて可愛すぎ」などのコメントが並んだ。

 また、礼の夫・芳樹にも注目が集まっており、「礼さんの旦那さんがにじやを訪ねてくるシーンにぐっときました」「礼さんのだんなさんがいい人すぎて、ちょっと切ない」「ちゃんといい旦那&パパじゃない?」「芳樹さんいい人すぎた……」という声も上がっていた。

<SNS反響>“俊平”重岡大毅の涙の演技に「グッときた」 「来週が待ち遠しい」の声も

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第6話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第6話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が、9月3日に放送された。重岡さん演じる俊平が、ボイスレコーダーに録音された、亡くなった妻・みどり(山本美月さん)の“肉声”を聞き、涙を見せる場面が登場。視聴者からは、「重岡くんの涙のお芝居、序盤からグッときました」「重岡くんの演技が毎度素晴らしくて 泣ける」といった声が上がった。

 第6話では、みどりが海外取材で使っていたボイスレコーダーとスケッチブックを見つけた俊平が、息子・陽(佐藤遙灯くん)やみどりの両親とともに、ボイスレコーダーを聞く様子が描かれた。「またね、じゃあね。それじゃあ、また。きっと……また」というみどりの声に、みどりの母は「まるで私たちにお別れ言っているみたい」と涙ぐむ。そんな中、みどりの声を繰り返し聴くうちに、みどりの思いに気付いた俊平は、新しい絵本を作ることにして……と展開した。

 SNSでは、「『#家族募集します』また泣きました」「ボイスレコーダーでみどりの声を聞く俊平。胸の痛みが伝わってきてつらかった」「最初から最後までみどりさんへの愛がいっぱいな俊平パパがすてきだなって思った」などの感想が書き込まれた。また、重岡さんの演技について、「重岡さんにはほんと泣かされちまう」「重岡くんの演技に感動している」「重岡くんほんといい演技」という声もあった。

 9月10日放送の第7話では、俊平、陽、礼(木村文乃さん)、雫(宮崎莉里沙ちゃん)が海に出かけることになり……と展開する。SNSでは、「今回もめっちゃ面白かったです! 来週が待ち遠しい!」と期待する声も上がっていた。

<SNS反響>“妻”山本美月の肉声が… “俊平”重岡大毅の演技に「感情移入」「毎回泣かされる」の声

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第5話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第5話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が、8月27日に放送された。ラストでは、重岡さん演じる俊平が、ICレコーダーに録音された亡くなった妻・みどり(山本美月さん)の“肉声”を聞く場面が登場。視聴者からは、「『#家族募集します』には 毎回泣かされる」「感情移入してうるうるでした」などの反響があった。

 第5話の終盤では、俊平が、3か月前に届いたまま、開けることができなかったみどりのスーツケースを開ける展開に。中から出てきたICレコーダーの再生ボタンを押すと、「目の中に映った瞬間瞬間、感じたそのままも残しておきたい気持ちでいっぱいいっぱいな状態です」「こういう体験ができて、本当に来て良かった」と話すみどりの声が流れてきて……と展開した。

 SNSでは、「最後のみどりさんからのボイスメッセージに泣きました」「今回も泣けました」「見れば見るほど俊平パパ好きになってしまう」などのコメントが並んだ。また、ドラマについて、「毎回毎回新たなことが起こって、来週が待ちきれない」「毎週毎週、ほんとにいろんなことを気づかされる」という意見も上がっていた。

King Gnu井口理が「#家族募集します」再登場 “めいく”岸井ゆきのと恋? “俊平”重岡大毅らに波紋

連続ドラマ「#家族募集します」第6話に登場するKing Gnuの井口理さん (C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」第6話に登場するKing Gnuの井口理さん (C)TBS

 4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu(キングヌー)」の井口理さんが、人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第6話(9月3日放送)に再登場することが分かった。井口さんは、第2話に路上ミュージシャンのナオト役で登場し、同役で再び登場する。

 同話では、ナオトと子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)との恋を描く。さらに、ナオトが赤城俊平(重岡さん)らが暮らす「にじや」に新たな波紋を投げかける。

 井口さんは、にじやでの撮影を終えて「皆さん家族のように温かく、まるでお盆に里帰りした気分でした」と振り返り、放送、お楽しみに」とアピールしている。

(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>橋本じゅん「#家族募集します」で“こわもて”シングルファーザー 「恋ぷに」とのギャップも話題に

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が、8月20日に放送された。「にじや」への入居を希望するこわもてのシングルファーザー、黒崎徹役で橋本じゅんさんが登場。視聴者からは、「元々演技派だらけなのに橋本じゅんさん加わってさらに深みが増した」「黒崎親子がいいスパイスになっています」といった声が上がるなど注目を集めた。

 第4話では、蒼介(仲野太賀さん)がそのままにしていた「#家族募集します」の投稿を見て、こわもてで威圧的な黒崎徹(橋本さん)と8歳の娘・いつき(板垣樹ちゃん)が突然「今日から入居したい」とやって来る。高圧的に迫る黒崎に毅然と反論する礼(木村文乃さん)だったが、俊平(重岡さん)たちはいつきの寂しそうな表情が気になっていて……と展開した。

 SNSでは、「作品中盤に橋本じゅんさん投入は天才的」「橋本じゅんさんの演技ほんと好き」「いつきちゃん役の子もめちゃくちゃ可愛いなぁ」「橋本じゅんさんの娘さんも幸せになって欲しいなぁ」などの感想が書き込まれた。

 橋本さんは数々の作品に出演し、存在感のあるバイプレーヤーとして注目を集めている。放送中の連続ドラマ「漂着者」(金曜午後11時15分、テレビ朝日系)にも出演しているほか、4月クールに放送された「恋はDeepに」(日本テレビ系)では、石原さとみさん演じる渚海音を研究室に迎え入れた優しい教授役を演じていた。

 SNSでは、「恋ぷにとは印象が違い過ぎる! 役によってこんなにも違って見えるのすごいなぁ」「橋本じゅんさん、最近だと恋はDeepにの優しいおじさん役で見ていたから、びっくりした!」「橋本じゅんさん続きの金曜日」「橋本じゅんさん祭りになってる笑」という意見も上がっていた。

<SNS反響>“礼”木村文乃の自問自答に共感の声 “俊平”重岡大毅と笑いあう場面も話題に

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が、8月20日に放送された。木村文乃さん演じる礼が、「いつも自問自答してる。私が正しいってそう思い込んで。でも次の瞬間にはやっぱり間違っているのかもって、ず~っと繰り返してる」と思いを明かす場面が登場。視聴者からは、「礼さんの自問自答にめちゃくちゃ共感」「礼さんの思いに共感し過ぎて何度も胸が痛くなった」といった共感の声が上がった。

 第4話では、ちょっとした意見の食い違いから俊平(重岡さん)たちとの間に小さな亀裂が生まれてしまった礼。「しばらく一人にさせて下さい」と屋上へ向かった礼を、俊平は追いかけ、話を聞くことに。

 「いつも自問自答してる。私が正しいってそう思い込んで。でも次の瞬間にはやっぱり間違ってるのかもって、ず~っと繰り返してる」と思いを明かした礼。実は夫とはまだ籍が入ったままで、きちんと別れていないと明かし、「ずっと迷ってる。何が(娘の)雫のためなのか。彼とやり直すべきなのか……」と告白。

 「グジグジグジグジめんどくさいよね……」と続ける礼に、俊平は「ここにいるみんなそうですよ。だからいいじゃないですか。めんどくさい同士でめんどくさいのをシェアしていけば」と声をかける。そんな俊平に礼は笑顔を見せ、俊平も笑って……と展開した。

 SNSでは、「木村文乃ママの、いつも自問自答してこれで良いのか悪いのか分からなくなるって言うところ、めっちゃ共感した」「礼さんの間違いが怖いという部分にとても共感しました」などの感想が書き込まれた。

 ほかにも、「礼さんのニコニコ笑顔見るたびにきゅんとする! 重岡くんと向き合ってニコニコなのすてきすぎる!」「礼さんがだんだん心開いてくれてるのがなんかうれしい」「礼さんきれいだし、笑うとギャップがあってドキッとするな~」という声も上がっていた。

<SNS反響>“礼”木村文乃を笑顔に… “俊平”重岡大毅の演技に「胸打たれた」の声

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第4話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が、8月20日に放送された。重岡さん演じる俊平について、視聴者からは「毎度重岡くんの熱い演技に胸打たれます」という声が上がるなど、話題を集めた。

 第4話では、ちょっとした意見の食い違いから俊平たちとの間に小さな亀裂が生まれてしまった礼(木村文乃さん)。「しばらく一人にさせて下さい」と屋上へ向かった礼を、俊平は追いかけ、話を聞くことに。

 「いつも自問自答してる。私が正しいってそう思い込んで。でも次の瞬間にはやっぱり間違ってるのかもって、ず~っとくりかえしてる」と思いを明かした礼。実は夫とはまだ籍が入ったままで、きちんと別れていないと明かし、「ずっと迷ってる。何が(娘の)雫のためなのか。彼とやり直すべきなのか……」と告白。

 「グジグジグジグジ、めんどくさいよね……」と続ける礼に、俊平は「ここにいるみんなそうですよ。だからいいじゃないですか。めんどくさい同士でめんどくさいのをシェアしていけば」と声をかける。そんな俊平に、礼は笑顔を見せて……と展開した。

 SNSでは、「重岡大毅の笑顔まぶしいよ」「重岡大毅いいよね~ほんと役もピッタリ」「2人の表情よかったなぁ」などのコメントが並んだ。また、ドラマについて、「繰り返し見たくなるドラマ」「ストーリーが本当にすてきなドラマ」「演者さんのお芝居、ストーリーともに今まで見てきたドラマの中でダントツで好き」という声も上がっていた。

<SNS反響>「ママは死んじゃった」 “俊平”重岡大毅の告白に「ボロ泣き」「演技良すぎて…」と反響

ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第3話のワンシーン(C)TBS
ジャニーズWESTの重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第3話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が、8月13日に放送された。重岡さん演じる俊平が、ママ(山本美月さん)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯くん)に伝える様子が描かれた。視聴者からは、「3話めちゃくちゃ泣ける」「めちゃ泣ける……涙腺崩壊」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 第3話で、妻・みどりが亡くなったことを、陽に伝えることができず、思い悩んでいた俊平。そんな俊平の思いをくみ取ったにじやの面々は、お節介な蒼介(仲野太賀さん)を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添う様子が描かれた。

 終盤では、陽に「ママは死んじゃった。もう会えない」と伝えた俊平。「もうママには会えないの?」と涙ぐむ陽を抱きしめた俊平は、「寂しいよな。パパも寂しい。寂しいときはね、一緒に泣こう」と言って2人で涙を流す。そんな2人を見守る蒼介らの姿も描かれた。

 SNSでは、「#家族募集します今回も泣けた」「俊平パパ頑張ったね」「めっちゃ泣いた。ドラマでこんなに泣くことない。最高のドラマだ」などのコメントが書き込まれた。

 また、重岡さんの演技について、「重岡大毅の演技よすぎてつらい。毎話涙なしで見れない」「重岡くんの演技に……何かもう胸打たれてしんどい。いろんな感情が交差する」という意見も上がっていた。

橋本じゅんがこわもてシングルファーザー役 “俊平”重岡大毅らの「にじや」入居を希望

連続ドラマ「#家族募集します」第4話から登場する橋本じゅんさん (C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」第4話から登場する橋本じゅんさん (C)TBS

 「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第4話(8月20日放送)から、俳優の橋本じゅんさんが出演することが分かった。橋本さんが同局のドラマに出演するのは、昨年7月期に本作と同じ枠で放送された「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」以来、約1年ぶり。重岡さんとの共演は初めて。「にじや」への入居を希望するこわもてのシングルファーザー、黒崎徹を演じる。

 黒崎は、小山内蒼介(仲野太賀さん)がそのままにしていたSNSの「#家族募集」を見て入居を希望。8歳の娘いつき(板垣樹ちゃん)を連れているが、親子はギクシャクした雰囲気。そして、威圧的な態度を見せる黒崎の入居を巡り、俊平(重岡さん)らは頭を悩ませる。

 脚本は「山田太郎ものがたり」などを手掛けた俳優で、脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった俊平、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー、桃田礼(木村文乃さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)、俊平の幼なじみの蒼介という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 ◇橋本じゅんさんのコメント

 TBSの金曜ドラマに約1年ぶりに帰って来ることができて、とても光栄です。僕が演じる黒崎は、「にじや」に暮らす3人の親とは全く違うタイプの人物なので、「異物感」を出せるように意識しています。黒崎が出てきたら空気が一変する、みたいな存在でいられたらと思っています。ただ現場はとても楽しい雰囲気なので僕も乗っかりたくなってしまうのですが、そこは我慢(笑い)。皆さんの明るい空気に勇気と元気をもらいながら、大人の黒崎としての“いかた”を模索しています。

 主演の重岡さんとは初共演ですが、しなやかな強さと優しさの塊みたいな方。すごいエンターテイナーだなと思いますし、座長としてカッコイイです。このドラマは、こういう“家族”がどこかにいても良いのではと思えるお話だと思います。こんな時代だからこそ、助け合って暮らしていく「にじや」の人々の姿を見て、少しほっとした気持ちになっていただけたらと思います。

(C)TBS
(C)TBS

「#家族募集します」佐久間P明かす、撮影現場での重岡大毅 「パパがなんとかする」と“息子”にハグ

「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第3話のワンシーン(C)TBS
「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第3話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が、8月13日に放送される。同話では、重岡さん演じる俊平が、妻・みどり(山本美月さん)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯くん)に伝えることができず、思い悩む様子が描かれる。ドラマを手がける佐久間晃嗣プロデューサーに見どころを聞いた。

 第3話で、めいく(岸井ゆきのさん)と大地(三浦綺羅さん)親子が暮らし始めてにぎやかになった”にじや”。 なんだかんだ言いつつも、俊平と礼(木村文乃さん)も頻繁ににじやに顔を出すようになっていた。蒼介(仲野太賀さん)は、俊平と礼に、改めて「ここで一緒に暮らそう」と提案するが、礼は「誰にも頼りたくない」とあっさり却下する。

 みどりと一緒に住んでいた家を引き払う気にはなれず、にじやに住むことをためらっていた俊平。妻が亡くなったという事実を、息子に伝えることができず、思い悩んでいた。そんな俊平の思いをくみ取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに……と展開する。

 「『何かが起こるときはいつも屋上』だと重岡さんも言っていたのですが、3話も注目シーンは屋上のシーンです」と話した佐久間さん。俊平が、息子に「ママにはもう会えない」という事実を伝える展開といい、「どう伝えるのか? そのとき“にじや”の面々は? 俊平親子の大きな一歩をぜひ見届けていただければと思います」と呼びかける。

 屋上のシーンの撮影では、俊平の息子・陽役の佐藤くんが「うまくできないかもしれない」と不安そうにしていたという。「重岡さんが『うまくできなくても大丈夫。パパがなんとかする』と遙灯くんをハグしてくれていました」と撮影現場での様子を明かした佐久間さんは、「5歳の男の子にとっては本当に大変なシーンだったと思いますが、重岡さんと遙灯くんの、積み重ねてきた“親子の絆”のおかげで成立したシーンだと感じています」と手応えを語っていた。

(C)TBS
(C)TBS

「#家族募集します」共感の声も…子育て&仕事に孤軍奮闘する“礼”木村文乃 “めいく”岸井ゆきへのハグも話題に

連続ドラマ「#家族募集します」に出演する女優の木村文乃さん(右)(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」に出演する女優の木村文乃さん(右)(C)TBS

 8月13日にいよいよ第3話が放送されるTBSの金曜ドラマ「#家族募集します」(金曜午後10時)。シングルファーザー&マザーたちがひとつ屋根の下で子育てをする新しい“家族のカタチ”を描く作品で、SNSでは「人に言えない悩みをまるっと包み込んでくれるドラマ」という声も上がっている。ドラマを手がける佐久間晃嗣プロデューサーの、シングルマザーの友人の実体験から企画されたという今作。その友人のモデルとなったのが、木村文乃さん演じる礼だという。礼を中心にこれまでの物語を振り返ってみたい。

 ◇誰にも頼らず一人で子育て

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。木村さん演じるちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼をはじめ、3カ月前に妻を亡くしシングルファーザーになったばかりの赤城俊平(重岡大毅さん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 5歳の娘・雫(宮崎莉里沙ちゃん)を女手一つで育てる礼。シングルであることを言い訳にしたくないという思いが強く、親にも誰にも頼らず自分一人で子育てを完璧にこなすと決めており、「極力人を頼りたくないので」と話したこともあった。腹が立ったときには、6秒間、怒りがおさまるのを待つ“アンガーマネージメント”を実践している。

 第1話では、ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介が、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうととっぴな提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないとあきれる俊平だが、その夜、蒼介の携帯に礼から電話があり……。

 終盤では、「子どもと二人っきりでいると、自分の気持ちを話せないままずっと過ごしていることに気づきます。誰かに話せたら気持ちの整理もつくのにって」と俊平と蒼介に話した礼。俊平が「妻がいた頃は家でいろいろな話をしました。小さな悩み事とか、ちょっとした笑い話とか。なんでもないキャッチボール楽しかったな~」と話したことで、俊平と蒼介がキャッチボールをすることに。

 俊平は、まだ母親が亡くなったことを知らない息子・陽(佐藤遙灯君)から「ママはどこに行ったの?」と聞かれたときのことを振り返り、「それまでで一番お粗末な、子供だましのうそついた」と告白。涙をこぼしながらも、笑おうとする俊平に、「お前は頑張っている!」と涙ながらに伝える蒼介や、2人のやりとりを聞いて涙をぬぐう礼の姿が映し出され、SNSでは「ボロ泣きした」と話題を集めた。

 ◇“めいく”岸井ゆきのを抱きしめる場面も話題に

 蒼介がSNSに投稿した「#家族募集」を見て、「にじや」にシングルマザーのめいくと息子の大地(三浦綺羅さん)が転がり込んでくることになった第2話。シンガーソングライターを目指しているというめいくは、大地を「にじや」に残し、突然姿を消してしまう。

 めいくに対する不信感が募るばかりの蒼介に対し、礼が「どこの母親も、一度くらいは一瞬でいいから子育てから離れたい、逃げたいって思うことあると思います。子どもを見てくれる人がいるならなおさら」と伝えるシーンも。蒼介から「先生もそう思うことが?」と聞かれた礼は、「全くないと言ったらうそになります。でもそんなこと絶対にしない。しないというかできない」と回答していた。

 そんな中、めいくが「にじや」に戻ってくると、礼はそっとめいくを抱きしめ、「おかえりなさい」と伝える展開で、SNSでは「礼が帰ってきためいくを抱きしめるシーンに胸がグッとなりました」「礼先生の『おかえりなさい』に泣けた」「抱きしめる礼さん、いろんな思い込めてのハグだよね」などのコメントが並んだ。

 ほかにも、「礼さん、世のママの気持ちを代弁してくれてありがとう。多かれ少なかれみんな葛藤を抱えながら子育てしてるよね」「育児、子育てには正解がないから楽しいが悩むし泣きたくもなる」「子育てから解放されたいと思う時だってあるけど、しないんじゃなくてできない。心に響いたねえ」といった共感の声も上がっていた。

 ドラマが放送される前に行われたオンライン制作発表で、「今、いろいろ大変な状況で家族と一緒にいられなかったり事情があって、一人で頑張ってる方たくさんいらっしゃると思う」と話した木村さん。「私たちはその方々の味方で、全力で背中を押して、温かい『おかえり』『ただいま』をきちんとお届けしたい。『一人じゃないんだ』ということを感じとっていただけたらうれしいなと思います」と続けていたが、その思いは視聴者に届いているのではないだろうか。

 第3話では、妻・みどり(山本美月さん)が亡くなったという事実を、陽に伝えることができず、思い悩む俊平の姿が描かれる。「第3話絶対泣く」といった声もすでに上がるなど注目が高まっている。あと1週間、放送を楽しみに待ちたい。

「今クールで1番泣ける」の声も… 仲野太賀演じる“蒼介”の存在も注目

連続ドラマ「#家族募集します」に出演する俳優の仲野太賀さん(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」に出演する俳優の仲野太賀さん(C)TBS

 シングルファーザー&マザーたちがひとつ屋根の下で子育てをする新しい“家族のカタチ”を描くTBSの金曜ドラマ「#家族募集します」(金曜午後10時)。3カ月前に妻を亡くし、シングルファーザーになったばかりの主人公・赤城俊平を演じる人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんの涙の演技も注目を集め、「今クールで1番泣ける」と話題となっている。一方で、「蒼ちゃんの存在がとても大きいドラマ」という声が上がるなど、仲野太賀さん演じる小山内蒼介にも注目が集まっている。この物語のきっかけとなる「#家族募集します」を、SNSに投稿した張本人でもある蒼介を中心に物語を振り返ってみたい。

 ◇兄貴肌の蒼介 ワンオペ育児に悩む俊平に「俺がお母さんになってやる!」

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。シングルファーザーとなった俊平、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、俊平の幼なじみの蒼介、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 仲野さんが演じる蒼介は、お好み焼き屋「にじや」に住み込みで働いている店員。俊平の学童時代の幼なじみで、第1話では俊平と偶然再会する様子が描かれた。思いついたらすぐ行動に移さないと気がすまないところがあるようで、久しぶりに「にじや」に行った際には、「俺が求める幸せはこれだ!」と感じたという蒼介。「速攻仕事やめて、おやっさんに頼み込んで無理矢理弟子にしてもらった」と明かし、俊平からは「そういうところ全然変わってないよね」と言われていた。

 お節介だが、面倒見がよく憎めない兄貴肌で、人情味あふれる性格でもある。そんな蒼介が、3カ月前に妻を亡くし、シングルになったばかりという俊平の事情を知ることに。ワンオペ育児に悩む俊平に「いいこと思いついた! 俺がお母さんになってやる。男親一人じゃ何かと大変だろ? 俺に手伝えることがあればなんでもする!」と宣言。SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする展開に。

 劇中では、SNSに投稿するため、部屋の写真を撮影する蒼介が「何でガッキー結婚しちゃったんだろうな」とつぶやきながらシャッターを切るシーンも登場。ツイッターでは、突然「ガッキー結婚」がトレンド入りするなど、SNSをにぎわせた。

 ◇俊平とのキャッチボールシーンに視聴者涙…

 第1話の終盤では、俊平と蒼介がキャッチボールをすることに。まだ母親が亡くなったことを知らない息子・陽(佐藤遙灯君)から「ママはどこに行ったの?」と聞かれたときのことを俊平が話す展開となった。

 「それまでで一番お粗末な、子供だましのうそついた」と明かした俊平は、涙をこぼしながらも、笑おうとする。そんな俊平に「お前は頑張っている!」と涙ながらに伝える蒼介や、2人のやりとりを聞いて涙をぬぐう礼の姿が映し出され、「涙腺崩壊」と多くの反響があった。

 ドラマが放送される前に行われたオンライン制作発表で、仲野さんは「とにかく元気でアホで、とにかく明るい太陽みたいなやつでいられたらいいなと思いながら(蒼介を)演じています」とコメントしていた。

 SNSでは、「仲野太賀くん、ほんとにいい味出してるな」「『#家族募集します』の仲野太賀好きすぎる」「蒼介のキャラ好きだなぁ~」「蒼介は太賀しかいない」という声が上がっており、視聴者の心を掴んでいるようだ。

 ◇第2話では蒼介の過去が明らかに

 蒼介がSNSに投稿した「#家族募集」を見て、「にじや」にシングルマザーのめいくと息子の大地(三浦綺羅さん)が転がり込んでくることになった第2話。シンガーソングライターを目指しているというめいくは、大地を「にじや」に残し、突然姿を消してしまい……と展開した。蒼介の過去が明らかにされた回でもあった。

 めいくについて、「俺の母ちゃんに似てんだよ」と話した蒼介。「俺が生まれてからすぐに親父は出てった。そっから母ちゃんは女手一つで。うちの中では面白くて優しい母ちゃんだったよ。だから親父がいなくても俺は平気だった」と振り返りながら、「でも突然帰ってこなくなった」と明かす。

 自分を置いて出ていってしまった理由はいまだにわからないという蒼介は、「男ができたのか、俺より大事なものができたのか、何もかも急に嫌になったのか、そこから俺は親戚に預けられて……」と話すのだった。そんな蒼介の過去に、SNSでは「底抜けに明るいイメージからの振り幅に心が揺さぶられた」「そりゃ大地くんに感情移入しちゃう」などのコメントが並んだ。

 8月13日放送の第3話では、妻・みどり(山本美月さん)が亡くなったという事実を、陽(佐藤遙灯君)に伝えることができず、思い悩む俊平の姿が描かれる。そんな俊平の思いをくみ取った「にじや」の面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに……と展開する。

 予告動画では、「#借金で“家族”解散!?」といったテロップとともに、蒼介が「おやっさん、結構借金があるみたいで」というセリフも公開されている。第3話の放送まであと2週間。放送が待ち遠しい。

重岡大毅「#家族募集します」初の父親役がハマリ役 涙の演技も話題に

連続ドラマ「#家族募集します」の第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」の第3話のワンシーン(C)TBS

 連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)で初の父親役に挑戦している人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん。重岡さん演じる赤城俊平は、3カ月前に妻を亡くし、シングルファーザーになったばかり。5歳の息子の前では「笑顔でいる」と誓いを立て、明るく子育てをしようと努めている。第1話では、そんな俊平が、息子との日々を振り返って涙を流しながらも、笑顔でいようとする場面が登場し、SNSなどで「涙腺崩壊」と話題となった。第3話(8月13日放送)を前に、注目を集めたシーンを振り返りたい。

 ◇“蒼介”仲野太賀とのキャッチボールシーン 「ボロ泣きした」の声

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。シングルファーザーとなった俊平、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介が、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をするところから描かれた第1話。そんな募集に誰も乗るわけがないとあきれる俊平だが、その夜、蒼介の携帯に、5歳の娘・雫を育てるシングルマザーの教師・礼から電話があり……。

 俊平と蒼介がキャッチボールをする終盤では、まだ母親が亡くなったことを知らない息子・陽(佐藤遙灯君)から「ママはどこに行ったの?」と聞かれたときのことを俊平が話す展開に。

 「それまでで一番お粗末な、子供だましのうそついた」と明かした俊平は、涙をこぼしながらも、笑おうとする。そんな俊平に「お前は頑張っている!」と涙ながらに伝える蒼介や、2人のやりとりを聞いて涙をぬぐう礼の姿が映し出され、SNSでは「ボロ泣きした」「辛さを抱えながら、笑いながら泣く演技できる重岡くんすごすぎ」「太賀、重岡くん、木村文乃さんのアンサンブル素晴らしすぎて涙止まらなくなった」など絶賛の声が上がった。

 ドラマを手がける佐久間晃嗣プロデューサーは、重岡さんの起用理由について「息子の前では、寂しさ、孤独、戸惑いを隠している中で、それでも笑顔でいるところを繊細に演じてくださると思った」と説明していたが、まさにその通りとなったのではないだろうか。

 ◇母親が亡くなったことを知らない息子から…「ママも待ってたら帰ってくる?」

 第2話では、蒼介がSNSに投稿した「#家族募集」を見て、「にじや」にシングルマザーのめいくと息子の大地(三浦綺羅さん)が転がり込んでくることに。そんな中、シンガーソングライターを目指しているというめいくは、大地を「にじや」に残し、突然姿を消してしまい……と展開した。

 ラストでは、まだ母親が亡くなったことを知らない陽が、俊平に「陽のママも待ってたら帰ってくる?」と尋ねる場面が放送された。SNSでは、「重岡くんの演技好きだなぁ。笑顔も泣き顔もいい」「頑張るパパ似合うね」「シングルファーザー役めっちゃハマってる」などのコメントが並んだ。「3話予告でもう泣きそう」「1話で号泣。2話でも号泣。3話おそらくもっと泣く」といった声も上がっている。

 そんな第3話では、妻・みどり(山本美月さん)が亡くなったという事実を、陽に伝えることができず、思い悩む俊平の姿が描かれる。そんな俊平の思いを汲み取った「にじや」の面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに……と展開する。息子に向き合おうと決めた俊平が、どんな行動を取っていくのか。放送まであと3週間。心待ちにしたい。

King Gnu井口理、重岡大毅主演「#家族募集します」第2話に出演 手にギター

連続ドラマ「#家族募集します」第2話に出演するKing Gnuの井口理さん(中央) (C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」第2話に出演するKing Gnuの井口理さん(中央) (C)TBS

 4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu(キングヌー)」の井口理さんが、人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の第2話(7月16日)に出演することが7月15日、分かった。井口さんが同局のドラマに出演するのは、2020年6~9月に放送された連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」以来、約1年ぶり。

 井口さんが第2話でどのような役を演じるのかは明かされていない。King Gnuではボーカルとキーボードを担当しているが、公開された写真ではギターを手にしている。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情で“シングルファーザー”となった赤城俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 第2話では、俊平らが暮らす「にじや」に入居しためいくが子供を残し、ギターケースを担いで一人旅に出てしまう。しばらくしても戻らないめいくに対し、蒼介が「子供を捨てた!」と怒りをあらわにする……というストーリーが展開される。

<ドラマ紹介>「#家族募集します」 ジャニーズWEST重岡大毅がシングルファーザー役 SNSで“家族を募集”

「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第1話のワンシーン(C)TBS
「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」第1話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん主演の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)が7月9日に始まる。悩みや秘密を抱えるシングルファーザー、マザー4人が、一つ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く。重岡さんは赤城俊平(あかぎ・しゅんぺい)役で、初の父親役。木村文乃さん、仲野太賀さん、岸井ゆきのさんらも出演する。初回は15分拡大で放送。

 「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった俊平、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー、桃田礼(木村さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井さん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 俊平の息子・陽(はる)役を佐藤遙灯(はると)君、礼の娘・雫役を、「ルパンの娘」(フジテレビ系)で主人公・華(深田恭子さん)の幼少期を演じた宮崎莉里沙ちゃん、めいくの息子・大地役を三浦綺羅(きら)君が演じる。

 第1話は……主人公の赤城俊平は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになった。5歳の息子・陽を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

 そんな中、幼なじみの小山内蒼介と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないとあきれる俊平だが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が。架けてきたのは、5歳の娘・雫を育てるシングルマザーの教師・桃田礼だった。更に、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいくも6歳の息子・大地と共に転がり込んできて……。

重岡大毅「#家族募集します」でシングルファーザー役 笑顔の裏に隠された思い ドラマPに聞く“繊細な芝居”の裏側

7月9日スタートの連続ドラマ「#家族募集します」のワンシーン(C)TBS
7月9日スタートの連続ドラマ「#家族募集します」のワンシーン(C)TBS

 4月クールでは、離婚から始まるラブストーリーを描き、話題を集めたTBSの金曜ドラマ。7月9日からは、シングルファーザー&マザーたちがひとつ屋根の下で子育てをする新しい“家族のカタチ”を描く「#家族募集します」がスタートする。5歳の息子の子育てに奮闘する主人公のシングルファーザーを演じるのは、人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんだ。ドラマを手がける佐久間晃嗣プロデューサーは、「息子の前では、寂しさ、孤独、戸惑いを隠している中で、それでも笑顔でいるところを繊細に演じてくださると思った」と重岡さんの起用理由を明かす。“役者・重岡大毅”の印象や、今作に込めた思いを聞いた。

 ◇友人のシングルマザーの実体験からスタート

 ドラマは、ある事情でシングルファーザーとなった赤城俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作品。

 シングルマザーの友人の実体験から今作を企画し、木村さん演じる礼はその友人がモデルとなっていると明かした佐久間さん。「制作にあたりシングルマザーやシングルファーザーの皆さんに取材をさせていただいた。その際に感じた、“一人じゃないんだ”と実感することの大切さを、このドラマで伝えられたらなと思った」と思いを明かす。

 重岡さん演じる俊平は、ある事情で3カ月前にシングルになったばかり。5歳の息子・陽の前では笑顔でいることを心がけ、明るく子育てをすることに努めているが、正義感の強さと子どもへの愛情の深さゆえにつらさや心細さを一人で抱え込んでしまうことも。偶然再会した幼なじみの蒼介がSNSに投稿した「#家族募集します」というとっぴな募集に巻き込まれ、ひとつ屋根の下でいっぷう変わった同居生活を始めることになり……という役どころ。

 映画「溺れるナイフ」(山戸結希監督)、Netflixオリジナルドラマ「宇宙を駆けるよだか」などでの重岡さんの演技を見て、「ナチュラルで繊細なお芝居をされる方という印象で、いつかご一緒したいと思っていた」と話す佐久間さん。バラエティー番組「パパジャニWEST」(同局系)での姿も印象的だったといい、「(重岡さんは)子どもと同じ目線で、まるで5歳児かのように戯れている姿がすてきで面白いなと思った」という。俊平の起用を考えたときには、真っ先に重岡さんを思いついたと明かす。

 ◇現場を瞬時に明るく “繊細さ”も併せ持つ重岡大毅

 最初の打ち合わせでは、役柄についてあれこれと質問をせず、「感覚的」に捉えている様子だったという重岡さん。佐久間さんによると、「(重岡さんは)現場に入る前に考え過ぎてしまうと、あんまりうまくいかないから、その場の空気を一番大事にしている」と話していたという。

 そんな重岡さんの印象は、「すごく真面目で真摯」。俊平の息子・陽を演じる佐藤遙灯(さとう・はると)君とは、楽屋で話したり、常に寄り添ったりしている。佐久間さんと共に今作を手がける「私の家政夫ナギサさん(わたナギ)」(同局系)などで知られる岩崎愛奈プロデューサーは、「重岡さんは子どもへの接し方がお上手で、緊張していた陽の心をあっという間に開いていました」と話す。また、「現場の空気を瞬時にして明るく、前向きに前進させるパワーを持っている方」と続ける。

 そんな重岡さんについて、佐久間さんは「明るくて、すごくコミュニケーションがうまいというイメージがあると思いますが、それとは別の繊細さがある」と話す。「映画やドラマでの『身近にいそうなナチュラルな感じ』は、そういう繊細さから来ているんだなと思います」と分析し、「人の気持ちをおもんぱかるというか、考えてらっしゃるんだろうなと感じていて。人の気持ちを推し量っているから、繊細なお芝居ができるんだろうなと思っています」と話す。

 ◇“共有していく”という生き方

 家事をアウトソーシングするなど、皆が抑制していることを「解放していい」というメッセージが込められていた「わたナギ」を手がけた岩崎さんは、「今、世の中みんなが頑張りすぎているような感じがする」と話す。「みんなで一緒に暮らしてみる。気持ちや、生活や、子育てなどを共有してみる。ひとつのヒントと言ったらおこがましいですが、“共有していく生き方”が、ひとつの考え方になったらいいんじゃないかと思っています」と力を込める。

 一方、佐久間さんは、「一緒に住んでいなくても、相談できる人がそばにいたり、『自分はひとりじゃないんだ』『助けてくれる人がいるんだ』と実感すること。それがすごく大切ということを伝えたい。でも説教臭い感じにはしたくないので、『来週もこの人たちに会いたいな』というような気持ちを持っていただけたら」と視聴者にメッセージを送っていた。シングルファーザーを演じる重岡さんはもちろん、新しい“家族のカタチ”を描く物語も楽しみにしたい。

ジャニーズWEST重岡大毅、「#家族募集します」で初の父親役 “息子”と登場で“パパ”の顔

連続ドラマ「#家族募集します」のオンライン制作発表に出席した人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」のオンライン制作発表に出席した人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが7月7日、主演を務める連続ドラマ「#家族募集します」(7月9日スタート、TBS系、金曜午後10時)のオンライン制作発表に、息子役の佐藤遙灯(はると)君と共に出席。今回初の父親役を演じる重岡さんは、「息子のはる君が僕を父親としていさせてくれる瞬間がたくさんある」とにっこり。「カットがかかってもずっと(佐藤君が)『パパ~』って言ってくれるので、やっぱりうれしいです。パパって言われると底力がわきますね」とすっかり“パパ”の顔を見せていた。

 一方、撮影で楽しかったことを聞かれた佐藤君は、「パパとお風呂に入ったシーン!」と元気に回答。重岡さんが「水鉄砲かけちゃってごめんな、あのとき」と話すと、佐藤君は「いいよ!」と笑顔で話し、会場を和ませていた。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情で“シングルファーザー”となった赤城俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 俊平の息子・赤城陽(はる)役を佐藤君、礼の娘・桃田雫役を宮崎莉里沙ちゃん、めいくの息子・大地役を三浦綺羅(きら)君が演じる。

 この日のオンライン制作発表には、木村さん、仲野さん、岸井さんらも出席。今回、ゴールデン・プライムタイム(GP)帯の連続ドラマで主演するのは初めてとなる重岡さんは、「初めてこういう主演でやらさせてもらうということもあるし、初めての父親役というのもありますけど、『あんまり気張らずに』というのは第一にと思っています」と思いを明かした。

 初共演となった重岡さんと仲野さん。重岡さんが「初めて会った感じがしていない」と話し、仲野さんも「楽しいです、毎日。しげしげが笑わせてくれる」と明かすなど、撮影現場は和気あいあいとしている様子。岸井さんは、「この2人(重岡さんと仲野さん)はキャッキャッキャッキャッずーっとやっていて、そこに入ると楽しいんですけど、あとで(自身の)楽屋で『あー疲れた』って(笑い)」と話し、笑わせていた。

 「今、いろいろ大変な状況で家族と一緒にいられなかったり事情があって、一人で頑張ってる方たくさんいらっしゃると思う」と話した木村さんは、「私たちはその方々の味方で、全力で背中を押して、温かい『おかえり』『ただいま』を毎週きちんとお届けしたい。『一人じゃないんだ』ということを感じとっていただけたらうれしいなと思います」と力を込めた。

 最後に、重岡さんは、視聴者に向けて「このドラマを見ていただけると、『家族ってこうよな』とか、家族の愛、優しさの愛の本質に触れられるドラマじゃないかなと思っています。まずは1話を見ていただきたいなと思います」と呼びかけた。ドラマは7月9日午後10時からスタート。初回は15分拡大で放送。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

ジャニーズWEST重岡大毅、仲野太賀、木村文乃、岸井ゆきのらが“家族募集” 主演ドラマのユーモアあふれるポスター公開

7月9日スタートの「#家族募集します」のポスタービジュアル(C)TBS
7月9日スタートの「#家族募集します」のポスタービジュアル(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める7月9日スタートの連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)のポスタービジュアルが6月25日、公開された。主人公・赤城俊平役の重岡さん、俊平の幼なじみで俊平らと同居する小山内蒼介役の仲野太賀さん、同じく俊平らと同居する桃田礼役の木村文乃さん、横瀬めいく役の岸井ゆきのさんら“家族”7人が、「#家族募集します」「シングルパパ&ママ優遇!!」「#今すぐ大歓迎」と書かれたボードを手に持ち、本当に“家族募集”を呼びかけているようなユーモアあふれるビジュアルになっている。

 ポスターは、写真集「未来ちゃん」で注目を浴びた写真家の川島小鳥さんが撮影した。ドラマの公式インスタグラムでは、川島さんが撮影したティザースポットや登場人物たちの写真が、今後アップされるという。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの礼(木村さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターのめいく(岸井さん)、俊平の幼なじみの蒼介(仲野さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 俊平の息子、赤城陽(はる)は佐藤遙灯(はると)君、礼の娘、桃田雫は宮崎莉里沙ちゃん、めいくの息子の大地は三浦綺羅(きら)君が演じる。

ジャニーズWEST、「#家族募集します」主題歌担当 主演・重岡大毅「“二人三脚”でドラマを盛り上げられたら」

連続ドラマ「#家族募集します」に出演する「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」に出演する「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」が、重岡大毅さん主演で7月9日スタートの連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)の主題歌を担当することが6月19日、分かった。主題歌のタイトルは「でっかい愛」で、家族の温かさを描くドラマの世界観に合わせたハートフルソング。重岡さんは「笑って泣いて、山あり谷ありの中でも、愛があれば何とかなると思えるような曲」だといい、「この曲と“二人三脚”でドラマを盛り上げられたら」と話している。

 また、重岡さんは「ドラマで主演をやらせていただくことだけでもありがたいのに、主題歌もジャニーズWESTに任せてもらえるのはとてもうれしい」と喜びを語り、「放送が始まったら、この曲を聴いてドラマのいろいろな場面を思い出していただけたらうれしいです」とコメント。「メンバーと一緒に歌っている瞬間が好きなので、音楽番組などでこの曲を披露するのも今から楽しみです」と期待を寄せている。

ジャニーズWEST重岡大毅主演ドラマ 息子&娘役決定 「ルパンの娘」出演者も

7月スタートの連続ドラマ「#家族募集します」に出演するジャニーズWESTの重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「#家族募集します」に出演するジャニーズWESTの重岡大毅さん(右)と佐藤遙灯君(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが主演を務める7月スタートの連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系、金曜午後10時)に出演する子役が6月5日、発表された。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。ある事情でシングルファーザーとなった赤城俊平(重岡さん)、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼(木村文乃さん)、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 今回のキャスティングは3カ月にわたるオーディションで決定。約400人の応募があったという。重岡さん扮(ふん)する俊平の息子、赤城陽(はる)は、佐藤遙灯(はると)君、木村文乃さん演じる礼の娘、桃田雫は、「ルパンの娘」(フジテレビ系)で主人公・華(深田恭子さん)の幼少期を演じた宮崎莉里沙ちゃん、岸井さん演じるめいくの息子、大地は三浦綺羅(きら)君が演じる。

 ポスター撮影がこのほど行われ、3組の親子が初対面した。子供好きの重岡さんは、遙灯君との心待ちにしていたといい、「可愛いな~」と笑顔。撮影の合間に、一緒にダンゴムシ探しをした。また、木村さんは莉里沙ちゃんと撮影現場にいた猫を観察したり、重岡さんたちに「うちの子です!」と紹介。岸井さんは、はしゃいでいる子供たちに交じって遊んだりと、それぞれ子役との仲を深めたという。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

ジャニーズWEST重岡大毅、GP帯の連ドラ初主演で初の父親役 7月スタート金曜ドラマ「#家族募集します」

連続ドラマ「#家族募集します」に出演する(左上から)重岡大毅さん、木村文乃さん(左下から)仲野太賀さん、岸井ゆきのさん(C)TBS
連続ドラマ「#家族募集します」に出演する(左上から)重岡大毅さん、木村文乃さん(左下から)仲野太賀さん、岸井ゆきのさん(C)TBS

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが、7月スタートのTBS系新金曜ドラマ「#家族募集します」(金曜午後10時)で主演を務めることが分かった。それぞれ悩みや秘密を抱えるシングルファーザー、マザーたちが、一つ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描くという内容で、重岡さんがゴールデン・プライムタイム(GP)帯の連続ドラマで主演するのは初めて。今回初の父親役を演じる。

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」(2007年)や「カンナさーん!」(2017年)などを手掛けてきた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。重岡さん演じる赤城俊平(あかぎ・しゅんぺい)は、ある事情で3カ月前にシングルファーザーとなったばかり。小さな絵本出版社に勤務しながら、5歳の一人息子の子育てに奮闘している。一人での子育ては思うようにいかないことばかりだが、それでも正義感の強さと子どもへの愛情の深さゆえ、つらさや心細さを一人で飲み込んでしまうという……というキャラクターだ。ある日、偶然再会した幼なじみが思いつきでSNSに投稿した「#家族募集します」というとっぴな募集に巻き込まれてしまい、性格も価値観もバラバラな大人4人、子ども3人が一つ屋根の下で暮らすことになる。

 この度、木村文乃さん、仲野太賀さん、岸井ゆきのさんの出演も発表された。木村さんが本作のヒロインで、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー・桃田礼(ももた・れい)、仲野さんが、俊平の幼なじみで同居生活のきっかけを作る小山内蒼介(おさない・そうすけ)、岸井さんが、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライターの横瀬めいくをそれぞれ演じる。

 重岡さんは「主演をやらせていただくことになり、とても光栄に思っています。ジャニーズ WESTのメンバーも応援してくれているので、『やったるでー!』という気持ちで頑張ります。父親役は、やってみたかったのでとてもうれしいです。僕自身も子どもが好きですし、撮影の合間もたくさんコミュニケーションを取って、早く距離を縮めていきたいと思っています」とコメント。

 「初共演の木村さん、太賀くん、岸井さん、そして子どもたちも含めた7人での“同居生活”が、どんな雰囲気になるのか。その空気を肌で感じるのを、今から楽しみにしています。このドラマは、助け合って生きていこうとする登場人物たちを応援したくなる、温かい作品だと思っています。見てくださる方にもそう思っていただけるような、心温まるホームドラマをお届けします。ぜひ、お楽しみにお待ちください」とアピールした。

 佐久間晃嗣プロデューサーは、重岡さんについて「ジャニーズWESTのセンターとしてのキラースマイル、『パパジャニ WEST』(TBS)で子どもたちに見せる少年のような笑顔、俳優としての自然体の笑顔。どの笑顔も繊細な感性にあふれていて、主人公・俊平役にぴったりだと感じ、オファーいたしました。笑顔の裏にある寂しさや戸惑いさえも、繊細に演じていただけるのではないかと思っています」とコメント。「金曜日の夜に、俊平たちと共に笑って、ちょっぴりホロっとする。誰かに『ただいま』と『おかえり』を言いたくなるような、心温まるホームドラマをお届けしたいと思います」と意気込んだ。

#家族募集しますTBS系 金曜ドラマ
2021年7月9日スタート 金曜午後10時放送