前科者 あらすじ

前科者あらすじ

 女優の有村架純さんが、2022年公開の映画「前科者」で主演を務める。2018年からマンガ誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の香川まさひとさん原作、月島冬二さん作画の同名マンガの実写化で、罪を犯した前科者の更生、社会復帰を目指し奮闘する保護司を描く社会派ヒューマンドラマ。映画の公開に先駆け、2021年秋にはWOWOWでドラマ「前科者」が放送、配信。

 有村さんは、コンビニでアルバイトをしながら保護司の仕事をする主人公・阿川佳代を演じる。「この作品のお話をいただいた時『保護司』がボランティアであることを初めて知りました」といい、「キャスト、スタッフの皆さんと一つ一つ大切に紡いだ日々に私の心は毎日震えていました。これから先も、ここで得られたことは忘れません」と、本作の撮影を振り返った。

 ドラマでは、原作を基に佳代が新人保護司としてさまざまな前科者と出会い、成長していく姿を映し出す。映画はオリジナル作品で、ドラマの数年後を舞台に、保護司の佳代が現在進行形の凶悪犯罪と向き合う様を描く。「あゝ、荒野」などの岸善幸さんが監督と脚本を務める。ドラマは放送後、動画配信サービス「Amazon Prime Video」での見逃し配信も予定。

「前科者」のあらすじ

前科者WOWOWで11月20日から毎週土曜午後10時半に放送、配信。全6話で構成され、第1話は無料放送。
WOWOWオンデマンド、動画配信サービス「Amazon Prime Video」で見逃し配信もされる