ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~ 視聴率

初回視聴率11.3%で2桁発進 窪田正孝主演ドラマの続編 病院合理化で放射線科の規模縮小

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)の第1話が10月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。2桁スタートを切った。

 第1話は、放射線技師・五十嵐唯織(窪田さん)が2年間の米国留学を終えて甘春総合病院に復帰する。新院長の灰島将人(高嶋政宏さん)は「合理化」のため放射線科医は要らないと、患部画像の読み取りは全て外部委託。それに伴ってラジエーションハウスも縮小され、メンバーの多くは別の病院へ転職していた。さらに、唯織が思いを寄せる幼なじみで放射線科医の甘春杏(本田翼さん)も病院を去っていて……という展開だった。

第2話視聴率9.8% 窪田正孝ら、てんかん患う陸上少年を診察

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)の第2話が10月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第2話は、陸上大会中にてんかん発作で転倒し、頭を強打したという12歳の小学生・速川走太(長野蒼大さん)のCT検査依頼が入る。両親は陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和さん)と叶恵(入山法子さん)。1歳下の妹・花恋(白鳥玉季さん)と共に日本陸上界の未来を担う選手として注目されていた。

 走太はてんかんで甘春総合病院脳外科に通院中だった。走太のCT画像を読影した甘春杏(本田翼さん)は、薬物療法が不調のため外科手術を選択する可能性に言及。五十嵐唯織(窪田さん)は選択肢を増やすため詳しい検査を提案するが……という展開だった。

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~フジテレビ系 “月9”枠(月曜午後9時)
2021年10月スタート