ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズ ニュース

「恋母」で注目の女優・結城モエ 「ドクターX」で西田敏行の“ドS秘書”に 「ドクターY」に続き再び秘書役

10月14日スタートの連続ドラマ「ドクターX」に出演する結城モエさん=テレビ朝日提供
10月14日スタートの連続ドラマ「ドクターX」に出演する結城モエさん=テレビ朝日提供

 2020年に放送された連続ドラマ「恋する母たち」(TBS系)で、磯村勇斗さんの元恋人を演じて注目を集めた結城モエさんが、10月14日にスタートする米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに出演することが9月21日、分かった。結城さんは、「東帝大学病院」の外科分院長・蛭間重勝(西田敏行さん)の“ドS”な秘書・朝蜘優衣(あさぐも・ゆい)を演じる。

 結城さんは、2020年に放送された「ドクターX」スピンオフ第5弾「ドクターY~外科医・加地秀樹~」で、「日本スポーツ連合会」の会長秘書・小松菜実役に続いて、再び秘書を演じることになる。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら、フリーランスとして病院を渡り歩く外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた東帝大学病院が舞台となる。

 結城さん演じる朝蜘は、優秀な秘書だが、ゴシップやスキャンダルが大好きな人物。暇さえあればスマホ片手に院内パトロールにいそしみ、噂を収集。医師たちの覇権争いには全く興味がないものの、面白がって冷ややかに見物している……という役どころだ。

 結城さんは、「私は、去年の『ドクターY』に秘書の役で出演させていただきました。まさか『ドクターX』にも出演できるなんて思いもせず、とてもうれしいです! 『ドクターX』は今年で10年目ということで、長年愛される作品に携わることができて光栄です。私が今回演じる朝蜘優衣は、歴代の秘書の方々にはあった、病院長の愛人という設定がなくなり、どこかスパイのような謎めいた立ち回りをする場面もあります。そこにも注目していただきたいです!」とアピールする。

 「西田(敏行)さんとは今回が初対面でした。その貫禄に正直、とても緊張してしまいました。ですが、撮影が始まると『今日の衣装、すてきね』と声をかけてくださったりして、とてもお優しい方で、心が和みました。また、明るく楽しく現場を盛り上げる姿は本当にたくましく、そんな中で一緒にお芝居ができることに、とても幸せを感じています」とコメント。

 「くすっと視聴者の方々が笑えるようなシーンが撮れるように私自身楽しみながら、スパイ風秘書を演じたいと思います! ぜひ、おうち時間の一つの楽しみにしていただけたらうれしいです。お楽しみに!」と呼びかけている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

“新御意軍団”爆誕! 要潤がレスキュー隊からスーパードクターへ

10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する(左から)小藪千豊さん、要潤さん、杉田かおるさん=テレビ朝日提供
10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する(左から)小藪千豊さん、要潤さん、杉田かおるさん=テレビ朝日提供

 10月に放送がスタートする女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに、俳優の要潤さん、永野宗典さん、女優の杉田かおるさん、お笑い芸人の小藪千豊さんが出演することが分かった。縦社会の医局の新たな“御意軍団”を演じる。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台となる。

 4人が演じるのは、今シーズンの未知子にとって“最強の敵”となる内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)に忠誠を誓う医師たち。要さんは、蜂須賀の手足となって暗躍する、脳外科の世界的権威で海外では「ホワイトジャック」とも呼ばれているスーパードクター・興梠広(こおろぎ・ひろし)、小籔さんが蜂須賀の腰巾着で野心家の内科副部長・鍬形忠(くわがた・ただし)、杉田さんが蜂須賀の右腕である広報室長・三国蝶子(みくに・ちょうこ)、永野さんが鍬形の腰巾着である内科医・寒蝉勇次(ひぐらし・ゆうじ)をそれぞれ演じる。

 先日最終回を迎えた「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)でハイパーレスキュー隊の隊長・千住を好演した要さんだが、今回演じるのは“敵役”のスーパードクター。「歴史ある作品への出演にプレッシャーも感じましたが、それ以上に『出たい!』という気持ちが強かったので、幸せです。ウソがないようにスーパードクターを演じるため、手術シーンに向けて練習もしっかりやろうと思います」とコメント。「劇中ではスーパー・スーパードクターの大門未知子と対立しますが、米倉さんの胸を借りるつもりでぶつかっていきたいです」と意気込んだ。

 米倉さんとは、ドラマ「不信のとき~ウーマン・ウォーズ~」(フジテレビ系、2006年)以来、15年ぶりの共演となる杉田さんは、「米倉さんはもともとすごいオーラを放っている方でしたが、さらに美しさに磨きがかかり、俳優さんとしても大きくなられて!」と久々の再会を喜んだ。

今田美桜、「ドクターX」新シーズンで続投 「青森に帰った設定だったのでビックリ」

10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する今田美桜さん=テレビ朝日提供
10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する今田美桜さん=テレビ朝日提供

 女優の今田美桜さんが、10月に放送がスタートする女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに出演することが9月8日、分かった。2019年放送の第6シリーズで演じた看護師・大間正子役で、今田さんは「前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて! 出演が決まったときは本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです」とコメントしている。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台となる。

 今田さん演じる正子は、東帝大学病院の看護師。幼い弟たちがいる青森の実家に仕送りをするため、新人時代は内緒で他病院の夜勤やガールズバーのアルバイトもしていた。ミスを連発する半人前の看護師だったが、未知子の手術を手伝ったことで“開眼”。未知子からも「これで一人前」と認められ、仕事を看護師一本に絞ることを決意した。看護師として真摯(しんし)にさらなる高みを目指す頑張り屋の女性だ。

 今田さんは撮影について、「撮影は相変わらず緊張します(笑い)」とコメント。「米倉涼子さんとは現在CMでも共演させていただいていますが、CMの撮影は別々だったので、実際にお会いするのは前回の『ドクターX』以来2年ぶり。久々の再会なので、初対面のときと同じくらい緊張していましたが、気さくに『久しぶり!』と声をかけてくださって、ホッとしました(笑い)」と語った。

 新シーズンの正子については、「今回、正子は東京にも少しなじんで、後輩もできるなど、さらに成長しています。監督からは『都会感を出してほしい』と言われていて、セリフも津軽弁が多かった前回と違って、ほとんど標準語。髪形もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています。なので、前回よりもさらに“たくましさ”を出して演じたい!」と意気込む。

 続けて、「オペでの器械出しもスムーズに、失敗しないようテキパキとこなして、憧れの大門先生にしっかりついて行きたいです。“看護師として成長したい!”という思いが強まっている正子を、私自身も頑張って演じますので、ぜひ楽しみにしていてください」とアピールした。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

野村萬斎、「ドクターX」で民放連ドラ初出演 米倉涼子と初共演、初の医師役

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する米倉涼子さん(左)と野村萬斎さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する米倉涼子さん(左)と野村萬斎さん=テレビ朝日提供

 狂言師の野村萬斎さんが、今年10月から放送される女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演することが8月24日、明らかになった。萬斎さんは民放連ドラ初出演で、大門未知子(米倉さん)の“最強の敵”となる内科部長を演じる。また萬斎さんは米倉さんと初共演で、医師役も初挑戦となる。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。

 10月スタートの第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。「東帝大」は感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭し、病院を牛耳ろうとしていた……。

 萬斎さんが演じるのは、「ケミカルサージェリー」推進のかじ取りをする内科部長・蜂須賀隆太郎。院長代理も兼任する元・外科医で、超がつくほどの完璧主義者。98点、99点のオペでも自分を許せず、内科医に転科した人物だ。「薬治療」と「ケミカルサージェリー」を軸にした内科主導の組織変革をもくろんでおり、未知子の「失敗しない」オペを目の当たりにし、内科の実験的先進医療の道具として利用しようとする。

 「僕は民放の連ドラに出演するのが初めてですし、これだけ出来上がっているチームに途中から入ることに、最初は戸惑いも感じていたのですが、実際に撮影に参加して『売れている作品のチームワークはやはり素晴らしいな!』と心が躍り、今後の撮影が楽しみになりました」とコメントを寄せている。

 ◇野村萬斎さんのコメント

 長いシリーズとなっている素晴らしい作品に、敵役で出演させていただき、光栄です。いまだ決定打のないコロナ禍の今、パンデミックと向き合う蜂須賀という役は結構な大役だと感じています。蜂須賀は大門未知子や外科の前に立ちはだかる敵でありながら、内科医としては常に真剣です。“蜂”須賀だけに刺すように嫌なヤツなのかもしれませんが、その半面、医道というものに対して真っすぐな信念を持っている人なので、いつものボス・キャラとはまた違う人物像になるのではないかと思います。

 医師役は初めてですが、撮影初日に「やはり白衣を着ると、気持ちもお医者さんになるのだなぁ」と実感しました。意外だったのは、白衣は薄く見えて、実際に着ると暑いということ。今回はボスキャラ・チックに体を少し大きくしたので、そのせいもあるのかもしれませんけど(笑い)。

 何はともあれ、撮影初日にいきなり大門未知子と対立するシーンを撮影したおかげで、さらに蜂須賀という人間を理解することができました。また、初日から大門未知子にジロッと見られ、「私、失敗しないので」の言葉を聞いた瞬間、「来たー! あれだ!!」と思いました(笑い)。

 大門未知子を演じる米倉涼子さんとは、以前一度だけお酒の席でご一緒したことがありましたが、共演するのは初めて。普段からとても気さくな方ですし、演技もこの役を長年演じてらっしゃるだけに確立されていて、感心しました。また、現場も米倉さんや監督を中心にチームワークが取れていて、撮影もテキパキと進む! 僕は民放の連ドラに出演するのが初めてですし、これだけ出来上がっているチームに途中から入ることに、最初は戸惑いも感じていたのですが、実際に撮影に参加して「売れている作品のチームワークはやはり素晴らしいな!」と心が躍り、今後の撮影が楽しみになりました。

 今回は医療現場の現状にメスを入れるシリーズ。僕自身も蜂須賀という役を通して多面性を見せられるのではないかと思いますし、ぜひ最後まで見届けていただきたいです。

 ◇米倉涼子さんのコメント

 久々の「ドクターX」なので、クランクインの前日はそわそわしていたのですが、撮影初日から未知子の決めゼリフ「私、失敗しないので」を言えて気持ちよかったですし、「ついに帰ってきたな!」という実感が湧きました。

 野村萬斎さんはとっても穏やかで、すてきな方です。狂言の世界で極められている国宝級の体の動きなど、私が持っていないものを、何か一つでも萬斎さんから学べたらいいな、と思います。これからの撮影も楽しみです。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

大門未知子が帰ってきた! 「ドクターX」10月から2年ぶり新シリーズ 誕生10年目、米倉涼子「私の人生設計になかったこと」

ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第7シリーズで主演を務める米倉涼子さん=テレビ朝日提供
ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第7シリーズで主演を務める米倉涼子さん=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」で、2年ぶりの新作となる第7シリーズが、今年10月から放送されることが5月19日、明らかになった。今年はシリーズ誕生から通算10年目に突入する節目の年で、米倉さんは「この10年は自分自身の歴史をものすごく振り返られる時間。まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて……! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです」としみじみと語っている。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描いた人気ドラマ。2012年に放送された第1シリーズは同年の民放連続ドラマ1位となる平均視聴率(世帯)19.1%(関東地区 ビデオリサーチ調べ、以下同)をマーク。2013年放送の第2シリーズは平均視聴率23.0%、2014年放送の第3シリーズは平均視聴率22.9%、2016年放送の第4シリーズは平均視聴率21.5%、2017年放送の第5シリーズは平均視聴率20.9%、2019年放送の第6シリーズは18.5%を記録している。

 第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。「東帝大」は感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭の兆しを見せていた。

 そんな感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大」に舞い戻った未知子は、疲弊しきった医療現場でひるむことなく、目の前の命を救うためにまい進する。

 ドラマには、内田有紀さん、岸部一徳さん、遠藤憲一さん、勝村政信さん、鈴木浩介さん、西田敏行さんら、常連メンバーが再集結する。米倉さんは「私たち『ドクターX』ファミリーのみんなが『ぜひもう一度やりたい』と願い、実現した最新シリーズ。そのパワーが皆さんに届いたらいいな、と思います」と語っている。

 今年10月スタートで、毎週木曜午後9時から放送。

 ◇米倉涼子さんのコメント

 --2012年に誕生した「ドクターX」も10年目。米倉さんはこの年月をどう感じていますか?

 「ドクターX」が始まると最初に聞いたのは、初めてブロードウェイでミュージカル「CHICAGO」に出演するため、ニューヨークに滞在していたときだったんです。そのタイミングを含めて考えると、この10年は自分自身の歴史をものすごく振り返られる時間。まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて……! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです。

 それこそ最初は、大門未知子がどういう存在なのか、私にも全然分からなかったんです。でも「未知子はスッキリしてるよね。失敗しないよね」というイメージを、みんなで築き上げていき、この10年で視聴者の皆さんの中にも浸透していって……。そう考えると、この10年は未知子を演じる上での“起承転結”でもあったんだと思います。今回も未知子をしっかり演じきるために、今は最新シーズンに向けてエネルギーを蓄えているところです。楽しみにしててください!!

 --この10年、米倉さん自身が「ドクターX」から受けた影響は?

 お医者さんと会える連載が始まるなど仕事の幅も広がりましたし、街中でも米倉涼子ではなく「大門未知子」と呼ばれるようになって……。影響はすごく大きいですね! 中でも大きい収穫は、「ドクターX」ファミリーのみんなと一緒にいることで得られた“仲間意識”。もちろん私だけでなく、みんなも「絶対に前作を超えるものを作りたい!」と思っているはずなので、楽しいだけじゃなくプレッシャーもあります。でも、みんなで力を合わせて超えていきたいなって、今回も思っています。

 --昨年はスピンオフである「ドクターY」にご出演されましたが、「ドクターX」は2年ぶり。最新シリーズに臨むにあたって、何か心境の変化などありますか?

 実は「ドクターY」のとき、撮影があまりに楽しすぎて、未知子がちょっとハイパーになりすぎちゃったなって、反省したんです(笑い)。よくよく考えたら、「ドクターX」第1シリーズの未知子って、もっと無口で、今より落ち着きがあったんですよね。セリフも昔は少なくて、基本的に口を開けば「私、失敗しないので」と「いたしません」。それがインパクトにつながって、大門未知子のイメージが定着したと思うんです。だから、今回の最新シリーズでは原点に戻って、少し落ち着きを取り戻したいな、と。この10年の経験を経て、もっと自信を持って、大人になって帰ってきた未知子でありたいな、と思っています。

 --独立されて1年がたちました。ちょうど落ち着いてきた頃だとは思いますが、現在の“仕事に対するスタンス”はどんな感じですか?

 自分でやらなければいけないことが、すっごく(!)増えたので、疲れてはいますけど(笑い)、“自分が挑戦したいこと”をやるというスタンスは変わらず……。意外と皆さんが思うほど、私自身は変わっていないんですよ(笑い)。ただ、以前は周りの皆さんが作り上げてくださった棚の上に乗るだけだったのが、今はそれこそショーのライティングや楽曲選びなど、打ち合わせの段階から参加させていただくようになったんです。頭は毎日休まらないですけど(笑い)、ゼロから作り上げる楽しさを覚えました!

 --そんな頭がフル稼働の中で、『ドクターX』の第7シリーズが始まります。

 セリフ、覚えられるかな(笑い)? オペのシーンも視力が最近落ちたので、手元がちゃんと見えるか心配(笑い)! でも、コロナ禍でおうち時間が増え、「ドクターX」を動画配信などで見返してくださった方もたくさんいらっしゃったようで、「面白かったです」と言ってもらえて、すごくうれしかったんです。今回は見てくださっている方々同様、私たち「ドクターX」ファミリーのみんなが「ぜひもう一度やりたい」と願い、実現した最新シリーズ。そのパワーが皆さんに届いたらいいな、と思います。

 ◇内山聖子エグゼクティブプロデューサーのコメント

 緊張感、閉塞感が続き、医療現場も大変な時代です。だからこそスタッフキャスト一同、大門未知子に会いたいと思いました。肩の力を抜いて、ひととき一緒に笑ったり泣いたりの時間を過ごしましょう。今回も力強くて痛快です! 全身全霊をかけて面白い「ドクターX」にします。お楽しみに!

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズテレビ朝日系
2021年10月スタート 毎週木曜午後9時から放送