ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズ 視聴率

第7シリーズ初回視聴率19.0% 2年ぶりも変わらぬ人気の高さ証明

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ初回の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ初回の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の2年ぶりの新作となる第7シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が10月14日に拡大スペシャルで放送され、平均視聴率(世帯)は19.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前作第6シリーズの初回20.3%(同)には及ばなかったものの、高視聴率で変わらぬ人気の高さを証明した。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が“最強の敵”の内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らとの新たな戦いに身を投じていく。

 初回は、ゲストとして、岡田将生さん、冨永愛さんが出演。ニュージーランドで同国副首相のオペを成功させた未知子は、帰国後に招かれた参議院議員・一橋由華(冨永さん)主催のパーティーで、ニュージーランドで出会った呼吸器外科医・一木蛍(岡田さん)と再会する。その矢先、由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に由華に付き添い、搬送先の東帝大学病院で緊急オペを試みる。そんな中、パーティーでは感染症クラスターも発生して……と展開した。

第2話視聴率15.9% “興梠広”要潤が登場 ニューヨークでの未知子の“壮絶な戦い”が明らかに

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第2話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズの第2話が10月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第1話でマークした19.0%(同)から3.1ポイントダウンした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる。

 第2話は、ゲストとして夏川結衣さんが出演。対立する蜂須賀と外科分院長・蛭間重勝(西田敏行さん)の過去を知る銀座のクラブママ・二木麻也子を演じた。

 ワクチンも特効薬もない感染症にかかった患者を命がけで救った末、自らも感染した未知子は、なんとか一命を取り留めるが、一刻も早く外科医として完全復帰すべく、ハードなリハビリで自身を追い込んでいた。しかし努力のかいなく、蜂須賀の圧力で、一向にオペを担当させてもらえない状況が続く。

 そんな中、蜂須賀が米国で腕を磨いた脳外科の世界的権威・興梠広(こおろぎ・ひろし、要潤さん)を東帝大学病院に招く。未知子とは旧知という興梠の登場で、コロナ禍のニューヨークでの未知子の“壮絶な戦い”が明かされた。

第3話視聴率16.6% 広報室長の“蝶子”杉田かおるが倒れる 周囲は心配するも、秘めたる野心あって

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第3話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズの第3話が10月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第2話で記録した15.9%(同)から0.7ポイント上昇した。

 第3話では、「東帝大学病院」の広報室長・三国蝶子(杉田かおるさん)が倒れ、ストレス心筋症とも呼ばれる「たこつぼ心筋症」を患っていることが判明。内科副部長・鍬形忠(小籔千豊さん)からしばらく休むよう言われるが、蝶子は蜂須賀から与えられたミッションを遂行するため、すぐに仕事復帰しようとする。周囲に心配される蝶子だったが、実は秘めたる野心があって……という展開だった。

第4話視聴率15.2% 凰稀かなめ、鷲見玲奈がゲスト出演 ライバル女優に

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズ第4話が11月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる。

 第4話には、元宝塚歌劇団宙組トップスター・凰稀(おうき)かなめさん、フリーアナウンサーの鷲見玲奈さんがゲスト出演。ライバル関係にあるミュージカル女優をそれぞれ演じた。

 世界的大舞台で主演することになった人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀さん)は、待ちに待った公演を目前に重度の甲状腺がんを患ってしまい、東帝大学病院に極秘入院する。東帝大学病院では唯花の治療法を巡り、内科と外科が対立。一日も早い復帰を目指す唯花だが、そのめどが立たないばかりか、ライバル女優・早水楓(鷲見さん)を唯花の代役に立てる話まで持ち上がり……と展開した。

第5話視聴率16.7%で1.5ポイント上昇 松下奈緒がスーパー看護師に 今田美桜ピンチ

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第5話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第5話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7シリーズ第5話が11月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第4話の15.2%(同)から1.5ポイントアップした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる。

 第5話には、女優の松下奈緒さんが、愛想はすこぶる悪いが、腕は超一流のフリーランスのスーパー看護師・那須田灯(なすだ・あかり)役でゲスト出演した。

 東帝大学病院に雇われた灯はさっそく、外科医・興梠広(こおろぎ・ひろし、要潤さん)が執刀医を務める直腸がん手術を担当。指示を待つことなく、次々と的確な器械を差し出すが、プライドの高い興梠はそんな灯に憤慨し、ナースステーションに連絡を入れて、今すぐオペの担当をチェンジするよう要求する。応対した看護師・大間正子(今田美桜さん)が慌てて手術室に向かって担当するが、翌日、手術を受けた患者が激しい腹痛を訴え、再手術が必要な状態に陥ってしまう。そんな中、興梠が手術ミスをしたのは正子だと主張し始め、灯もなぜかこの一件に対して無関心な態度を固持して……と展開した。

第6話視聴率15.7% “原守”鈴木浩介がフリーランスとして舞い戻る

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第6話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第6話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7シリーズ第6話が11月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。初回からここまで、全話で15.0%を上回り、好調を維持している。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子と、内科主導の組織変革をもくろむ蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らとの新たな戦いを描く。

 第6話には、俳優の鈴木浩介さん演じる外科医の原守が再登場。前シリーズのラストで東帝大学病院をクビになった後、一匹狼(おおかみ)のフリーランス外科医として中国で医療に従事していた原は、神原晶(岸部一徳さん)にスカウトされ、未知子(米倉さん)と同じく「神原名医紹介所」に所属することになった。

 未知子は、師匠である晶が、自分に内緒で原をスカウトし、東帝大学病院に執刀医として売り込んだことに憤慨。原に「名医」と呼べる腕はないと食ってかかる。しかし晶は、名医は腕だけが武器ではないと断言。「失敗しない外科医」を自負する未知子に対し、「いつか失敗しちゃうわよ」と言い放って……と展開した。

第7話視聴率14.9% 田中圭が4年ぶり登場 ポンコツ外科医から医療系インフルエンサーに

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第7話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第7話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7シリーズ第7話が11月25日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第6話の15.7%(同)から0.8ポイントダウンした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こるなか、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子と、内科主導の組織変革をもくろむ蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らとの新たな戦いを描く。

 第7話には、俳優の田中圭さんがゲスト出演。第1シリーズ(2012年)、第5シリーズ(2017年)に“ポンコツ外科医”・森本光役で出演していた田中さんが約4年ぶりに、“医療系インフルエンサー”に変貌した森本役で登場した。

 東帝大学病院のブランディング強化のため、蜂須賀に招へいされた森本は、昔とは打って変わり、威風堂々と東帝大学病院に凱旋(がいせん)。尊敬する未知子に対しても「これからの医者の武器はメスじゃない。影響力だ」と大口をたたく。そんな自らの影響力の強さに陶酔する森本の前に、母親(根岸季衣さん)が以前から具合が悪かったにも関わらず、我慢して病院に行かなかったのは森本の動画のせいだ、と食ってかかる娘(白石糸さん)が現れて……と展開した。

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズテレビ朝日系
2021年10月14日スタート 毎週木曜午後9時から放送