ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズ あらすじ

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズあらすじ

 ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第7シーズンが2021年10月から放送。
女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」で、2年ぶりの新作。今年はシリーズ誕生から通算10年目に突入する節目の年で、米倉さんは「この10年は自分自身の歴史をものすごく振り返られる時間。まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて……! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです」としみじみと語っている。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描いた人気ドラマ。2012年に放送された第1シリーズは同年の民放連続ドラマ1位となる平均視聴率(世帯)19.1%(関東地区 ビデオリサーチ調べ、以下同)をマーク。2013年放送の第2シリーズは平均視聴率23.0%、2014年放送の第3シリーズは平均視聴率22.9%、2016年放送の第4シリーズは平均視聴率21.5%、2017年放送の第5シリーズは平均視聴率20.9%、2019年放送の第6シリーズは18.5%を記録している。

 第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。「東帝大」は感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭の兆しを見せていた。

 そんな感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大」に舞い戻った未知子は、疲弊しきった医療現場でひるむことなく、目の前の命を救うためにまい進する。

 ドラマには、内田有紀さん、岸部一徳さん、遠藤憲一さん、勝村政信さん、鈴木浩介さん、西田敏行さんら、常連メンバーが再集結する

 2021年10月スタートで、毎週木曜午後9時から放送。

ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズ」のあらすじ

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第7シリーズテレビ朝日系
2021年10月スタート 毎週木曜午後9時から放送