グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ ニュース

松本穂香、WOWOWドラマ初主演 「グラップラー刃牙」をBLに置き換える“腐女子”に

8月スタートの連続ドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」で主演を務める松本穂香さん=WOWOW提供
8月スタートの連続ドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」で主演を務める松本穂香さん=WOWOW提供

 女優の松本穂香さんが、8月スタートのWOWOWの連続ドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」に主演することが5月21日、明らかになった。松本さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。板垣恵介さんの人気格闘マンガ「グラップラー刃牙(ばき)」(秋田書店)シリーズをボーイズラブ(BL)に置き換えている“腐女子”児島あかねを演じる。

 ドラマは、BL研究家の金田淳子さんが、「グラップラー刃牙」シリーズを初めて読んだときに「この作品、濃厚BLなのでは?」と発想して書いたエッセー「『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ」(河出書房)が原作。

 文房具メーカーに勤め、会社では“腐女子”の一面を隠しているあかねは、身近にある、ごくありふれた物までBLに置き換えてしまうBL愛好家。「グラップラー刃牙」を読んでキャラクターたちの肉体美や言動にBLの可能性を見いだし、“腐女子”仲間と会話するのが幸せだった。しかし、上司や後輩、同級生との再会によって平穏な日々が揺らぎ始める……という展開だ。
 
 全7話。WOWOWオンデマンドと「TELASA(テラサ)」で配信もされる。放送日時、配信時間は今後発表される。

 松本さんは、ドラマについて「初めて題名を聞いた時、『何が何?』と理解が追いつかず笑ってしまったのを覚えています。題名から面白い予感がにじみ出ている」とコメント。脚本については「すごくしっちゃかめっちゃかな世界観! いい意味です。BL好きな乙女の頭の中を具現化すると、こんなにもカラフルな世界になるのだなぁと楽しい気持ちになりつつ、その膨大なセリフ量に圧倒されました。大変な撮影ではありましたが、とにかく楽しかったです!」と語っている。さらに、「刃牙ファンの方も、刃牙初心者の方も、楽しんでいただける内容になっているかと思います。ぜひお楽しみに」とアピールしている。

 ◇金田淳子さんのコメント

 私の本は、板垣恵介先生の人気格闘マンガ「グラップラー刃牙」シリーズについて、男同士のラブが描かれているのでは?すなわち、BLなのでは?と妄想して読み解いていくという奇書です。このように自由に妄想をしつつ少年マンガを読むというのは、オタク女子にとってはごく一般的な習性なのですが、私のフリーダムな感想文が、板垣恵介先生から許可をいただいて商業書籍として出版できたのは、出版業界でもかなり異例なことだと思います。板垣先生、刃牙さん、ありがとうございます。

 その後、「この本を原案としてドラマ化したい」という企画書を頂戴したわけですが、奇書を堂々と出版した私の目から見ても、ドラマ化という発想があまりにも奇怪で、最初は「だまされているのでは?」と思いました。しかし意外にも私をだまそうととする陰謀ではなく、真面目な企画だったので、「私は一向にかまわんッッ」とお返事しました。

 主演が演技派として高名な松本穂香さんに決まったときは、非常にうれしく思いました。このドラマのヒロインは私自身ではないので、年齢も経歴も性格も私とは違うのですが、ある意味で「私を擬人化したら松本穂香さんになる」ということですよね。大変光栄に思っています。ドラマ化については、制作チームを信頼して何もかもお任せしています。「グラップラー刃牙」シリーズのファンも、妄想なら我にも語らせろというオタク女子も、松本穂香さんのファンも、それぞれに楽しんでいただけると思います。

WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供

グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッWOWOWで2021年8月スタート。全7話。
WOWOWオンデマンドと「TELASA(テラサ)」でも配信