推しの王子様 あらすじ

推しの王子様あらすじ

 ドラマ「推しの王子様」は、2021年7月期のフジテレビ系の連続ドラマ。「マルモのおきて」(フジテレビ系)、「マリーミー!」(ABC・テレビ朝日系)などの阿相クミコさんと、「おじさまと猫」(テレビ東京系)などを手掛けた演劇コントユニット「大人のカフェ」の伊達さんがタッグを組んで脚本を担当するオリジナル。女優の比嘉愛未さんが主演を務める。比嘉さんが同局の連続ドラマで主演を務めるのは初。

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)のウォズ役などで知られる渡邊圭祐さんの出演も発表。渡邊さんがフジテレビ系のドラマに出演するのは初めてで、比嘉さんとは初共演となる。

 ドラマは、女性向け恋愛ゲームを手掛けるベンチャー企業の女性社長で36歳の日高泉美(比嘉さん)が、23歳の“残念すぎる王子様”五十嵐航(渡邊さん)を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描く“ロマンチックコメディー”で、今年1月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「知ってるワイフ」のスタッフが再集結して制作する。

 泉美は保険会社に勤めていたころに女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)にハマりゲーム会社に転職し、その後、起業。プレーヤーが、泉美の理想の男性像を詰め込んだキャラクター「ケント様」と恋に落ちるゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」をリリースし大ヒットした。プライベートでは、何年も恋愛をしておらず、「ラブ・マイ・ペガサス」のヒット後、次回作の制作に悩んでいた泉美の前に、ケント様の容姿にそっくりで、無作法、無教養、無気力の五十嵐が、歩道橋の上から飛び降りてくる……というストーリー。

ドラマ「推しの王子様」のあらすじ

<ドラマ紹介>「推しの王子様」 比嘉愛未主演のロマンチック・コメディー “残念王子”渡邊圭祐の育成に奮闘 ディーン・フジオカ、白石聖、瀬戸利樹ら出演

連続ドラマ「推しの王子様」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)が7月15日に始まる。比嘉さんは同局連続ドラマ初主演。女性向け恋愛ゲームを手掛ける36歳のベンチャー企業社長・日高泉美(比嘉さん)が、俳優の渡邊圭祐さん演じる23歳の“残念すぎる王子様”五十嵐航を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描く“ロマンチック・コメディー”だ。

 泉美が社長を務める会社「ペガサス・インク」の副社長でトップクリエーター・光井倫久はディーン・フジオカさん、デザイナーの渡辺芽衣は徳永えりさん、プランナーの有栖川遼は瀬戸利樹さん、デザイナーの小原マリは佐野ひなこさん、エンジニアの織野洋一郎は谷恭輔さんが演じる。

 幼なじみの航に片思いし、同社でインターンとして働く大学生の古河杏奈は白石聖さん、泉美が出資を掛け合う大手アウトドア・メーカー「ランタン・ホールディングス」の代表取締役社長・水嶋十蔵は船越英一郎さん、同社メディア事業部長の小島博之は竹森千人さん、泉美の利用する中華料理店のアルバイト・藤井蓮は藤原大祐さんがそれぞれ演じる。

 第1話は15分拡大版で放送。泉美は、外見から内面まで全てが泉美には理想の“推し”キャラクター「ケント様」と恋に落ちる乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」を制作し、異例の大ヒット。一躍、時の人になった。しかし、プライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、ケント様に夢中な日々を過ごしていた。

 順風満帆に見える泉美だったが、次回ゲームの制作に苦心。開発資金を集めるため、経営多角化を進める「ランタン・ホールディングス」に出資を求めるが、あっさり断られる。

 そんな中、トップクリエーターの光井(ディーン・フジオカさん)と酒を飲みに行った泉美は酔ったまま帰宅しようとしたところ、借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りてきた航と出会う。無作法、無教養、無気力の航だが、容姿はケント様にそっくりで……。

 脚本は、「マルモのおきて」(フジテレビ系)、「マリーミー!」(ABC・テレビ朝日系)などの阿相クミコさんと、「おじさまと猫」(テレビ東京系)などを手掛けた演劇コントユニット「大人のカフェ」の伊達さんがタッグを組んで担当するオリジナル。今年1月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「知ってるワイフ」のスタッフが再集結して制作する。

第2話のあらすじ “社長”比嘉愛未が“残念王子”渡邊圭祐の王子教育スタート 「秘密の同棲」も

連続ドラマ「推しの王子様」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第2話「ダメ男の育成がスタート!彼女の涙の理由」が7月22日に放送される。

 女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)を手掛けるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美(比嘉さん)は、自分の理想の男性像を詰め込んだ乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」の主人公「ケント様」とうり二つの五十嵐航(渡邊圭祐さん)と出会った。しかし、航はがさつで無神経、無気力な男。泉美は、航がケント様になれるかどうかを副社長の光井倫久(ディーン・フジオカさん)と賭け、ちゃんと育ててみせると宣言した。

 ペガサス・インクに雇われた航は、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹さん)の下で仕事を覚えることになった。社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らない航に困り果てた社員たちは、泉美にも「きちんと面倒を見てほしい」と訴える。ある日、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃して……。

 予告映像では「ついに始まった王子教育」「秘密の同棲生活!?」の文字と共に、泉美が航に「うちに住んでることはくれぐれも内緒だからね!」とクギを刺す姿が。更に泉美が航に「あなたには社会人としてのルールを知ってもらいます」と告げるシーンや、航が敬語を使おうとしたり、テーブルマナーを学ぶ姿も収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第3話のあらすじ “泉美”比嘉愛未の会社が大ピンチ? “残念王子”渡邊圭祐は苦戦

連続ドラマ「推しの王子様」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第3話「社内はピンチ!救うカギは知的好奇心!?」が7月29日に放送される。予告映像では「新ゲームの制作がスタート!!」「トラブル発生で大ピンチ!!」のテロップと共に、「ペガサス・インク」の停電で困っていた日高泉美(比嘉さん)の元に五十嵐航(渡邊圭祐さん)が現れるシーンが収められている。

 泉美らは、新作の女性向け恋愛ゲームの開発に向けて、「ランタン・ホールディングス」に出資を持ち掛け、企画書を提出。数日後、泉美と光井倫久(ディーン・フジオカさん)は、反応を聞くため同社を訪れるが、メディア事業部の小島博之(竹森千人)に対応され、社長の水嶋十蔵(船越英一郎さん)の姿はなかった。泉美らは、企画の更なるブラッシュアップを提案されるが、企画書再提出までの猶予は約1週間だった。

 そんな中、泉美は、航がほかのスタッフの話す専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの苦戦していると知る。そして、航に物事を学ぶ意味や、その先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいと決意。ITの専門用語集や小説を渡し、感想を書いて提出するよう命じて……。

第4話のあらすじ “泉美”比嘉愛未が“残念王子”渡邊圭祐の頭なでなで 初給料の使い道

連続ドラマ「推しの王子様」第4話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第4話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第4話「好きな事は人生を変える? 突然の告白!?」が8月5日に放送される。予告映像には「ペガサス・インク」社長の日高泉美(比嘉さん)が、五十嵐航(渡邊圭祐さん)の頭をなでなでする場面や、航が泉美に「これは、ほんのお礼です」と語る姿が収められている。

 「ランタン・ホールディングス」から出資を受けることになった泉美ら「ペガサス・インク」の面々は士気を高めていた。デザイナーの渡辺芽衣(徳永えりさん)は、自身の“推し”の2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟さん)の出演するミュージカルを見に行くため、仕事を早く片付ける。航は全公演、同じ内容だから「金がもったいない」と芽衣の気持ちを理解できなかった。

 初めての給料が銀行に振り込まれた航は、全額引き出して帰宅する。特に欲しい物は無く、泉美に「初めての給料を何に使ったのか」と質問。泉美は、覚えていないと返しつつ、“推し”ができてから金の使い道が変化したと答える。

 数日後、航は、泉美が勉強のために休日を利用して舞台やコンサートを見に行くと知り、同行することに。道中で、泉美がギャラリーで開催されている絵画展に興味を持ち、立ち寄ろうとする。しかし、航は、なぜか足を止めてしまい……。

第5話のあらすじ “航”渡邊圭祐と“泉美”比嘉愛未が遊園地デート 壁ドンも

連続ドラマ「推しの王子様」第5話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第5話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第5話「好きを知り想(おも)いあふれ…秘密がバレる危機」が8月12日に放送される。予告映像では、五十嵐航(渡邊圭祐さん)が日高泉美(比嘉さん)に“壁ドン”するシーンや2人で遊園地デートを楽しむシーン、光井倫久(ディーン・フジオカさん)が泉美に顔を近付ける姿が映し出されている。

 航は、一緒に食事に行った「ペガサス・インク」のインターンで幼なじみの古河杏奈(白石聖さん)に「ずっと好きだった」と告白され、動揺を隠せない。

 同じ頃、泉美は、杏奈が航に思いを寄せていると知り、応援すると言ったものの、航の帰りが遅いことが気になり、落ち着かない。日付が変わった頃に帰宅した航は、すぐ自室に入ってしまう。泉美は、そんな航の態度に違和感を抱く。

 会社では、新作乙女ゲーム「恋する森の中へ」のプロトタイプ版をチェックする。光井は出来栄えに納得するが、泉美は引っ掛かりを感じていた。そんな中、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹さん)らは、航が今まで人を好きになった経験が無いと知って驚き、誰かを好きになる気持ちを教えてあげようとするが……。

第6話のあらすじ “航”渡邊圭祐が“泉美”比嘉愛未を見返すため社内コンペ挑戦 “有栖川”瀬戸利樹の家へ

連続ドラマ「推しの王子様」第6話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第6話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第6話「壊れた関係…本当に伝えたい気持ちとは?」が8月19日に放送される。

 日高泉美(比嘉さん)と光井倫久(ディーン・フジオカさん)が、泉美が自分を一人前の男性に育てられるかどうかで賭けをしていたと知り、泉美に失望した五十嵐航(渡邊圭祐さん)は、部屋を出た。その矢先、航は偶然会った古河杏奈(白石聖さん)に励まされ、泉美を見返すために仕事を頑張ると決意する。

 一方、泉美は、賭けを知られて航を怒らせたと光井に打ち明ける。光井は、泉美に「きちんと話をするしかない」とアドバイスする。

 会社では、開発中の新作乙女ゲーム「恋する森の中へ」で、物語の途中に投入するキャラクターの制作に入ろうとしていた。そのキャラクターを社内コンペで決めることになり、航は挑戦を決める。そんな中、有栖川遼(瀬戸利樹さん)は、航が会社で寝泊まりしようとしていると知り、仕方なく航を自宅に泊めようとし……。

第7話のあらすじ “航”渡邊圭祐が“泉美”比嘉愛未に告白「好きです

連続ドラマ「推しの王子様」第7話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第7話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第7話「ついに告白…いちばん大切なこととは何か」が8月26日に放送される。予告映像には、五十嵐航(渡邊圭祐さん)が日高泉美(比嘉さん)に「好きです」と告白するシーンが収められている。

 泉美は、過労で倒れた古河杏奈(白石聖さん)を航が無事に送り届けたというメッセージを受け取り、安心する。翌日、航から次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと言われて了承する。そして、泉美は、航と和解できたと光井倫久(ディーン・フジオカさん)に報告する。

 社内では、新作ゲーム「恋する森の中へ」の新キャラクターの社内コンペが進む。メンバーは着々とデザインを進めていくが、航だけが気持ちを焦らせ、何も描けていなかった。その夜、航は、スーパーの買い物袋を提げて泉美の部屋にやってくる。迷惑掛けないよう食事くらいは自分で用意しようと思った航は、泉美と一緒に料理をする。こうして、航と過ごす最後の1週間が始まり……。

第8話のあらすじ “航”渡邊圭祐が乙女ゲーム界のプリンスに “光井”ディーン・フジオカはヘッドハンティングされ…

連続ドラマ「推しの王子様」第8話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第8話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第8話が9月2日に放送される。五十嵐航(渡邊圭祐さん)が日高泉美(比嘉さん)に告白した日から8カ月後が描かれる。

 「ペガサス・インク」が発表した新作乙女ゲーム「恋する森の中へ」が大ヒットを記録。航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受け、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集める。忙しい傍ら、航は新作ゲームの企画書も準備し、泉美に提出する。

 同じ頃、光井倫久(ディーン・フジオカさん)は、ゲーム会社を起業した友人から「一緒にやろう」とヘッドハンティングされる。友人から「何のためにペガサス・インクにいるのか?」と言われた光井は言葉に詰まる。そんな中、声優のアフレコのスケジュールでトラブルが起きてしまい……。

第9話のあらすじ “泉美”比嘉愛未の「ラブ・マイ・ペガサス」終了? “光井”ディーン・フジオカに「そばに居てくれる?」

連続ドラマ「推しの王子様」第9話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第9話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第9話「買収で会社の行方は…そしてまさかのキス」が9月9日に放送される。

 「ペガサス・インク」社長の日高泉美(比嘉さん)は、五十嵐航(渡邊圭祐さん)を好きだ、と副社長の光井倫久(ディーン・フジオカさん)に打ち明けた。泉美を好きだった光井は秘めていた思いを泉美にぶつけ、「一緒に生きていきたいと思っている」と伝えた。その話を航がドアの外で聞いていたことに2人は気付いていなかった。

 泉美は「ランタン・ホールディングス」の水嶋十蔵社長(船越英一郎さん)から傘下に入らないかと持ち掛けられていた。承諾すれば資金力は飛躍的に増し、新ゲーム開発も可能になる。しかし、売り上げの落ちた乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」を終了させるのが条件だった。

 帰社した泉美から十蔵の提案を聞いた光井は驚きながらも「『ラブ・マイ・ペガサス』は自分たちに大切なゲームだから、どうすべきか一緒に考えよう」と言う。泉美は、光井の告白にも触れ「きちんと考えるから時間がほしい」と答えた。

 泉美の思いを知った航は、揺れる心を抑え、古河杏奈(白石聖さん)と交際を続けながら懸命に働いていた。泉美は働き過ぎの航に無理をしないよう指示。航がかつて提案した「新ゲームの企画もいつか実現させよう」と伝える。航は、会社のメンバーも自分の得意分野を生かした乙女ゲームを企画し、皆で会議していると明かし……。

 予告映像では、「ラブ・マイ・ペガサスが終了!?」「副社長が会社を去る!?」の文字と共に、有栖川遼(瀬戸利樹さん)が泉美に「光井さん、実はほかの会社からヘッドハンティングの話をもらってたんですよ」と伝えるシーンのほか、泉美が光井に「これからもそばに居てくれる?」と告げる姿が収められている。

第10話のあらすじ “泉美”比嘉愛未&“光井”ディーン・フジオカが交際開始 “航”渡邊圭祐の新ゲーム企画は?

連続ドラマ「推しの王子様」第10話のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「推しの王子様」第10話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)第10話「新たな出発に潜む罠(わな)…届かぬ想(おも)いの行方は」が9月16日に放送される。

 日高泉美(比嘉さん)と光井倫久(ディーン・フジオカさん)が交際を始める。同じ頃、泉美の会社「ペガサス・インク」が、水嶋十蔵社長(船越英一郎さん)率いる大手アウトドア・メーカー「ランタン・ホールディングス」の傘下に入った。ランタンのメディア事業部長・小島博之(竹森千人さん)がペガサスに統括部長として入り、企画開発に携わることになる。

 数日後、小島は、水嶋も加わった企画会議の席で、有栖川遼(瀬戸利樹さん)、渡辺芽衣(徳永えりさん)、五十嵐航(渡邊圭祐さん)が提出したゲーム企画を進めたいと伝える。水嶋はモバイルゲームだけでなく、家庭用ゲーム機でプレーできるコンシューマーゲームも作りたいと提案。その第1弾として航の企画した「銀河のラビリンス」が候補に挙がるが……。