ミステリと言う勿れ ニュース

筒井道隆、「ミステリと言う勿れ」で“月9”凱旋 主演作「君といた夏」以来27年半ぶり 遠藤憲一、尾上松也も

2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する筒井道隆さん (C)フジテレビ
2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する筒井道隆さん (C)フジテレビ

 俳優の筒井道隆さんが、2022年1月からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」に出演することが10月12日、分かった。筒井さんが同枠のドラマに出演するのは、1994年7月期に放送された主演作「君といた夏」以来、27年半ぶり。遠藤憲一さん、同枠初出演となる尾上松也さんの出演も発表された。

 「ミステリと言う勿れ」は、マンガ誌「月刊flowers(フラワーズ)」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数は800万部を突破した田村由美さんのマンガが原作。菅田将暉さんが主演を務め、社会で当たり前とされていることに疑問を持ち、膨大な知識を基に持論を展開していく主人公・久能整(くのう・ととのう、菅田さん)の姿を描く。

 筒井さん、遠藤さん、松也さんの3人は、久能の事件解決に重要な役割を果たす警察署「大隣署」の刑事を演じる。筒井さんは、冷静沈着で頭が切れる警部・青砥成昭(あおと・なりあき)、遠藤さんは、署内では仕事の鬼、刑事の鑑(かがみ)と呼ばれている警部補・薮鑑造(やぶ・かんぞう)、松也さんは、お調子者で署内のムードメーカー的存在の刑事・池本優人をそれぞれ演じる。

 筒井さんは、「いただいた台本がすごく面白く、また原作も興味深い作品でしたので、これはぜひ出演させていただきたいとお受けしました。僕も整のように論理立てて考えたり、論破するのも好きなので。好きって言うのも変ですけど、そういう思考の人間なので、すごく共感できました」とコメント。「イジメや虐待についての難しい問題などもストーリーに出てくるのですが、整のグローバルな考え方から違う視点に“気づくこと”の大切さを、ぜひ感じていただきたいです」とアピールした。

 遠藤さんは、「最初にいただいた台本を読んだのですがびっくりしました。隅々までちゃんと意味がある、相当高度な台本だったので、まずそこに感動して、ぜひ出演したいと思ったんです。主人公の久能整が話す一言、一言が胸にズキンとくる。家族との向き合い方とか、自分にもそういうところがあるのかなと、かなり突き刺さりました。整が普段の僕たちが見過ごしがちで、考えたこともなかったような心の中を見透かしてくるような? これは視聴者の方にも、きっと共感していただけるのではないかと思います」と明かした。

 松也さんは、「今回の作品は今まで共演したことのない皆さんとのお仕事ということもあって、すごくワクワクしました。池本はどちらかと言えばムードメーカーのような、明るい刑事です。ですが、ドラマでは刑事としての真っすぐさというところは表現しようと。決していい加減な仕事をしているのではないという、そこに一つの芯が通っているキャラクターとして演じようと思いました」と語っている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

伊藤沙莉、菅田将暉と11年ぶり共演へ “月9”「ミステリと言う勿れ」刑事役初挑戦

2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する伊藤沙莉さん (C)フジテレビ
2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する伊藤沙莉さん (C)フジテレビ

 女優の伊藤沙莉さんが、2022年1月からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」に出演することが9月20日、分かった。ドラマは菅田将暉さん主演のミステリーで、伊藤さんは、2011年に放送された同枠の連続ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」以来、菅田さんと11年ぶりに共演を果たす。

 また、伊藤さんが同枠のドラマに出演するのは、「大切なことはすべて君が教えてくれた」以来2回目で、今作では新人刑事・風呂光聖子を演じる。伊藤さんが刑事を演じるのは初めてで、「刑事だけでなく職業に就いている役をずっと演じたいと思っていたので、まずそれがシンプルにうれしかったです」とコメントを寄せている。

 「ミステリと言う勿れ」は、マンガ誌「月刊flowers(フラワーズ)」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数は800万部を突破した田村由美さんのマンガが原作。社会で当たり前とされていることに疑問を持ち、膨大な知識を基に持論を展開していく主人公・久能整(くのう・ととのう、菅田さん)の姿を描く。

 伊藤さん演じる風呂光聖子は、強い信念を持って警察官になったが、男社会の警察組織の中で刑事として独り立ちできず、心が折れそうな日々を送っていた。だが、とある事件をきっかけに整と出会って感銘を受け、自分の信念に改めて気づいていく……という役どころだ。

 伊藤さんは「風呂光はやる気はあるのですが、最初は少しウジウジしたり、一歩踏み出せないところがあって『ハッキリしろよ!』と思われる皆さんもいらっしゃるんじゃないかな? でも、1話での整との出会いから、どんどん明るくなりますし、やりがい、生きがいも次々に見つけていきます。あちこち必死に駆けずり回る風呂光はいじらしいというか、良い子だなと私は思うので、そんな姿を応援してください」とアピールする。

 また「原作の絵として描かれている整もすてきなのですが、菅田さんが演じられることで『整という人間がそこにいる』というイメージになりますし、整に少し違う彩りがいい意味で加わっているので、さすがだなと思います」とコメント。「整の言葉は特に、ドラマをご覧になって救われる人や、改めて考えさせられる方がたくさんいらっしゃると思います。そんなせりふの一言一言を大切に聞いて、見ていただくとしみる作品です。もちろん、全ての事件がハッピーエンドにはなりませんが、ものの捉え方を少し変えることで視野が広がったり、心が豊かになると思いますので、そういう面を感じながら作品に寄り添っていただけたらうれしいです」と思いを語った。

 ドラマの草ヶ谷大輔プロデューサーは、「原作を読んだときから、風呂光役は伊藤沙莉さんしかいないと決めておりました。私が初めて伊藤さんにお会いしたのは今から4年前でした。その独特な低音ハスキーボイスと、竹を割ったような濁りのない性格が印象的で、伊藤さんが演じてきたこれまでの役もどこか負けん気の強い、ボーイッシュなキャラクターが印象的でした。風呂光がもつ繊細さと大胆さを、子役のころから培ってこられた伊藤さんの多彩な演技力で表現してくださっています。これぞ、『女優・伊藤沙莉』の真骨頂です!」とキャスティングに自信をのぞかせる。

 さらに「菅田さんと伊藤さんは『大切なことはすべて君が教えてくれた』で共に生徒役として共演されており、お二人とも若手時代にオーディションで勝ち取ったそうです。今回の撮影で湾岸スタジオにいらっしゃったとき、そんなお二人が当時を懐かしんでいる姿を拝見しました。今やドラマや映画に引っ張りだこの俳優に成長されたお二人をお迎えして、また同じ湾岸スタジオから傑作を生み出せることを幸せに思います」と話した。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

<SNS反響>「ミステリと言う勿れ」実写ドラマ化に「衝撃!」「楽しみ!」 「ミステリ」「菅田将暉」がトレンド入り 「BASARA」も

2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主演を務める菅田将暉さん (C)フジテレビ
2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主演を務める菅田将暉さん (C)フジテレビ

 人気漫画家・田村由美さんの作品「ミステリと言う勿(なか)れ」が、フジテレビで実写ドラマ化されることが6月3日、発表された。SNSでは「ミステリがドラマ化されることに衝撃!」「ドラマ化うれしい!」「放送が楽しみ!」「どういう風にドラマ化するのだろう…」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せている。

 「ミステリと言う勿れ」は、マンガ誌「月刊flowers(フラワーズ)」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数800万部を突破している人気ミステリーマンガ。マンガに精通する書店員らが「その年一番面白いと思ったマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2019」(実行委員会主催)で第2位に選ばれたほか、宝島社がその年の人気マンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!」(宝島社)などにもランクインした。

 実写ドラマは、俳優の菅田将暉さん主演で2022年1月からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される。菅田さんは、天然パーマにコンプレックスを持ち、友達や彼女もなく、カレーを愛する大学生の久能整(くのう・ととのう)を演じるため、地毛で巨大アフロヘアに“変身”した。

 ドラマは、社会で「当たり前のこと」について常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観を持つ整の姿を、会話劇で描くミステリー。

 ツイッターでは、「ミステリ」「菅田将暉」「菅田くん」「巨大アフロヘアー」「BASARA」といったドラマや田村さんの作品に関するワードがトレンド入りした。

菅田将暉、“月9”初主演 地毛で巨大アフロヘアに 「ミステリと言う勿れ」実写ドラマ化

2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主人公・久能整を演じる菅田将暉さん(左)と原作のビジュアル (C)フジテレビ
2022年1月スタートの連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主人公・久能整を演じる菅田将暉さん(左)と原作のビジュアル (C)フジテレビ

 俳優の菅田将暉さんが、「BASARA」や「7SEEDS(セブンシーズ)」などの田村由美さんのマンガを実写化し、2022年1月からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」に主演することが6月3日、明らかになった。菅田さんが“月9”枠の作品で主演を務めるのは初。天然パーマにコンプレックスを持ち、友達や彼女もいないカレーを愛する大学生の久能整(くのう・ととのう)を演じる。また菅田さんは、地毛で巨大アフロヘアに変身し、言葉だけでストーリーを展開させる役に挑む。

 「ミステリと言う勿れ」は、マンガ誌「月刊flowers(フラワーズ)」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数は800万部を突破している人気ミステリーマンガ。マンガに精通する書店員らが「その年一番面白いと思ったマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2019」(実行委員会主催)で第2位に選ばれたほか、宝島社がその年の人気マンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!」(宝島社)などにもランクインした。

 ドラマは、社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論を展開する整の姿を、ミステリーと会話劇で描く。「僕は常々思ってるんですけど……」という語り出しで始まる整の言葉の数々が見どころになるという。第1話は、同級生が殺害された事件で事情聴取を受けることになった整が、取り調べをする刑事たちの矛盾点を突きながら翻弄(ほんろう)していく……。

 連続ドラマ「鹿男あをによし」「鍵のかかった部屋」、映画「重力ピエロ」などを手掛けた相沢友子さんが脚本、連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」「鍵のかかった部屋」、「LIAR GAME(ライアーゲーム)」シリーズなどの松山博昭さんがチーフ監督をそれぞれ担当する。

 ◇菅田将暉さんのコメント

 ドラマ「ミステリと言う勿れ」久能整役を演じます。原作を読んだとき、衝撃でした。とにかく話が面白い。会話劇。文化、価値観、哲学。人間、人間、人間。日々見落としがちなさみしさを優しくすくい取っていく彼の生き様に一瞬で魅了されました。同じ魚座のA型、uの音で終わる名前という類似点もあり、勝手ながら運命を感じながら、一つ一つ丁寧に演じさせていただきました。しかし、難役でした。彼の髪形のように僕の脳みそが爆発する毎日でした。ですが彼の思考は、きっと今この世界を豊かにしてくれると信じています。どうか少しでも皆様の心が温かくなりますように。彼の少し長いおしゃべりに耳を傾けてもらえますように。

 ◇原作・田村由美さんのコメント

 こんな幸せなことがあっていいんだろうか。自分にとって初めての実写ドラマ化、それがなんとフジテレビさんの月9、そしてその主演がなんと菅田将暉さん! 整役が菅田将暉さんです! 何度も声を大にして言いたい。感激です。撮影現場にもお邪魔したのですが、「ああ……! 整が現実にいたらこんな感じなんだ!」ってもう整にしか見えず、どれほどの努力を重ね思考をめぐらせ、大量のせりふに向き合い髪の毛をもふもふにし! 真摯(しんし)な役作りをしてくださったんだろうとその素晴らしさと放たれる輝きに震える思いでした。本当にその存在感たるや……! スタッフの皆さんも強力で最高です。作品をとても大切に扱ってくださってます。原作を応援してくださる方にぜひ見ていただきたいですし、原作をご存じない菅田さんのファンの方にも楽しんでいただけると思います。待ち遠しいです。作品にとって整にとってこれ以上はない幸運に恵まれました。このコロナ禍に厳重装備で日々制作に携わっておられる全ての方に感謝いたします。よろしくお願いいたします!

 ◇草ヶ谷大輔プロデューサーのコメント

 菅田さんが役作りのために髪をもじゃもじゃ頭(一般的にはポップコーンパーマと呼ぶそうです)にしてくださったころから、SNSなどで原作のファンの方々を中心に「『ミステリと言う勿れ』の整くんではないか!」とつぶやかれているのを目にして、早く皆さんにお知らせしたいとウズウズしておりましたが、ようやくこの日を迎えることができました。そうです、カレーをこよなく愛する風変わりな天然パーマの大学生、久能整役を日本を代表する俳優、菅田将暉さんに演じていただきます!

 私が田村由美先生の原作を初めて読んだとき、ミステリーとしての切れ味、面白さはもちろんのこと、主人公の整くんから発せられる、世の中で当たり前とされている考え方やルールを根底から打ち砕くような「目から鱗(うろこ)」な視点と哲学にハッとさせられ、同時に囚(とら)われていた既成概念から解き放たれるような不思議な感覚に陥っている自分がそこにはいました。

 菅田さんと初めてお会いした際、「この原作だけは絶対にやりたいと思った」とおっしゃっていただき、原作の田村先生もまた「菅田さんの整くんが見たい」と相思相愛が実り、今回の企画が実現いたしました。

 これまでさまざまな役を演じてきた菅田さんですが、ここまで感情をストレートに出さない役は初めてだとおっしゃり、撮影前に田村先生に直接取材をした上で、久能整というキャラクターをひょう依させ、セリフの間や表情・仕草など、細部にこだわってこの難役に挑んでおります。菅田さんの並々ならぬ役に対する真摯さに感服しております。

 すでに撮影は進んでおりますが、菅田さんだからこそできる繊細な表現力によって、久能整から語られる魔法のような言葉やおしゃべりが、より魅力的に、説得力のある言葉へと変換され、視聴者の皆様の心へスッと入り込んでいくと確信しております。

 皆様も整くんと一緒に「当たり前にあるもの、ある言葉。なぜそうなのか、誰が決めたのか。考えて考えて考えて、そして、誰かに話してください(原作より引用)」 。