連続ドラマW いりびと-異邦人- あらすじ

連続ドラマW いりびと-異邦人-あらすじ

 ドラマ「連続ドラマW いりびと-異邦人-」は、2021年初冬に放送されるWOWOWの連続ドラマ。女優の高畑充希さんが主演を務める。高畑さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。ドラマは、小説家の原田マハさんの小説「異邦人」(PHP文芸文庫)が原作。希代の美術収集家の孫娘で、審美眼を持つ美術館の副館長・篁菜穂(たかむら・なほ)が、無名画家が描いた1枚の絵に魅了され、世に出そうとしたところ、語られざる京都画壇の深みに踏み込んでしまう姿を描く“アートミステリー”。ドラマには、京都の美しい情景や由緒ある美術館、原作にも登場するクロード・モネの「睡蓮(スイレン)」といった数々の名画が登場する。

 映画「サヨナラまでの30分」「東京喰種 トーキョーグール」などの萩原健太郎監督がメガホンをとる。WOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送。WOWOWオンデマンドで配信もされる。全5話で、第1話は無料放送される。

ドラマ「連続ドラマW いりびと-異邦人」のあらすじ

連続ドラマW いりびと-異邦人-2021年初冬 WOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送。
WOWOWオンデマンドで配信。全5話で、第1話は無料放送。