オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ ニュース

オダギリジョー、すべてに神経が行き届いた演出光る ドラマ「オリバーな犬」ギャラクシー賞月間賞受賞

連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」脚本・演出のオダギリジョーさん
連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」脚本・演出のオダギリジョーさん

 俳優のオダギリジョーさんが脚本・演出を手掛け、「犬」役に挑戦したオリジナル連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK)が、放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「ギャラクシー賞」(放送批評懇談会)テレビ部門の2021年10月度月間賞を受賞したことが11月19日、明らかになった。

 ドラマは、警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる、“可笑(おか)しなサスペンス”。主演は池松壮亮さんが務め、主人公・青葉一平(池松さん)の相棒の警察犬「オリバー」役でオダギリさん本人も出演した。

 そのほか、麻生久美子さん、本田翼さん、岡山天音さん、永瀬正敏さん、永山瑛太さん、仲野太賀さん、松重豊さん、柄本明さん、橋爪功さん、佐藤浩市さん、國村隼さん、「野性爆弾」のくっきー!さんら豪華キャスト陣が集結し、9月17日から全3回にわたって放送された。

 放送批評懇談会は「ユニークな発想が随所に見られるとともに、劇画的でスピーディーな演出、それでいて破綻しない構成が素晴らしい。表に出ている現象の裏には、壮大な物語があるということを見事に描き、見ていて近来になくワクワクした。豊富で豪華な出演者の動きすべてに神経が行き届いたオダギリジョーの演出が光る。続編にも期待したい」と選出理由を明かしている。

<インタビュー>オダギリジョー モノ作りへの真摯な思い「やらされてやるべきじゃない」

NHKの連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で脚本・演出を手掛けたオダギリジョーさん
NHKの連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で脚本・演出を手掛けたオダギリジョーさん

 9月17日にスタートし、話題となっている連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合、全3回)で、脚本・演出を手掛けた俳優のオダギリジョーさん。同作はオリジナル連ドラで、警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる、“可笑(おか)しくもサスペンスフルな物語”となっている。「俳優を演出するという面で言うと、(自分も)俳優なのですごくやりやすいんですよ」と自身の監督ぶりの一端を語るオダギリさんに、ドラマ制作の日々を振り返ってもらった。

 ◇脚本を執筆する段階から映画とテレビの「媒体の差」は大いに意識

 長編映画デビュー作で、海外でも評価された「ある船頭の話」(2019年)をはじめ、監督業は過去にいくつか経験してきたオダギリさんだが、連続テレビドラマの脚本・演出を手掛けるの今回が初。その分、大きな挑戦にもなった。オダギリさんは「俳優が映画を作ることはあっても、連ドラを作るなんて聞いたこともないですからね。それこそめちゃくちゃ挑戦でした。コンプライアンスや自主規制があるのがテレビで、映画の自由さとは違う箱の中で闘うのですごく難しかったですし、その分もやりがいもあって。映画の醍醐味(だいごみ)とテレビの醍醐味の差を大きく感じました」と振り返る。

 脚本を執筆する段階から映画とテレビの「媒体の差」は大いに意識。「映画とテレビとでは見てもらう環境も違うし、お客さんのタイプも違う。映画では書かないけど、テレビでは書いておいたほうがいいものもあって。今まで映画の脚本を書いてきましたけど、今までの感覚とは全く違う意識で挑んだ気はします」と明かす。

 「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」は全3回の連続ドラマで「構成は長く時間をかけて考えました」と話す。

 さらには、「今はやっていること、社会で起こっていることは、テレビドラマのほうが入れやすい」といい、「映画は撮影から1年、2年たってからの公開となるので、どうしてもタイムラグができる。しかも映画って息が長いものは長いじゃないですか。その時代をいじるようなことは映画より、テレビの方が向いていると思います。テレビは今、社会で起こっていることをうまく取り入れれば面白くできる媒体だと思っているんです」と持論を披露。ドラマには佐藤浩市さん演じる“スーパーボランティア”の男性が登場するが、「映画では登場させないキャラクターだと思いますし、あれはテレビだから面白いんじゃないのかな」と結論づけた。

 ◇自分の好きなものが意識的にも無意識的にも詰まっている

 今年6月にドラマの制作が明らかにされた際、 「1年前の緊急事態宣言の中、巣ごもりと言われる生活を送りつつ、この時代に描くべき作品は何か?と繰り返し自問しながら書いた作品です」「賛否の大波紋を広げるであろう、世に『挑む』作品が生まれました」などとコメントを寄せていたオダギリさん。

 今回の作品は思った以上に“笑い”の要素が多いことも特徴に挙げられる。「世界が落ち込んでいる中、少しでも心を軽くしてくれるのが、笑い。ただ単純に楽しみたい、笑いたいって気持ちが当時の自分にもあって、素直に楽しんでもらいたいなって気持ちで書いた結果です。それもテレビならではで、生活に根付いたテレビはやっぱりエンターテインメントであるべきだって気持ちが強いので」と理由を語る。

 そういった“笑い”に加え、どこかサスペンス調で進むストーリー展開は、オダギリさんが三木聡監督とタッグを組んだ「時効警察」や「熱海の捜査官」をほうふつとさせる部分もある。

 オダギリさんは「三木さんとはもう15、6年の付き合いで『コメディー』というものを教わった監督でもあるので当然、影響は受けているし、それは過去に組んだ他の監督さんもそうです。あとはデビッド・リンチとかも。自分が影響を受けたものや、好きなものが意識的にも無意識的にも詰まっているんだと思います。好きなものなんで、やっぱり漏れ出ちゃうものなんでしょうね」とほほ笑んだ。

 ◇俳優だからこそ、導いてあげられるものってすごくいっぱいある

 そんなオダギリさんの元に集結した豪華キャスト陣が早くも話題に。主演の池松壮亮さんをはじめ、麻生久美子さん、永瀬正敏さん、永山瑛太さん、仲野太賀さん、松重豊さん、柄本明さん、橋爪功さん、國村隼さん、佐藤さんら日本を代表する名優たちが集結した。

 「脚本を書いている段階から、この人に演じてほしいっていうのが出てきて、それぞれお願いしたのですが。この間までオリンピック・パラリンピックがやっていましたが、僕にとっての今の“日本代表”だと思うんですね。自分が考える『オリバーな犬』という作品における日本代表ですね」

 演出するにあたっては、決して型にはめ込まず、“人に合わせて”変えていった。オダギリ監督の印象について、先日公開されたPR動画の中で麻生さんは「(オダギリさんが)役者をやっているから、役者がどういうふうに言われたら通じるとか、こういうことを言われたら嫌だろうとか、そういうことは多分かなり気を使ってくれているなっていうのはすごく伝わってくる」とコメントしていたが……。

 「俳優を演出するという面で言うと、俳優なのですごくやりやすいんですよ。俳優の気持ちも分かるし、どう言われたらどう感じるのか、普段から分かっているので。新人の子に対しても、どう持っていってあげたらやりやすいか、気持ちの作り方とかも、自分が俳優だからこそ、導いてあげられるものってすごくいっぱいあるので。(自分のように)俳優が演出をつけるのは向いていると思います」

 ◇モノ作りとは「自分をさらけ出して、世界と勝負するってこと」

 そのほかカット割りやカメラの寄り引き、テンポ感や音楽と、映画とはまた違うテレビドラマというエンターテインメントを念頭に、「全てにおいてこだわって作り上げました」と話すオダギリさん。一方で、「言葉だと乱暴に聞こえるでしょうが、もうテレビドラマ(の演出)はやらないでしょうね。十分にやり切った感は自分の中にはあるので」と笑う。

 映画を含めた今後の監督業はまったくの未定で、「モノを作るって、本当に自分をさらけ出して、世界と勝負するってことだと思っています。よっぽどのことなので、その気持ちになれるかどうか。早々と簡単に『また作りたいです』とは言えない。それなりの覚悟を持って、何か新しいモノを作りたいとなったときに、また(脚本を執筆する)ペンをとるのかなって、それくらいのことしか言えないです」と説明する。

 続けて「お願いされたり、やらされてやるべきじゃないと思うんです、モノを作ることや表現するってことは。やっぱり自分から出すべきものなので。そこに悩んだり、ネガティブな気持ちがあるとしたら、それはやるべきじゃない、やめたほうがいい。その気持ちは変わらず持ち続けていきたいです」とモノ作りへの真摯(しんし)な思いをのぞかせていた。

<SNS反響>時効警察っぽい? オダギリジョー脚本・演出・犬役のNHKドラマ 豪華キャストも話題

オダギリジョーさん(右)脚本・演出・犬役の連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」 (C)NHK
オダギリジョーさん(右)脚本・演出・犬役の連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」 (C)NHK

 俳優のオダギリジョーさんが、脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合、金曜午後10時)が9月17日にスタートした。警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる、“可笑(おか)しなサスペンス”で、視聴者からは「時効警察っぽい」という声も多数上がった。

 ドラマの主演は池松壮亮さんが務め、第1回から麻生久美子さん、本田翼さん、岡山天音さん、永瀬正敏さん、永山瑛太さん、松重豊さん、柄本明さん、橋爪功さん、佐藤浩市さん、國村隼さんら豪華キャストが次々と登場。佐藤さん演じる“スーパーボランティア”の男性も注目を集めた。

 オダギリさん本人も主人公・青葉一平(池松さん)の相棒の警察犬「オリバー」として、犬の着ぐるみ姿を披露した。

 SNSでは「うわ、ほんとにオダギリジョーが犬だww」「でた。着ぐるみ犬w」「犬www」「着ぐるみのおじさん呼ばわりされる主演オダギリジョー」などと視聴者は反応。また豪華キャスト陣に対しては、「いや出演者豪華すぎん?」「何だこの豪華なキャスティング!」「キャスト紹介で知ってるけど、出演者が強すぎるのよ」「めちゃくちゃ豪華キャスト」「配役がムダに豪華過ぎるwww」と盛り上がった。

 さらには、「セットも画角も時効警察なんだよw」「雰囲気が『時効警察』」「三日月君(麻生さん))がいて警察が舞台だとどうしても時効警察風味」「もう時効警察感半端ない」「さらに癖強くなった時効警察に見えてしょーがない」「もうコレ時効警察でよくね?」といった声のほか、「ドラマの雰囲気が時効警察のようであり、濱マイクのようであり、、」「時効警察と私立探偵 濱マイクを混ぜた感じ?」「濱マイクとか時効警察とか、とにかくそのあたりのエッセンスを全部盛り込んだカンジ」といった感想も多かった。

<ドラマ紹介>「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」オダギリジョー脚本・演出・犬役 豪華キャスト集結の“可笑しなサスペンス”

連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」第1回場面カット (C)NHK
連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」第1回場面カット (C)NHK

 俳優のオダギリジョーさんが、脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合、金曜午後10時)が、9月17日から全3回にわたって放送される。警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる、“可笑(おか)しなサスペンス”。主演は池松壮亮さんが務め、主人公・青葉一平(池松さん)の相棒の警察犬「オリバー」役でオダギリさん本人も出演する。

 ドラマには麻生久美子さん、本田翼さん、岡山天音さん、永瀬正敏さん、永山瑛太さん、仲野太賀さん、松重豊さん、柄本明さん、橋爪功さん、佐藤浩市さん、國村隼さん、「野性爆弾」のくっきー!さんら豪華キャスト陣が集結した。

 また、オダギリさん演じるオリバーは、一見ふつうのシェパード犬だが、一平と視聴者にだけ、犬の着ぐるみ姿の「おじさん」に見えるという不可思議な設定。ぐうたらで口が悪く品のないキャラクターとして描かれる。

 第1回では、警察犬係でハンドラーの一平は、相棒である警察犬・オリバーといつものように朝のトレーニングを終えて、鑑識課に戻ってきた。スーパーボランティアの小西さん(佐藤さん)が11年間行方不明だった少女の遺体を見つけたという話題で盛り上がる中、とある家で詐欺被害があり出動の要請が入る。

 家に残る匂いを頼りに捜査する一平とオリバーだったが、オリバーはとんでもないものを見つけてしまい……。

オダギリジョー、脚本・演出ドラマで「犬」役 着ぐるみ姿で初挑戦 ビジュアル解禁

連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」でオダギリジョーさん演じる警察犬「オリバー」(右) (C)NHK
連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」でオダギリジョーさん演じる警察犬「オリバー」(右) (C)NHK

 俳優のオダギリジョーさんが、脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合)で、主人公の相棒の警察犬「オリバー」を演じていることが9月17日、明らかになった。オダギリさんは「犬」役初挑戦で、着ぐるみ姿のビジュアルも解禁された。

 オリバーは、一見ふつうのシェパード犬だが、池松壮亮さん扮(ふん)する主人公・一平と視聴者にだけ、犬の着ぐるみ姿の「おじさん」に見えるという不可思議な設定。ぐうたらで口が悪く品のないキャラクターとして描かれる。

 「着ぐるみの犬」は、オダギリさんが「演じてみたい役」として長年、温めていた設定の一つで、「皆さん。思ったでしょ? 『これ、NHKで大丈夫なの?』って。僕も思ったんですよ! 今のNHK、ちょっとヤバいですよ……(笑い)」とコメントしている。

 ドラマは、警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる、“可笑(おか)しなサスペンス”。主演は池松さんが務め、麻生久美子さん、本田翼さん、永瀬正敏さん、永山瑛太さん、仲野太賀さん、松重豊さん、柄本明さん、橋爪功さん、佐藤浩市さん、國村隼さんら豪華キャスト陣が集結した。全3回。NHK総合で9月17、24日、10月1日午後10時から放送される。

池松壮亮、オダギリジョー脚本・演出のNHKドラマで主演 警察犬と事件解決 「おかしくて、自由で、パンクで、優しい」

ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で主演する池松壮亮さん (C)NHK
ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で主演する池松壮亮さん (C)NHK

 俳優の池松壮亮さんが、連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合)で主演することが分かった。オダギリジョーさんが初めて脚本・演出を手掛けたオリジナル。池松さんは、「鑑識課警察犬係」所属の警察官・青葉一平を演じる。青葉と相棒の警察犬が事件に挑む姿と共に、 謎めいた町で繰り広げられる人間模様を描く。

 池松さんは、「忘れられない年となった昨年末に、リスクを減らしつつもフィジカルに、お祭りのように撮影しました。オダギリさんが生み出すおかしな世界に魅了され、嫌なことやウンザリすることだらけの世の中から逃れ、このおかしな世界にのめり込みました」とコメント。

 「おかしさとは時に、人生において大きな支えとなります。困難に打ち勝つための力を秘めていて、そこにはパンクな要素があります。おかしくて、自由で、パンクで、優しい『オリバーな犬』、ご期待下さい!」とアピールしている。

(C)NHK
(C)NHK

オダギリジョー、NHKで脚本・演出の初オリジナル連ドラ 池松壮亮ら豪華キャスト集結「賛否の大波紋を広げるであろう、世に『挑む』作品」

脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマが9月にNHKで放送されるオダギリジョーさん
脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマが9月にNHKで放送されるオダギリジョーさん

 俳優のオダギリジョーさんが脚本・演出を手掛けた初のオリジナル連続ドラマが、9月にNHKで放送されることが分かった。ドラマのタイトルは「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で、主演は池松壮亮さんが務め、警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、 謎めいた町で繰り広げられるさまざまな人間模様が描かれる。

 オダギリさんは「今、我々が生きているこの世界は、不確かなものでいっぱいです。何が真実で何が正義なのか、ますます分からなくなってきています。1年前の緊急事態宣言の中、巣ごもりと言われる生活を送りつつ、この時代に描くべき作品は何か?と繰り返し自問しながら書いた作品です」とコメントしている。

 さらに「もちろん優等生なものになるはずはなく、賛否の大波紋を広げるであろう、世に『挑む』作品が生まれました」と説明し、「素晴らしいスタッフ、キャストがともに立ち上がってくれました。今、この世界で、共有してみてください。面白いかも知れません。世の中の何が真実で、何が虚構か。世界はとても不確かなものです」と思いを語った。

 ドラマには永瀬正敏さん、麻生久美子さん、本田翼さん、岡山天音さん、玉城ティナさん、くっきー!さん、永山瑛太さん、染谷将太さん、仲野太賀さん、鈴木慶一さん、細野晴臣さん、松重豊さん、佐藤浩市さんら豪華キャストが集結。NHK総合で9月17、24日、10月1日午後10時から放送される。

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウNHK総合
2021年9月17、24日、10月1日午後10時から放送