イタイケに恋して ニュース

オリジナル物語が「Hulu」で配信 渡辺大知、菊池風磨、アイクぬわらの日常 “恋愛AI”升毅のモーニングルーティンも

連続ドラマ「イタイケに恋して」のオリジナルストーリー「イタイケに恋して、に恋して」のワンシーン(C)ytv
連続ドラマ「イタイケに恋して」のオリジナルストーリー「イタイケに恋して、に恋して」のワンシーン(C)ytv

 ミュージシャンの渡辺大知さん、「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演を務める連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)のオリジナルストーリー「イタイケに恋して、に恋して」が動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが7月29日、分かった。オリジナルストーリーでは、本編では描かれない、シンガー・ソングライターの影山信博(渡辺さん)らの日常や意外な一面が全4話で描かれる。同日の本編第5話放送終了後、配信がスタートする。

 「イタイケに恋して」は、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。とにかく売れないシンガー・ソングライターの影山、とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯塚将希(菊池さん)、とにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家、マリック・ジョンソンJr.が、恋愛インフルエンサー・ブル美(弘田佐知/石井杏奈さん)の助手となり、恋のキューピッドとして奮闘する姿を描く。

 オリジナルストーリーの初回「第5.5話」では、「エクレアに恋して~六郎のモーニングルーティン」と題し、升毅さん扮(ふん)する恋愛AIシミュレーター・六郎(ろくろう)がひそかに毎朝行っているモーニングルーティンを紹介。第2回「第8.5話」は第8話(8月25日)放送終了後、配信される。

 ◇アイクぬわらさんのコメント

 僕が演じるマリック・ジョンソンJr.が、いかにして少女マンガのキャラクターを愛することになったのか? その謎がこのスピンオフドラマで明らかになります! マリックだけじゃなく、影山や飯塚の意外な一面も見せちゃいますよ!

 ◇福田浩之プロデューサーのコメント

 「イタイケに恋して」に恋していただいている方にも、これから恋していただく方も、このスピンオフドラマを見ればもっともっと深く「イタイケに恋して」の世界に恋すること、間違いなしです! ぜひご覧ください!

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

<SNS反響>“佐知”石井杏奈に「可愛い」の声 「シェフは名探偵」とのギャップも注目

連続ドラマ「イタイケに恋して」第2話の場面写真=読売テレビ提供
連続ドラマ「イタイケに恋して」第2話の場面写真=読売テレビ提供

 渡辺大知さん、「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演を務める連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第2話が、7月8日に放送された。「ブル美」のニックネームで自身の恋愛失敗談を自虐的に語るSNSインフルエンサー・佐知を演じる石井杏奈さんについて、視聴者からは「佐知ちゃん可愛いなぁ!」「佐知さんが想像以上に可愛らしくて微笑ましい」などの声が上がった。

 第2話では、影山(渡辺さん)、飯塚(菊池さん)、マリック(アイクさん)、佐知(石井さん)が、石渡(オラキオさん)という男性の相談を受けることに。最近、交通事故に遭って入院した石渡は、意識を取り戻した時、見知らぬ女性・日菜美(山崎紘菜さん)がそばにいた。石渡の恋人だったらしいが、記憶を失い、身に覚えがなかった。日菜美に感謝しながらも、恋人としての愛情は持てず、「どうしたらもう一度、日菜美に恋することができるのか?」という相談で……という内容だった。

 SNSでは、「3人のわちゃわちゃに付き合わされるけど、なんだかんだノリノリのブル美ちゃんも超かわいい」「ブル美様のアカウントフォローしたい」などの感想が書き込まれた。

 石井さんは、西島秀俊さん主演の連続ドラマ「シェフは名探偵」(テレビ東京、月曜午後11時6分)にも、ソムリエ役で出演中。SNSでは、「ギャップがすごい」「どれも全然違うキャラなのにとても自然に演じていて毎度驚かされます」「『シェフは名探偵』とは別人のような役柄」「石井杏奈さんのビジュアルの差がすごい」という意見も上がっていた。

<SNS反響>「舞台見てるみたい」「いい感じのゆるさ」と話題 菊池風磨らキャストに「可愛い」の声

連続ドラマ「イタイケに恋して」第1話の場面写真=読売テレビ提供
連続ドラマ「イタイケに恋して」第1話の場面写真=読売テレビ提供

 渡辺大知さん、「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演を務める連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話が、7月1日に放送された。人気ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。視聴者からは、「徳尾さん脚本、面白かったー!」「舞台見てるみたいで面白いな」「この時間帯にぴったりのちょうどいいゆるさ」などの声が上がった。

 ドラマは、とにかく売れないシンガーソングライター・影山信博(渡辺さん)、とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯塚将希(菊池さん)、とにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家、マリック・ジョンソンJr.(アイクさん)が、恋愛インフルエンサー・ブル美(弘田佐知/石井杏奈さん)の助手となり、恋のキューピッドとして奮闘していく物語。

 第1話では、大学生の果帆(大友花恋さん)が研究所に訪れる。毎朝乗る電車で東京から秋葉原に向かう間、ほんの12秒ぐらい同じスピードで並走する電車の窓際に立つ男性を探してほしいと依頼。影山ら3人は男性を探すことに……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#イタイケに恋して」が4位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「いい感じのめちゃくちゃさと、いい感じのゆるさで深夜にぴったり」「豪華なセットに1カット長めだから舞台みたいで楽しい!」「それぞれのキャラが立ってて楽しい」「4人の雰囲気が面白い」などのコメントが並んだ。

 キャストについては、「ふうまくんめっちゃ可愛いな」「まさきくんがめっちゃ菊池風磨感でてて可愛かった」「渡辺大知可愛い」「アイクかわいい」「石井杏奈ちゃんが可愛い」という声が上がるなど、注目を集めていた。

<ドラマ紹介>「イタイケに恋して」 渡辺大知&菊池風磨&アイクぬわらが“非モテ男子”に 「おっさんずラブ」脚本家のオリジナル

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供

 渡辺大知さん、「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演の連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が、7月1日からスタートする。人気ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。シェアハウスを舞台に、渡辺さん、菊池さん、アイクさん扮(ふん)する不器用なモテない男子3人が、さまざまな恋の形に向き合っていく。

 とにかく売れないシンガーソングライター・影山信博(渡辺さん)、とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯塚将希(菊池さん)、とにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家、マリック・ジョンソンJr.(アイクさん)が、恋愛インフルエンサー・ブル美(弘田佐知/石井杏奈さん)の助手となり、恋のキューピッドとして奮闘していく。

 影山の元カノ・谷村結花役で石川恋さんが出演するほか、シェアハウスに常駐する恋愛AIシミュレーター「六郎さん」の声を升毅さんが担当する。

 第1話は……影山、飯塚、マリックは、シェアハウスで共同生活を送っている。彼らは、恋愛を研究する大学院生・佐知(石井さん)の運営する恋愛サイエンス総合研究所の住み込みアルバイトに採用されたのだった。研究所には、恋の悩み相談が舞い込み、3人は依頼人の悩みを解決する仕事を任される。

 研究所に大学生の果帆(大友花恋さん)が訪れる。果帆は毎朝乗る電車で東京から秋葉原に向かう間、ほんの12秒ぐらい同じスピードで並走する電車の窓際に立つ男性を見かけるようになった。しかし、最近、彼の姿を見られず、果帆は気になって仕方ない。どうやら果帆は、彼に恋をしたようだった。3人は、その彼を捜すことに。しかし、手掛かりは、果帆が電車の車内から彼を写した写真だけで……。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

<インタビュー>徳尾浩司 「おっさんずラブ」脚本家の完全オリジナル「イタイケに恋して」 「舞台を見ているような作品に」

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」のロゴ=読売テレビ提供
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」のロゴ=読売テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さん、渡辺大知さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演を務める連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が、7月1日からスタートする。不器用でモテない男子3人が、恋のキューピッドとして奮闘する物語で、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品だ。「3人がやりとりをしているところがこのドラマのキモ。舞台を見ているような作品になればいいな」と話す徳尾さんに、脚本執筆の裏側や見どころを聞いた。

 ◇舞台会話劇のような3人のやりとり 「書いていてずっと面白かった」

 ドラマは、とにかくプライドだけが高い売れない若手俳優・飯塚将希(菊池さん)、とにかくネガティブな売れないシンガーソングライター・影山信博(渡辺さん)、とにかくピュアな売れない外国人少女マンガ家、マリック・ジョンソンJr(アイクさん)が、恋愛インフルエンサー・ブル美(石井杏奈さん)の助手として恋愛相談の解決に奮闘するストーリー。影山の元カノ・結花(石川恋さん)、謎の恋愛AIシミュレーター六郎さん(升毅さん)らも交え、「ちょっぴりイタくて、ちょっぴりカワイイ男子たちを見守らずにはいられない“イタきゅん”ラブコメディー」が展開される。

 今作を手がける福田浩之プロデューサーとは、2015年に放送されたドラマ「婚活刑事」(読売テレビ・日本テレビ系)でもタッグを組んだ徳尾さん。「福田さんとは、『また一緒にドラマできたらいいですね』という話をしていて」と振り返った徳尾さんは、「福田さんから、うだつの上がらない3人がルームシェアをしながら、人の恋愛相談に乗ることによって、それぞれの恋愛の悩みを乗り越えていけるようなドラマがあったらいいなという企画を聞いて。二人で話しながら膨らませていった感じですね」と明かす。

 第1話では、恋愛を研究する大学院生・佐知(石井さん)が運営する恋愛サイエンス総合研究所に大学生の果帆(大友花恋さん)が訪れる。果帆は毎朝乗る電車で東京から秋葉原に向かう間、ほんの12秒ぐらい同じスピードで並走する電車の窓際に立つ男性を見かけるようになった。しかし、ここ最近、彼の姿が見られず、果帆は気になって仕方ない。果帆は、彼に恋をしたようで、飯塚ら3人はその男性を捜すことに……と展開する。

 劇中では、3人が一緒に一つのことについて話したり、考えたりする場面が多く、3人のやりとりが大きな魅力となっている。そんな3人のキャラクターはどのように誕生したのだろうか。

 「たとえば『一目惚れするか、しないか?』に関しても、渡辺さん演じる影山は『僕はあんまり一目惚れしない』と言うけど、菊池くん演じる飯塚は『僕は一目惚れしかないね』と言いそうだな、ということをどんどん絡めていくと自然に3人が会話している感じで。どういう意見を言うのかな? と書いていくうちに、キャラクターが定まっていった」と明かす。

 「そういうのって今まで書いていてもあんまり経験がない」と続けた徳尾さんは、「今まで自分が書いてきたドラマは展開も多く、じっくりと話し合うシーンが少なかったので、今回はそれが新鮮な体験で、書いていてずっと面白かったです。舞台会話劇っぽくて、ワンシチュエーションのドラマを書いているような気分でした」と話す。

 ◇キャスティングは「お任せ」 こだわりは?

 キャスティングに関しては、普段から「こういう人がいい」といった注文はしないという徳尾さん。「どのドラマでも(制作サイドに)お任せするようにして。自分が思っているキャスティングと物語が一致しすぎていると、飛躍がなくて面白くなかったりするので、この台本を読んで、“プロデューサーが考えるキャスティング”というものに期待しています」と話す。

 菊池さん、渡辺さん、アイクさんの3人が決まったときには、わくわくしたといい、「3人が今まで歩んできた人生や、キャラクターが違うという設定なので、一堂に会したときに思いがかぶらず、ケンカしない感じが、書いていても楽しかったです」と明かす。

 そんな3人が暮らすのは、教会を改修したシェアハウスで、徳尾さんも足を運んだ。「すごくいいところで、共同生活をするのが楽しそう。自分もその場に加わりたいなと思うような空間でした」と表現。「『こんな小道具がある!』とか、『ここからここまで歩いて20秒くらいなので、こういう会話ができるな』と、距離感をつかむためにも、見に行ってよかったなと思いました」と続ける。

 シェアハウスでともに生活をして、間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“さまざまな恋の形”と向き合っていく3人。たとえば、「相手と一瞬しか会えていないけれど好きになってしまった人」や、「顔は見たことないけれど、好きになってしまった人」、「明日結婚するけれど、結婚式からは逃げたい人」など、変わった相談者たちが登場するといい、「いろいろな恋愛のパターンがあるところが、今回のこだわりかもしれないですね」とアピールする。

 ◇脚本家として大切にしていること

 今作のような完全オリジナル作品のほかにも、原作のある作品の脚本を手がけることもある徳尾さん。そんな徳尾さんが脚本家として大切にしていることを尋ねてみた。「毎回チームが違うと、挑み方が自分でも違うんです。このチームにおいて『僕ができるベストはなんだろう?』と考えたり、試行錯誤をします」と明かす。

 チームによって雰囲気も違い、求められることも違う。オリジナル作品だからといって、「徳尾さんのお好きにどうぞ」と言われることはない。「脚本家とプロデューサーは、マンガ家とマンガ編集者みたいな感じで(想像ですが(笑い))、膝をつき合わせて一緒に作っていくものなので、毎回パートナーによって作り方が違うんです。そのバランスを取るのが楽しくもあり、難しいところです」と続ける。

 コメディーを得意とする徳尾さんは、「自分に来たからにはコメディーの要素を大切にしています。そこはやっぱり一番こだわっている」と話す。ちなみに、今作はコメディーの要素が多いそうだ。

 最後に、視聴者に向けて、「男子3人の生活をのぞき見るような感じで、『ホント男ってバカなこと考えているなー』とか、『そういうことじゃないよ恋愛って』とか思いながら、優しく、生あたたかく見てほしい。リラックスして見れるドラマだと思いますので、ほっこり笑ってもらえたらいいなと思っています」と呼びかけた。

石川恋、渡辺大知の“ヤバイ”元カノ役 「イタイケに恋して」で「面白い役と出会えた!」

連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する(左から)大友花恋さん、石川恋さん、山崎紘菜さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する(左から)大友花恋さん、石川恋さん、山崎紘菜さん=読売テレビ提供

 女性ファッション誌「CanCam(キャンキャン)」(小学館)の専属モデルで女優の石川恋さんが、7月1日から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)に出演することが6月16日、分かった。石川さんは、渡辺大知さん演じるシンガー・ソングライター、影山信博の元カノ・谷村結花を演じる。

 結花は、影山にある大きなトラウマを作った女性。見た目は“デキる女”だが、暴力的で歯に衣着せぬ言動をするという役どころ。

 石川さんは、結花について「一言で言うと、“ヤバイ女性”です(笑い)。初めて台本を読ませていただいた時、面白い役と出会えた!とワクワクした半面、どう役作りをしようかとても悩みました」と語っている。スタッフや渡辺さんと話しながら、結花を作っていったと話し、「いろいろと“ヤバイ”女性なのに、好きになる気持ちや忘れられない気持ちが分かるなと思ってもらえるような、なんだか不思議な魅力のある女性を目指して、皆さんとのお芝居を楽しみながら演じていきたいと思います!」と意気込んでいる。

 第1話に大友花恋さん、第2話に山崎紘菜さんがゲスト出演することも発表された。大友さんと山崎さんは、恋愛に悩んでいる橘果帆、芦沢日奈美をそれぞれ演じる。

石井杏奈「イタイケに恋して」で“奇抜な格好” 菊池風磨らをスパルタ教育する恋愛インフルエンサーに

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する石井杏奈さん=読売テレビ提供
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する石井杏奈さん=読売テレビ提供

 女優の石井杏奈さんが、7月1日から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)に出演することが6月11日、分かった。ドラマは「Sexy Zone」の菊池風磨さん、渡辺大知さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんのトリプル主演作。石井さんは、菊池さんたちが演じる不器用でモテない男子3人をスパルタ教育する弘田佐知を演じる。

 佐知は、大学院で恋愛心理学を研究する大学院生で、自身の恋愛失敗談を自虐的に語って人気を博す「ブル美」としてSNSで人気を誇る恋愛インフルエンサーという二つの顔を持っている。不器用男子3人を、シェアハウスに住まわせて、自身の恋愛の研究に協力させているという役どころだ。年上の3人に対して、時に厳しく姉御のように教育する。

 石井さんはドラマについて「コミカルでポップな世界に個性的な登場人物たちが織りなす物語が、とても可愛くほほ笑ましくなりました」と語り、撮影については「スタッフ、キャストの皆様のとても明るく温かい雰囲気に癒やされ、パワーをいただきながら撮影してい
ます」とコメント。演じる佐知については「今までにない奇抜な格好の役」と話し、「少しでもこの世界に色を添えることができるよう努めたいと思います!」と意気込んでいる。

“遊園地のような”シェアハウスで撮入 菊池風磨「ワクワクしました!」 休憩中は即席英会話レッスン?

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供

 7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)でトリプル主演を務める俳優の渡辺大知さん、人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんが、6月上旬にクランクインした。劇中で3人が共同生活を送る教会を改修したシェアハウスの場面から撮影を開始。菊池さんは「筋トレマシーンがあったり、ちょっとした小部屋だとか……こんなところに住むのは憧れですね。遊園地のようなワクワクする感じがありました!」と感想を語った。

 「イタイケに恋して」は、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。不器用でモテない男子3人が、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして奮闘していく。渡辺さんはとにかく売れないシンガーソングライター・影山信博、菊池さんはとにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯島将希、アイクさんはとにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家のマリック・ジョンソンJrを演じる。

 ドラマでは、3人が日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら、“さまざまな恋の形”と向き合っていく。初日には「人は何秒間目が合うと恋に落ちるか?」について話し合うシーンが撮影され、休憩中にはアイクさんが「即席英会話レッスン」を開き、菊池さんに英語の発音を教えるなど、仲の良さも垣間見られたという。

 撮影初日を終え、渡辺さんは「この3人が集まれば、あべこべだけど、なんか妙にまとまっちゃうみたいな空気が初日から出来たな、と思っています。僕たち3人だけじゃなくて、スタッフさんも含めてすごく良い空気が作れていると思っています。引き続きこれからの撮影も楽しみです!」とコメント。

 アイクさんは「めちゃくちゃ緊張しました! はじめのうちは『ミスしちゃダメだ』という気持ちがあったんですが、やればやるほど楽しくなってきました」と言い、「明日の撮影も、あさっての撮影も、これからも全部楽しみになってきています」と期待を寄せた。

 菊池さんは「クランクイン初日はとにかく楽しかったです! 3人で事前のリハーサルを重ねてきたこともあって、今日はすごく楽しい掛け合いが出来ました」と充実感をのぞかせ、「マリックがスイカを割ったり、一緒に花火をしたり、夏満載の要素もたっぷりです!」とアピールした。

菊池風磨、渡辺大知&アイクぬわらと“非モテ男子”に!? 7月期連ドラ「イタイケに恋して」

7月から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」で主演を務める(左から)渡辺大知さん、Sexy Zoneの菊池風磨さん、アイクぬわらさん=読売テレビ提供
7月から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」で主演を務める(左から)渡辺大知さん、Sexy Zoneの菊池風磨さん、アイクぬわらさん=読売テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが、7月1日から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)に主演することが6月4日、分かった。ドラマは、菊池さんと、渡辺大知さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんがトリプル主演を務める。渡辺さんが地上波の連ドラで主演を務めるのは初めてで、アイクぬわらさんはドラマ初主演。

 ドラマは、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。不器用でモテない男子3人が、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして奮闘していくストーリー。3人は教会を改修したシェアハウスでともに生活をして、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“さまざまな恋の形”と向き合っていく。

 渡辺さんが演じるのは、とにかく売れないシンガーソングライター・影山信博(かげやま・のぶひろ)。路上で歌う傍ら、ウェブでは素顔を隠してビジュアル系ボーカルとして活動。一方で過去の恋愛に大きなトラウマがあり、恋が出来なくなってしまっているという役どころ。

 菊池さんは、とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯島将希(いいじま・まさき)を演じる。自信過剰で売れていないし、売れる気配もないが売れる自信はあるという役どころ。一方で惚れやすくて、すぐに本気で告白をしてしまうという一面も。毎話本気で恋をして、毎話本気で告白をしてしまう“令和の寅さん”スタイルも隠れた見どころになるという。

 アイクさんが演じるのは、とにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家のマリック・ジョンソンJr。少女マンガオタクで、マンガ家になることを夢見て来日してきたが、いまだ日の目を見ていないという役どころだ。

 プロデューサーの福田浩之さんは「プロデューサーの私がいうのもなんですが、今までにないドラマに出会える気がしてワクワクしています。世界は“多様性”に満ちています。そして、その“多様性”は、もちろん恋愛においても例外ではありません。不器用だけど一生懸命な3人の男が、様々な境遇や立場の人間が持ち込む愛の悩みに向き合い、悪戦苦闘する姿を通して、現代社会における“好きの多様性”、そしてそれでも変わらない“好きの普遍性”=“どんな形であろうと恋することの素晴らしさ”を3人と一緒に感じて頂きたいです」とコメントしている。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

イタイケに恋して読売テレビ・日本テレビ系
2021年7月1日スタート 木曜午後11時59分放送