WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼 あらすじ

WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼あらすじ

 ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼」は、“乙女ゲーム史に残る名作”との呼び声も高い女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」が、WOWOWオリジナルドラマとして実写化。同ゲーム初の実写化で、主演を崎山つばささんが務める。WOWOWオリジナルドラマ初主演の崎山さんは、「鬼の副長」と呼ばれ恐れられながらも、己の信念のために刀をふるう新選組副長・土方歳三を演じる。

 「薄桜鬼」は、2008年にゲーム第1作が発売。その後、テレビアニメ、劇場版アニメ、舞台、ミュージカル、コミックなど、さまざまなメディアミックス展開がなされ、1作目の発売から13年がたった現在でもシリーズを重ねる大ヒット作となっている。

 物語の舞台は、幕末の動乱期。行方不明の父を捜して江戸から京を訪ねてきた少女・雪村千鶴の前に、人とは思えぬ恐ろしい所業を繰り広げる「羅刹」と、土方歳三(崎山さん)が率いる「新選組」の隊士たちが現れる。羅刹を一瞬のうちに斬り捨てる新選組だったが、千鶴の父・綱道には羅刹と新選組に切っても切れぬ因縁があった。やがて千鶴は、新選組に身を置き、父を捜すことになり……というストーリー。全10話。

 「WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼」は、東映京都撮影所で撮影を実施。WOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信される。第1話は無料放送。放送、配信時期は後日発表される。

ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼 」のあらすじ

WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼WOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信
第1話は無料放送。放送、配信時期は後日発表