恋です!~ヤンキー君と白杖ガール あらすじ

恋です!~ヤンキー君と白杖ガールあらすじ

 ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール」(日本テレビ系、水曜午後10時)は、うおやまさんのマンガ「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)が原作。女優の杉咲花さんが主演を務める。杉咲さんが同局系のドラマで主演を務めるのは初めて。5月まで放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」後、初のドラマ出演となる。

 ドラマは、勝ち気だけど恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコと、けんかっ早いけど根は純粋なヤンキー・黒川森生(もりお)が繰り広げる“新世代ラブコメディー”。ユキコはある日、ヤンキーの森生と出会い、なぜかまとわりつかれるように。初めは森生に冷たい態度をとるユキコだったが、次第に彼の真っすぐさに引かれるようになる……というストーリー。

 杉咲さんが演じるのは、光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ。数年前に母を亡くし、父と姉と3人暮らしで、外を歩くときは白杖を持っている。見かけによらず口が悪いが、気を許すと天然で可愛らしい一面を見せる。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール」のあらすじ

恋です!~ヤンキー君と白杖ガール日本テレビ系
2021年10月スタート 水曜午後10時放送