DCU ニュース

阿部寛、日曜劇場4シリーズ5作品で主演 来年1月期「DCU」にも「安心感」「期待値上がる」

2022年1月スタートの連続ドラマ「DCU」に主演する阿部寛さん(C)TBS
2022年1月スタートの連続ドラマ「DCU」に主演する阿部寛さん(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが、2022年1月期にTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「DCU」で主演を務める。阿部さんは、これまで同枠で放送された「新参者」(2010年)、「下町ロケット」(2015、2018年)、「ドラゴン桜」(2021年)で主演。今作が4シリーズ5作品目の主演となり、SNSでは「阿部寛さんってだけで、すっごい安心感!」「期待値上がる」「面白そう! 楽しみ!」と反響を呼んでいる。

 ドラマは、海外の大手制作会社であるケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作品で、水中で起こった事件や事故の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く“ウオーターミステリー”。DCUの使命は「水中未解決事件を解明する」ことで、従来の海上水域だけでなく、警察の捜査では困難な“危険極まりない”河川や湖などにも潜り、隠された証拠を探していく。

 阿部さんが演じるのはDCUの隊長・新名正義(にいな・まさよし)。「海を汚されること」「真実が解明されないこと」が許せず、ルールを無視してでも真実を突き詰めるまで諦めない、という役どころだ。撮影は海上保安庁の全面協力のもと行われ、阿部さんらは海上保安庁所属のダイバーから指導を受けて臨むという。

阿部寛、2022年1月期日曜劇場で主演 海外大手制作会社と共同制作で水中舞台の“ウオーターミステリー”

2022年1月スタートの連続ドラマ「DCU」に主演する阿部寛さん(C)TBS
2022年1月スタートの連続ドラマ「DCU」に主演する阿部寛さん(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが、2022年1月期にTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「DCU」で主演を務めることが7月14日、分かった。水中で起こった事件や事故の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く“ウオーターミステリー”で、海外の大手制作会社であるケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作品。撮影は海上保安庁の全面協力のもと行われ、阿部さんらは海上保安庁所属のダイバーから指導を受けて臨むという。

 DCUの使命は、水中未解決事件を解明すること。従来の海上水域だけでなく、警察の捜査では困難な“危険極まりない”河川や湖などにも潜り、隠された証拠を探していく。

 阿部さんが演じるのはDCUの隊長・新名正義(にいな・まさよし)。「海を汚されること」「真実が解明されないこと」が許せず、ルールを無視してでも真実を突き詰めるまで諦めない、という役どころだ。

 キャスト、スタッフのコメントは以下の通り。

 ◇阿部寛さん

 この度、「DCU」という水中に特化した捜査をするという、新しいジャンルのドラマに挑戦することになりました。このジャンルのドラマは世界初だそうです。今からワクワクしています。海はもちろん、湖、川、プール……水があるところならどこでも駆けつけて捜査します。

 ダイビングシーンもあるそうで、今から準備を始めています。海上保安庁さんに全面協力していただいての迫力あるシーンと、ハリウッドなどで活躍されている海外のクリエーターとのコラボ。そこから生まれる映像もきっと皆さんに楽しんでいただけると思います。

 チームで全力で取り組みますので新しい要素がたくさん詰まった日曜劇場を楽しみにお待ちいただきたいと思います。よろしくお願いします。

 ◇伊與田英徳プロデューサー

 この企画を目にした時、ぜひともやってみたいと心躍ったのを昨日のことのように覚えています。その時、この主人公の男は、阿部寛さんしかいないと勝手に確信しました。その阿部さんに、この役を演じていただけることになって今からワクワクしています。

 そして、今回、世界でたくさんのヒットドラマを輩出している制作会社のケシェットと、この素晴らしい企画を開発したファセット4と共同制作できることも大変楽しみです。さらに、日本の海を守っている海上保安庁のご協力でリアリティーを追求した撮影ができることになりました。迫力のある映像も楽しみです。

 世界で活躍する皆さんとスクラムを組んで、日曜劇場を支えてきていただいた阿部寛さんと、水に恵まれた日本でしかできない一期一会のドラマを全力で作っていきたいと思います。楽しみにお待ちいただきたいと思います。