古見さんは、コミュ症です。 あらすじ

古見さんは、コミュ症です。あらすじ

 ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」は、マンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のオダトモヒトさんの人気マンガを実写ドラマ化。主人公の男子高校生・只野仁人を増田貴久さん、ヒロインの美少女・古見硝子を池田エライザさんが演じ、NHKの「よるドラ」枠(総合、月曜午後10時45分)で9月6日から放送。

 「古見さんは、コミュ症です。」は、2015年に同誌に読み切りが掲載され、2016年に連載がスタートした“コミュ症”コメディー。人の気持ちを察するのが得意な只野仁人が、コミュニケーションが苦手な“コミュ症”の古見硝子の「友達を100人作る」という夢に協力することになる……というストーリー。10月からテレビアニメもスタートする。

 ドラマは全8回。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズや連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」などの水橋文美江さんが手掛け、「おっさんずラブ」の瑠東東一郎さんがメガホンをとる。

ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」のあらすじ

<ドラマ紹介>「古見さんは、コミュ症です。」増田貴久主演で人気マンガ実写化 池田エライザが超コミュ症な“古見さん”に

NHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」第1回の一場面 (C)NHK
NHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」第1回の一場面 (C)NHK

 マンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のオダトモヒトさんの人気マンガを実写するNHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」が、同局の「よるドラ」枠(総合、月曜午後10時45分)で9月6日にスタートする。増田貴久さんが、「空気を読むことが得意」と自認する、“超普通の高校1年生”の主人公・只野仁人(只野くん)、池田エライザさんが、誰もが振り向くほど美しい学校のマドンナながら、コミュニケーションが苦手な“超コミュ症”のヒロイン・古見硝子(古見さん)を演じる。

 ドラマは、高校生活スタートの初日、実は人と話すことがほとんど出来ない悩みを抱え続けている古見さんと、平凡で小心者の男子同級生・只野くんが急接近。二人は、ある途方もない目標に向かって、ぎこちなくも健気な一歩を踏み出す……という内容。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズや連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」などの水橋文美江さんが手掛け、「おっさんずラブ」の瑠東東一郎さんがメガホンをとる。

 万場木留美子役で吉川愛さん、長名なじみ役でゆうたろうさん、片居誠役で溝端淳平さん、阿瀬志吹役で筧美和子さん、潔清子役で大西礼芳さんも出演する。

 第1回では、志望校に合格し、4月から新たに高校生となった只野仁人(増田さん)は、波風立たない3年間を送ると固く決心し、初登校の朝を迎える。昇降口で靴を履き替えているとそこで、美しい女子・古見硝子(池田さん)と出会う。すかさずあいさつをする只野くん。しかし、古見さんは無言のまま返事をしない。自分に落ち度があったのかと落ち込む只野くんだったが、古見さんのその態度には切ない理由があった……。