WOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」 あらすじ

WOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」あらすじ

 ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ『演じ屋』」は、俳優の磯村勇斗さんと女優の奈緒さんがダブル主演を務める。磯村さんは、連ドラ初主演。ドラマは、「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」シリーズなどでメガホンをとった野口照夫監督が2000年代初頭にインディーズ作品として制作した「演じ屋」をリメーク。今作も野口監督が脚本を担当し、メガホンをとる。磯村さんは、結婚式前日に痴漢の冤罪で仕事や婚約者を失ったトモキ、奈緒さんは、依頼された役になりきる職業・演じ屋をしているアイカに扮(ふん)する。奈緒さんが同局のドラマに出演、主演するのは初めてで、磯村さんと奈緒さんは今作が初共演となる。

 痴漢の冤罪で全てを失ったトモキがビルの屋上から飛び降りようとしていたところ、演じ屋のアイカと出会う。トモキはアイカを雇い、痴漢の冤罪に追い込んだ犯人たちに復讐(ふくしゅう)しようとする。一方、アイカも、トモキを演じ屋に引き込み“ある復讐”を企てていた……という展開。トモキがアイカとの復讐を通じて成長する姿と、2人の恋模様も描かれる。

 7月30日から毎週金曜午後11時半にWOWOWプライムで放送。WOWOWオンデマンドでも配信される。第1話は無料放送。

ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ『演じ屋』」のあらすじ

WOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」2021年7月30日から毎週金曜午後11時半にWOWOWプライムで放送
WOWOWオンデマンドでも配信される。第1話は無料放送。