准教授・高槻彰良の推察 ニュース

見逃し配信の総再生回数が500万回超 東海テレビドラマ歴代1位の快挙 伊野尾慧×神宮寺勇太のバディー作

「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」シーズン1のポスタービジュアル=東海テレビ提供
「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」シーズン1のポスタービジュアル=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演で、8~9月に放送された東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察 Season1」(東海テレビ・フジテレビ系)の全8話の見逃し配信が、8月7日~9月25日で総再生回数509万回(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)を記録したことが明らかになった。4~5月に同枠で放送された「最高のオバハン 中島ハルコ」の全8話の総再生回数477万回を超え、東海テレビ制作のドラマで歴代1位となった。

 「准教授・高槻彰良の推察」は、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる完全記憶能力を持つ民俗学准教授・高槻彰良(伊野尾さん)と、怪異現象を経験したことでうそが分かる能力を手にした大学生・深町尚哉(神宮寺勇太さん)の凸凹バディーが、怪異事件にまつわる謎に挑む物語。

 シーズン2が10月10日からWOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで放送・配信される。

伊野尾慧、撮影現場での“怪異”告白 神宮寺勇太&岡田結実に「何を2人そろって!」 小池徹平が見た“驚きの光景”も

「准教授・高槻彰良の推察 Season2」の会見に参加した(左から)小池徹平さん、伊野尾慧さん、神宮寺勇太さん、岡田結実さん=WOWOW提供
「准教授・高槻彰良の推察 Season2」の会見に参加した(左から)小池徹平さん、伊野尾慧さん、神宮寺勇太さん、岡田結実さん=WOWOW提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが9月29日、主演を務める東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察 Season2」の会見に登場した。怪異事件の謎解きを描く本作にちなみ、会見ではキャスト陣が撮影現場で起こった“怪異”についてトーク。伊野尾さんは共演者の「King & Prince」の神宮寺勇太さん、岡田結実さんの名前を挙げ、「この2人にはさまれながらシリアスなシーンを演じる。これぞ怪異」と語った。

 岡田さんは「撮影中におなかの鳴りが止まらなかった。伊野尾さんの長ぜりふの時に神宮寺さんからグググと始まって、それに私も影響された」といい、神宮寺さんは「声量ならぬ腹量。鳴ったときは冷や汗が出ました。本番よーい、グググですからね」とエピソードを披露。伊野尾さんは「何を2人そろって腹をすかせているんだ!?と思った」と振り返った。

 また、伊野尾さんは「2人(神宮寺さんと岡田さん)のあいさつの仕方がおかしい!」と明かし、なぜか両腕を上げながらあいさつしていたことを告白。神宮寺さんは「ボディーランゲージというか。昔飼っていたザリガニがよくやっていた威嚇を思い出して、それをあいさつにしていました。悪い意味のない威嚇です」と説明し、それをまねしていた岡田さんを爆笑させた。

 今作は、8~9月に東海テレビ・フジテレビ系で放送された連続ドラマの続編で、シーズン2からは新たに小池徹平さんが参加。小池さんは、撮影初日に短パン姿で現場入りしたところ、「みんなが『小池さんが短パンだ!』と喜んでいて、しかもなぜかみんな短パン姿だった。僕としては何が起きたのかわからなかった」と、現場での“怪異”を語った。

 小池さんの話を受けた伊野尾さんは「その情報を事前に聞いていたので、小池さんが参加する初日にみんなで短パンをはこうと話し合った」といい、岡田さんは「私も結構攻めた短パンをはいていきましたが、男性の皆さんのおみ足がきれいで……」と“複雑な心境”を明かした。

 ドラマは、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる“完全記憶能力”を持つ民俗学准教授・高槻彰良(伊野尾さん)と、過去に怪異を経験したことでうそが分かる能力を手にしてしまった大学生・深町尚哉(神宮寺さん)の凸凹バディーが、怪異事件にまつわる謎に挑む。岡田さんは高槻の研究室に所属する大学院生の生方瑠衣子、小池さんは高槻に接触する謎のフリーカメラマン・寺内一を演じる。

 シーズン2は、10月10日から毎週日曜午後11時にWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。全8話で、第1話は無料放送。

WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供

<ドラマ紹介>「准教授・高槻彰良の推察」 伊野尾慧&神宮寺勇太がバディーに

人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが主演を務める「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」のワンシーン=東海テレビ提供
人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが主演を務める「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」のワンシーン=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演の東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察 Season1」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)が8月7日に始まる。見たもの全てを一瞬で覚えられる完全記憶能力を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾さん)と、過去に怪異現象を経験したことでうそが分かる能力を手にした大学生・深町尚哉(「King & Prince」の神宮寺勇太さん)の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」など怪異事件の謎に挑む。伊野尾さんは初の連続ドラマ単独主演。

 第1話は……怪異体験から、人のうそがゆがんで聞こえるようになった大学生・深町尚哉(神宮寺さん)が、何となく受講した民俗学の講義で出会ったのは、完全記憶力を持ち、怪異現象にしか興味のない准教授・高槻彰良(伊野尾さん)。変わり者だが言葉にうそがない高槻に尚哉は興味を持つ。

 そんな中、近所の小学校のとあるクラスで「コックリさん」を巡る怪異事件が起きる。担任の平原まりか(志田未来さん)と副校長の真鍋和夫(温水洋一さん)が困り果てる中、尚哉はなぜか高槻と助手の生方瑠衣子(岡田結実さん)と共にその謎を追うことに……。

 原作は澤村御影さんの同名ミステリー小説シリーズ(角川文庫)。高槻研究室に所属する大学院生・生方瑠衣子役で岡田さん、一見チャラそうだが根は真面目な尚哉の同級生・難波要一役で須賀健太さん、高槻を支える幼なじみの刑事・佐々倉健司役で吉沢悠さんも出演する。全8話のシーズン1が東海テレビ・フジテレビ系で放送。シーズン2は10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。

「准教授・高槻彰良の推察」伊野尾慧の役作りに「安心」 神宮寺勇太は「シーンをイメージ以上に」 ドラマP明かす撮影の裏側

連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」のポスタービジュアル=東海テレビ提供
連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」のポスタービジュアル=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演の連続ドラマ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(東海テレビ・フジテレビ系)が、8月7日から「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)枠でスタートする。本作を手がける松本圭右プロデューサーは、准教授・高槻彰良を演じる伊野尾さんの役作りに「安心した」といい、高槻のバディーとなる孤独を抱えた青年・深町尚哉役の神宮寺勇太さんは「台本を読んだときのイメージ以上のシーン」を作り出していると明かす。松本さんが現場の様子やキャストの表現力、本作の見どころを語った。

 ドラマは、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる“完全記憶能力”を持った民俗学の准教授・高槻と、過去に怪異を経験したことでうそが分かる能力を手にしてしまった大学生・尚哉の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」といった怪異事件にまつわる謎に挑む。

 松本さんはキャスティングについて、「もともとキャラクターが強い原作なので、それに負けないくらいのパブリックイメージがある方がいいと考えていました。伊野尾さんなら理知的な准教授として説得力もあるし、それぞれの人が抱えているものに寄り添うような優しさを表現してくれるんじゃないかと思ったのでオファーしました」と裏話を披露。

 初めての読み合わせでは、「すごいなと思ったのは声の出し方をすでに考えてきていたこと。准教授という人に教える立場の人間のせりふなので、耳で聞いてちゃんと頭に入ってくるせりふ回しを最初から意識されていたんです」と話し、「相手(ドラマを見てくれる方)のことをちゃんと考えてるその姿に、『あ、高槻そのものじゃん』と安心したのを覚えています」と語った。

 一方、尚哉については「せりふが少なく、その分、彼が抱えている孤独やナイーブな一面を表情だけで表現しないといけないシーンが多いんです」と説明。「台本の『……』に込められた思いが実はとても重要」だといい、「そんな難しい『……』を神宮寺さんがちゃんと表現してくれています。尚哉のリアクションを見ていれば、そのシーンの意味が分かるくらい。台本を読んだときのイメージ以上のシーンがどんどん撮影できているので楽しみにしていただければと思います」と明かした。

 また、高槻の助手として調査を手伝う高槻研究室の大学院生・生方瑠衣子も登場。演じる岡田結実さんは「芝居への愛、情熱がすごい伸び盛りの元気女子」で、どんどん難しいシーンを作りたくなるといい、「育てると言うとおこがましいですが、間違いなく大女優になる素質を持った女性だと思います」と期待を寄せた。

 松本さんは「その女、ジルバ」をはじめ、これまでにも同枠のドラマを担当してきた。今作には、「ウツボカズラの夢」に主演した志田未来さん、「その女、ジルバ」に出演した久保酎吉さんらがゲストとして登場。「コネも使いながら(笑)、実力派に集まってもらえました。本当に理想的なバランスのキャスティングができている気がします。間違いなく“いい芝居”がお届けできるので、土曜の夜、怪異ミステリーの世界にどっぷりはまりこんでいただきたいです」と自信をのぞかせた。

 「准教授・高槻彰良の推察」は、全8話のシーズン1が東海テレビ・フジテレビ系で放送。シーズン2は10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、31歳の誕生日 サプライズで祝福され「最高ですね!」

8月7日スタートの連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」の撮影で誕生日を祝福されたHey! Say! JUMPの伊野尾慧さん(中央)=東海テレビ提供
8月7日スタートの連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」の撮影で誕生日を祝福されたHey! Say! JUMPの伊野尾慧さん(中央)=東海テレビ提供

 6月22日に31歳の誕生日を迎えた人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんのバースデーサプライズが、8月7日から放送される主演連続ドラマ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の収録現場で行われた。

 サプライズは、ロケで使われた図書館で行われた。伊野尾さん以外のキャスト、スタッフが、後から撮影現場に入った伊野尾さんに「明日、6月22日は伊野尾さんの誕生日でございます!」「おめでとうございます!」と祝福。サプライズを受けた伊野尾さんは「このタイミングなんだ!」と驚いたという。

 伊野尾さんは「30歳がこのドラマでスタートできて、そして31歳も楽しくなりそうだなと思いました。もう年を取るのもなんだかなという年齢になってきましたが、こうやって皆さんにお祝いしていただけるのは本当にありがたいなと思いました。やっぱり誕生日の月にドラマやるのは最高ですね!」と語っていた。

岡田結実、“ギャップ萌え”が魅力の大学院生に 伊野尾慧&神宮寺勇太ドラマに出演 巫女に変身も

ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する岡田結実さん=東海テレビ提供
ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する岡田結実さん=東海テレビ提供

 女優の岡田結実さんが、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演で、8月7日にスタートする東海テレビとWOWOW共同制作の連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」(土曜午後11時40分)に出演することが7月8日、分かった。岡田さんは、大学院生の生方瑠衣子を演じる。瑠衣子は、研究第一の生活を送っているボサボサ頭のメガネっ子。一方、塾でアルバイトをするときには、洗練されたビジュアルになるという“ギャップ萌え”が魅力の役どころだ。

 ドラマは、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる能力を持った民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾さん)と、うそが分かる能力を手にした大学生・深町尚哉(神宮寺勇太さん)のコンビが、「コックリさん」「神隠し」といった怪異事件に挑む。

 岡田さん演じる瑠衣子は、高槻の研究室に所属する大学院生で、根が明るく、誰とでもすぐに仲良くなれる性格。頭脳明晰で心根も優しい高槻を尊敬しており、助手として高槻の調査を手伝っている。瑠衣子は劇中で七変化もするといい、巫女(みこ)の姿も披露する。

 岡田さんは、「伊野尾さんはバラエティー番組で共演したことがあり、すごく頭の回転の速いすてきなお兄ちゃんというイメージでした。准教授・高槻彰良として会うと、どんな感じになるんだろうとそわそわしていたのですが、スーツ姿の伊野尾さんは、とても神々しかったです」とコメント。

 「神宮寺さんは、ご一緒した経験はなく、キラッキラのジャニーズの方という印象でした。ドラマではメガネをかけていて、見た目はいつもと違いますが、せりふ合わせをしたら、『尚哉だ!』と呼びたくなるくらい役にハマっていて、ゾクゾクしました。伊野尾さん演じる高槻と神宮寺さん演じる尚哉の距離感は、見ていてとても心地良く感じると思います」とアピールした。

 また、須賀健太さん、吉沢悠さん、吉田あかりさん、和泉ちぬさんがレギュラー出演するほか、各話のゲストとして、志田未来さん、山田杏奈さん、金澤美穂さん、奥村佳恵さん、市川由衣さん、馬渕英里何さん、鞘師里保さん、松本若菜さんが登場することも発表された。

伊野尾慧、“天然ちゃん”の後輩・神宮寺勇太が「可愛くてしょうがない」 ドラマで初共演 現場では互いに「申し訳ない」?

連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん(右)と「King & Prince」の神宮寺勇太さん=東海テレビ提供
連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん(右)と「King & Prince」の神宮寺勇太さん=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが連続ドラマ単独初主演を務める、8月7日スタートの「東海テレビ×WOWOW共同製作ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)。伊野尾さん演じる“異能”を持った民俗学の准教授・高槻彰良と、「King & Prince」の神宮寺勇太さん演じる“孤独”を抱えた青年・深町尚哉が織りなすヒューマンミステリーだ。これまで歌番組などでは共演経験がある2人だが、本格的にタッグを組むのは今回が初めて。「可愛くてしょうがない」「頭の良さを盗みたい」と語る互いの印象や、共演を通して見えてきた意外な一面、「申し訳ないと思った」という撮影でのエピソードを聞いた。

 ◇伊野尾の「頭の良さ盗みたい」 “天然ちゃん”神宮寺が「可愛くてしょうがない」

 伊野尾さんは今作が連ドラ単独初主演。「神宮寺くんもいるし、あまり大きくは捉えていませんが、非常にありがたい。責任感も芽生えて、良い作品にできるように頑張りたい」と思いを語る。

 神宮寺さんは2018年の「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(日本テレビ)以来、約3年ぶりの連ドラとなる。「映像のお芝居が久しぶりで、いろんなことを忘れているんじゃないかと不安でした」と話しながらも、「お芝居の勉強をたくさんしたいと思っていたので、お話を聞いたときは飛び上がりました! ありがとうございます!」と喜んだ。

 ドラマでの共演は初となる2人だが、互いにどんな印象を抱いているのだろうか。伊野尾さんは「King & Princeの平野紫耀くん、岸優太くん、高橋海人くんは、僕がMCを務めていた番組にゲストで来てくれたことがあって、みんな“天然ちゃん”のイメージ。神宮寺くんはどんな子なんだろうと会うのが楽しみでした」と話す。

 撮影で一緒に過ごす時間が増えた現在は「可愛くてしょうがない」といい、当の神宮寺さんも「ええ〜うれしい!」と思わず笑顔。伊野尾さんは「テレビで見ていると真面目でしっかりしたイメージが強かったけど、あるとき現場で『17時って5時ですよね!?』って言っていて(笑い)。神宮寺くんも危ういなと思いました」と、“天然ちゃん”な一面も明かした。

 一方、神宮寺さんは「 Jr.のころにHey! Say! JUMPさんのバックにつかせていただいたことがあるんですけど、僕もまだ小さかったし、メンバーの皆さんとお話しする機会はなくて。すごく勝手に人見知りなのかなと思っていました」と告白。しかし、「伊野尾くんがめちゃくちゃ優しく話しかけてきてくれて助けられました」と安心感を覚えたようだ。

 「それから、言葉の選び方が美しい。僕の頭の中で伊野尾くんの言葉がキラキラして見えます。僕も少しでも頭が良くなるように、この期間を通して伊野尾くんから盗もうかなって考えています」と憧れのまなざしも。伊野尾さんは「僕の何気ない言葉も、神宮寺くんは『頭良いですね!』って褒めてくれるんです。気分が良くて、ずっと続けばいいのにって思っています(笑い)」とうれしがっていた。

 ◇「ストイック」「現場を明るくしてくれる」 撮影現場での2人は…

 取材を行ったのはクランクインから3週間ほどたったころ。撮影の様子を聞いてみると、神宮寺さんは伊野尾さんに対して「申し訳ないと思うことがある」と言う。

 「僕は役柄的にセリフが多くはないんですけど、伊野尾くんはとても長いセリフがあるんです。しかもセリフを言いながら、黒板に文字を書くシーンもあって。僕だったら絶対できないって思うくらいすごい」と裏話を披露。「その間に僕がリアクションを取っていくんですが、伊野尾くんが長いセリフをキメたあとに失敗できない」と話しつつ、「だから“厳重に”台本を読んで現場に向かってます」と独特な表現で伊野尾さんを笑わせた。

 伊野尾さんは「逆に僕は、神宮寺くんがマイクも付けないまま、ずっと立ちっぱなしでセリフを聞いているだけなのが申し訳ない」と明かし、「自分だったら朝から晩までセリフを聞き続けるなんて、つらくてしょうがない(笑い)!」と冗談交じりにコメント。「僕が自分のセリフに追われたり、役のことでいっぱいになっていても、神宮寺くんが周りの方とコミュニケーションを取って、現場を明るくしてくれるので助かっています」と“後輩力”も絶賛した。

 そんな神宮寺さんは、伊野尾さんについて「すごくストイックな方で……」と現場での印象的な姿を語る。「段取りが終わった後、セッティングの関係でテストまで少し時間があるんですけど、そのときも伊野尾くんはずっと現場で黒板に文字を書きながらセリフを言う練習をされていて。こういうところを大きな背中から学んでいこうと思いました」と明かした。

 伊野尾さんは「いや、余裕がないだけだよ(笑い)」と話し、「初めてだよ、こんなこと言われたの! もっと大きな声で言って(笑い)!」と仲良しぶりをのぞかせていた。

 ◇ミステリーなのにラブコメ!? 伊野尾&神宮寺の“推しポイント”

 ドラマは、澤村御影さんの「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。完全記憶能力を持った民俗学の准教授・高槻彰良と、過去に怪異を経験したことでうそが分かる能力を手にしてしまった大学生・深町尚哉の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」といった怪異にまつわる事件の謎に挑む。

 神宮寺さんは、「ミステリーあり、怪異ありですが、ちょいちょいラブコメかな?って思うシーンもあります(笑い)」とアピール。「高槻先生は紳士ながらも、親しい人には人懐っこいギャップがあって可愛いんです。時々、ワンちゃんみたいなつぶらな瞳になるから、何だかトイプードルみたいに見えてきて……。そのシーンを楽しみにしています」とメロメロだ。

 「高槻先生と尚哉は凸凹なんですけど、それが逆に面白い。伊野尾くんと僕という組み合わせも普段見られないと思うので、作品として楽しんでいただきつつ、今回初共演の僕らがどう演じているのか、細かいところまでいろんな目線で楽しんでもらえたらと思います」と注目ポイントを語り、「ドラマを見て楽しく明日を迎えてください!」と呼びかけた。

 伊野尾さんは、「高槻が怪異に対していろいろな解釈を提示してくれる。まだまだ大変な毎日が続いていますが、自分が今置かれている状況も、ドラマを通して『こういう解釈にしたら少しは気持ちが楽になるかも』と感じてもらえたらうれしいです」とメッセージを届け、「明日から頑張ろうと思えるドラマになれば」と期待を込めた。

 ※高橋海人さんの「高」は「はしごだか」。

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、連ドラ単独初主演 “初共演”キンプリ神宮寺勇太とバディー 「准教授・高槻彰良の推察」

連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する神宮寺勇太さん(左)と伊野尾慧さん=東海テレビ提供
連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」に出演する神宮寺勇太さん(左)と伊野尾慧さん=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが、8月7日にスタートする東海テレビとWOWOW共同制作の連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」で主演を務めることが分かった。伊野尾さんが、連続ドラマで単独で主演を務めるのは初めて。人気グループ「King & Prince」の神宮寺勇太さんも出演することも発表された。伊野尾さんと神宮寺さんが連続ドラマで共演するのは初めて。ドラマは、全8話のシーズン1が8月7日午後11時40分に東海テレビ・フジテレビ系でスタートし、シーズン2が10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。

 ドラマは、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる“完全記憶能力”を持った民俗学の准教授・高槻彰良と、過去に怪異を経験したことでうそが分かる能力を手にしてしまった大学生・深町尚哉の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」といった怪異事件の謎に挑む。伊野尾さんが実年齢の30歳より、少し年上の設定の34歳の高槻役でクールで大人な演技に挑戦。神宮寺さんが深町役で、地味メガネ姿を披露する。

 伊野尾さんは「連続ドラマで初の単独主演という依頼に、すごく驚きました。皆さんに愛していただける作品になるように頑張りたいと思います」「神宮寺くんとは、これまであまり話す機会がなかったので、ドラマの仕事でガッツリ組むことができて楽しみです。天然なのかなと勝手に思っていますが、これだけ長期間一つの作品に向き合ったら、自然と仲良くなるんじゃないかなと思っています」とコメント。

 神宮寺さんは、主演の伊野尾さんについて「伊野尾くんは、人見知りなのかな?と思っていたのですが、僕の方が人見知りしていたんじゃないかと思うぐらい、すごく話しかけてくれます。もっと会話がはずみ、会話のキャッチボールがパンパンできるように、そういった面も伊野尾くんから学びたいなと思いました。長い期間撮影させていただくので、仲良くなれるのを楽しみにしています」と話している。

 ドラマを手がける東海テレビの松本圭右プロデューサーは「今回、伊野尾さん、神宮寺さんとご一緒するにあたり、最初にお願いしたことは『これまでのお二人のイメージを超越したい!』ということ。このドラマ自体が“現象”をどう“解釈”するか、が軸になっているのですが、だからこそ、『伊野尾さん、神宮寺さんに対するこれまでの世間からの解釈を変えてみたい!』と思ってしまいました。とは言え、どう解釈されているかは十人十色、玉虫色です。ならば、ご自身が新しいと思うことをやってもらうしかない、と脚本作りでも現場でもお二人に挑戦状をたたきつけるつもりで作品作りにまい進させてもらっています」とコメント。

 「伊野尾さんには“オトナ”、“クール”というキーワード、神宮寺さんには“孤独”、“地味”というキーワードからスタートしましたが、そんなキーワードすら超越するような新しい顔が次々と現場で生まれておりますので、新しいお二人の一面をぜひ楽しみにしていただければと思います」と語っている。

 WOWOWの高江洲義貴プロデューサーは「『准教授・高槻彰良の推察』はタイトルの通り、主人公である高槻彰良のキャスティングが何よりも重要でした。クールで大人な雰囲気の高槻ですが、彼の心の根底には優しさや思いやりがあります。伊野尾さんの普段のお姿を拝見するに、高槻役にとって何よりも必要なその優しさや思いやりを強く感じることができたので、今回オファーさせていただきました。一見、これまでの伊野尾さんの持つパブリックイメージとは違う役ですが、伊野尾さんでしか表現できなかった“高槻彰良”となっております」とコメントを寄せている。

准教授・高槻彰良の推察シーズン1 2021年8月7日午後11時40分に東海テレビ・フジテレビ系でスタート。全8話。
シーズン2 2021年10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信。