真犯人フラグ 視聴率

初回視聴率8.4% 「あな番」チーム再結集ミステリー 西島秀俊の“闘い”の始まり

ドラマ「真犯人フラグ」第1話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「真犯人フラグ」第1話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第1話が10月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です(あな番)」の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介(西島さん)の闘いを描くドラマだ。

 第1話では、凌介がある日、友人と酒を飲んで帰宅すると、妻・真帆(宮沢りえさん)と子供たちがいない。凌介は、週刊誌編集長の友人・河村(田中哲司さん)に相談。「記事にすれば注目されるかも」と提案される。凌介は戸惑いつつも乗ると、失踪は注目され、凌介に同情の声が集まる。だが失踪当日に、凌介が友人たちと飲んでいた写真もネット上で広まり、凌介に疑惑の目が集まる。真犯人、世間の目との凌介の闘いが始まる……という展開だった。

第2話視聴率7.2% 芳根京子が西島秀俊の家族捜索に協力へ

ドラマ「真犯人フラグ」第2話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「真犯人フラグ」第2話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第2話が10月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第2話では、凌介の運送会社に不審な荷物が届き、警察が動き出す。荷物の詳細は発表されなかったが、凌介に対するマスコミの取材攻勢は激化。会社には、「DV夫に荷物を運ばせるな」「殺人犯をかくまうつもりか!」などとデマを真に受けた人々から苦情が殺到する。凌介の部下の瑞穂(芳根京子さん)は、会社のためにも、凌介の家族を探す手伝いをさせてほしいと申し出る……という展開だった。

第3話視聴率7.3%で微増 西島秀俊に「お話ししたい」という人物現る

ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第3話が10月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。前週第2話の7.2%(同)から0.1ポイントアップした。

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介(西島さん)の闘いを描くドラマだ。

 第3話では、凌介は見知らぬ人物から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は瑞穂(芳根京子さん)と相談して、その人物と会うことを決める。現れたのは、ベンチャー企業「プロキシマ」の社長・橘一星(佐野勇斗さん)だった。一星は、凌介の家族は誘拐されたと断言。さらに、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出す……という展開だった。

第4話視聴率7.0% “凌介”西島秀俊がついに記者会見

ドラマ「真犯人フラグ」第4話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「真犯人フラグ」第4話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第4話が11月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 第4話では、凌介の会社に苦情電話が増え、会社を辞めたいと言い出す社員も現れる。凌介は支社長に呼び出され、記者会見で身の潔白を説明し、世間に誹謗(ひぼう)中傷をやめてほしいと訴えるように促される。会見を開くことになった凌介は、報道陣からの質問に丁寧に答えていく。だが、凌介の不倫を疑われる写真を記者に突き付けられてしまう……という展開だった。