最愛 キャスト

最愛キャスト

吉高由里子
田中みな実
松下洸平
井浦新
及川光博
薬師丸ひろ子
光石研
津田健次郎
高橋文哉
奥野瑛太
酒向芳
佐久間由衣

吉高由里子、TBS「金曜ドラマ」初主演 社長役で「不安はあります」 「リバース」制作陣のラブサスペンス

10月スタートの連続ドラマ「最愛」で主演を務める吉高由里子さん(C)TBS
10月スタートの連続ドラマ「最愛」で主演を務める吉高由里子さん(C)TBS

 女優の吉高由里子さんが、10月からTBS系の「金曜ドラマ」枠(金曜午後10時)で放送される連続ドラマ「最愛」に主演することが8月14日、分かった。吉高さんが同枠のドラマで主演を務めるのは初めてで、今作では、主人公で殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央を演じる。初めて社長を演じるという吉高さんは「少なからず不安はありますが、スピード感のあるストーリーと、どんな結末へ向かっていくのか、私自身楽しみながら、信頼できるスタッフ、キャストの皆さんと一緒に、真田梨央という役を精いっぱい演じたい」と語っている。

 ドラマは、梨央、梨央の初恋相手で事件の真相を追う刑事、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人の姿をオリジナルで描くラブサスペンス。新井順子プロデューサーが手がけ、脚本を奥寺佐渡子さんと清水友佳子さん、演出を塚原あゆ子さんが担当と、2017年4月期に同枠で放送された「リバース」の制作陣が再集結して制作する。

 2006年、梨央が青春時代を過ごしていた田舎町で失踪事件が発生。15年後、時代をリードする実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れる。封印したはずの事件が再び動き出し、過去の失踪事件が現在の殺人事件へとつながっていく……というストーリー。

 梨央は、将来の目標をかなえるために東京の大学の薬学部に進学。30歳で母親が経営する真田ホールディングスの関連会社「真田ウェルネス」の代表取締役に就任し、「世界を変える30代の社長」に選ばれるなど、世間から注目を浴びている。一方で、過去の失踪事件から現在の連続殺人に至る一連の事件の重要参考人となる、という役どころだ。

 コメントは以下の通り。

 ◇吉高由里子さん

 今作は、企画の段階から資料を読ませていただいたりしていたのですが、オリジナルドラマはこんなにも生みの苦しみがあるんだなと改めて感じました。一つの作品を生み出すこと、そして全員が同じ方向に進んで作品を作っていくという作業は本当に大変なことですが、皆がオリジナル作品に挑んで良かったと思えるようなゴールになればうれしいです。

 また、今回初めての社長役ということで、少なからず不安はありますが、スピード感のあるストーリーと、どんな結末へ向かっていくのか、私自身楽しみながら、信頼できるスタッフ、キャストの皆さんと一緒に、真田梨央という役を精いっぱい演じたいと思います。

 ◇新井順子プロデューサー

 これは誰にも言ったことはないのですが、初恋を絡めたオリジナルサスペンスを作ろうと思ったきっかけは、2019年に放送した「わたし、定時で帰ります。」で吉高さんと出会ったことがきっかけでした。

 「定時」で吉高さんが演じた結衣は、軽やかで自分らしく生きる女性。まさに吉高さんそのもの。ピッタリなキャスティングだと思っていたある日、結衣が倒れている彼氏を発見して救急車を呼ぶシーンがありました。そこでの吉高さんの緊迫感ある表情を見たとき、ゾクッとしました。吉高さんにはまだ見たことのない姿があるのではないか? 「かなわない恋をしながら追いつめられ、守るべきもののために苦悩していく吉高由里子」。そんなストーリーが頭に浮かびました。もちろん、吉高さんにオファーを受けてもらえるかは分からないのですが(笑い)。

 そんなこんなで、2年練ったオリジナルサスペンスが「最愛」です。私の頭にあった吉高さんは現実となり、今はどんなふうにキャラクターを動かしてくれるのかとワクワクしています。そして脚本は、奥寺さんと清水さん。私の心の支えでもあります。今までもサスペンスを一緒に作ってきましたが、今回はまた一味違った作品にできればと思います。

 物語の説明を詳しくしてしまうと、先入観が邪魔をして楽しめないと思うので、あえていたしません! 登場人物たちが、“最愛のもの”のために、どのように動き、どんな感情が生まれ、何が起こるのか? サスペンスストーリーの中に、家族愛や初恋などのラブ要素を織り交ぜ、“最愛”をテーマにした人間ドラマです。ぜひお楽しみください!

松下洸平、10月ドラマ「最愛」で吉高由里子を追う“最愛の人”に 井浦新は「アンナチュラル」以来の“金10”出演

連続ドラマ「最愛」に出演する松下洸平さん(左)と井浦新さん(C)TBS
連続ドラマ「最愛」に出演する松下洸平さん(左)と井浦新さん(C)TBS

 俳優の松下洸平さんが、10月スタートの連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが8月26日、分かった。吉高さん扮(ふん)する、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央を追う捜査1課の刑事で、かつて梨央が心を通わせた“最愛の人”でもある宮崎大輝を演じる。また、井浦新さんが、あらゆる手段を使って梨央を守る弁護士・加瀬賢一郎を演じることも発表された。井浦さんは2018年1月期に同枠で放送された「アンナチュラル」以来のTBSドラマ出演となる。

 大輝は、かつて高校生の梨央が恋心を抱いていた大学生で、陸上部のエースとして活躍し、梨央の父親が寮夫をする寮で暮らしていた。梨央の大学進学をきっかけに離ればなれになるが、15年越しに再会。刑事として梨央が重要参考人となった事件を担当することになる。

 一方、加瀬は梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の法務部に所属し、真田グループの“番犬”として真田家と会社を守る弁護士。次第に梨央に思いを寄せ、警察や世間から疑惑の目を向けられる梨央を全力で守り抜こうとする。

 キャストのコメントは以下の通り。

 ◇松下洸平さん

 このような大役をいただくことができてうれしくもあり、同時にとても驚きました。塚原監督と新井プロデューサーとは「MIU404」でご一緒させていただいたのですが、「またご一緒できるように頑張らないとな」と思っている中でお声がけをいただいたので、「えっ!?」と一瞬時が止まってしまいました。

 「最愛」はすごく攻めた作品だと思います。完全オリジナルストーリーではあるのですが、どこかリアルな部分もたくさんある。だからこそ芝居をしっかりやらないといけないですし、生半可な気持ちでは太刀打ちできない作品だと感じました。でも時にはキュンキュンする会話のやり取りがあったりと、いろいろな方面で楽しめる台本になっています。そして今回僕は陸上をやっている役なので、ちゃんとリアルに感じていただけるよう、今から頑張って走り込みます(笑い)。

 ◇井浦新さん

 新井プロデューサー、塚原監督とのお仕事は「アンナチュラル」以降2度目になるのですが、お話をいただけてとにかくうれしかったです。前作に参加させていただいてから4年ほどたっているので、うれしさの一方で、その4年で積み重ねてきたものをしっかりと表現できるのか緊張感もありました。

 台本を読ませていただいて、この作品は独特なリズムのサスペンスだなと感じています。ただ事件が起きていくだけではない、いわゆるサスペンスの方程式がめちゃくちゃ。でもそれが物語の大きな個性となっています。「ここまで人物を掘り下げているのか」「このあとどうなっていくんだろう」と、独特なストーリーの組み立てになっていて、1話もここで終わるの!?と必然的に2話を早く見たくなるようになっています。

 塚原監督は外側のお芝居だけでなく、人間の内側の心を大切にしてそこを引き出して演出してくださるので、その丁寧な演出を受けながら、また新しいことにチャレンジできると思うと、うれしさと楽しさがあふれてきます。あと、新井Pが後ろの方からジッと見ている威圧感をまた受けるのも楽しみです(笑い)。

田中みな実、3期連続で連ドラレギュラー 吉高由里子主演「最愛」出演へ 「田中みな実っぽさをそぎ落としていかなければ」

10月スタートのドラマ「最愛」に出演する(左から)薬師丸ひろ子さん、光石研さん、及川光博さん、田中みな実さん (C)TBS
10月スタートのドラマ「最愛」に出演する(左から)薬師丸ひろ子さん、光石研さん、及川光博さん、田中みな実さん (C)TBS

 女優やタレントとして活躍する田中みな実さんが、10月スタートの連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが9月4日、分かった。4月期の「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)、放送中の「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に続き、3期連続の連ドラレギュラー出演となる。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高さん)、梨央の初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、梨央の弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)の3人の姿を描くラブサスペンス。

 田中さんは、フリーランスのノンフィクションライター・橘しおりを演じる。大手新聞社の記者だったが、忖度(そんたく)なしの記事を書きたくてフリーになったという役どころ。橘は、封印されていた梨央の過去を探る。

 及川光博さん、薬師丸ひろ子さん、光石研さんの出演も発表された。及川さんは、不動産やホテル事業を手がける「真田ホールディングス」の専務・後藤信介、薬師丸さんは、「真田ホールディングス」の社長で、梨央の母親の梓、光石さんは、梓と離婚した梨央の父親の朝宮達雄をそれぞれ演じる。

 田中さんは、「会社員として勤めていた局のドラマ作品に出演できることを感慨深く思います。物語の展開が目まぐるしく、早く先々の台本を読みたくてうずうずしています。自身の役柄に関しては、序盤はあまり出てこないのでまだつかみ切れていないというのが正直なところ。塚原監督には『極力、田中みな実っぽさをそぎ落としたい』と言われているので、意識的にそぎ落としていかなければな……と思っています(笑い)」とコメント。

 「とにかく色気を出さないように! 座るときは足を広げ、カメラの持ち方ひとつとっても荒々しく!と、普段の自分との対極を求められているようです。真相究明に躍起になる様や、取材対象に向かっていく気迫のようなものを感じる芝居ができればと思っています。クランクイン前なので、今はカメラの扱い方や、記者の方々のリアルを研究中です」と明かした。

津田健次郎、10月スタートの連ドラ「最愛」にレギュラー出演 松下洸平の上司の捜査1課係長

10月にスタートの連続ドラマ「最愛」に出演する(上段左から)佐久間由衣さん、高橋文哉さん、奥野瑛太さん(下段左から)酒向芳さん、津田健次郎さん(C)TBS
10月にスタートの連続ドラマ「最愛」に出演する(上段左から)佐久間由衣さん、高橋文哉さん、奥野瑛太さん(下段左から)酒向芳さん、津田健次郎さん(C)TBS

 人気声優の津田健次郎さんが、10月にスタートする吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが9月10日、分かった。殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央(吉高さん)を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)の上司で、警視庁捜査1課係長の山尾敦を演じる。

 ドラマは、女性実業家の梨央、梨央の初恋相手で事件の真相を追う刑事の宮崎、梨央の弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)の3人の姿を描くラブサスペンス。脚本の奥寺佐渡子さんと清水友佳子さん、新井順子プロデューサー、演出の塚原あゆ子さんと、2017年4月期に放送された「リバース」のスタッフが再集結して制作する。

 津田さん演じる山尾は、観察眼が鋭く、部下からの信頼も厚い人物。津田さんは「ミステリー仕立てで緊張感のある物語なのですが、僕も先が読めないので視聴者の皆様同様、先々のストーリーを楽しみにしています」とコメント。「また、現場でどんな雰囲気で撮影していくのかも楽しみです。共演者やスタッフのみなさんと一緒に楽しい現場にできればと思います。お芝居をするのが好きなので、どのような役にしていこうか楽しみな部分もあるので頑張っていきたいです」と意気込んだ。

 高橋文哉さん、奥野瑛太さん、酒向芳さん、佐久間由衣さんが出演することも発表された。高橋さんは、梨央が代表取締役社長を務める「真田ウェルネス」専務の後藤信介(及川光博さん)の指示のもと、会社の情報や梨央の素行を探る情報屋、奥野さんは、梨央の兄で「真田ビジネスサービス」の社長・政信、酒向さんは、15年前に失踪した子どもを探し続ける渡辺昭、佐久間さんは宮崎とコンビを組む所轄刑事・桑田仁美をそれぞれ演じる。