最愛 視聴率

初回視聴率8.9% 吉高由里子×松下洸平×井浦新のラブサスペンス

連続ドラマ「最愛」の第1話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「最愛」の第1話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)第1話が10月15日に15分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンスで、吉高さんは同枠ドラマ初主演となる。

 第1話では、「真田ウェルネス」の社長・真田梨央が、かつて心を通わせた宮崎大輝と15年ぶりに再会した時、大輝は刑事、梨央は殺人事件の重要参考人だった。15年前の2006年、岐阜県。梨央は、東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生で、白山大学陸上部男子寮で忙しく働く父・朝宮達雄(光石研さん)に代わり、弟・優(柊木陽太さん)の面倒をよく見る寮の看板娘だった。

 梨央が恋心を抱いていたのが、陸上部のエース・大輝で、大輝もまた梨央に思いを寄せていた。ある夜、達雄が留守にしていた寮で事件が起きて……という展開だった。

第2話視聴率8.9% 吉高由里子×松下洸平×井浦新のラブサスペンス 衝撃の事実も明らかに

連続ドラマ「最愛」第2話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「最愛」第2話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)第2話が10月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は前週第1話と同じく8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンスで、吉高さんは同枠ドラマ初主演となる。

 第2話では、思わぬ形で、梨央(吉高さん)と15年ぶりに再会した大輝(松下洸平さん)は、梨央に任意同行を求める。梨央に、遺体で発見された昭(酒向芳さん)との関係や、昭の息子・康介(朝井大智さん)の遺留品について尋ねる大輝。専務の後藤(及川光博さん)は、会社に戻った梨央に、フリー記者・しおり(田中みな実さん)から入手した写真を見せ、昭との関係を追及。梨央を心配した弁護士の加瀬(井浦新さん)は、今後は一人で警察と会わないよう約束させる。

 一方、捜査資料から、梨央が今も変わらずに新薬開発の夢を追いかけていることを知った大輝は、刑事として今回の殺人事件と15年前の事件のつながりを調べ始める……という展開で、同話では、梨央が高校3年生の頃に起きた出来事について、衝撃の事実が明かされた。

第3話視聴率8.6% 吉高由里子×松下洸平×井浦新のラブサスペンス 失踪した“弟”の行方

連続ドラマ「最愛」第3話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「最愛」第3話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)第3話が10月29日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンスで、吉高さんは同枠ドラマ初主演となる。

 第3話では、ぎこちないながらも昔のような空気の中で、梨央は大輝に事件当夜の事を話す。署へ戻った大輝は、梨央の足取りを付近の防犯カメラで確認するが、梨央の話に矛盾はない。相棒の桑田(佐久間由衣さん)も梨央は犯人ではないと感じるが、どこか煮え切らない大輝の態度が引っ掛かる。どうしても新薬開発を成功させたい梨央。説明会で評価されて新薬を承認されれば、突然失踪した弟・優が戻ってくるかも、との思いもあり……という展開だった。

 同話では、2012年に「姉ちゃんへ 僕は人を殺した。姉ちゃんが消してくれた記憶を僕は取りもどした。なかった事にはできない」という手紙を残し、姿を消してしまった梨央の弟・優を必死に捜す梨央の姿が描かれた。

第4話視聴率8.0% 吉高由里子×松下洸平×井浦新のラブサスペンス “情報屋”の正体が明らかに

連続ドラマ「最愛」第4話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「最愛」第4話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)第4話が11月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンスで、吉高さんは同枠ドラマ初主演となる。

 第4話では、警察は殺人事件の被害者・昭(酒向芳さん)に500万円を渡した男の足取りを追っていた。大輝は桑田(佐久間由衣さん)と共に真田ウェルネスを訪ね、梨央と加瀬に、心当たりの有無や事件当夜の加瀬の行動について聞く。

 翌朝、「疑惑だらけの治験薬」という新薬中傷の記事がネットニュースに出て、梨央を追い詰める。不安を感じた被験者が治験中断を申し出る事態になり、社内にも動揺が広がる。真田グループの株価にまで影響が出始め……という展開だった。

 同話のラストでは、高橋文哉さん演じる情報屋の“正体”が明らかにされた。梨央の元に、昭の首を絞める様子を撮影した動画と、「グランセントラルビルの屋上で待ってる」というメッセージが届く。梨央が屋上で待っていると、男性が姿を見せる。それは、これまで梨央の素行を探ってきた情報屋で、その正体は梨央の弟、優だった。

 SNSでは、「情報屋が梨央の弟の優なのでは?」と考察する人もいたことから、情報屋の正体について「やっぱりだったか」「いろいろな人の考察通り」などの声が上がった。

第6話視聴率8.1% “加瀬”井浦新の尽力により、“優”高橋文哉の罪は…

連続ドラマ「最愛」第6話のワンシーン (C)TBS
連続ドラマ「最愛」第6話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)第6話が11月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンスで、吉高さんは同枠ドラマ初主演となる。

 第6話では、警察に連行された優(高橋文哉さん)と面会した加瀬は、15年前の事件だけでなく、昭(酒向芳さん)の殺害も自らがやったことだと告げられる。公園で昭と争った時の様子が動画でイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、そのデータ解析をすることに。優の処遇を心配しておびえる梨央(吉高さん)は、優の置かれている状況を加瀬から聞く。加瀬に優しく励まされて、何とか眠りにつく。

 優のことで、後藤(及川光博さん)や兄・政信(奥野瑛太さん)から社長としての責任を追及される梨央。民間の科捜研に依頼していたデータ解析が完了し、加瀬はある疑問を抱く。大輝(松下洸平さん)ら警察も、優の証言による裏取りを基に現場周辺で聞き込みを進める。

 終盤では、加瀬の尽力により、優は昭の死には関与していないことが証明される。加瀬に付き添われ、警察署から出てくる優の姿を見た梨央は、思わず優に駆け寄り、抱きしめる。「ごめん」と謝りつつ「加瀬さんのおかげやな」と感謝する優。そんな二人を抱きしめるように、3人でハグをした加瀬は「本当によかった」と言って……。

 SNSでは、「毎回話が最高すぎて、毎週泣きながら見てる」「3人で抱き合うシーンめちゃめちゃいいな」「3人のハグ胸熱」「加瀬さんの包容力、今までずーっとあったけど、あそこで目に見えた形で見られたのすごく良かった」などのコメントが並んだ。