ムショぼけ ニュース

<ドラマ紹介>「ムショぼけ」 北村有起哉が連ドラ初主演 元ヤクザが14年ぶりのシャバで奮闘

連続ドラマ「ムショぼけ」の場面写真=ABC提供
連続ドラマ「ムショぼけ」の場面写真=ABC提供

 俳優の北村有起哉さんが連続ドラマで初主演する「ムショぼけ」(ABC、日曜午後11時55分)が10月3日に始まる。北村さん扮(ふん)する、刑務所を出た元ヤクザが14年ぶりのシャバで奮闘する日々を描く。

 原作は沖田臥竜さんの同名小説(小学館)で、映画「ヤクザと家族 The Family」チームの手掛ける任侠(にんきょう)コメディー。「ヤクザと家族 The Family」や映画「新聞記者」などの藤井道人監督がプロデュースする。

 舞台は兵庫・尼崎。北村さんは全編で関西弁を披露する。お笑いコンビ「コウテイ」の九条ジョーさんのほか、武田玲奈さん、松尾諭さん、木下ほうかさん、末成映薫さん、板尾創路さんらも出演する。

 第1話は……報奨金5000万円と自らの組をもたせてもらうことを条件に、敵対組長を襲撃したヤクザ・陣内宗介(北村さん)。しかし、刑務所暮らしが始まると報酬はほごにされ、組を破門され、妻に離婚届を突きつけられて全てを失う。

 14年後、晴れて出所した陣内は、カタギとして生きていくことを決意するが、ムショ暮らしの間に世は一変。レジ袋は有料、居酒屋は全面禁煙、スマホは使い方を覚えるだけで一苦労。ムショ暮らしで染みついた習性も抜けず、街中で奇妙な行動を取ってしまう。

 そんな陣内の前に、ムショ時代に世話になった刑務官の夜勤部長(板尾さん)が現れて……。

 放送後、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」で見逃し配信される。

北村有起哉、連ドラ初主演「恐縮さと気合が入り乱れています」 “任侠コメディー”で関西弁も披露

10月スタートの連続ドラマ「ムショぼけ」で主演を務める北村有起哉さん=ABC提供
10月スタートの連続ドラマ「ムショぼけ」で主演を務める北村有起哉さん=ABC提供

 俳優の北村有起哉さん(47)が、ABCのドラマ枠「ドラマ+(プラス)」(日曜午後11時55分)で10月3日から放送される連続ドラマ「ムショぼけ」に主演することが8月17日、分かった。北村さんが連続ドラマで主演を務めるのは初めてで「この歳になって、初めて連続ドラマの主役をやらせていただくことになり、恐縮さと気合が入り乱れております」とコメントしている。

 「ムショぼけ」は、9月7日に発売される沖田臥竜さんの同名小説(小学館)が原作の“任侠コメディー”。北村さん演じるヤクザの陣内宗介は、5000万円の報奨金と自らの組をもたせてもらうことを条件に、敵対する組織の組長を襲撃したが、刑務所に入った途端に全ての約束を破られ、組も破門。14年にわたる刑期を終えて出所した陣内はカタギになることを決意。しかし、コンビニのレジ袋は有料、居酒屋は全面禁煙と、様変わりした世の中に困惑する……という展開。

 ドラマは兵庫・尼崎が舞台で、尼崎を中心にオール関西ロケで撮影。北村さんは劇中で全編にわたって関西弁を披露する。

 ドラマは、テレビ神奈川でも10月5日から火曜午後11時に放送。

 ◇北村有起哉さんのコメント

 この歳になって、初めて連続ドラマの主役をやらせていただくことになり、恐縮さと気合が入り乱れております。元ヤクザが14年という長い刑期を終えて、まっとうな社会に居場所を見つけ出そうと奮闘する日々。浦島太郎のように、時代の流れに面食らいながらも、この主人公は喜怒哀楽をストレートにさらけ出し、家族に支えられながら、なんとかしがみついていきます。クセのある人しか出てこない尼崎ワールド! とくとご堪能くださいませ。

ムショぼけABC ドラマ枠「ドラマ+(プラス)」(日曜午後11時55分)
2021年10月3日から放送
テレビ神奈川でも10月5日から火曜午後11時に放送。