婚姻届に判を捺しただけですが ニュース

<SNS反響>“明葉”清野菜名の“ネクタイキス”に反響続々 「キュンキュンしすぎた」「そのテク使いたい」

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が、11月23日に放送された。ラストでは、清野さん演じる明葉が、百瀬(坂口さん)のネクタイを引っ張り、キスをする展開で、視聴者からは「ネクタイ掴んでからのキスはキュンキュンしすぎた」と反響があった。

 第6話では、百瀬の不毛な恋を知った明葉は、自分の入り込む余地はないと思い知る。それでも一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守せねばと意気込んでいた。一方、仕事では、明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まりさん)から本の装丁依頼があったが、うまくいっているとは言い難い状況で……。

 そんな中、自宅の階段で転んでしまった明葉。「折れているのは足じゃなくて、心なんで……」という明葉の言葉を聞いた百瀬は、「励ましてもいいですか?」と許可を取りつつ、明葉にキス。「元気、出ましたか?」と伝えるが、明葉は怒ってしまい……。

 ラストでは、なぜ自分にキスをしたのかと百瀬に問いかける明葉が描かれた。「友達だから励まそうと」という百瀬に、“友達”以外の気持ちはなかったのかと聞くと、百瀬は「なんで僕はキスをしたんでしょう。キスしてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。「私がほしいのは謝罪じゃありません」と伝えた明葉は、百瀬のネクタイを引っ張り、百瀬とキスをして……と展開した。

 SNSでは、「ネクタイ引っ張ってキス! やばい」「ネクタイぐいーっと引っ張ってキスしたい」「ネクタイ引っ張ってキスするやつ、めっちゃ好き」「ネクタイキス、めちゃくちゃ良かった」「是非私もそのテク使いたい」というコメントが並び、注目を集めていた。

<SNS反響>「キスしようかなと思って」「…だめ?」 ぐいぐい迫る“唯斗”高杉真宙が話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する俳優の高杉真宙さん(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する俳優の高杉真宙さん(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が、11月23日に放送された。高杉真宙さん演じる唯斗が、明葉(清野さん)にキスをしようとする場面が登場。視聴者からは、「ハンオシ最高なんだが! 高杉くんかっこいー!」「はぁぁ、キス寸止めやばかった~」と興奮の声が続々と上がっていた。

 第6話では、百瀬(坂口さん)の不毛な恋を知った明葉は、自分の入り込む余地はないと思い知る。それでも一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守せねばと意気込んでいた。一方、仕事では、明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まりさん)から本の装丁依頼があり……。

 そんな近況について、明葉が「ここんとこいろいろあって、なかなかそっち(仕事)に頭切り替えられないんだよね~」と話すと、唯斗が明葉にキスをしようとする展開に。驚く明葉に、唯斗は「キスしようかなと思って。元気出るかな~って。……だめ?」と話す。「いいわけないでしょ? 付き合ってもないのに」という明葉に、唯斗は「アッキーのこと好きになってもいい?」とぐいぐいと迫って……。

 SNSでは、「高杉くん可愛いよ」「唯斗キュン」「グイグイな高杉真宙の魅力えぐ」「『キスしようかなと思って』よりも『だめ~?』のほうが破壊力がえぐかった」「高杉くんの透明感に毎回やられてる」などのコメントが並んでいた。

<SNS反響>“美晴”倉科カナのキャラに「ラスボス感半端ない」の声 涙の演技も話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が、11月16日に放送された。百瀬柊(坂口さん)の兄・旭(前野朋哉さん)の妻、美晴を演じる倉科カナさんについて、視聴者からは「倉科カナの小悪魔キャラがスゴイ」「恋愛ドラマにおけるラスボス感半端ない」などの声が上がり、話題を集めた。

 第5話で、離婚届を残していなくなってしまった美晴を、不動産屋の前で見つけた百瀬。家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案し、明葉(清野さん)、百瀬、美晴の3人で生活をすることに……。そんな中、隣の家が火事になり、取り残された猫を助けようとしてケガをしてしまった旭。病院に駆けつけた美晴は、「どんだけ心配したと思ってるの!?」と涙を流し、旭への思いに気がつくのだった。

 終盤では、美晴が百瀬のことを好きになってたのでは?と考えていた明葉が、「ちなみに確認なんですけど、本当はお父さんみたいな人を好きになってた、とか? あっもしかして美晴さんが好きだったのは……」と話すと、美晴は「明葉ちゃん。何事も白黒つけようとしちゃダメよ」と言って微笑んで……。

 SNSでは、「やっぱり倉科カナ強い」「倉科カナはああいう役似合う」「美晴にめちゃくちゃイライラする」「美晴ってなんか苦手……」といったコメントが並ぶなど、さまざまな反響があった。また、倉科さんが涙を見せるシーンについて、「倉科カナの泣きの演技素晴らしい」「倉科カナちゃんの泣きの演技で泣いちゃった」などの感想も書き込まれていた。

<SNS反響>“美晴”倉科カナのキャラに「ラスボス感半端ない」の声 涙の演技も話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が、11月16日に放送された。百瀬柊(坂口さん)の兄・旭(前野朋哉さん)の妻、美晴を演じる倉科カナさんについて、視聴者からは「倉科カナの小悪魔キャラがスゴイ」「恋愛ドラマにおけるラスボス感半端ない」などの声が上がり、話題を集めた。

 第5話で、離婚届を残していなくなってしまった美晴を、不動産屋の前で見つけた百瀬。家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案し、明葉(清野さん)、百瀬、美晴の3人で生活をすることに……。そんな中、隣の家が火事になり、取り残された猫を助けようとしてケガをしてしまった旭。病院に駆けつけた美晴は、「どんだけ心配したと思ってるの!?」と涙を流し、旭への思いに気がつくのだった。

 終盤では、美晴が百瀬のことを好きになってたのでは?と考えていた明葉が、「ちなみに確認なんですけど、本当はお父さんみたいな人を好きになってた、とか? あっもしかして美晴さんが好きだったのは……」と話すと、美晴は「明葉ちゃん。何事も白黒つけようとしちゃダメよ」と言って微笑んで……。

 SNSでは、「やっぱり倉科カナ強い」「倉科カナはああいう役似合う」「美晴にめちゃくちゃイライラする」「美晴ってなんか苦手……」といったコメントが並ぶなど、さまざまな反響があった。また、倉科さんが涙を見せるシーンについて、「倉科カナの泣きの演技素晴らしい」「倉科カナちゃんの泣きの演技で泣いちゃった」などの感想も書き込まれていた。

<SNS反響>“百瀬”坂口健太郎の着替えシーンに「可愛すぎる」の声 ラストシーンに注目も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が、11月16日に放送された。熱が出てダウンしてしまった坂口さん演じる百瀬柊(しゅう)が、新しいパジャマに着替えるシーンが登場。視聴者からは、「お着替えする坂口健太郎可愛すぎる」などの声が上がった。

 第5話では、離婚届を残していなくなってしまった美晴(倉科カナさん)を、不動産屋の前で見つけた百瀬。家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案し、明葉(清野さん)、百瀬、美晴の3人で生活をすることに。

 そんな中、体調を崩してしまった百瀬。明葉から新しいパジャマに着替えた方がいいと言われ、明葉の様子を気にしながら素早く着替えることに。また、着替えたパジャマをベッドに隠した百瀬は、「汚いんであとで自分で洗濯カゴに……」と話すと、明葉は「そんなとこに入れといたら臭くなっちゃいますよ、貸して」とパジャマを受け取る展開だった。

 SNSでは、「着替える姿が可愛い。濡れたパジャマを布団に隠すのがまた可愛らしい」「パジャマの着替え方、キュンもギュンも超えて可愛い」「坂口健太郎何してもイケメンだから、ハンオシ見てるときゅんがあふれる」などのコメントがずらり。

 ラストでは、明葉に向かって、「美晴がこの先もずっと笑顔でいられるように、僕はこれからも遠くで見守っていくつもり」と語った百瀬。そんな百瀬は一人で部屋に戻ると、何かを決意したような表情を見せており、SNSでは「意味深、、波乱の予感」「最後の坂口健太郎くんの顔なに。意味深すぎるやん」という意見も上がっていた。

<SNS反響>“百瀬”坂口健太郎の着替えシーンに「可愛すぎる」の声 ラストシーンに注目も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が、11月16日に放送された。熱が出てダウンしてしまった坂口さん演じる百瀬柊(しゅう)が、新しいパジャマに着替えるシーンが登場。視聴者からは、「お着替えする坂口健太郎可愛すぎる」などの声が上がった。

 第5話では、離婚届を残していなくなってしまった美晴(倉科カナさん)を、不動産屋の前で見つけた百瀬。家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案し、明葉(清野さん)、百瀬、美晴の3人で生活をすることに。

 そんな中、体調を崩してしまった百瀬。明葉から新しいパジャマに着替えた方がいいと言われ、明葉の様子を気にしながら素早く着替えることに。また、着替えたパジャマをベッドに隠した百瀬は、「汚いんであとで自分で洗濯カゴに……」と話すと、明葉は「そんなとこに入れといたら臭くなっちゃいますよ、貸して」とパジャマを受け取る展開だった。

 SNSでは、「着替える姿が可愛い。濡れたパジャマを布団に隠すのがまた可愛らしい」「パジャマの着替え方、キュンもギュンも超えて可愛い」「坂口健太郎何してもイケメンだから、ハンオシ見てるときゅんがあふれる」などのコメントがずらり。

 ラストでは、明葉に向かって、「美晴がこの先もずっと笑顔でいられるように、僕はこれからも遠くで見守っていくつもり」と語った百瀬。そんな百瀬は一人で部屋に戻ると、何かを決意したような表情を見せており、SNSでは「意味深、、波乱の予感」「最後の坂口健太郎くんの顔なに。意味深すぎるやん」という意見も上がっていた。

<とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが>第3話 “麻宮”深川麻衣、“唯斗”高杉真宙の誘いに乗るが?

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第3話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第3話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS

 連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」(Paravi)第3話「年下イケメン男子とデート!? 合コン!?」の配信が、11月9日スタートした。

 飲み屋で助けてくれたイケメン年下男子、唯斗(高杉真宙さん)の誘いに乗ってしまった麻宮(深川麻衣さん)。2人で食事と思いきや、唯斗の知り合いの深雪(中川翔子さん)、ひかり(小林涼子さん)、彩乃(長見玲亜さん)の3人と同席することになる。

 さらに、偶然にも、同僚の舛田(岡田圭右さん)、井上(森永悠希さん)が、坂原(笠原秀幸さん)を連れて同じ店にやって来る。坂原と深雪ら女子3人は、同じ森田デザインの同僚だった。結局、8人で飲むこととなり、祥子は婚約中という表向きになっていることがバレないよう、みんなを酔わせてごまかす作戦に出るが……。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口健太郎さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

 オリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」は、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後を描く。高杉さん演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演する。

<SNS反響>「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」 “百瀬”坂口健太郎のセリフが話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が、11月9日に放送された。坂口さん演じる百瀬柊(しゅう)が、「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」と言って、明葉(清野さん)にキスをしようとする場面が登場。視聴者からは、「なにこのパワーワード!」「こんなん好きになってまうやろ」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 第4話では、明葉と友情のハグをしたことで、初めての女友達ができたと喜ぶ百瀬の姿が描かれた。“友達”を理由に、明葉の手を握ったり、腕枕をしたりする百瀬に、明葉は複雑な思いを抱えていた。

 そんな中、明葉と百瀬が自宅で酒を飲むシーンでは、酔っ払った明葉が「百瀬さんにとって友達って何なんですか?」と質問。「手握ったり、膝枕したりするのはおかしい。友達だって男と女なんだから」と話すのだった。

 また、明葉が「美晴さん(倉科カナさん)のこと、中学の頃から好きなんでしょ?……ってことは、付き合ったり、そういう経験とか……」と続けると、百瀬は「そんなこと、恋愛感情がなくてもできますよ。試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」と言って明葉にキスをしようとして……。

 SNSでは、「坂口健太郎かっこよすぎる!」「やば~い ギュン」「坂口健太郎だから許される~最高か?」「もう黙らせてほしい……」「少女マンガすぎる」など、さまざまな反響が上がっていた。

<SNS反響>“美晴”倉科カナの“豹変”演技に絶賛の声 「ハマリ役」の声も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が、11月9日に放送された。百瀬柊(坂口さん)の兄・旭(前野朋哉さん)の妻、美晴を演じる倉科カナさんについて、視聴者からは「ハマり役過ぎ」「倉科カナちゃんって今の役、どハマりしてる」などの声が上がった。

 第4話では、明葉、百瀬、美晴、旭の4人で日帰り温泉に行くことに。美晴と百瀬が二人きりになった場面では、美晴が「そろそろ次のステップにって思ってる」と子どもについての思いを話す展開に。

 「旭くんとなら完璧な家族を作れる。彼となら私が一番ほしい理想の家族を手に入れられる。ほころび一つなく。だから私結婚したの、あなたのお兄さんと」と話した美晴は、「こんな女だって知ってがっかりした?」と百瀬に問いかけて……。

 SNSでは、「倉科カナ豹変」「明るい元気な女子!かと思いきや闇深いところがあって、一気にガラッと表情変えられる演技がさすが倉科カナ」「倉科カナさんのお芝居すごかった。 あの柔らかな雰囲気から空気感がガラッと変わる感じ」といったコメントが並び、注目を集めていた。

<SNS反響>「明葉さんは友達ですから」 清野菜名に懐く“百瀬”坂口健太郎が「可愛すぎんか」と話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が、11月9日に放送された。「“友達”ですから」という理由で、明葉(清野さん)に懐く百瀬柊(しゅう)を演じる坂口さんについて、視聴者からは「坂口健太郎可愛すぎんか」などの反響があった。

 第4話では、明葉と友情のハグをしたことで、初めての女友達ができたと喜ぶ百瀬が、「友達だから」と明葉と一緒にゲームをやろうとしたり、「ベストフレンドに乾杯」と笑顔で乾杯したりする姿が登場。そんな百瀬への不毛な恋に悩む明葉の様子が描かれた。

 SNS上では、「ハンオシの坂口健太郎くん可愛すぎないか? 友達の距離、間違えてるw」「坂口健太郎の友達デレ可愛過ぎる」「坂口さんの魅せる一瞬の笑顔の可愛さ。最高です」という感想が書き込まれた。

 また、「明葉ちゃん切ない」「明葉の恋が辛すぎ」「百瀬さん、はやく明葉と幸せになってほしい」「清野菜々ちゃん表情可愛い!」「明葉ちゃんが清野さんで良かったって思う」という意見も上がっていた。

<SNS反響>甘え上手な高杉真宙が「可愛い」と話題 「圧倒的子犬感」の声も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、11月2日に放送された。高杉真宙さん演じる動物病院の看護師・牧原唯斗が甘える場面があり、視聴者からは「甘え上手ワンコ高杉真宙が最高やな」「高杉真宙くん可愛い」「まっひーの圧倒的子犬感!」などの反響があった。

 第3話では、明葉(清野さん)が動物病院に忘れてしまった書類を、牧原が明葉に届ける場面が登場。飼い主募集のチラシを作ることになったと明かした牧原は、「デザインのことを知りたい」と明葉に相談。忘れ物を届けてくれたお礼にと、明葉が作ったデザインを見せると、牧原は「お~! すごい!」と感激。そして、PCでデザインを作れると知った牧原は、「それアッキー使えるの? 教えて教えて! お願い!」とおねだりするのだった。

 SNSでは、「甘え上手な年下イケメン」「やっぱ高杉くんかっこいい」「高杉くんのこの役めちゃめちゃ好きです」「めちゃくちゃ褒めてくれて甘え上手の高杉真宙・これは好きしかない」などのコメントが並んだ。

 また、同話では、牧原が「元気を出して」と言いながら、明葉にハグをするシーンも登場したことから、SNS上では「年下の男子にいきなりハグ キャー」「高杉きゅんにハグされたら元気100倍」などの感想も書き込まれていた。

<SNS反響>「恋のフラグは立ってしまった!」 “明葉”清野菜名のハグが話題に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、11月2日に放送された。ラストでは、清野さん演じる明葉(あきは)が、坂口さん演じる百瀬にハグをする展開で、視聴者からは「最後のハグのシーン本当に大好き」「恋のフラグは立ってしまった。ワクワクする」などの声が上がった。

 第3話の終盤では、百瀬が、美晴(倉科カナさん)との過去を明葉に伝える展開に。美晴と親しくなったことで、家族との会話が増えたり、クラスメートとも話すようになったと明かした百瀬は、「美晴が僕の世界を広げてくれた」と話す。結局、美晴は兄と結婚してしまったが、「美晴が幸せなら僕はいいんです。僕の美晴への思いは変わることはありません」と言うのだった。

 そんな百瀬に、「今だけハグしてもいいですか?」と言ってハグをした明葉。百瀬から「これが友情のハグですか?」と聞かれるが、明葉は「これは友情? 違う。恋のフラグは立ってしまった! 友情のハグはできない」と心の中で思っていて……と展開した。

 SNSでは、「今回も清野ちゃん可愛すぎました」「“ギュッ”の清野菜々ちゃん激かわいすぎ」「恋のフラグは立ってしまった!」「友情のハグじゃないの百瀬さん早く気がつくといいな」などのコメントが並び、話題を集めていた。

<SNS反響>“百瀬”坂口健太郎の繊細な感情表現に絶賛の声 「何てけなげ」

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が、11月2日に放送された。“堅物営業マン”の百瀬柊(しゅう)を演じる坂口さんについて、視聴者からは「坂口さん、繊細な表情で見せるのが本当にうまいなー」などの声が上がった。

 第3話では、百瀬と明葉(清野さん)が、百瀬の中学の同級生たちによる結婚祝いへ出かけることに。美晴(倉科カナさん)や同級生たちが思い出話で盛り上がる様子が描かれたが、明葉のお節介が百瀬の勘に触り、心のシャッターを降ろされてしまう。

 そんな百瀬が、終盤では、美晴(倉科カナさん)との過去を明葉に伝える展開に。美晴と親しくなったことで、家族との会話が増えたり、クラスメートとも話すようになったと明かした百瀬は、「美晴が僕の世界を広げてくれた」と話す。結局、美晴は兄と結婚してしまったが、「美晴が幸せなら僕はいいんです。僕の美晴への思いは変わることはありません」と思いを明かすのだった。

 SNS上では、「百瀬柊、何てけなげなんだ……」「坂口くん最高」「坂口健太郎くんの不器用旦那にリアル感があって。表情がうまいな~」などの感想が書き込まれた。なかには、「無口で無愛想で感情表現が下手でめちゃめちゃピュアで一途な、そんな役やらせたら坂口健太郎の右に出る人はいない」という意見も上がっていた。

<SNS反響>“牧原”高杉真宙が「可愛い」と話題に 「笑顔の破壊力」「色気が増してる」の声も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が、10月26日に放送された。動物病院の看護師・牧原唯斗を演じる高杉真宙さんについて、視聴者からは「高杉くんが可愛い」「ちょっとチャラい?真宙くんの笑顔の破壊力よ」などの反響が上がった。

 第2話では、仕事の百瀬(坂口さん)に代わって、百瀬の兄の店「モモズ弁当」を手伝いに行くことになった明葉(清野さん)。義兄嫁の美晴(倉科カナさん)とも仲良くなり、浮かれ気分だったが、合い挽き肉を大量に発注してしまうという失敗をしてしまい、百瀬から「もうこれ以上、僕の家族に迷惑をかけないで下さい。あなたを選んだ僕がバカでした」と言われてしまうのだった。

 そんな中、猫の“おもち”を動物病院へ連れて行った明葉。看護師・牧原から「(夫と)ケンカでもしたの?」と聞かれると、明葉は「ケンカっていうか。私も悪いけど、存在全否定」と愚痴る。そんな明葉に、牧原は「なら、やめちゃえば? 離婚すればいいじゃん」と声をかける展開だった。

 SNSでは、「高杉くん爽やかね~」「高杉くんチャラ男みたいな感じも似合ってる」「高杉真宙の色気が増してる」「ものすんごいハンサム&色気に磨きがかかってる」「滲み出る色気。思わずドキッとしてしまった」といったコメントが並ぶなど、注目を集めていた。

<SNS反響>“堅物営業マン”坂口健太郎のツンデレに「最強」の声 メガネをかけたパジャマ姿も注目

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が、10月26日に放送された。坂口さん演じる“堅物営業マン”の百瀬柊(しゅう)について、視聴者からは「坂口健太郎のツンデレ最強説」「ツンデレな坂口健太郎はいい」などの声が上がった。

 第2話では、仕事の百瀬に代わって、百瀬の兄の店「モモズ弁当」を手伝いに行くことになった明葉(清野さん)。初の百瀬の実家で、義兄嫁の美晴(倉科カナさん)とも仲良くなり、浮かれ気分だったが、合いびき肉を大量に発注してしまうという失敗をしてしまう。百瀬からは、「もうこれ以上、僕の家族に迷惑をかけないで下さい。あなたを選んだ僕がバカでした」と言われてしまうのだった。

 その後、「モモズ弁当」で、合いびき肉を使ったハンバーガーを限定販売することになったことを知った明葉は、チラシを作り、配ることに。明葉のチラシを見た百瀬は、「こんなにいいチラシ、一人でも多くの方に見てもらわないともったいないじゃないですか。フォントの一つ一つにこだわっているのがこれを見てよくわかりました」と明葉に声をかけて……と展開した。

 SNSでは、「ツンデレ百瀬かわいい良いとこあるじゃん」「ツンデレが可愛すぎる」などのコメントが並んだ。また、メガネをかけた坂口さんのパジャマ姿も登場し、「パジャマメガネ百瀬さん最強です」「堅物男子なのにパジャマ着てるのほんとギャップいい」「パジャマ、眼鏡、坂口健太郎。最高な組み合わせ」という声も上がっていた。

<とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが>第2話 “麻宮”深川麻衣、ネット婚活

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第2話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第2話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS

 連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」(Paravi)第2話「ドキドキネット婚活 デート相手は勘違い男!?」の配信が、10月26日スタートした。

 麻宮(深川麻衣さん)は、百瀬(坂口健太郎さん)の偽装結婚の申し出を受けようと思った矢先、百瀬が結婚したと知る。婚活サイトで知り合ったデザイナーの坂原(笠原秀幸さん)と会うが、その印象はイマイチで……。

 一方、坂原は、自分がプロフィルに書いた好みの女性像に麻宮が寄せてきていると思い込む。さらに、麻宮が百瀬のために用意した婚姻届をチラ見して、自分と結婚する気満々だと勘違いしてしまい……。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

 オリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」は、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後を描く。高杉真宙さん演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演する。

<SNS反響>“明葉”清野菜名に「可愛い」の声 “百瀬”坂口健太郎の「共同生活の掟」も注目

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、10月19日に放送された。独身生活を楽しむ27歳イマドキ女子の大加戸明葉(おおかど・あきは)を演じる清野菜名さんについて、視聴者からは「清野ちゃん可愛かった」「キレのいい清野菜名ちゃんの演技が心地いい」などの声が上がった。

 第1話では、結婚願望がなく仕事にやりがいを持つ明葉が、30分前に会ったばかりのイケメンサラリーマン、百瀬柊(坂口さん)に偽装結婚を申し込まれる。断る明葉だったが、祖母が営んできた小料理店がつぶれる危機に。持病がある祖母をがっかりさせたくなかった明葉は、百瀬から500万円の借金と引き換えに偽装結婚を受け入れて……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ハンオシ」が2位、「#婚姻届に判を捺しただけですが」が3位と、盛り上がりを見せた。SNSでは、「清野菜名ちゃん可愛いすぎるし演技上手い!」「清野菜名ちゃんも坂口健太郎くんも可愛かった」「ハンオシこれからが楽しみ~」などの声が上がった。

 また、百瀬が、共同生活をする上での注意点を「共同生活の掟」としてまとめ、事細かく明葉に説明する場面も登場。同枠で放送された女優の新垣結衣さんの主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(同局系)で注目を集めた、独身サラリーマン・津崎平匡(星野源さん)による「雇用契約書」を引き合いに出して、SNSでは「共同生活の掟細かい……」「『逃げ恥』の雇用契約書みたいだなw」「百瀬さん若干の平匡さんみを感じる」「共同生活の掟とか逃げ恥みたい~」という声も上がっていた。

<SNS反響>“堅物営業マン”坂口健太郎のギャップが話題 「スーツ姿最強」「メガネが非常にやばい」

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、10月19日に放送された。坂口健太郎さん演じる“堅物営業マン”百瀬柊(しゅう)について、視聴者からは「坂口健太郎のスーツ最高最強」「坂口百瀬のメガネが非常にやばい」などの声が上がり、注目を集めた。

 第1話では、結婚願望がなく仕事にやりがいを持つ明葉が、30分前に会ったばかりのイケメンサラリーマン、百瀬に偽装結婚を申し込まれる。断る明葉だったが、祖母が営んできた小料理店がつぶれる危機に。持病がある祖母をがっかりさせたくなかった明葉は、百瀬から500万円の借金と引き換えに偽装結婚を受け入れて……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ハンオシ」が2位、「#婚姻届に判を捺しただけですが」が3位と、盛り上がりを見せた。外見は良く仕事も真面目で、周りからの信頼が厚い百瀬が、とにかく朝が弱かったり、独特な寝方をしていたりと、ギャップを見せる場面もあった。

 SNSでは、「坂口健太郎のスーツ姿と寝相のギャップにやられたわ」「坂口様のスーツからパジャマまで網羅できる」「メガネ寝起きパジャマ姿の坂口健太郎くんが見たいので来週も見ま~す」「スーツ姿の坂口さんは安定ですてき」「スーツも好き! だけど、メガネやばい!」などの声が上がった。

 また、猫の“おもち”が登場する場面もあり、「ネコ&健太郎めっちゃかわいい」「おもち可愛すぎ」「坂口健太郎くんカッコよすぎる」「ハンオシが思った以上のキュンキュンで、マジキュン死」という声も上がっていた。

<とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが>配信開始 深川麻衣主演のラブコメ

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第1話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第1話のワンシーン(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS

 連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信される。女優の深川麻衣さん演じる主人公が結婚相手探しに奔走するラブコメディー。第1話「ハイスペック男子から突然のプロポーズ!?」の配信が、10月19日スタートした。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」で、深川さんは坂口健太郎さん演じる百瀬が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付・麻宮祥子を演じている。オリジナルストーリーの「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」では、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後を描く。高杉真宙さん演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演する。

 第1話では、三十路で、独身彼氏なしの広告代理店の受付嬢・麻宮祥子(深川さん)は、「結婚に愛は必要なく、相手のスペックさえ高ければ幸せになれる」という信条を持つ。そんな祥子に、社内一のハイスペック男子、営業の百瀬柊(坂口さん)が急接近。柊からファミレスに呼び出された祥子は、店選びのセンスに違和感を覚えながらも「告白されちゃうかも!?」と期待に胸を膨らませるが……。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

<ドラマ紹介>「婚姻届に判を捺しただけですが」 清野菜名&坂口健太郎が“偽装夫婦”に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)が、10月19日からスタートする。清野さんは、独身生活を楽しむ27歳イマドキ女子の大加戸明葉(おおかど・あきは)を演じ、坂口さんは、ある理由から明葉に偽装結婚を申し込む30歳サラリーマン・百瀬柊(しゅう)を演じる。清野さんが同枠のドラマでヒロインを演じるのは初めて。初回は15分拡大で放送。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の有生青春さんの同名マンガが原作。結婚願望がなく仕事にやりがいを持つ明葉だが、ひょんなことから30分前に会ったばかりのイケメンサラリーマン、百瀬に偽装結婚を申し込まれる。断る明葉だったが、祖母が営んできた小料理店がつぶれる危機に。持病がある祖母をがっかりさせないようにと、明葉は百瀬から500万円の借金と引き換えに偽装結婚を受け入れる。一つ屋根の下で暮らすうちに、明葉は百瀬の優しさに触れ、ひかれていくが……というストーリー。

 興味本位で明葉に近づく動物病院の看護師・牧原唯斗を高杉真宙さん、柊の兄嫁・百瀬美晴を倉科カナさん、柊が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付嬢・麻宮祥子を深川麻衣さんが演じる。

 第1話で、自由気ままな生活を楽しむ明葉はある日、ファミレスで他人のプロポーズ現場を目撃する。しかし、その女性は突然怒り出し、男に水を浴びせて行ってしまうのだった。そんな中、明葉は、飲み会の席で、ファミレスで振られていた百瀬柊(坂口さん)と偶然再会する。

 昼間の女性とのことはなかったかのように、百瀬は、結婚観について明葉にグイグイ質問。そして、明葉に「僕と結婚してみませんか?」とプロポーズ。さらに、明葉が想像もしていないような“結婚”の形を語りだし……。百瀬のあり得ない提案に怒りが収まらない明葉の元に、祖母の大加戸初恵(木野花さん)が倒れたという連絡が入る。不安でいっぱいの明葉は、ひょんなことから百瀬と一緒に病院へと向かうことに……。

深川麻衣、「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリーで主演 Paravi「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」

(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS
(C)生青有春/祥伝社フィールコミックス (C)TBSスパークル/TBS

 10月19日にスタートする連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」が、19日の初回放送終了後から動画配信サービスのParaviで独占配信されることが明らかになった。女優の深川麻衣さん演じる主人公が結婚相手探しに奔走するラブコメディーで、深川さんは「Paraviならではの遊び心がつまっていて、毎回脚本を読んでいて、思わずクスリとしてしまいます。テンポよく展開していく楽しいドラマになっておりますので、ぜひ楽しみにしていてください!」と呼びかけている。

 本編ドラマの「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口健太郎さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

 深川さんが演じているのは坂口さん演じる百瀬が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付・麻宮祥子。「とにかく~」では、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後が描かれる。

 可愛らしいビジュアルを生かし、要領良くしたたかに生きてきた麻宮は、結婚相手についても愛よりも高スペックというポリシーを持っていたが、百瀬のプロポーズを断った後、理想とする結婚相手としてぴったりだったことに気付く。「別に結婚だけがすべてじゃないし!でも寂しいのはイヤ」と、結婚相手探しに奔走する麻宮だが、理想が高すぎて婚活は難航。そんな麻宮が“本当の幸せ”を見つけるまでの物語が描かれる。

 高杉真宙演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演。本編ドラマでは良くも悪くも明葉を振り回す役どころだが、「とにかく~」では年下男子として麻宮との関係が描かれるといい、高杉さんは「唯斗君の周りに愛される理由と、本編ではあまり絡むことのない皆さんとの関係性に是非注目して見てください! なかなか本編の皆さんとお会いすることがなく寂しかったので撮影を楽しんでいきたいと思います!」と意気込みを語っている。

 メインビジュアルも公開。麻宮と唯斗に加え、小杉深雪(中川翔子さん)、坂原証(笠原秀幸さん)、藤井ひかり(小林涼子さん)、井上陸(森永悠希さん)、田村彩乃(長見玲亜さん)、舛田康弘(岡田圭右さん)も配されたレイアウトで、婚活を通して様々な相手を品定めしていく麻宮の恋の行く末を思わせるビジュアルになっている。

ルー大柴、「下町ロケット」以来のTBSドラマ出演に「やぶからスティック!」 杉本彩と、“火10”で清野菜名の両親に

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(左から)ルー大柴さん、杉本彩さん、小倉久寛さん、朝加真由美さん(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(左から)ルー大柴さん、杉本彩さん、小倉久寛さん、朝加真由美さん(C)TBS

 タレントのルー大柴さんが、女優の清野菜名さん、俳優の坂口健太郎さん共演の連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが10月12日、分かった。ルーさんがTBSのドラマに出演するのは、2015年に放送された「下町ロケット」以来、約6年ぶり。「やぶからスティック! ルー大柴です。まさか私にこのドラマのオファーが来るとは! まさに寝耳にウオーターでした。ワンダフルなヤングアクター、清野さん、坂口さんとの共演が楽しみです」と“ルー語”でコメントを寄せている。

 ルーさんのほか、杉本彩さん、小倉久寛さん、朝加真由美さんの出演も発表された。ルーさんは大加戸明葉(清野さん)の父・丈治、杉本彩さんは母・葉子、小倉さんは百瀬柊(坂口さん)の父・透、朝加さんは母・すみれをそれぞれ演じる。

 丈治は若いころから放浪癖があり、超がつくほどの自由人。創作活動を行うアーティストの葉子と共に世界各地を転々としている。一方、透は脱サラ後、24年間にわたって弁当店「モモズ弁当」を営み、すみれは店を手伝いながら夫を支えてきた、という役どころだ。

 ドラマは、有生青春さんの同名マンガ(祥伝社)が原作。結婚願望なしの“イマドキ女性”明葉と、ある人をいちずに思っている堅物イケメンの百瀬という2人が偽装結婚するラブコメディー。10月19日スタート。初回は15分拡大で放送される。

10月19日スタート “結婚願望ゼロ女子”清野菜名ד恋愛こじらせ男子”坂口健太郎 キービジュアル公開

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のキービジュアル(C)TBS
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のキービジュアル(C)TBS

 女優の清野菜名さん、俳優の坂口健太郎さん共演の連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の初回放送日が10月19日に決定。併せてキービジュアルが公開された。

 キービジュアルには、清野さん演じるヒロイン・大加戸明葉と、坂口さん演じるサラリーマン・百瀬柊の姿が写し出され、明葉は「結婚願望はゼロ」、柊は「恋愛こじらせ男子」と説明されている。

中川翔子、女子力高いデザイナー役で清野菜名主演“火10”に出演 「普段の私とは全く違う」

10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(上段左から時計回りに)笠原秀幸さん、前野朋哉さん、中川翔子さん、小林涼子さん、長見玲亜さん、木野花さん、ますだおかだの岡田圭右さん、森永悠希さん(C)TBS
10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(上段左から時計回りに)笠原秀幸さん、前野朋哉さん、中川翔子さん、小林涼子さん、長見玲亜さん、木野花さん、ますだおかだの岡田圭右さん、森永悠希さん(C)TBS

 タレントで女優の中川翔子さんが、10月スタートのTBS系の連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(火曜午後10時)に出演することが9月7日、分かった。中川さんは、婚活が趣味で女子力が高い小杉深雪を演じ、「普段の私とは全く違う“イケてる女子”なので、メークやネイルなど研究して、“イケてる女子”を演じられるように頑張ります!」と意気込んでいる。

 深雪は、清野菜名さん扮(ふん)するヒロイン・大加戸明葉が働くデザイン会社「森田デザイン」のデザイナー。明葉の先輩で、思ったことをサバサバと言うタイプ。

 ドラマは、有生青春さんの同名マンガ(祥伝社)が原作。清野さん演じる、結婚願望なしの“イマドキ女性”明葉と、坂口健太郎さん演じる、ある人をいちずに思っている堅物イケメンの百瀬柊という2人が偽装結婚するラブコメディー。

 中川さんのほか、俳優の前野朋哉さん、笠原秀幸さん、森永悠希さん、女優の小林涼子さん、長見玲亜さん、木野花さん、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんも出演する。前野さんが柊の兄・百瀬旭、森永さんが柊の部下の井上陸、岡田さんが柊の上司の舛田康弘、木野さんが明葉の祖母の初恵、長見さんが森田デザインの新人デザイナーの田村彩乃、笠原さんが明葉の先輩デザイナーの坂原証、小林さんも同じく先輩デザイナーの藤井ひかりを、それぞれ演じる。

高杉真宙、「表参道高校合唱部!」以来、6年ぶりTBSドラマ “火10”で清野菜名を振り回す年下男子に

10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(左から)高杉真宙さん、倉科カナさん、田辺誠一さん、深川麻衣さん(C)TBS
10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する(左から)高杉真宙さん、倉科カナさん、田辺誠一さん、深川麻衣さん(C)TBS

 俳優の高杉真宙さんが、10月スタートのTBS系の連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(火曜午後10時)に出演することが8月31日、分かった。高杉さんがTBSのドラマに出演するのは、2015年7月期の「表参道高校合唱部!」以来、約6年ぶり。清野菜名さん扮(ふん)するヒロイン・大加戸明葉を振り回す年下男子・牧原唯斗を演じる。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の有生青春さんの同名マンガが原作。独身生活を楽しむ27歳イマドキ女子の明葉は、ある日、ひょんなことから30分前に会ったばかりのイケメンサラリーマン・百瀬柊(坂口健太郎さん)に偽装結婚を申し込まれる。初めは断る明葉だったが、祖母が営んできた小料理店がつぶれる危機に陥り、柊に500万円を借りる代わりに偽装結婚を受け入れる。一つ屋根の下で暮らすうちに、明葉は柊の優しさに触れ、ひかれていくが……というストーリー。

 高杉さん演じる唯斗は、興味本位で明葉に近づく動物病院の看護師。ふわふわしていて何も考えていないように見えるが、実は洞察力が鋭いという役どころだ。

 高杉さんは「決まったという連絡をいただいた時の喜びと、自分には何ができるだろう?という楽しみで、とても緊張しています」とコメント。「清野さん、坂口さんはじめすてきな皆さんが集まる中、どうしたら作品の一部として色を濃く混ぜることができるか。唯斗くんという存在をこの作品のたくさんの魅力の一つとして楽しんでいただけるよう、精いっぱい演じていきたいと思います」と意気込みを語っている。

 併せて、倉科カナさん、深川麻衣さん、田辺誠一さんの出演も発表された。倉科さんは柊の兄嫁でナチュラル美人なのに天然な百瀬美晴、深川さんは柊が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付嬢・麻宮祥子、田辺さんは明葉が働くデザイン会社「森田デザイン」の社長・森田聡を演じる。

清野菜名、“火10”ヒロイン初挑戦 相手役は坂口健太郎 10月期「婚姻届に判を捺しただけですが」で偽装夫婦に

10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する清野菜名さん(左)と坂口健太郎さん(C)TBS
10月スタートの連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」に出演する清野菜名さん(左)と坂口健太郎さん(C)TBS

 10月スタートのTBS系の連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(火曜午後10時)で、女優の清野菜名さんがヒロインを務めることが8月17日、分かった。清野さんが同枠のドラマでヒロインを演じるのは初めて。独身生活を楽しむ27歳イマドキ女子の大加戸明葉(おおかど・あきは)に扮(ふん)する。また、俳優の坂口健太郎さんが、堅物で変人の30歳サラリーマン・百瀬柊(しゅう)を演じることも発表された。百瀬はある理由から“既婚者”の肩書を手に入れるべく、明葉に偽装結婚を申し込む。清野さんと坂口さんのドラマでの共演は、2015年に同局系で放送された「コウノドリ」以来、約6年ぶりとなる。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の有生青春さんの同名マンガが原作。結婚願望がなく仕事にやりがいを持つ明葉だが、ひょんなことから30分前に会ったばかりのイケメンサラリーマン、百瀬に偽装結婚を申し込まれる。断る明葉だったが、祖母が営んできた小料理店がつぶれる危機に。持病がある祖母をがっかりさせないようにと、明葉は百瀬から500万円の借金と引き換えに偽装結婚を受け入れる。一つ屋根の下で暮らすうちに、明葉は百瀬の優しさに触れ、ひかれていくが……というストーリー。

 明葉は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。夢だった職に就いて仕事にやりがいを感じており、いつかは独立して広告で賞を取ることを目標にしている。恋愛経験はそれなりにあるが、これまでの彼氏はダメ男ばかり。現在彼氏はいないものの、一緒に飲んでくれる友達がいて、「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌(おうか)している。

 百瀬は広告代理店「秀伝堂」で働くサラリーマン。堅物で変人だが、外見は良く仕事に対しても真面目で、上司や部下、そしてクライアントからの信頼も厚い。「結婚は向いてないし、したくない。でも祖母が結婚してほしがっている」という明葉と出会い、偽装結婚の相手として狙いを定める、という役どころだ。

 脚本は「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」や「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」などの田辺茂範さん、映画「リベンジgirl」「春待つ僕ら」などのおかざきさとこさんが務める。演出は「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」「カルテット」「あなたのことはそれほど」などの金子文紀さん、「アンナチュラル」「MIU404」などの竹村謙太郎さんらが担当する。

 キャスト、原作者、プロデューサーのコメントは以下の通り。

 ◇清野菜名さん

 原作を読んで、それぞれの条件を持ちながら偽りの結婚生活を続ける中での、ちょっとしたすれ違いにキュンとさせられました。2人の気持ちがどう変化するのかとても楽しみです。

 私が演じる大加戸明葉は、何事にも一生懸命で前向きな気持ちの良い女性です。私自身、見習いたいなって思うくらい明葉に憧れる部分があります。6年ぶりの共演とは思えないくらいフレンドリーな雰囲気を作ってくださる坂口さんと、火曜の夜10時という時間帯を楽しいものにできるよう頑張りますので、ぜひご覧ください!

 ◇坂口健太郎さん

 僕が演じる百瀬柊は、未熟で子どもっぽいところがある男性です。最初は何を考えているんだろうと感じる方も多いと思いますが、彼の不器用さだったり可愛らしさだったりが徐々に出てくると思うので楽しみに待っていてください。

 また、“偽装”と名の付いた結婚ではありますが、一つ屋根の下で暮らす2人の姿がとても可愛らしく見える作品です。僕が感じたそんな空気感をお芝居で表現できたらうれしいです。心地よくて風通しの良い雰囲気を持つ菜名ちゃんと一緒に、「明日も頑張ろう!」という気持ちになってもらえる作品にできたらいいなと思います。

 ◇原作者・有生青春さん

 ドラマ化!! うれしいです。大人になってもこんなにわくわくできること、また素晴らしいご縁に恵まれたことに感謝しかありません。一人でも多くの方にドラマを通して笑顔になってもらえますことを原作者として願いつつ、一視聴者として毎週火曜日を全力で楽しみにしております!

 ◇松本明子プロデューサー、編成・宮崎真佐子さん

 今秋お届けする火曜ドラマは、ちょっと奇妙な偽装夫婦の物語です。おひとり様最高!な大加戸明葉と変人カタブツイケメンの百瀬柊。価値観も性格も正反対の2人が共同生活をしていくうちに、お互いの思いや考えが変化していきます。このドラマを通して「夫婦とは何か? 幸せとは何か?」を考えていただけたらうれしいです。

 そんなちょっと奇妙な偽装夫婦を清野菜名さんと坂口健太郎さんに演じていただけることになり、今からとてもワクワクしております! 清野さん演じる明葉はイマドキの等身大の女性で、清野さんならではの魅力的でキュートなキャラクターは視聴者の皆様に共感していただけると思います。そして坂口さんが演じる百瀬はイケメンだけどちょっと性格が残念な男性。恐らく今まで見たことのない坂口健太郎さんのこじらせに、なぜかキュンとしてしまうこと間違いなしです!

 視聴者の皆様に、火曜の夜を笑って楽しんでいただき、そしてとびっきりの胸キュンをお届けできるようにキャスト・スタッフ一同頑張ります! 火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」ぜひご覧ください!!