それでも愛を誓いますか? ニュース

<ドラマ紹介>「それでも愛を誓いますか?」 松本まりか、地上波連続ドラ初主演 結婚8年目、満たされない35歳妻に

連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」第1話の場面写真=ABC提供
連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」第1話の場面写真=ABC提供

 女優の松本まりかさんが、地上波連続ドラマで初主演を務める「それでも愛を誓いますか?」(ABC・テレビ朝日系)が10月2日深夜から始まる。30代夫婦の悩みや葛藤を真正面からリアルに描く大人の恋愛ストーリー。松本さんは、結婚8年目で満たされない思いを抱き葛藤する35歳の女性・純須純(すみす・じゅん)を演じる

 原作は電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万ダウンロードを突破した萩原ケイクさんの同名マンガ(双葉社)。池内博之さんが純の夫・純須武頼、酒井若菜さんが武頼の同級生・足立沙織役、藤原季節さんが純の会社の同僚・真山篤郎役で出演する。

 第1話は……純と武頼は結婚歴8年、子供無し。仲はいいが、「子供がほしい」純の思いをよそに、セックスレス5年目。純は女性としての劣等感と共に、将来について本音を語り合えない2人の関係性に不満を感じていた。

 何かを変えるため、純は8年ぶりに再就職し契約社員として働き始める。初出勤の帰り道、夫と駅で待ち合わせ、いい雰囲気で帰宅。純は勇気を出して武頼を求めるが、武頼は優しく拒絶して……。

 テレビ朝日で10月2日から毎週土曜深夜2時半、ABCで10月3日から毎週日曜午後11時25分に放送される。ABCでの放送後、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」で配信され、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」でも見逃し配信される。

<インタビュー>松本まりか「共感を得られるようなヒロイン像ではない」 30代夫婦の悩み、葛藤リアルに…主演ドラマ語る

連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」主演の松本まりかさん
連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」主演の松本まりかさん

 女優の松本まりかさんが主演を務める連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」(ABC・テレビ朝日系)が10月2日深夜からスタートする。ドラマは、電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万ダウンロードを突破した、萩原ケイクさんの同名マンガ(双葉社)が原作で、30代夫婦の悩みや葛藤を真正面からリアルに描く大人の恋愛ストーリーだ。結婚8年目で満たされない思いを抱き葛藤する、35歳の主人公・純須純(すみす・じゅん)を演じ、「共感を得られるようなヒロイン像ではない」とも明かす松本さんが、ドラマや役どころ、共演者について語った。

 ◇甘えさせてくれない現場 役者として“試されているな”と

 --まずは原作を初めてお読みになった感想からお聞かせください。

 最初にこのお話をいただいたのは1年前。当時は地上波の連続ドラマでは初めて主演のオファーでした。しかも30代女性の正直な悩みに真正面から向き合ったすごくリアリティーのある作品。悩んだり苦しんだりしている方々にとってすごく意味のある作品に巡り合えたなって思いましたし、この作品の題材に責任も感じました。

 この物語にはファンタジー要素がなくて、ごくごく日常に生きる夫婦のリアルな関係性を描いているんですね。劇的なドラマは起きないけれど、ほんとに小さなすれ違いの重なりが、セックスレスや、他の人に心が動くきっかけ、そして離婚問題にも……。日常の中にあるささやかなボタンの掛け違いが、登場人物それぞれの視点で描かれていくので、相手側の気持ちや葛藤に共感することもできるんです。それぞれの登場人物を他者理解の視点で見ることのできる作品だと感じました。

 --ドラマでは、そうした部分をどのように描いていくのでしょうか?

 広瀬奈々子監督は“ちゃんと時間をかけて芝居をして、たっぷりと心のやり取りをしてください”とおっしゃってくださって。1話30分の尺のドラマで、こんなにもたっぷりと芝居をしていいのかな?って思うほどだったのですが、最後まで芝居の間を大切に演じることができました。私にとって、これまでにやったことのない間合いでの芝居でしたが、本当に自由に演じさせてもらえた撮影現場でしたので、すごく貴重でぜいたくな経験ができました。

 印象的だったのは引き絵の多さです。表情のアップショットで悲しさや切なさを伝えるのではなく、引いたカットですごく客観的にストーリーを紡いでいくので、それぞれの登場人物の内面が生々しく見えてしまうというのがこの作品の特徴的な部分です。だからこそ、役者同士のやりとりが“真実”でないとその時の思いや心のゆらぎが伝わらないんです。そういう面では甘えさせてくれない現場でしたし、役者としては“試されているな”という感じもありましたね。ドラマでは真摯(しんし)にこの物語と向き合って、物語の中で起こる“現実”をありのままの状態で描いています。純や(池内博之さん演じる夫の)武頼が選択に迫られたときに“正しい”“正しくない”という二択だけでなく、いろいろな選択肢を想像しながら見ていただける……そんな大人のドラマになっていると思います。

 ◇自分に正直に生きる上で湧き上がる気持ちって、守っていいと思う

 --純須純という女性を演じてみていかがでしたか?

 すごく残酷な女性だと感じました。原作を読んだときは、純のことが主観的に描かれていたので、まさか残酷だなんて思ってもいなかったんです。だけど、ドラマ版では、純でさえも客観的に描かれていて、純の残酷さを目の当たりにしました。夫の武頼や、(藤原季節さん演じる純の会社の同僚の)真山くんに対して、純は気を使っているようで女性が無意識にしてしまうような振る舞いをする。でも、自分の心に正直になればなるほど、相手にとってはすごく残酷なこと。実写だからこそ気づくことができた純の隠れた本質のようでした。

 --“自分に正直に生きるためにはどうあるべきか”というテーマも感じます。

 そうですね。自分に正直に生きる上で湧き上がる気持ちって、守っていいと思うんです。自分のそういう部分もちゃんと見て、分かって、受け入れて、自分の身にしていくことが大事なんだなって。他人の目を気にして我慢ばかりすることではなくて、たくましく前を向いて生きていく……そういう意味での残酷な一面って、人を魅力的にもするし、色気になることもあるんじゃないかなって。ドラマ版はこの作品をあえて批評的に描いているので、純は共感を得られるようなヒロイン像ではありません。でも、その部分こそが、実はリアルなんじゃないかと思います。夫や夫婦という関係に依存しないで自分自身を生きるためには、自分がもっている残酷さを受け入れて、ちゃんと示すことが大事なんだなっていうことを、純という女性を通して気づけたような気がします。

 --ドラマで演じた中で、印象的なシーンについてもお聞かせください。

 たくさんあるのですが……長回しのキスシーンは印象に残っていますね。監督が「このキスはすごく残酷なシーンなんです」とおっしゃったときにハッとしたんです。純はこのキスをすることで、自分にも相手にもすごく残酷な決断をする……そのためには演じる上でお互いの気持ちのやり取りがとても大切でした。監督やスタッフさんと役者がしっかりとシンクロできていたので、これまでに見たことのないようなキスシーンを作り上げることができたと思います。

 --お話を伺っていると撮影の充実ぶりが伝わってきます。

 はい。主演作品で、監督や共演者と正解を見つけていく作業ができたことが、とてもぜいたくな現場だったなと……初日からクランクアップまですごく幸せでした。

 ◇池内博之、藤原季節、酒井若菜…共演者の印象は?

 --そんな現場をともにした共演者の皆さんについてもお聞かせください。純の夫・武頼役の池内博之さんの印象は?

 すごく柔らかくてチャーミングな方なんです。実は撮影初日から1週間くらいは真山くんとのシーンを撮影していたんです。年下の男の子といい感じになってきたところで、はじめて旦那さんと会ったので、どうしたらいいんだろうって(笑い)。だけど池内さんは、そんな気持ちを感じさせないくらい大きくて穏やかで落ち着いた色気のある大人の男性でした。それでいて、すごく可愛い瞬間もあって(笑い)。池内さんって武頼のような日常的でリアリティーのある男性役ってほとんど演じたことがないそうなんです。ドラマではこんな池内さんって見たことがないっていうシーンもたくさんあると思います。

 --純に好意を寄せる職場の後輩、真山役の藤原季節さんは?

 マスク姿もめちゃくちゃ真山くんで、もうびっくりするくらいハマっていました。この作品ではいちばんキャラクター性のある大事な役で、きっと女子からの人気もすごく集める役です(笑い)。季節くんとは初日から芝居の呼吸が合うと感じていて。言葉のキャッチボールが心地よくて、アドリブでも一緒にセリフを言うタイミングが空気感で分かるんです。年齢差や境遇も超えて、なぜか合致してしまう純と真山くんに通じる感覚がありました。

 --藤原さんは、まりかさんが以前にお世話になったことのある松田美由紀さんの事務所所属でもありますね。

 美由紀さんからは“季節をよろしくね!”っておっしゃっていただきました。季節くんからは“まりかさんと話していると、美由紀さんと話しているみたい”って言われましたね。初共演だったんですが、親戚のような感覚もありました(笑い)。

 --武頼に近づく女性・沙織役の酒井若菜さんは?

 酒井さんは事務所が同じということもあって、お姉さんみたいな存在なんです。すごく信頼している頼もしい先輩なので、沙織役が酒井さんですごくうれしくて! でも二人はライバルのような関係で、純は沙織に対して敵対心も抱いていくんです。共演シーンの前は話したい気持ちを抑えて、なるべく目も合わさないようにしていました(笑い)。でも、撮影が終わった後はハグしておしゃべりが止まらなかったです。

 --では最後に、エンディングに流れる主題歌「音楽のように」についてお聞かせください。

 まず「音楽のように」っていうタイトルが印象的ですよね。メロディーはすっごくおしゃれで、でも歌詞がとてもやるせなくて。こんなにも君といっしょにいたいって歌っているのに、でも、それができない……そんな切なさがメロディーとともに響いてくる楽曲です。この作品には余白が多いので、音楽がとても効くだろうなって感じているので楽しみですね。エンディングでも、観てくださった方にいろんな思いや観終わり感を抱かせてくれると思います。

 ドラマはテレビ朝日で10月2日から毎週土曜深夜2時半、ABCで10月3日から毎週日曜午後11時25分に放送される。ABCでの放送後、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」で配信され、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」でも見逃し配信される。

 ※クレジット(敬称略)

 撮影:今城秀和▽ヘアメーク:板垣美和▽スタイリスト:柾木愛乃▽衣装協力:YUKI SHIMANE、5-knot、オギー/ロードス

「それでも愛を誓いますか?」に池内博之、酒井若菜、藤原季節 全キャスト発表

連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」に出演する池内博之さん(C)ABC
連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」に出演する池内博之さん(C)ABC

 女優の松本まりかさん主演で10月スタートの連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」(ABC・テレビ朝日系)の全キャストが9月3日に発表され、池内博之さん、酒井若菜さん、藤原季節さんらが出演することが分かった。池内さんは純須純(松本さん)の夫・純須武頼、酒井さんは純の夫・武頼の元同級生・足立沙織、藤原さんは純の会社の同僚・真山篤郎をそれぞれ演じる。

 ドラマは、電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万ダウンロードを突破した、萩原ケイクさんの同名マンガ(双葉社)が原作。30代夫婦が抱く悩みや葛藤をリアルに描く大人の恋愛ストーリー。

 池内さんが演じる武頼は、「子どもがほしい」という純を遠ざけ、夫婦の間に見えない亀裂が生まれてしまう。そんな中、高校時代の同級生で元カノの沙織と再会し、連絡を取るようになる。酒井さん扮(ふん)する沙織は、中学で国語の教師をしながら一人息子を育てるシングルマザー。藤原さん演じる篤郎は、とある出来事を目撃したことがきっかけで、次第に純と心を通わせていく。

 また松澤匠さん、松岡依都美さん、吉田沙世さん、伊東蒼さん、内田慈さん、菅原大吉さんの出演も発表。主題歌はロックバンド「I Don’t Like Mondays.」が書き下ろした新曲「音楽のように」が採用された。

 ドラマは、ABCテレビで10月3日から毎週日曜午後11時25分に放送。テレビ朝日では10月2日から毎週土曜深夜2時30分に放送される。ABCテレビでの放送後、動画配信サービス「TELASA」で配信されるほか、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」でも見逃し配信される。

(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC
(C)ABC

松本まりか、地上波連ドラ初主演 結婚8年目、“満たされない”35歳妻に 10月期「それでも愛を誓いますか?」

松本まりかさんが主演する10月期の連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」のメインビジュアル(C)ABC
松本まりかさんが主演する10月期の連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」のメインビジュアル(C)ABC

 女優の松本まりかさんが、10月期の連続ドラマ「それでも愛を誓いますか?」(ABCテレビ・テレビ朝日系)で主演を務めることが8月20日、分かった。ドラマは、電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万ダウンロードを突破した、萩原ケイクさんの同名マンガ(双葉社)が原作。30代夫婦が抱く悩みや葛藤を真正面からリアルに描く“大人の恋愛ストーリー”で、松本さんは、結婚8年目だがセックスレスになって5年目、“満たされない何か”に悩み、揺れ、葛藤する35歳の女性・純須純(すみす・じゅん)を演じる。松本さんが地上波の連続ドラマで主演を務めるのは今回が初。

 「子供を産むリミット」「夫に養われ自立できない不安」「30代の再就職」「途切れない夫婦の営みへの憧れ」といった“35歳の壁”に直面する主人公・純を演じる松本さんは、「『この作品は私の人生を賭けたものです』という、原作に記された萩原ケイク先生の言葉が、心から離れません。それほどの想(おも)いが宿った作品をたくしていただけたことに感謝し、今まで経験してきた感情や痛みや喜び、そのすべてを注いで演じたいと思います」と意気込む。

 続けて、「この作品は、劇的な何かがあるドラマではありません。人が殺されたり、ドロドロの不倫をしたり……そういった派手な出来事は起きないのに、なぜかこの作品では、何気ない日常こそがドラマチックで。撮影では、小さな幸せの発見の連続です」とコメント。

 「他はすべて幸せなはずのに、“女としてだけ満たされていない女性”、純。“愛があればセックスなんかいらない”とか、“夫婦はもっと超えたところにある”とか、言葉では理解していても、どうにもできないもどかしさ。これまであまり描こうとしてこなかった、言語化できない微細な感情や、触れてはいけない“人の聖域”のようなものにスポットライトを当てたドラマです。1シーン1シーン、驚くほど丁寧に、大切に撮影しています。さまざまな思いを抱える皆さんに、そっと優しくお渡しできる作品になリますように」と語っている。

 原作者の萩原さんは「ドラマ化の第1報が『主演は松本まりかさん』でした。ひたむきにお仕事をされる俳優さん、という印象だったので、松本まりかさんが純を演じてくださることがとてもうれしいです。ほか、出演していただける全ての俳優の皆さま、企画から制作、関わってくださる全ての方々に感謝です。放映される日を楽しみにしています」と語っている。

 ドラマは、ABCテレビで10月3日から毎週日曜午後11時25分に放送。テレビ朝日では10月2日から毎週土曜深夜2時30分に放送される。ABCテレビでの放送後、動画配信サービス「TELASA」で配信されるほか、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」でも見逃し配信される。

(C)萩原ケイク/双葉社
(C)萩原ケイク/双葉社

それでも愛を誓いますか?ABCテレビ・テレビ朝日系
ABCテレビで10月3日から毎週日曜午後11時25分に放送。
テレビ朝日では10月2日から毎週土曜深夜2時30分に放送。
ABCテレビでの放送後、動画配信サービス「TELASA」で配信されるほか、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」でも見逃し配信される。