つまり好きって言いたいんだけど、 ニュース

<ドラマ紹介>「つまり好きって言いたいんだけど、」 「恋つづ」作者のラブコメ 大原櫻子×櫻井海音でドラマ化

連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」の第1話のワンシーン(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会
連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」の第1話のワンシーン(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

 歌手で女優の大原櫻子さん主演のテレビ東京連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(水曜深夜0時半)が10月6日に始まる。原作は「恋はつづくよどこまでも」などの円城寺マキさんの同名マンガ。マネジャーと俳優の禁断愛を描いたゴシップラブストーリーだ。大原さんは突如芸能事務所に転職した24歳の冴島千歳を演じる。櫻井海音さんが、千歳の担当するブレーク寸前の注目俳優・藤代瀬那を演じる。

 千歳は幼少期に散々だまされて恥をかかされた経験から、うそが大嫌いに。それが原因で小学校の非常勤講師を辞める羽目にもなった。

 瀬那は、演技は最高だが、私生活では問題児。実は、かつて千歳をだましていた幼なじみだった。

 第1話は……非常勤講師として働いていた小学校をクビになってしまった冴島千歳(大原さん)。ひょんなことから芸能事務所の新人マネジャーとして、人気若手俳優・藤代瀬那(櫻井さん)の担当になる。瀬那は女癖が悪く、うその巧みな問題児だった。幼い頃、ある男の子に何度もだまされて「うそが大嫌い」な千歳は、瀬那に何度もだまされる。彼の仕事に付いているうちに、千歳はあることに気づき……。

 千歳と瀬那の所属する芸能事務所の社長・東山一樹を西村まさ彦さん、千歳の先輩マネジャーの原真知子を佐藤江梨子さん、スキャンダルが原因で事務所の雑用をする元国民的スターの朝比奈玲司をバレエダンサーの宮尾俊太郎さんが演じる。

黒木瞳、大原櫻子主演ドラマで“大物女優”役「重責だと思いました」 “俳優”櫻井海音と劇中映画共演も

連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」に出演する黒木瞳さん (C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会
連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」に出演する黒木瞳さん (C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

 女優の黒木瞳さんが、歌手で女優の大原櫻子さん主演で、10月6日スタートの連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(テレビ東京、水曜深夜0時半)に出演することが10月5日、分かった。黒木さんは、大物女優・一式涼香を演じる。涼香は、ヒロイン・千歳(大原さん)がマネージメントを担当する俳優・瀬那(櫻井海音さん)と、劇中劇の映画で共演する。

 ドラマは、「恋はつづくよどこまでも」などの円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作で、マネジャーとブレーク寸前の注目俳優の禁断愛を描くゴシップラブストーリーだ。

 黒木さんは、「千歳にはトラウマがあって、そこから瀬那と再会して、タイトル通り、『つまり好きって言いたいんでしょ?』というところでいつもすれ違ってしまう。そんな巧みなストーリーを、大変楽しく読ませていただきました。オファーをいただいたとき、私には重責だと思いましたが、演じる一色涼香は、オンとオフがはっきり分かれている役なので、その点を演じ切らなきゃいけないという責任を背負って挑戦しました」とコメント。

 さらに「芝居に正解不正解はないですが、制作の方々がこういう芝居をしてほしいとか、こういうふうになったらいいなど、イメージをされていると思います。そんな思いに、私がどこまで応えられるか試されているような気がして、撮影を迎えました」と振り返った。

 また「一色涼香の演じる劇中劇は、若い男性俳優と共演する親子の物語なのですが、そういう役を演じるということと、劇中劇で演じている“夕美”と素の一色涼香の違いを大切にしました。お芝居の上では、短い時間でしたが、大原櫻子さんと櫻井海音さんのお二人がこのドラマを引っ張っていくという熱量をとても感じたので、ぜひ楽しみにしていただければと思います」とアピールしている。

 ドラマは動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で9月29日午後9時から独占先行配信もされる。

大原櫻子、ドキドキ感が満載 櫻井海音と倒れ込む… ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」ビジュアル

10月6日から放送される連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」のキービジュアル (C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会
10月6日から放送される連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」のキービジュアル (C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

 歌手で女優の大原櫻子さん主演で、10月6日スタートのテレビ東京の連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(水曜深夜0時半)のキービジュアルが9月10日、公開された。ビジュアルは、大原さん扮(ふん)するマネジャーの冴島千歳と、櫻井海音さん演じる俳優の藤代瀬那がメーク室で倒れ込んだところを、芸能カメラマンに狙われた様子を表現したドキドキ感が満載のデザインとなっている。

 ドラマは、「恋はつづくよどこまでも」などの円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。マネジャーとブレーク寸前の注目俳優の禁断愛を描くゴシップラブストーリー。

 俳優の西村まさ彦さん、女優の佐藤江梨子さん、バレエダンサーの宮尾俊太郎さんが出演することも発表された。西村さんは、千歳と瀬那が所属する芸能事務所の社長・東山一樹、佐藤さんは千歳の先輩マネジャーの原真知子、宮尾さんはスキャンダルが原因で事務所の雑用をする元国民的スターの朝比奈玲司を演じる。

 ドラマは動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で9月29日午後9時から独占先行配信もされる。

(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会
(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

大原櫻子、「恋つづ」作者のラブコメで主演 マネジャー×俳優の禁断愛 共演は“月9”で活躍の櫻井海音

10月6日スタートの連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」に主演する大原櫻子さん(左)と共演の櫻井海音さん(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会
10月6日スタートの連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」に主演する大原櫻子さん(左)と共演の櫻井海音さん(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

 歌手で女優の大原櫻子さんが、10月6日スタートのテレビ東京の連続ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(水曜深夜0時半)で主演を務めることが分かった。大原さんが同局のドラマに主演するのは、2019年7月期の「びしょ濡(ぬ)れ探偵 水野羽衣(はごろも)」以来、約2年ぶり。原作は「恋はつづくよどこまでも」などの円城寺マキさんの同名マンガで、マネジャーと俳優の禁断愛を描いたゴシップラブストーリー。フジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)にも出演する注目の俳優・櫻井海音さんが共演。テレビ東京のドラマには初出演となる。

 大原さんが演じるのは、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳。幼少期に散々だまされ、恥をかかされた経験から「うそが大嫌い」になった。櫻井さんは、千歳が担当するブレーク寸前の注目俳優・藤代瀬那に扮(ふん)する。演技は最高だが、私生活では問題児で、実はかつて千歳をだましていた幼なじみという役どころだ。

 大原さんは千歳について、「うそを見抜くのが苦手で、すぐ信じてしまうところが自分と似ています(笑い)」と話し、「感受性豊かで、真面目に真っすぐ生きている女の子なので、何かに一生懸命になったり、慣れないことに奮闘している姿を演じるのは、とてもカロリーがいる役だと思いますが、全力で笑って、怒って、泣いて、エネルギッシュに演じたいなと思います」と意気込みを披露。

 櫻井さんは「今回のドラマでは所々オリジナルの設定が組み込まれていて、原作のキャラクターと今回演じるドラマでのキャラクターの違いをどのように表現できるのか、ものすごくワクワクしています」と期待を寄せ、「俳優歴の浅い自分には難易度の高いお芝居がたくさんあるので、大原さんの力をお借りし必死にしがみついて、瀬那のさまざまな側面を繊細に表現できればと思います」と語っている。

 ドラマは動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で9月29日午後9時から独占先行配信。2人を取り巻くレギュラーキャストは後日発表される。

つまり好きって言いたいんだけど、テレビ東京
2021年10月6日スタート 水曜深夜0時半から放送
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で9月29日午後9時から独占先行配信