バンクオーバー! ~史上最弱の強盗 あらすじ

バンクオーバー! ~史上最弱の強盗あらすじ

 ドラマ 「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」は、日本テレビ系で9月19日から2週にわたって放送されるスペシャルドラマ。俳優の間宮祥太朗さんが主演を務める。ドラマは、主人公・猿渡佐助が銀行強盗をするために銀行に入ったところ、強そうな強盗に鉢合わせするというサスペンスコメディーで、間宮さんは佐助を演じる。人質となる女性弁護士の大木さくら役で女優の上白石萌歌さんが出演する。

 2人は、2019年に放送されたテレビ東京の連続ドラマ「僕はどこから」で兄妹役で共演している。

 「バンクオーバー!」は、登場人物が全員「ウラ事情」を抱えているという設定。物語が進むにつれてその事情が明らかになり、ラストには大どんでん返しが待っている……というストーリー。昨年6月に日本テレビで放送された俳優の千葉雄大さん主演のスペシャルドラマ「ダブルブッキング」のスタッフが再集結して制作する。

 前編は9月19日午後10時半から、後編は26日午後11時から放送される。

ドラマ「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗」のあらすじ

間宮祥太朗主演の2週連続SPドラマ 強盗同士が出くわすサスペンスコメディー 共演に上白石萌歌ら

スペシャルドラマ「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」の場面写真=日本テレビ提供
スペシャルドラマ「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の間宮祥太朗さん主演の2週連続スペシャルドラマ「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」(日本テレビ系)が、9月19、26日に放送される。銀行で出くわした強盗2組のサスペンスコメディー。前編が19日午後10時半から、後編が26日午後11時から放送される。

 とある地方銀行前。緊張の面持ちで銃を取り出した猿渡佐助(間宮さん)はその日、訳あって銀行強盗に手を染めようとしていた。しかし、押し入った先では、外国人のいかつい男2人組が行員に銃を突き付け、銀行強盗真っただ中。想定外の鉢合わせでいきなりピンチに陥るが、佐助には絶対に失敗できない深い“事情”があった。

 人質の女性弁護士・大木さくら(上白石萌歌さん)の提案で、佐助は2人組に「金を持ち帰るのにふさわしいのはどちらか、話し合いで」と交渉を試みるも、言葉が全く通じない。

 この2人にも強盗に至った深い“事情”があり……やがて、それぞれの、のっぴきならない“事情”が明かされ、物語は予測不能のジェットコースターストーリーへと展開していく。

 人質の「SM嬢」の前島マイをファーストサマーウイカさん、突然現れる謎の男を細田佳央太さんが演じる。他に佐助の妹・小春を貴島明日香さん、銀行の窓口担当・後藤雫を伊藤万理華さん、警部の山根広務を袴田吉彦さん、高額バイトあっせん会社の男を般若さん、小春の婚約者・若松健一をお笑いコンビ「ラランド」のニシダさんが務める。

バンクオーバー! ~史上最弱の強盗日本テレビ系
前編は2021年9月19日午後10時半から、後編は26日午後11時から放送