言霊荘 ニュース

<SNS反響>“新住人”秋田汐梨にいきなりの衝撃展開 視聴者「史上最強にグロい」「えぐかった」

連続ドラマ「言霊荘」第6話「リピート」の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第6話「リピート」の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第6話「リピート」が11月13日に放送された。同話は、第2章の開幕編で、新たな登場人物の城崎雪乃(秋田汐梨さん)を中心としたストーリーが進行。ラストで雪乃に訪れた“衝撃の展開”に対して、SNSで「史上最強にグロい」「ラストえぐかった」などの声が上がるなど、視聴者を恐怖に陥れた。

 ドラマは、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉“言霊”が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんはじめ、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 秋田さん演じる雪乃は、阿木紗香(三吉さん)が非業の死を遂げた後に、空室となっていた1号室に引っ越してきた女子大生。前週第5話のラストで姿を見せ、第6話から本格的に登場した。

 金持ちになる夢をかなえるため貪欲に生きる女性で、同話では、口にした言葉を次々とかなえていき、ついに大金も手に。しかし、ラストに金銭絡みの犯罪事件に巻き込まれ、アパートで「見えないはずのもの」まで見えるようになってしまう。雪乃は怖くなってアパートを飛び出すが……と展開した。

 主人公・歌川言葉(コトハ、西野さん)の目の前で起きた雪乃の結末に、SNSでは「秋田汐梨ちゃんがまさかいきなり……」「首にブスッ」「えっぐい」「トラウマになりそう」などの声が上がっていた。

秋田汐梨、話題の18歳 西野七瀬、中村ゆりか、内田理央ら若手女優が挑むホラードラマに参戦

連続ドラマ「言霊荘」に出演する(左から)秋田汐梨さん、佐野史郎さん、藤井美菜さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」に出演する(左から)秋田汐梨さん、佐野史郎さん、藤井美菜さん=テレビ朝日提供

 ティーン向けメディア「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルで女優の秋田汐梨さんが、西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)に出演することが分かった。主人公の歌川言葉(コトハ、西野さん)たちが住む女性限定アパート「レディスコート葉鳥」に越してきた女子大生、城崎雪乃を演じる。第一章の完結編となった第5話(11月6日放送)のラストで登場し、第二章が始まる第6話(13日放送)から本格的に登場する。

 「言霊荘」は、女性限定アパートを舞台に、発した言葉“言霊”が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていくホラードラマ。住人役で、西野さんはじめ、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 秋田さんは2003年3月19日生まれ、京都府出身の18歳。Seventeenの専属モデルとして活躍する一方、映画「惡の華」(2019年)、ドラマ「ホームルーム」(MBSほか、2020年)など女優としても活躍の場を広げている若手注目株。「言霊荘」で演じる雪乃は、阿木紗香(三吉さん)が非業の死を遂げた後に、空室となっていた1号室に引っ越してきた。一見、天真らんまんに見えるが、金持ちになる夢を叶えるため貪欲に生きる、という設定だ。

 「初めてのホラー作品」という秋田さんは、「ホラー作品は怖くて苦手で、あまり触れてこなかったので出演が決まった時は驚きと不安がありました。脚本を読むのも『すごく怖かったらどうしよう』と時間がかかりましたね(笑い)。ですが、今まで経験したことがない新しいことにチャレンジできることはとてもうれしかったです」とコメント。

 続けて「初めてのホラーということで、表情など試行錯誤しながら撮影に挑みました。言霊の力に翻弄され壊れていく雪乃の姿に注目して見ていただけるとうれしいです。ぜひ、『言霊荘』を見て、深夜にゾクゾクしてください!」とアピールした。

 俳優の佐野史郎さん、女優の藤井美菜さんの出演も発表された。佐野さんはレディスコート葉鳥のオーナー・葉鳥久、藤井さんはかつての1号室の住人で、「言霊の呪い」の真相を握る人物の一人でもある女流作家・夏目三葉をそれぞれ演じる。

<SNS反響>西野七瀬&斉藤由貴VS呪縛霊に視聴者「怖すぎ」「声出た」 言霊の呪いはまだ終わらない?

連続ドラマ「言霊荘」第5話「タイムリミット」の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第5話「タイムリミット」の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第5話「タイムリミット」が11月6日に放送された。同話は第一章の完結編で、主人公のコトハ(西野さん)たちと「言霊の呪い」を操る呪縛霊との直接対決が描かれた。「第一章完結編怖すぎた」「今回めっちゃ怖いんだけど……」「怖すぎて声出た(笑い」などと視聴者から悲鳴が上がった。

 ドラマは、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉“言霊”が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんはじめ、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 第5話では、レディスコート葉鳥の住人内で日々強まる「言霊の呪い」を危惧したコトハが、女性宮司・岩戸志麻(斉藤由貴さん)にアパートに取り憑(つ)く呪縛霊の除霊を依頼。コトハ、レイシ(永山絢斗さん)、住人女性たちが見守る中、志麻がお祓(はら)いを始め、現れた呪縛霊と直接対決する……という展開だった。

 お祓い中、志麻が呪縛霊に取り憑かれてしまうシーンでは「斉藤由貴さんの演技にビビりました……」「白目むいてたやん……」「鳥肌立った。さすが斉藤由貴」などと、SNSで反響が上がった。

 除霊は呪縛霊の悲鳴のような声で終わり、第一章は完結した。しかし、ラストで、1号室に女子大生の城崎雪乃(秋田汐梨さん)が越して来たシーンの後には、呪縛霊がまだ存在しているかのような場面が描かれ、さらに次回予告では「《言霊》の呪いは 終わっていない」と意味深なテロップが流れた。

斉藤由貴が呪縛霊と“直接対決”へ 除霊中に世にも恐ろしい怪奇現象発生!?

ドラマ「言霊荘」第5話の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「言霊荘」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系)の第5話「タイムリミット」が11月6日午後11時から放送される。宮司の岩戸志麻(斉藤由貴さん)が、「言霊」の呪いを操る呪縛霊との直接対決に挑み、除霊中には世にも恐ろしい怪奇現象が発生するという。

 重い病気を患っている元カレの鈴木大輔(竹財輝之助さん)を「どんなことをしてでも助けたい」と口にした4号室の菊川麻美(森田望智さん)。麻美は自身の強い「言霊」によって、気づいたときには自らの肝臓を鈴木に移植していた。手術後、麻美の見舞いに訪れたコトハ(西野さん)は、鈴木の病室で親しげに話す5号室の林原早紀(石井杏奈さん)の姿を見つけ、早紀が麻美から鈴木を奪った恋敵だったことが判明する。

 そんな中、「言霊の呪い」の力が強まっていく。コトハから除霊の依頼を受けた志麻は力を解放し、アパートに取り憑(つ)く言霊を操る呪縛霊の除霊を決意。管理人室で強烈な霊気を感じた志麻が、コトハら住人女性たちが見守る中、お祓(はら)いを始める……という展開。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象が次々と発生。住人たちが「死」と向かい合うホラー作品。 

西野七瀬、内田理央、堀田真由、中村ゆりかと「言霊荘」4ショット! 「美女×美女×美女×美女」

ドラマ「言霊荘」アメーバオフィシャルブログで公開されたオフショット
ドラマ「言霊荘」アメーバオフィシャルブログで公開されたオフショット

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)のオフショットが、ドラマのアメーバオフィシャルブログで11月3日、公開された。

 オフショットは、西野さんと、内田理央さん、堀田真由さん、中村ゆりかさんとのフォーショットで、「狭いスペースにこの4人がいるという幸せ」とつづられた。

 ファンからは「顔面偏差値高過ぎーっ」「ホント、見てるだけで幸せになれる美女×美女×美女×美女」「はぁ~癒やし」「4人とも可愛い」「美女たちばかり住んでる言霊荘が羨ましい…」といった声が上がっている。

<SNS反響>西野七瀬、ViewTubeチャンネル登録者が急増 視聴者「不安視」も 「言霊荘」第4話

連続ドラマ「言霊荘」第4話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第4話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第4話「誰も見ていない」が10月30日に放送された。同話では、動画配信サイト運営者“底辺ViewTuber”の主人公・コトハ(西野さん)のチャンネル登録者が急増する展開。SNSでは、視聴者から今後を不安視する声が上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉(言霊)が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんはじめ、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 同話では、レディスコート葉鳥に巣くう「言霊の力」を信じ始めたコトハが、除霊費を稼ぐため、「言霊の力」を利用し、自身のチャンネル登録者数を増やそうとする。

 事前に除霊師の岩戸志麻(斉藤由貴さん)から「言霊を葬るために言霊の力を利用したら、言霊の怒りを買います」と“忠告”を受けていたが、共に「言霊の力」の究明に当たるレイシ(永山絢斗さん)の力を借り、「登録者増えろ」「バズれ~」と念じた結果、300人足らずだった登録者が1万人を超すほどに急増した。

 コトハは「やっぱり言霊は存在するのよ!」と「言霊の力」の証明になったことに自信を見せるが、隣のレイシはどこか不安げな表情を見せた。SNSでも「登録者数急上昇! 喜んでいいのか……」「登録者数が増えたあたりから得体の知れない怖さを感じた。来週見るの怖いな」などと、不安視する声が上がっていた。

 次週11月6日放送の第5話は第一章完結編。6日午後9時まで、第1~4話がABEMAで無料配信されている。

西野七瀬、永山絢斗に「今日は泊まっていって」 視聴者「言われたーい!」

連続ドラマ「言霊荘」第3話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第3話「スリーアウト」が10月23日に放送された。主人公の言葉(コトハ、西野さん)が、共に不可思議な事件を追う自称・霊能者の零至(レイシ、永山絢斗さん)を「帰らないで」「今日は泊まっていって」と引き留める場面が登場し、視聴者から「泊まっていって!?」「言われたーい!」などの声が上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉(言霊)が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんはじめ、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 前週第2話で、2号室の栞(中村さん)が倒れていた事故現場で、3号室の綾子(堀田さん)を目撃したコトハとレイシ。同話では、その後、コトハの部屋で2人が“言霊の呪い”について話し合う展開が描かれた。綾子が栞の事故に関わっているかもしれないと怪しんだコトハは、「事件に関わっているかもしれない人が同じアパートにいて。その人に私たちは事故現場で目撃されているの」といい、レイシに泊まっていくよう引き留めた。

 一方のレイシも「そういうことね……。いいよ別に、コトハちゃん結構可愛いし」とまんざらでもない様子を見せるが、間髪入れずにコトハは寝袋を手渡し、「これ持って廊下に。ドアの前で男の人が寝ていたら、さすがに安全でしょ」と突き放す……という展開だった。

 SNSでは「今夜は泊まっていってと言いながら部屋の前の廊下で寝ろとか草」「なーちゃん(西野さん)に『今日は泊まっていって』なんて言われたい。たとえ『廊下で寝て』と言われたとしても」などの声が上がっていた。

堀田真由、キュートなツインテール姿披露 「最強」「何しても可愛い」

連続ドラマ「言霊荘」のアメーバオフィシャルブログで公開された堀田真由さんのツインテール姿
連続ドラマ「言霊荘」のアメーバオフィシャルブログで公開された堀田真由さんのツインテール姿

 連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(同局系、土曜午後11時)に出演者し、話題の女優の堀田真由さんのツインテール姿が、ドラマのアメーバオフィシャルブログで公開された。

 ドラマは、西野七瀬さんが主演。とある女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラー作品。堀田さんはフリーアナウンサーで、レディスコート葉鳥3号室の住人の小宮山綾子を演じている。

 堀田さんのツインテール姿は、10月21日深夜放送の同局のバラエティー番組「お願い!ランキング」に出演した際のオフショット。ファンからは「ツインテール最強」「かわいい」「え…!? 何しても可愛い」「大好き」「ツインテール&ジャージーが可愛すぎる!!」などのコメントが寄せられている。

テレ朝・住田紗里アナ、ドラマ「言霊荘」にゲスト出演 堀田真由にアナウンス指導も

10月23日放送の連続ドラマ「言霊荘」第3話に出演する住田紗里アナウンサー(左)と堀田真由さん=テレビ朝日提供
10月23日放送の連続ドラマ「言霊荘」第3話に出演する住田紗里アナウンサー(左)と堀田真由さん=テレビ朝日提供

 テレビ朝日の住田紗里アナウンサーが、女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(同局系、土曜午後11時)の第3話(10月23日放送)にゲスト出演することが分かった。テレビ局のアナウンサーとして登場する。また同話は、女優の堀田真由さん演じるフリーアナウンサーの小宮山綾子に焦点が当てられ、住田アナは堀田さんのアナウンス指導も担当した。

 アナウンス指導は、ドラマの台本のほかに、実際にアナウンサーが研修で使用するアナウンス教本も用意され、行われた。劇中で使用するニュース原稿を実際に堀田さんが読んでみると、住田アナは「1年目の自分とは比べ物にならない」と絶賛。

 一方、住田アナからニュースを読む際は「音の高さが大事」とアドバイスを受けた堀田さんは、「同じ言葉を使う職業ですけど、演じるときと、ニュースでたくさんの方に聞いてもらうために話す言葉の使い方はまったく違うんだなということが勉強になりました」と難しさを感じた様子で、改めて「アナウンサーの方々は、本当にすごいなって思いました」と話していた。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。とある女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラー作品。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

<SNS反響>中村ゆりかの後ろに“何か”いる! PCから“手”も 視聴者「い、いま、後ろに!」「こええよ」

連続ドラマ「言霊荘」第2話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第2話「記憶にありません」が10月16日に放送された。同話は、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」の2号室の住人・栞(中村ゆりかさん)の周囲で怪奇現象が起こっていく……という展開。栞が見ていたパソコンに不可解な文字が次々と浮かびるシーンでは、栞の後ろに立っていた“何者”かに気づいた視聴者が「後ろになんかいた?」「い、いま、後ろにいたよな!なにか!」「後ろにいたの怖すぎ」とざわついた。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMA共同制作。レディスコート葉鳥を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんと中村さんほか、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 前週第1話では、主人公のコトハ(西野さん)の友人の1号室の紗香(三吉さん)が怪奇現象にさいなまれ、ラストでは謎の死を遂げる……という展開だったが、第2話では、紗香の隣室の2号室の栞に怪奇現象が降りかかった。ジャーナリストから贈収賄の疑いをかけられ執拗(しつよう)に追われていた都議会議員秘書の栞は「記憶にありません」と政治家の秘書らしく言い逃れるが、やがてその言葉が自身に降りかかり、記憶をなくしていく……という展開だった。

 栞が目を離したとき、栞のパソコンの画面から青白い手が飛び出すシーンも登場し、視聴者から「パソコンからてってっ手が!」「あぶなーい」「こええよ」などの声も上がっていた。

 ドラマは地上波放送終了後からABEMAで無料独占配信。ABEMAプレミアムでは、本編とは別視点で描かれるオリジナルストーリー「ある視点 ‐もう一つの言霊荘‐」も独占配信されている。

<SNS反響>西野七瀬主演のホラードラマ 三吉彩花の“衝撃ラスト”に視聴者「第1話から怖すぎだろっ!」

連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第1話が10月9日に放送された。同話の最後で、主人公の歌川言葉(ことは、西野さん)の友人・阿木紗香(三吉彩花さん)に訪れた“衝撃の展開”に、「第1話から怖すぎだろっ!」「初回から衝撃の展開」「怖すぎてチャンネル変えちゃった」などと視聴者から“悲鳴”が続々と上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMA共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんと三吉さんのほか、レディスコート葉鳥の住人役で、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 第1話では、底辺「ViewTuber」の“コトハ”こと言葉が、レディスコート葉鳥への引っ越し早々に謎の怪奇現象に巻き込まれた。コトハが、友人の紗香らに手伝ってもらいながらの引っ越し作業を終えて盛り上がっていると、作詞家の紗香が手掛けた、男性歌手の曲がヒットチャート入りしたと配信番組から流れてくる。

 コトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香は複雑な表情。聞くと、その歌手とは男女間の仲たがいがあったようで、紗香は自分の詞が世に出ることがうれしい半面、悔しさも漏らす。そして紗香がふと「知らない世界に消えてほしい」とつぶやくと、直後、番組で歌っていた歌手が突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう。

 その後、紗香は次々と怪奇現象に見舞われていく。コトハは、そんな友人をなんとか助けようと、“自称”霊能者の中目零至(れいし、永山絢斗さん)も含めた3人で「除霊の儀式」を行うが……と展開した。

 紗香の結末に、SNSでは「第1話からラストであんな展開になるとは……」「始めから結構スリルがあった」「もしや毎回こんな感じ?」などの声が上がっていた。

 ドラマは地上波放送終了後からABEMAで無料独占配信。ABEMAプレミアムでは、本編とは別視点で描かれるオリジナルストーリー「ある視点 ‐もう一つの言霊荘‐」も独占配信されている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

<SNS反響>三吉彩花の“衝撃ラスト”に視聴者「第1話から怖すぎだろっ!」

連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第1話が10月9日に放送された。同話の最後で、主人公の歌川言葉(ことは、西野さん)の友人・阿木紗香(三吉彩花さん)に訪れた“衝撃の展開”に、「第1話から怖すぎだろっ!」「初回から衝撃の展開」「怖すぎてチャンネル変えちゃった」などと視聴者から“悲鳴”が続々と上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMA共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんと三吉さんのほか、レディスコート葉鳥の住人役で、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 第1話では、底辺「ViewTuber」の“コトハ”こと言葉が、レディスコート葉鳥への引っ越し早々に謎の怪奇現象に巻き込まれた。コトハが、友人の紗香らに手伝ってもらいながらの引っ越し作業を終えて盛り上がっていると、作詞家の紗香が手掛けた、男性歌手の曲がヒットチャート入りしたと配信番組から流れてくる。

 コトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香は複雑な表情。聞くと、その歌手とは男女間の仲たがいがあったようで、紗香は自分の詞が世に出ることがうれしい半面、悔しさも漏らす。そして紗香がふと「知らない世界に消えてほしい」とつぶやくと、直後、番組で歌っていた歌手が突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう。

 その後、紗香は次々と怪奇現象に見舞われていく。コトハは、そんな友人をなんとか助けようと、“自称”霊能者の中目零至(れいし、永山絢斗さん)も含めた3人で「除霊の儀式」を行うが……と展開した。

 紗香の結末に、SNSでは「第1話からラストであんな展開になるとは……」「始めから結構スリルがあった」「もしや毎回こんな感じ?」などの声が上がっていた。

 ドラマは地上波放送終了後からABEMAで無料独占配信。ABEMAプレミアムでは、本編とは別視点で描かれるオリジナルストーリー「ある視点 ‐もう一つの言霊荘‐」も独占配信されている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

西野七瀬・主演ドラマ「言霊荘」 “霊”の姿が公開

10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」の一場面=テレビ朝日提供
10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が10月9日に放送開始する。テレビ朝日とABEMA共同制作のホラードラマで、女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく。このほど、“霊”の姿が写し出された場面写真が、初公開された。

 場面写真には、レディスコート葉鳥への引っ越し直後、これから始まる新生活に期待で胸を膨らませる主人公・歌川言葉(ことは、西野さん)の後ろに、ひっそりとたたずむ“霊”が写し出されている。霊は緑のワンピース姿で、顔は布で覆われている。

<ドラマ紹介>「言霊荘」 西野七瀬、中村ゆりか、内田理央ら 話題の若手女優が挑むホラードラマ

10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供
10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が10月9日に始まる。テレビ朝日とABEMA共同制作のホラードラマで、女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく。西野さんほか、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結する。

 西野さんは、レディスコート葉鳥の7号室に引っ越してくる「底辺ViewTuber」(架空の動画配信サイトプレーヤー)のコトハこと、歌川言葉(ことは)を演じる。言葉の力を信じ、人々の幸せを願う、夢見がちで天真らんまんな女性で、「夢や願いを言葉にし続ければいつか必ずかないます」「ポジティブな言葉で幸運を引き寄せましょう」などと、運営する「歌川コトハの引き寄せチャンネル」で啓蒙(けいもう)活動を続けているが、世間には響いていない。

 1号室に住む作詞家の阿木紗香を三吉さん、2号室の都議会議員秘書の丸山栞を中村さん、3号室のフリーアナウンサーの小宮山綾子を堀田さん、4号室の医師の菊川麻美を森田さん、5号室の小学校教師の林原早紀を石井さん、6号室の雑誌編集者の渡邊瞳を内田さんがそれぞれ演じる。

 俳優の永山絢斗さん、女優の斉藤由貴さん、内藤理沙さんも出演。永山さんは霊感商法でぼろ儲けを目論む自称・霊能者で、レディスコート葉鳥の怪奇現象に巻き込まれていく中目零至(れいし)を、斉藤さんは零至の叔母で除霊師としての一面がある女性宮司・岩戸志麻を、内藤さんは志麻の元で働く巫女(みこ)の蝶野繭をそれぞれ演じる。

 第1話は……レディスコート葉鳥に引っ越してきたコトハが、友人の紗香らに手伝ってもらいながらの引っ越し作業を終えて盛り上がっていると、紗香が作詞を手掛けた男性歌手の曲がヒットチャート入りしたと、配信番組から流れてくる。

 コトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香は複雑な表情。聞くと、その歌手とは男女間の仲たがいがあったようだ。紗香は、自分の詞が世に出ることがうれしい半面、悔しさも漏らす。そして紗香が「知らない世界に消えてほしい」とつぶやくと、直後、歌唱中の歌手は突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう。コトハは、この一件をきっかけに、アパート内で発した言葉が次々と現実になるという怪奇現象に巻き込まれていく。

西野七瀬、主演ドラマ「言霊荘」、キャストの唇浮かぶメインビジュアルに

10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」のメインビジュアル=テレビ朝日提供
10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」のメインビジュアル=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さんが主演する、10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)のメインビジュアルが公開された。西野さんや永山絢斗さん、斉藤由貴さんらキャストの顔と共に、黒いモヤのようなものを吐き出す唇が描かれた美しさと不気味さを感じさせるビジュアルとなっている。描かれた唇は、それぞれ西野さんらキャストたち本人の唇がモチーフになっているという。

 また、奥に描かれたマンションの壁には「助けたい」「約束したよね」「人の念は言葉によって作り出される」などの言葉が投影されており、ベランダには布で顔を覆われた女性らしき人影も見えるなど、気になる仕掛けが散りばめられている。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。とある女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラー作品。西野さんはレディスコート葉鳥の7号室に住むことになる底辺“ViewTuber”の歌川言葉(ことは)を演じる。

 レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智(みさと)さん、石井杏奈さん、内田理央さんらが出演する。

西野七瀬、TGCで主演ドラマ「言霊荘」のコラボステージ 内田理央「1話から誰かが呪われます」

「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」に登場した西野七瀬さん
「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」に登場した西野七瀬さん

 女優の西野七瀬さんが9月4日、オンライン開催された大型ファッションイベント「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション(TGC) 2021 AUTUMN/WINTER」に出演。主演を務める10月スタートの連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)とのコラボステージに登場した。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。とある女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラー作品。主演の西野さんは「新感覚の今までに見たことのなかったようなドラマになっています。本当に怖いものが好きな方はもちろん、ちょっと苦手な方も見られると思います。お昼に見てもらうとかも良いと思います(笑い)」とアピールした。

 同ステージにサプライズで登場したキャストの内田理央さんは「ホラーなんですけど、ずっと怖いわけではないです」と紹介しながらも、「1話からこの中の誰かが呪われます(笑い)」と話していた。ステージには西野さんと内田さんのほか、キャストの堀田真由さん、三吉彩花さん、石井杏奈さん、中村ゆりかさん、森田望智さんも登場した。

内田理央、西野七瀬主演ホラードラマに出演 三吉彩花、中村ゆりか、堀田真由、森田望智、石井杏奈と“言霊荘”の住人に

10月スタートの連続ドラマ「言霊荘」に出演する(前列左から)中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、(後列左から)石井杏奈さん、内田理央さん、三吉彩花さん=テレビ朝日提供
10月スタートの連続ドラマ「言霊荘」に出演する(前列左から)中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、(後列左から)石井杏奈さん、内田理央さん、三吉彩花さん=テレビ朝日提供

 女優の内田理央さんが、西野七瀬さん主演の10月スタートの連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)に出演することが9月4日、分かった。内田さんは、物語の舞台となる女性限定マンションの住人を演じる。マンションの住人役として、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さんが出演することも発表された。

 本作は、女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、“言霊”という“人ならざる者”に住人女性たちが次々とさいなまれていく姿を描くホラードラマ。

 内田さんは、マンションの6号室に住む編集者・渡邊瞳、石井さんは、5号室の小学校教師・林原早紀、森田さんは、4号室の医者・菊川麻美、堀田さんは、3号室のフリーアナウンサー・小宮山綾子、中村さんは、2号室の都議会議員の私設秘書・丸山栞、三吉さんは、1号室の作詞家・阿木紗香をそれぞれ演じる。

 内田さんは、「私自身、幽霊やお化けが苦手で、お話をいただいた時はどれくらい怖いんだろうと、まずは恐怖を感じました(笑い)。でも、ドキドキする展開に加え、『言霊』という題材も面白いなと思いました」とコメント。「共演者に同世代の方がいっぱいいて、それがとてもうれしいです! 今までこんなに女性が多い現場の経験がなかったので、すごく楽しみでワクワクしています」と明かした。

西野七瀬、テレ朝ドラマ初主演 怪奇現象に巻き込まれる主人公 ホラー作品好きで「とてもうれしかった」

連続ドラマ「言霊荘」に出演する(左から)永山絢斗さん、西野七瀬さん、斉藤由貴さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「言霊荘」に出演する(左から)永山絢斗さん、西野七瀬さん、斉藤由貴さん=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さんが、10月期にテレビ朝日で放送される連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(土曜午後11時)で主演を務めることが8月25日、分かった。西野さんは同局ドラマに初出演で初主演。秋の夜長にぴったりなホラードラマだといい、怪奇現象に巻き込まれる主人公を演じる。

 今作は、昨年4月期に放送されて話題になった「M 愛すべき人がいて」以来となるテレビ朝日とABEMAが共同制作するドラマ。とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、“言霊”という“人ならざる者”に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というストーリー。

 西野さんが演じるのは、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う底辺“ViewTuber”の歌川言葉(コトハ)。女性限定マンション「レディスコート葉鳥」の7号室へ移り住んだことをきっかけに、マンション内で発した言葉が現実になるという怪奇現象に巻き込まれる、という役どころで「ホラー作品のドラマはあまり見たことがなかったので珍しいと感じましたし、私自身は怖い作品が好きなので、とてもうれしかったです」と語っている。

 レディスコート葉鳥の騒動に巻き込まれていく自称・霊能者の中目零至(レイシ)を永山絢斗さん、レイシの叔母で女性宮司の岩戸志麻(トシマ)を斉藤由貴さんが演じることも発表された。

 映画「ビリギャル」(2015年)やドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(2018年)、「エアガール」(2021年)などの橋本裕志さんが脚本、映画「感染」(2004年)、「怪談レストラン」(2010年)、「呪怨-ザ・ファイナル-」などで知られる落合正幸さんが演出を担当する。

 同局の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」で、西野さん、永山さん、斉藤さんたちによるビジュアル撮影のメーキングの模様も公開された。

 ◇西野七瀬さんのコメント

 ――テレビ朝日ドラマに初出演にして初主演となりますが、決まった際のお気持ちをお聞かせください。

 最初に主演させていただくと聞いた時は、すごくびっくりしました。ホラー作品のドラマはあまり見たことがなかったので珍しいと感じましたし、私自身は怖い作品が好きなので、とてもうれしかったです。

 ――最初に脚本を読んだ際、どのような印象を受けましたか?

 脚本では、ずっと怖い雰囲気が続いているわけではなく、コミカルなシーンもあります。かと思ったら、急に怖いことが起こる。これが映像になったらその二つの差がどのような感じに仕上がるんだろうと、想像しながら楽しみに感じました。

 ――今作では「言霊」=“言葉が持つ力”が鍵になっていますが、ご自身で言霊を実感したことはありますか?

 やってみたいことや好きなことなどを発信していたら、関連のお仕事をいただけた、ということはあります! 普段はあまり声を大にしては言わないんですけど、こっそり言っています(笑い)。

 ――「言霊」=言葉の力を借りて2021年のうちに実現したいこと、やりたいことがあれば、ぜひ言葉で発してみてください!

 やはり、この「言霊荘」を多くの方に見ていただきたいです。怖いものが苦手な方でも楽しめるドラマになっているので、ぜひ! 言霊の力を信じて、ドラマの成功を願っています。

 ――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 私が演じるコトハちゃんはとても明るい子なので、ホラードラマではありますが、その中でもコトハちゃんの存在のおかげで怖さが少し紛れて、楽しんでいただけると思います。ただ、ちょっと油断していると怖いシーンが出てくるかもしれません(笑い)。ぜひ、楽しく怖がって見ていただけたらうれしいです。頑張ります!

 ◇永山絢斗さんのコメント

 ――最初に脚本を読んだ際、どのような印象を受けましたか?

 最初に台本を読んだ時、まず思ったのが、男性が自分しかいないっていうことですね。そういう現場は今までなかったので(笑い)。ただ、このドラマはとんでもなく怖いビジュアルのものが出てくるわけでもないので、怖いのが苦手な人も見られるドラマなのかなって思いました。それぞれのキャラクターもチャーミングですし、すごく楽しみです。

 ――今作では「言霊」=“言葉が持つ力”が鍵になっていますが、ご自身で言霊を実感したことはありますか?

 自分はあまり口にしたりしないので、ないですね。口にせずとも思っていたりすると、そういう方向に向かっていくっていうこともあるんでしょうね……。ただ、それも実感していないです(笑い)。

 ――「言霊」=言葉の力を借りて2021年のうちに実現したいこと、やりたいことがあれば、ぜひ言葉で発してみてください!

 ホラー作品をやると、とんでもないロケ場所に行って、そこでいろんなものを持って帰ってきてしまうと聞いたことがあるんです。とにかく無事に、怪奇現象などが起きないことを願っています(笑い)。

 ――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 撮影はこれから始まるのですが、もうすでに面白いドラマになるんじゃないかなと思っていますし、それに向けて努力しようと思っています。ぜひ見てください。

 ◇斉藤由貴さんのコメント

 ――最初に脚本を読んだ際、どのような印象を受けましたか?

 まず最初に、「言霊」という言葉がすごくすてきだと思いました。私は物を書くのが好きで、発した言葉には魂や気配などいろんなものがはらんでいるとよく感じているんです。だから、このドラマでそれがどんなふうに表現されていくのか、特に深夜ドラマということで、より自由に表現できる部分がきっと出てくると思うので楽しみです。また、レディスコート葉鳥にはさまざまな女性が住むのですが、仕事もキャラクターも言葉の発し方も違います。発する言葉の質の違いのようなものも、セリフ劇の中で楽しいものが生まれるのではないかなと思っていて。そこは、一視聴者として楽しみたいなと思っています。

 ――今作では「言霊」=“言葉が持つ力”が鍵になっていますが、ご自身で言霊を実感したことはありますか?

 私はすごく食パンが好きで、あちこちで「食パンが好きだ」っていうことを発信していたら、いろんな現場ですっごく美味(おい)しい食パンをいただくことが増えました! これは一つの言霊なのかな? とか思ったりしています(笑い)。仕事も同じで、言葉で発しているとそれに近いようなお仕事がきたりして、とてもうれしい気持ちになることがあります。

 ――「言霊」=言葉の力を借りて2021年のうちに実現したいこと、やりたいことがあれば、ぜひ言葉で発してみてください!

 私は今作で宮司という役で祓(はら)う役割を担うのですが、そこで弓を引くんです。なので、うまくできるようになったらいいなって願っています。運動系が一切苦手なので、格好よく、様になるか今から心配しています(笑い)。

 ――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 10月の少し肌寒くなってきた時期に、土曜夜11時から放送されるのですが、季節も時間もホラーを見るにはバッチリなタイミングじゃないかなと思っています。その後眠れなくなったらどうしようかなという心配はあるかもしれませんが、次の日は日曜だし、そういうのもたまにはいいんじゃないかな(笑い)。とにかくこのドラマはすごく面白いと思うので、ぜひ楽しみに見ていただけたらうれしいです。