和田家の男たち あらすじ

和田家の男たちあらすじ

 ドラマ「和田家の男たち」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)は、相葉雅紀さんが主演を務める連続ドラマ。相葉さんが連続ドラマで主演を務めるのは、2018年10月期に同枠で放送された「僕とシッポと神楽坂」以来3年ぶり。

 本作は、息子はネットニュース記者、父はテレビ局報道マン、祖父は新聞記者のマスコミ一家「和田家」を描くホームドラマ。「あのときキスしておけば」(同)などの大石静さんが脚本を手がけるオリジナル作品。

 相葉さんは、15年勤めた会社がコロナ禍で突然倒産し、デリバリーサービスの配達員に勤しむ37歳・和田優を演じる。ひょんなことから、疎遠になっていた血のつながらない父・和田秀平と、二十数年ぶりに再会した祖父・和田寛と3人で暮らすことになり、さらに大学の後輩のつてでネットニュース編集部の記者として働くことになる、という役どころ。

 テレビ局に勤務し、報道番組「フロンティアニュース」の総合プロデューサーを務める秀平を佐々木蔵之介さん、元新聞社の社長で、現在は論説委員としてコラムを寄稿している“新聞界のレジェンド”寛を段田安則さんがそれぞれ演じる。

ドラマ「和田家の男たち」のあらすじ