東京、愛だの、恋だの ニュース

第5話 臼田あさ美&市川由衣が久々に再会

女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話のワンシーン(C)Paravi
女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話のワンシーン(C)Paravi

 女優の松本まりかさん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話「The grass is always greener on the other side」の配信が10月2日に始まった。

 かえ(松本さん)の所属していた大学写真部の先輩・横山涼子(臼田あさ美さん)は、39歳の専業主婦。夫・浩介(尾上寛之さん)と10歳の息子と共に、平凡だが幸せに生活し、彩りの良い弁当の写真をSNSに投稿している。

 羽柴夏樹(市川由衣さん)は涼子と同い年。写真部の同期で、フォトグラファーとして活躍中だ。SNSにアップされた撮影先の写真からは、充実した仕事ぶりがうかがえる。

 写真部の同期会が開かれ、涼子と夏樹は久々に再会。互いのSNSをチェックし合っていた2人は……。

 映画「百万円と苦虫女」(2008年)、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)などで知られるタナダユキ監督と松本さんが初タッグを組んだドラマ。大都会・東京で懸命に生きようとする女性たちの実情に迫り、それぞれの日常を優しく描くことで見る者の共感を誘う恋愛群像劇だ。松本さんは東京の賃貸不動産会社で働く35歳の和田かえを演じる。

ファーストサマーウイカ、印象ガラリ! “オフ感”あふれるメガネ姿 「東京、愛だの、恋だの」で独身女子役

Paraviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」の場面写真(C)Paravi
Paraviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」の場面写真(C)Paravi

 女優の松本まりかさんが主演する動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」から、第4話~最終話のあらすじが公開された。第6話では、タレントのファーストサマーウイカさんが、東京で独身を謳歌(おうか)する30歳のウェブデザイナーの大森すみれ役を演じる。劇中には“オフ感”あふれるメガネ×パーカ姿も披露し、普段の“ばっちりメーク”のファーストサマーウイカさんとは異なる雰囲気を醸し出している。

 併せて、第4話~最終話で使用される楽曲も明らかになった。第4話では音楽グループ「Awesome City Club」の「Lullaby for TOKYO CITY」、第5話では大橋トリオさんの「東京ピエロ feat.平井堅」、第6話ではバンド「雨のパレード」の「Tokyo」、最終話では手嶌葵さんの「東京」が流れる。

 ドラマは、大都会・東京で懸命に生きようとする女性たちの実情に迫り、それぞれの日常を優しく描く恋愛群像劇。松本さんは東京の賃貸不動産会社で働く35歳の和田かえを演じる。

 各話のあらすじは以下の通り。

 ◇第4話

 32歳の弁護士・正木優子(趣里さん)は、夫の浮気に悩む多田美咲(安藤聖さん)から相談を受ける。美咲は離婚せずに相手の女性から高額の慰謝料を取りたいといい、優子は必要な証拠集めをするが難航。そんな中、美咲と浮気相手の知恵(安藤玉恵さん)が直接会って示談交渉することに。優子は双方の言い分を聞き、自身の人生設計を見直す。

 ◇第5話

 かえが所属していた大学の写真部の先輩・横山涼子(臼田あさ美さん)は、39歳の専業主婦。夫・浩介(尾上寛之さん)と10歳の息子と平凡だが幸せな毎日を送っており、SNSには彩りの良いお弁当の写真を投稿している。一方、涼子と写真部の同期である羽柴夏樹(市川由衣さん)は、フォトグラファーとして活躍。SNSにアップされた写真からは充実した仕事ぶりがうかがえる。そんな中、写真部の同期会が開かれ、涼子と夏樹は久々に再会。異なる道を歩きながら互いのSNSをチェックし合っていた2人は……。

 ◇第6話

 かえの会社の仕事を請け負うウェブデザイナーの大森すみれは、東京で独り身を謳歌する30歳。とにかく煩わしい人付き合いが苦手だったが、ある日、ふとしたことでケガを負って入院することになり、孤独な入院生活に不便や寂しさを感じ始める。退院が決まるも、一人で荷造りをするのもままならず、困っているところにかえが駆け付け……。

 ◇最終話(第7話)

 かえは、大学時代の友人・芦屋勇作(毎熊克哉さん)から、東京を離れて北海道に移ることを聞かされる。その後、2人はさみしさや抱えきれない思いをぶつけ合うように、⼀線を越えようとする。そして、勇作が北海道へと発つ日。かえは友情以上の関係を育んできた勇作との関係を思い返し、居心地はいいが、恋人になったらこの関係は終わってしまう……と葛藤。かえは自分の人生と、東京という街を改めて見つめ直す。

(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi
(C)Paravi

松本まりか、恋をつまむ? 主演ドラマのキービジュアル 物語彩る楽曲も

動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」のキービジュアル(C)Paravi
動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」のキービジュアル(C)Paravi

 女優の松本まりかさんが主演する動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」のキービジュアルが9月10日、公開された。松本さんがドラマタイトルの「恋」の文字をつまむような姿が写し出されている。

 本作は、大都会・東京で生きる女性たちを描く恋愛群像劇で、タナダユキ監督がメガホンを取る。キービジュアルの背景には、タナダ監督が自ら描き下ろした東京タワーのイラストパターンが用いられている。

 併せて、第1~3話で流れる楽曲も明らかになった。大原櫻子さん、古川雄輝さんらが出演する第1話ではバンド「Nulbarich」の「TOKYO」、剛力彩芽さんらが出演する第2話では音楽グループ「ピチカート・ファイヴ」の「東京は夜の七時」、MEGUMIさんらが出演する第3話ではバンド「ジェニーハイ」の「東京は雨」が物語を彩る。また、Paraviの公式YouTubeチャンネルではドラマの予告映像も公開された。

 「東京、愛だの、恋だの」は9月11日からParaviで独占配信。同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信される。

梶裕貴、松本まりかの10年来の恋人に Paraviオリジナルドラマ出演 ゲストに剛力彩芽ら

動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」の出演者(C)Paravi
動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」の出演者(C)Paravi

 女優の松本まりかさんが主演する動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」のオールキャストが発表され、声優の梶裕貴さんが出演することが分かった。本作は、大都会・東京で生きる女性たちのリアルな“いま”を描く恋愛群像劇で、タナダユキ監督がメガホンを取る。松本さんが東京の賃貸不動産会社で働く35歳の主人公・和田かえに扮(ふん)し、梶さんはかえの10年来の恋人・橋本達也を演じる。

 併せて毎熊克哉さん、一ノ瀬颯さん、清水葉月さんが出演することも明らかになった。毎熊さんはかえの大学時代からの友人・芦屋勇作役、一ノ瀬さんはかえの同僚・松島はじめ役、清水さんはかえと勇作の大学時代からの共通の友人・古沢恭子役をそれぞれ務める。

 また、江口のりこさん、剛力彩芽さん、小関優太さんらもゲスト出演。江口さんは第1話でパーティーの司会者、剛力さんは第2話でかえを取材するフリーライター・奥野晴香、小関さんは第3話で若手写真の佐伯陸に扮する。

 松本さんは「とにかくゲストの方々が魅力的でした。皆さんが笑顔でタナダ組に入り、帰るときにはもっと笑顔で『まだいたい、終わりたくない』と名残惜しそうに帰る姿がいつも印象的で、この組の主演という立場をいただけたことに心から感謝する毎日でした」とコメント。「ゲストの皆さん演じる『弱くて、強くて、もろくて、かわいい』登場人物たちをぜひともお楽しみに! とても魅力的で、引きつけられることでしょう……!!」とアピールしている。

 ドラマは9月11日から「Paravi」で独占配信。同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信される。

 ◇各話のゲスト出演者は以下の通り(敬称略)

 ・第1話:大原櫻子▽古川雄輝▽江口のりこ▽大倉孝二▽板谷由夏

 ・第2話:剛力彩芽▽三浦貴大▽田中俊介

 ・第3話:MEGUMI▽小関裕太▽田中要次

 ・第4話:趣里▽安藤聖▽忍成修吾▽安藤玉恵

 ・第5話:臼田あさ美▽市川由衣▽尾上寛之

 ・第6話:ファーストサマーウイカ、長谷川朝晴

松本まりか、タナダユキ監督と初タッグ「やります」と即答 Paraviオリジナルドラマで主演

動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」に主演する松本まりかさん
動画配信サービス「Paravi」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」に主演する松本まりかさん

 女優の松本まりかさんが、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」に主演することが8月29日、明らかになった。映画「百万円と苦虫女」(2008年)、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)などで知られるタナダユキ監督がメガホンをとり、大都会・東京で生きる女性たちのリアルな“いま”を描く本作で、松本さんは、東京の賃貸不動産会社で働く35歳の主人公・和田かえを演じる。

 松本さんがタナダ監督とタッグを組むのは今回が初で、「『タナダユキ監督作品で連ドラ主演のお話が来ています』そう聞いたとき、すぐさま『やります』と答えたのを覚えています」と明かしている。

 ドラマは、東京で懸命に生きようとする女性たちのリアルな実情に迫り、それぞれの
日常を優しく描くことで、見る者の共感を誘う恋愛群像劇となる。松本さん演じる和田かえは、10年間付き合っている恋人とそろそろ結婚を考えているものの、どこかぎこちなさを感じている。一方で、大学時代からの男友達との関係に安らぎを見いだしていて……というキャラクターだ。

 また、主人公をとりまくさまざまな人々として、婚約者と新居を探すプレ花嫁、運命の相手を求めてマッチングアプリを始めるフリーライター、華やかな活躍の裏で孤独を感じているバリキャリ、夫の不倫相手を憎む妻からの依頼を通して自身の人生設計を見つめ直す弁護士、専業主婦とフォトグラファーという対照的な人生を送る友人同士、煩わしい人間関係を避けてきたがゆえに将来への不安を実感することになるウェブデザイナーも登場する。

 タナダ監督は「『東京、愛だの、恋だの』という物語は、東京という街で、愛を語り時にささやき、恋にときめき涙する、キラキラした人たちを、全く描いておりません」と前置きし、「いい大人になってもなお、愛ってなんだ?と問答し、恋に戸惑い嘔吐(おうと)する、そんな不器用な、スネに傷を抱えた大人たちがその傷をひた隠しにしながら、必死に生きる物語です」と説明する。

 一方、松本さんは「監督からは『出てくる登場人物の中で一番普通の感覚を持った人でいてほしい』『今まで見たことのない松本まりかを撮りたい』といううれしいオーダー。ならば、私が今までやったことないアプローチを……と考えた結果、これまでお芝居に必要だと思っていたことを一旦やめてみることにしました」と振り返る。

 さらに「身一つで、えいっと、タナダ組に委ねてみたら、もう楽しくて楽しくて笑い転げてばかり。今芝居も日常も毎日が楽しくて、こんな世界があったんだ、と。私にとって、すてきな変化をもたらしてくれたこの作品。私が演じる主人公『かえ』にも、悩み多き大都会東京の日常の出会いの中ですてきな変化が起きます」といい、「見てくださる皆さんの日常にも、そんなすてきな変化の可能性って常に備わっているんだ、ということを感じてもらえるドラマになったらいいなって思っています」と思いを語った。

 ドラマは9月11日からり「Paravi」で独占配信。同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信される。

東京、愛だの、恋だの2021年9月11日から「Paravi」で独占配信。
同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信。