東京、愛だの、恋だの あらすじ

東京、愛だの、恋だのあらすじ

 ドラマ「東京、愛だの、恋だの」は、女優の松本まりかさんが主演を務め、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信されるオリジナルドラマ。映画「百万円と苦虫女」(2008年)、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)などで知られるタナダユキ監督がメガホンをとり、大都会・東京で生きる女性たちのリアルな“いま”を描く本作で、松本さんは、東京の賃貸不動産会社で働く35歳の主人公・和田かえを演じる。

 ドラマは、東京で懸命に生きようとする女性たちのリアルな実情に迫り、それぞれの
日常を優しく描くことで、見る者の共感を誘う恋愛群像劇となる。松本さん演じる和田かえは、10年間付き合っている恋人とそろそろ結婚を考えているものの、どこかぎこちなさを感じている。一方で、大学時代からの男友達との関係に安らぎを見いだしていて……というキャラクターだ。

 また、主人公をとりまくさまざまな人々として、婚約者と新居を探すプレ花嫁、運命の相手を求めてマッチングアプリを始めるフリーライター、華やかな活躍の裏で孤独を感じているバリキャリ、夫の不倫相手を憎む妻からの依頼を通して自身の人生設計を見つめ直す弁護士、専業主婦とフォトグラファーという対照的な人生を送る友人同士、煩わしい人間関係を避けてきたがゆえに将来への不安を実感することになるウェブデザイナーも登場する。

 ドラマは9月11日からり「Paravi」で独占配信。同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信される。

ドラマ「東京、愛だの、恋だの」のあらすじ

第3話のあらすじ “バリキャリ”MEGUMI、“15歳下”小関裕太が異動してきて…?

女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第3話のワンシーン(C)Paravi
女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第3話のワンシーン(C)Paravi

 女優の松本まりかさん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第3話「恋はいつでも」の配信が9月18日に始まった。

 かえ(松本さん)のジム仲間・本宮冬子(MEGUMIさん)は化粧品会社勤務の39歳。「だから女は」と言われないよう常に冷静に振る舞い、周囲に一目置かれる“バリキャリ”だ。

 しかし、中身は“おじさん”。すてきな彼氏がいると思いきや、男性たちは次々と冬子の元を去り、気付けばフリー。

 冬子の部署に15歳下の佐伯陸(小関裕太さん)が異動してくる。男性高級化粧品を作る夢がある佐伯は素直な頑張り屋で、冬子に好意的。佐伯を指導するうち、冬子の中にいつもと違う感情が芽生え始め……。

第5話 臼田あさ美&市川由衣が久々に再会

女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話のワンシーン(C)Paravi
女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話のワンシーン(C)Paravi

 女優の松本まりかさん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第5話「The grass is always greener on the other side」の配信が10月2日に始まった。

 かえ(松本さん)の所属していた大学写真部の先輩・横山涼子(臼田あさ美さん)は、39歳の専業主婦。夫・浩介(尾上寛之さん)と10歳の息子と共に、平凡だが幸せに生活し、彩りの良い弁当の写真をSNSに投稿している。

 羽柴夏樹(市川由衣さん)は涼子と同い年。写真部の同期で、フォトグラファーとして活躍中だ。SNSにアップされた撮影先の写真からは、充実した仕事ぶりがうかがえる。

 写真部の同期会が開かれ、涼子と夏樹は久々に再会。互いのSNSをチェックし合っていた2人は……。

 映画「百万円と苦虫女」(2008年)、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)などで知られるタナダユキ監督と松本さんが初タッグを組んだドラマ。大都会・東京で懸命に生きようとする女性たちの実情に迫り、それぞれの日常を優しく描くことで見る者の共感を誘う恋愛群像劇だ。松本さんは東京の賃貸不動産会社で働く35歳の和田かえを演じる。

第6話 ファーストサマーウイカ、孤独な入院生活

女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第6話のワンシーン(C)Paravi
女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第6話のワンシーン(C)Paravi

 女優の松本まりかさん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」第6話「東京alone」の配信が10月9日に始まった。

 かえ(松本さん)の会社の仕事を請け負うWebデザイナー・大森すみれ(ファーストサマーウイカさん)は、東京で独身を謳歌(おうか)する30歳。煩わしい人付き合いが苦手で、仕事上のやり取りもいつもぶっきらぼうで、かえを困惑させることもしばしば。

 ある日、すみれはけがで入院。孤独な入院生活に不便や寂しさを感じ始めたすみれは、退院が決まっても、一人で荷造りするのもままならず困っていた。そこへ、すみれを心配したかえが駆け付け……。

 映画「百万円と苦虫女」(2008年)、「ふがいない僕は空を見た」(2012年)などで知られるタナダユキ監督と松本さんが初タッグを組んだドラマ。大都会・東京で懸命に生きようとする女性たちの実情に迫り、それぞれの日常を優しく描くことで見る者の共感を誘う恋愛群像劇だ。松本さんは東京の賃貸不動産会社で働く35歳の和田かえを演じる。

最終話 “勇作”毎熊克哉、東京を離れることに

女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」最終話のワンシーン(C)Paravi
女優の松本まりかさんが主演を務めるParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」最終話のワンシーン(C)Paravi

 女優の松本まりかさん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」最終話「東京の人」の配信が10月16日に始まった。

 勇作(毎熊克哉さん)から「東京を離れて北海道に移ることにした」と聞いたかえ(松本さん)。2人は、寂しさや抱えきれない思いをぶつけ合うように、一線を越えようとする。

 勇作が北海道へたつ日、かえは勇作との思い出を振り返る。写真部の新歓コンパで初めて顔を合わせて以来、友情以上の関係を育んできた。勇作との関係は居心地がいいけれども、恋人になったらこの関係は終わってしまうのか? かえは、自分の人生、東京という街を改めて見つめ直し……。

東京、愛だの、恋だの2021年9月11日から「Paravi」で独占配信。
同日正午に第1、2話の配信がスタートし、以降毎週土曜に1話ずつ配信。