凛子さんはシてみたい ニュース

<SNS反響>高田夏帆&戸塚祥太のラブシーンに「ドキドキしすぎ」「息できない」 「凛子さん」トレンド入り

連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第2話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第2話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがダブル主演を務める連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS・TBS)の第2話が、10月26日深夜に放送。高田さんと戸塚さんによるラブシーンが描かれ、SNSで「ドキドキしすぎて全身固まる」「息できない」と話題になり、ツイッターでは「凛子さん」がトレンド入りした。

 「未経験」であることを上坂(戸塚さん)に告げた凛子(高田さん)は、今度こそ“シて”みたい、と「脱・未経験パートナー協定」を提案。2人は再びホテルで会うことにした。その約束の火曜日。ホテルで凛子は何度も「恋人ではないのでキスはしない」などルールを確認する。そんな凛子の姿を見て、上坂は「まだ覚悟できてないんだ?」と一蹴。ゆっくり距離を詰めた上坂は凛子を抱き寄せ、「おしゃべりはもういいから。今日は逃げるのなし」と発言。いよいよ“ハジメテ”の時を迎えて……という展開。

 ついに卒業した2人だったが、上坂はソファで煙草をくゆらせて余裕の表情。上坂の様子に納得のいかない凛子が詰め寄ると、上坂は顔を伏せながら「余裕あるくらいさせろよ」と反応する場面には、視聴者から「このセリフ待ってた~~! キュンとするほんとに」「なんなん、好きになるやん」「凛子さんと同じタイミングでキュンとしてしまった……」「タバコ吸う戸塚祥太のビジュアルが最高で最強」などの声が挙がっていた。

 原作は 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破した藤田みおさんの同名マンガ。容姿端麗で仕事も完璧ながら、異性との“経験”が無いというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜0時58分に放送。

<ドラマ紹介>「凛子さんはシてみたい」 高田夏帆がラブシーン初挑戦、戸塚祥太とW主演 今夜スタート

連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがダブル主演を務める連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS・TBS)が、10月19日深夜にスタートする。容姿端麗で仕事も完璧ながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。高田さんはラブシーンに初挑戦する。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。

 高田さんは、容姿端麗だが、男性経験がない27歳の雨樹凛子(あまき・りんこ)、戸塚さんは、女性からの人気も高く、仕事の評価も高いが、凛子と同じく異性との経験がない27歳の上坂弦(かみさか・げん)を演じる。

 また、弦と小中高の同級生でバー店長の久地直役で飯島寛騎さん、凛子の幼なじみの木場園子役で人気YouTuber「ヴァンゆん」のゆんさん、凛子と弦が働く結婚式場で映像クリエイターをしている映像作家の緋山余一役に猪塚健太さんらが出演。

 27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”・雨樹凛子。完璧に見える彼女だが、密かにコンプレックスを抱えていた。それは27歳にして経験がないということ。ひそかに気になっている緋山余一にはバレたくないため、親友の木場園子と合コンに明け暮れている。

 ある日、偶然入ったバーで、同期の上坂弦に会う。ウエディングアドバイザーとして契約数1位を誇る上坂は、容姿端麗で女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。しかし、小中高校が同級生だというバーテンダーの久地直によって、上坂も経験がないことが明らかに。ピンときた凛子は、上坂をホテルに誘い……と展開する。

 MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜0時58分に放送。初回のみMBSは深夜1時14分、TBSは深夜1時43分スタート。 

高田夏帆「凛子さんはシてみたい」でラブシーン初挑戦 「いまだに父に言えてない」と告白

連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真=MBS提供
連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真=MBS提供

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがこのほど、ダブル主演を務める連続ドラマ「ドラマイズム 凛子さんはシてみたい」(MBS・TBSほか)の取材会に参加。本作でラブシーンに初挑戦する高田さんは「結構、マネジャーさんと会議をしました。そしていまだにお父さんに言えてないです」と告白していた。

 高田さんは取材会の数日前、父親からドラマについて聞かれたといい、「タイトルを言ったら、お父さんドキッてしちゃうって思ったんです。『相手は誰なんだ?』って言われて、『戸塚さんだよ』って写真を見せたら『……』」といった反応だったという。高田さんの話を聞いていた戸塚さんは、「あら、怖い! パパだからね(笑い)」とおどけた表情でリアクションしていた。

 一方、戸塚さんは「自分がこういう役をやらせてもらうことは、もうないと思うので。そういう意味で、めちゃくちゃ取り組んでいます」と意気込み。「A.B.C-Z」メンバーの橋本良亮さんも、「痴情の接吻」(ABC)でのラブシーンが話題になっていたが、「今回も話題になると思います。未経験の2人のそういうシーンだから、味わったことのないシーンになると思います」とアピールしていた。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。容姿端麗で仕事も完璧でありながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。

 高田さんは、容姿端麗だが、男性経験がないというコンプレックスを持つ27歳の雨樹凛子(あまき・りんこ)、戸塚さんは、女性からの人気も高く、仕事の評価も高いが、凛子と同じく異性との経験がない27歳の上坂弦(かみさか・げん)を演じる。

 ドラマは10月19日スタート。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜0時58分に放送。初回のみMBSは深夜1時14分、TBSは深夜1時43分スタート。

高田夏帆&戸塚祥太 秘めた欲望を影で表現 W主演「凛子さんはシてみたい」ポスタービジュアル解禁

連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」のポスタービジュアル(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」のポスタービジュアル(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがダブル主演を務める連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS・TBS)のポスタービジュアルが10月11日、公開された。人望が厚い“いい女”の雨樹凛子(高田さん)と、容姿端麗で仕事もできる“ハイスペ男子”な上坂弦(戸塚さん)が凜とした表情を浮かべている半面、“シたことがない”2人の秘めた欲望が、影で表されている。

 またエンディング主題歌に、安斉かれんさんの楽曲「夜は未完成」が採用されたことも発表された。エンディング主題歌バージョンのドラマ予告も、MBSの公式YouTubeチャンネルで併せて解禁されている。

 安斉さんは「この曲は満たされない感情を描いた切なさあふれるラブソングになっているので、ぜひ、ドラマと合わせて『夜は未完成』も聴いていただけるとうれしいです」とアピールしている。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。容姿端麗で仕事も完璧ながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。

 ドラマは10月19日スタート。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送。

「仮面ライダービルド」ヒロイン・高田夏帆、A.B.C-Z戸塚祥太とドラマW主演 「“うぶキュン”なラブシーンも」

10月スタートの連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」にダブル主演する高田夏帆さん(左)と戸塚祥太さん (C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
10月スタートの連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」にダブル主演する高田夏帆さん(左)と戸塚祥太さん (C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 2017~18年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダービルド」でヒロイン・石動美空(みーたん)を演じた女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんが、10月からMBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で放送される連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」でダブル主演を務めることが9月21日、分かった。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。容姿端麗で仕事も完璧でありながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。

 高田さんは、27歳にしてウエディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れを得た雨樹凛子(あまきりんこ)を演じる。凛子は容姿端麗であるが、男性経験がないというコンプレックスを持つ。一方、戸塚さんは、凛子の同期・上坂弦(かみさかげん)を演じる。女性からの人気も高く、仕事の評価も高いが、凛子と同じく異性との経験がない。

 高田さんは、「“うぶキュン”なラブシーンもあるので、父には放送日未定とぼやかしていますが、父以外の皆さんには10月19日からの放送をぜひご覧いただきたいです! マンガ原作のドラマ出演は夢の一つでした。愛すべきこじらせ凛子さんを精いっぱい演じたいと思います」と意気込みを語っている。

 また、地上波の恋愛ドラマで初主演を務める戸塚さんは、「少女マンガの原作ドラマに出演すると聞いた際は、正直とても驚きました。演じる上坂弦と僕には相当な距離感があり、アプローチ方法に日々頭を悩ませています。高田さんや椿本(慶次郎)監督の作品に対する姿勢には、刺激を受け、ときに斬新な発想でハッとさせられております」とコメント。

 「新しい扉を開けるワクワクを感じながら、チーム一丸となって楽しく撮影しております。原作からにじみ出る“うぶキュン”をしっかり伝え、藤田先生の世界観を愛しているファンの方々に『参った!』と感じていただけるように撮影現場で切磋琢磨(せっさたくま)していきます。ぜひ、放送を楽しみにしていてください」とアピールしている。

 原作者の藤田さんは、「ドラマ化なんて自分には縁のない話だと思っていたので、まさかの出来事でした。こんな夢のような出来事を体験できたのは、読者の方々や、この作品を一緒に作ってくださっている方々のおかげだなとしみじみ感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。演じてくださる俳優さん、ドラマの企画、制作に携わってくださっている皆さん、他にも想像もつかないほどたくさんの人の手で作られるドラマ版凛子さんを、1人でも多くの方に見ていただきたいです。私もとても楽しみにしています!」とコメントを寄せた。

 ドラマは10月19日スタート。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送。

(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

凛子さんはシてみたいMBS・TBS深夜「ドラマイズム」枠
2021年10月19日スタート。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送。