ファイトソング キャスト

ファイトソングキャスト

清原果耶
間宮祥太朗
菊池風磨
稲森いずみ
栗山千明
橋本じゅん
戸次重幸
東啓介
藤原さくら
莉子
窪塚愛流
若林時英

清原果耶、2022年1月期TBS“火10”で民放ドラマ初主演 岡田惠和オリジナル脚本で夢破れたスポ根ヒロインに

2022年1月期にTBSの「火10枠」で放送される「火曜ドラマ『ファイトソング』」で主演を務める清原果耶さん(C)TBS
2022年1月期にTBSの「火10枠」で放送される「火曜ドラマ『ファイトソング』」で主演を務める清原果耶さん(C)TBS

 10月に終了したNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」でヒロインを好演した女優の清原果耶さんが、2022年1月期にTBSの「火10枠」(火曜午後10時)で放送される「火曜ドラマ『ファイトソング』」で主演を務めることが11月18日、分かった。清原さんが民放ドラマの主演を務めるのは初めてで、朝ドラ「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さんが脚本を手がける。

 ドラマは、空手の日本代表の夢が破れた“人生ドン底”の主人公・木皿花枝(きさら・はなえ、清原さん)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かっていくオリジナルストーリー。落ちぶれた一発屋ミュージシャン・芦田春樹、チャラいが花枝をずっといちずに思い続けている幼なじみの夏川慎吾との、不器用な3人によるじれったくて切ない恋模様も描く。

 清原さんは「ドラマのお話をいただいたときは、私がやってもいいのだろうか?という気持ちが少しありました。緊張していますが、民放ドラマ初主演という形で作品に参加させていただくので、自分にできることを120パーセント出せたらいいなと思います」とコメント。演じる花枝については「ずっと空手一筋で恋もしたことがなかったスポ根女子で、人との出会いで成長していき、持ち前の明るさとスポーツ根性で、逆境を跳ね飛ばしていく、とてもポジティブな女の子です」と紹介した。

 清原さんは、クランクイン前から空手の練習を重ねているといい、「空手に初挑戦できたことがうれしく、練習を頑張っていますので、空手シーンもぜひ見ていただきたいです。毎週火曜日、皆さんに楽しんでいただけるようなドラマをスタッフ、キャストの皆さんと作っていけたらと思います」とアピールした。

 脚本を担当する岡田さんは「『ファイトソング』は、人生に力を、そして心を動かしてくれるものとしての“恋”を巡る物語。清原さんに演じていただく花枝が“恋すること”に取り組むことによって、さまざまな感情を知っていく、そんな楽しいけどちょっと切ないラブコメディーです。“内に秘めた美しい芝居”で朝ドラの大役を全うされた清原さんには、今回は“動”の芝居を書いてます。思い切りガンガンしゃべって、からっと怒って、けらけら笑って、思い切り走って、叫んで。こういう役も清原さんは似合うはず。絶対彼女が演じるとステキになると信じて書いております。筆が走ります」とコメントを寄せている。

Sexy Zone菊池風磨、「ファイトソング」で“火10”枠初出演 清原果耶めぐり“ドラマデビュー同期”の間宮祥太朗と三角関係に

連続ドラマ「ファイトソング」に出演する菊池風磨さん(右)と間宮祥太朗さん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」に出演する菊池風磨さん(右)と間宮祥太朗さん(C)TBS

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが、女優の清原果耶さんが主演を務める来年1月期の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが明らかになった。菊池さんは同枠初出演で、13年ぶりの共演となる間宮祥太朗さんと、清原さん演じる主人公との三角関係を繰り広げる。菊池さんと間宮さんは、2008年10月期の連続ドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」(日本テレビ)で、共にクラスメート役としてドラマデビューを果たしており、バラエティー番組での共演はあるものの、ドラマでの共演は約13年ぶりとなる。

 ドラマは、空手の日本代表の夢が破れた“人生ドン底”の主人公・木皿花枝(きさら・はなえ、清原さん)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かっていくオリジナルストーリー。落ちぶれた一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮さん)、チャラいが花枝をずっといちずに思い続けている幼なじみの夏川慎吾(菊池さん)との、不器用な3人によるじれったくて切ない恋模様も描く。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さんが脚本を手がける。

 菊池さんが演じる慎吾は、キャンピングカーに道具を積んでハウスクリーニング業を営み、いちずに花枝を思い続けている幼なじみ。見た目はチャラいが、優しくて明るく天真らんまんな性格で、花枝を思い続けてきたというけなげな役どころだ。しかし、突然現れた芦田と花枝の急展開の関係に焦りを感じ……。花枝への愛情全開な慎吾と、それを気にも留めない花枝の、コミカルながらどこかキュンとするやり取りも見どころになるという。

 ◇菊池風磨さんのコメント

 僕が火曜よる10時枠に呼んでいただけると思ったことがなかったので、オファーを受けて、率直にびっくりしました。真っすぐな恋愛ドラマに出させてもらえて本当に感謝しております。僕が演じる慎吾はとにかく恋にいちずな花枝の幼なじみです。「ファイトソング」の登場人物全員がとにかく真っすぐ。いろいろな人の真っすぐな矢印が、いろいろな所に向いているので、演じてきっと楽しいだろうなと期待があります。さまざまな歯がゆいシーンを見ることが今から楽しみです。間宮くんとはドラマデビュー作が一緒で、当時から背は高いですし、印象は変わらないですね。当時は「デビュー作一緒だね」と話していましたし、仲が良かったです。バラエティー番組では共演していますが、まさかこんな形でまた共演できるとは思っていなかったので、うれしいです。

 今作はピュアな作品で、一人一人強いところも、弱いところも見えるような、そんなドラマになっていると思います。ぜひみなさんも自分と重ねてみていただいて、また明日から前向きに頑張ってみようと思ってもらえるようなドラマにしたいと思います。みんなで楽しく明るく元気にやっていきますので、ぜひご覧ください!

間宮祥太朗、“火10”枠で三角関係再び! 清原果耶めぐり菊池風磨と 来年1月期「ファイトソング」

連続ドラマ「ファイトソング」に出演する間宮祥太朗さん(左)と菊池風磨さん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」に出演する間宮祥太朗さん(左)と菊池風磨さん(C)TBS

 女優の清原果耶さんが主演を務める来年1月期の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に、俳優の間宮祥太朗さんと人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが出演することが明らかになった。間宮さんは1年前に同じ“火10”枠で放送された「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で主人公に思いを寄せるも、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さん演じるライバルに敗れた先輩役を好演して話題を呼んだ。今回、玉森さんの事務所の後輩で、同枠初出演となる菊池さんと、清原さん演じる主人公をめぐって恋の三角関係を繰り広げる。

 ドラマは、空手の日本代表の夢が破れた“人生ドン底”の主人公・木皿花枝(きさら・はなえ、清原さん)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かっていくオリジナルストーリー。落ちぶれた一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮さん)、チャラいが花枝をずっといちずに思い続けている幼なじみの夏川慎吾(菊池さん)との、不器用な3人によるじれったくて切ない恋模様も描く。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さんが脚本を手がける。

 間宮さんが演じる芦田は、花枝が空手の試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者で、現在は落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン。コミュニケーション能力が底辺で、本気で人を好きになったことがなく恋愛経験もほぼないという役どころ。マネジャーから「人の心が分からないから良い曲が書けないんだ」「あと2カ月でヒット曲を出さなければ契約を打ち切る」と言い渡され、クビ寸前の崖っぷち。そんな芦田が、ひょんなことで出会った花枝と、人の心を知って良い曲を書くために「うそだけど本気の恋愛」にチャレンジしていく。恋愛を通して再起をしようと奮闘する芦田の成長も見どころの一つになるという。

 間宮さんと菊池さんは、2008年10月期の連続ドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」(日本テレビ)で、共にクラスメート役としてドラマデビューを果たしている。それ以降、バラエティー番組での共演はあるものの、ドラマでの共演は約13年ぶりとなる。

 ◇間宮祥太朗さんのコメント

 2021年の1月期火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演させていただいたので、もうこの枠に呼ばれないかなと思っていましたが、まさか1年後にまた呼んでいただけてうれしかったです。僕が演じる芦田は一発屋のミュージシャンです。ピアノを弾いている役ですが、僕は小さい頃ピアノを少し習っていましたがすぐ辞めてしまいました。苦戦していますが、今回本格的にピアノの練習をしています。ピアノ演奏にもご注目ください。また、菊池君とはドラマデビュー作が一緒で、その頃からの明るい印象は変わっていないですね。今回また共演できて本当にうれしいです。

 「ファイトソング」というタイトルからも伝わる通り、このご時世、大変なことがあったりした中で応援歌になれるようなドラマになればと思っています。毎週火曜日が楽しみになるよう、僕らも頑張りますのでぜひよろしくお願いします。

稲森いずみ、「ファイトソング」で清原果耶の母親的存在 栗山千明、橋本じゅん、戸次重幸も

2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」に出演する(左から)栗山千明さん、橋本じゅんさん、戸次重幸さん、稲森いずみさん(C)TBS
2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」に出演する(左から)栗山千明さん、橋本じゅんさん、戸次重幸さん、稲森いずみさん(C)TBS

 女優の稲森いずみさんが、清原果耶さん主演で2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが12月14日、分かった。主人公・木皿花枝(清原さん)たちが育った児童養護施設「あさひ学園」の施設長で、空手日本代表の夢に破れた花枝を叱咤する母親的存在の磯辺直美を演じる。

 直美は、小さいことは気にしない大らかで豪快な性格。花枝とその幼なじみ・夏川慎吾(菊池風磨さん)の考えは全てお見通しで、花枝たちの恋や生き方を見守っている、という役どころだ。

 稲森さんは「花枝たちにとっては母親的存在でもありますし、元気に明るく温かく見守る施設長でいようと思っております」とコメント。「恋愛の話だけではなく人間ドラマの部分も見どころ」だといい、「花枝がさまざまな逆境を乗り越えていくポジティブな姿が印象的です。個性豊かなキャラクターたちで台本を読めば読むほど展開が楽しみになります」と話している。

 栗山千明さん、橋本じゅんさん、戸次重幸さんの出演も発表された。栗山さんはミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)の事務所マネジャー・伊達弓子、橋本さんは花枝のある秘密を知る唯一の人物で医師の立石正嗣、戸次さんは「あさひ学園」の近所にある理髪店の店長・迫智也を演じる。

東啓介、“火10”「ファイトソング」でTBS連ドラ初出演 藤原さくら、窪塚愛流も

2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」に出演する(上段左から時計回りに)東啓介さん、藤原さくらさん、莉子さん、窪塚愛流さん、若林時英さん(C)TBS
2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」に出演する(上段左から時計回りに)東啓介さん、藤原さくらさん、莉子さん、窪塚愛流さん、若林時英さん(C)TBS

 今年1月期に放送された「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)のイケメン整体師役で話題になった東啓介さんが、清原果耶さん主演で2022年1月11日スタートの連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが12月19日、分かった。ミュージシャンの藤原さくらさん、俳優の窪塚洋介さんの息子の愛流(あいる)さんの出演も明らかになった。

 「ファイトソング」は、空手の日本代表の夢が破れた“人生ドン底”の主人公・木皿花枝(きさら・はなえ、清原さん)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かう姿を描くドラマ。花枝、一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)、幼なじみの夏川慎吾(菊池風磨さん)の3人による切ない恋模様も描かれる。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さんが脚本を手がける。

 東さんは芦田と一緒にバンドを組んでいた音楽仲間の烏丸薫(からすま・かおる)、藤原さんは、花枝と同じ児童養護施設で育った幼なじみで理容師の萩原凛、愛流さんは、ハウスクリーニング業を営む慎吾のもとで働く社俊哉をそれぞれ演じる。

 女性ファッション誌「Popteen」(角川春樹事務所)の元専属モデルで、ABEMAのオリジナルドラマ「ブラックシンデレラ」の主演でも知られる莉子さん、俳優の若林時英さんの出演も発表された。莉子さんが民放の連続ドラマに出演するのは初めてで、児童養護施設で暮らす高校生の松田穂香を演じる。若林さんは、愛流さん演じる俊哉と共に、慎吾のもとで働く社員・ヒデを演じる。ヒデと俊哉は、お笑い芸人の夢を追うコンビという役どころだ。

 東さんは「出演のオファーをいただいたときは、初めてのTBS火曜ドラマの出演で、すてきなキャストの皆様、スタッフの皆様と一緒にお仕事できることが本当にうれしかったです」とコメント。

 さらに、「僕の演じる烏丸薫という役は、今までの僕が演じたことのない、ある種の挑戦になる役だなと思っています。間宮さん演じる芦田春樹のかつてのバンド仲間で、今は芦田から金をもらいながら生活している、だけどなぜか憎めない愛らしさがあり、普段はぼけっとしていて何を考えているのかわからない。ここだけの要素だと、この人はどんな人なんだろうかと思われてしまうと思います。ですが、薫には薫なりの想(おも)いや考えがあり、それがどう芦田の力になっていくのか、そして薫自身は成長していくのか、ぜひ注目していただければと思います」と話している。

 また、藤原さんは、「TBSの火ドラは、続きが気になって気になって、『よーしこれから1週間頑張ろう』という気持ちにさせてくれるドラマが多いですし、『ファイトソング』というタイトルなだけあって、音楽のシーンもあるので楽しみです」とコメント。

 「そして、とにかく登場人物が全員可愛い。誰かの幸せが、誰かを悲しくしてしまうこともあるけれど、一生懸命全力で毎日を生きていく登場人物たちそれぞれの味方になってしまう、そんなお話だと思いました。さらに、それぞれの恋模様がどう進展していくのか、私と迫さん(戸次重幸さん)が冬なのになぜ半袖で理髪店でたくましく働いているのかも見どころです。お楽しみに!」と呼びかけている。

Sexy Zone菊池風磨、「ファイトソング」で清原果耶の幼なじみに 見た目はチャラいが中身はいちず!

連続ドラマ「ファイトソング」で夏川慎吾を演じるSexy Zoneの菊池風磨さん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」で夏川慎吾を演じるSexy Zoneの菊池風磨さん(C)TBS

 1月11日にスタートする女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)。岡田惠和さん脚本のオリジナル作品で、不器用な男女3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さん演じる夏川慎吾を紹介する。

 ◇明るく優しい幼なじみ! 全力愛情表現も相手にされず…

 ヒロイン・木皿花枝(清原さん)の幼なじみで、共に児童養護施設「あさひ学園」で育った。キャンピングカーに道具を積み、ハウスクリーニングを行う「サンシャインクリーニング」を営んでいる。

 見た目はチャラいが、天真らんまんで優しい性格。いちずに花枝を思い続け、全力で愛情表現しているが、花枝には相手にされていない。突然現れたミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)と花枝の急展開の関係に焦りを感じる。

間宮祥太朗、「ファイトソング」で落ちぶれた一発屋ミュージシャンに 清原果耶との出会いで心動く!

連続ドラマ「ファイトソング」で芦田春樹を演じる間宮祥太朗さん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」で芦田春樹を演じる間宮祥太朗さん(C)TBS

 1月11日にスタートする女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)。岡田惠和さん脚本のオリジナル作品で、不器用な男女3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。俳優の間宮祥太朗さん演じる芦田春樹を紹介する。

 ◇クビ宣告されたミュージシャン ヒットはすっかり過去の栄光に…

 芦田は、今や落ちぶれてしまった一発屋ミュージシャン。マネジャーの伊達弓子(栗山千明さん)から「あと2カ月でヒット曲を出さなければ契約を打ち切る」と言い渡され、クビ寸前に。

 本気で人を好きになったことがなく、恋愛経験もほぼない。「人の心が分からないから良い曲が書けない」と追い込まれた芦田は、ひょんなことで出会った木皿花枝(清原さん)に心を動かされ……。

清原果耶「ファイトソング」で夢に破れた人生どん底ヒロインに 間宮祥太朗と“崖っぷち”同士の出会い!

連続ドラマ「ファイトソング」で木皿花枝を演じる清原果耶さん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」で木皿花枝を演じる清原果耶さん(C)TBS

 1月11日にスタートする女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)。岡田惠和さん脚本のオリジナル作品で、不器用な男女3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。清原さん演じるヒロイン・木皿花枝を紹介する。

 ◇夢に破れ、無気力状態に… スポーツ根性で逆境に立ち向かう!

 花枝は、児童養護施設「あさひ学園」育ちで、空手の日本代表を目指していた。しかし、突然その夢を断たれてしまい、現在は人生どん底の無気力状態に。持ち前の明るさとスポーツ根性で、あらゆる逆境を跳ね飛ばしていく。

 空手一筋で恋もしたことがないが、ひょんなことからミュージシャンの芦田春樹(間宮祥太朗さん)と出会う。実は芦田は、花枝が試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者で……。

石田ひかり、「ファイトソング」でTBS“火10”初出演へ 「輝く季節の中で」以来26年ぶりの岡田惠和作品

ドラマ「ファイトソング」に出演する石田ひかりさん (C)TBS
ドラマ「ファイトソング」に出演する石田ひかりさん (C)TBS

 女優の石田ひかりさんが、清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが1月16日、分かった。石田さんが火曜午後10時台の同局のドラマに出演するのは初めて。本作の脚本は岡田惠和さんのオリジナルで、岡田さんが脚本を手がけた作品に出演するのは、主演した1995年4月期の連続ドラマ「輝く季節(とき)の中で」(フジテレビ系)以来、約26年ぶり。石田さんは「約26年ぶりに岡田惠和さんの台本が手元にある幸せをかみ締め、ニヤニヤする日々です」と話している。

 ドラマは、空手日本代表の夢に破れたヒロイン・木皿花枝(清原さん)、落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)、ヒロインをいちずに思い続ける幼なじみ・夏川慎吾(菊池風磨さん)の不器用な3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。

 石田さんは、20代で聴力を失ったグラフィックデザイナー・杉野葉子を演じる。葉子は18日放送の第2話から登場。花枝はハウスクリーニングの仕事を通して葉子と出会い、自分が抱える問題と照らし合わせて思い悩むものの、葉子の人柄に触れるうちに親しくなっていき、人に話せないようなことも相談できる間柄になっていく。

 石田さんは「私の演じる役は聴覚障がいのあるグラフィックデザイナー・杉野葉子です。私は葉っぱの『葉子』という名前が昔から好きで、今回このお名前をいただいて、とってもうれしかったです。清原果耶さん演じる花枝ちゃんとは、『葉っぱ』と『花』と『枝』とで、今後もつながっていくのかなと勝手に想像しております」とコメント。

 「『人生最大つらい』(と語る)花枝ちゃんの希望になれるよう存在していかなければと気を引き締めております。誰もが味わう人生の挫折や苦しみの中、もがきながらも前を向いて生きていく姿、花枝の人生はどうなるのか? 芦田は二発目を生み出せるのか? 私も楽しみです。どうぞご期待くださいませ!」と呼びかけている。

前田旺志郎、BiSHハシヤスメ・アツコとロックな風貌の売れっ子ミュージシャンに 火10「ファイトソング」ゲスト出演

連続ドラマ「ファイトソング」第3話にゲスト出演する前田旺志郎さん(左)とハシヤスメ・アツコさん(C)TBS
連続ドラマ「ファイトソング」第3話にゲスト出演する前田旺志郎さん(左)とハシヤスメ・アツコさん(C)TBS

 俳優の前田旺志郎さんが、女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが1月19日、明らかになった。25日放送の第3話ゲストで、芦田春樹(間宮祥太朗さん)の家に乗り込んでくる同じ所属事務所の新進気鋭のミュージシャンを演じる。人気グループ「BiSH」のハシヤスメ・アツコさんの出演も発表された。前田さんと同じ役どころで、ロッカー風のド派手な見た目の男女コンビとして登場する。

 第3話では、事務所との契約解除が迫る芦田のもとに、2人が次の入居者として部屋の下見に訪れ、身勝手な振る舞いで芦田を追い込んでいく…と展開する。

 前田さんは「普段僕はアクセサリーを全くつけないのですが、この役では全ての指にアクセサリーをはめたんです。このようなメークも初めての経験でしたが、今回のような格好をするとロックな気持ちを味わえて、演じていて楽しかったです」とコメント。「芦田を応援したい人が多い中、第3話に出てくる僕らはすごい嫌な存在かもしれません。ここから芦田がどうなっていくか僕もいち視聴者として楽しみにしています。僕らのことを嫌いにならずに楽しんで第3話を見ていただければと思います」と話している。

 ハシヤスメさんは「私が演じる役はすごく無口で、せりふは一言しか話しません。でもその一言が、間宮さん演じる芦田を追い込むのに結構重要で、芦田を『いかに追い込めるか』というのを考えてやらせていただきました」とこだわりを告白。「私も個人的には芦田を追い出したくないんですけど、頑張って“今売れてるアーティスト感”を出しながら悪役を演じさせていただいたので、そこも踏まえて見ていただけたらうれしいです」とアピールしている。

芋生悠「ファイトソング」第4話にゲスト出演 “花枝”清原果耶の空手仲間&ライバル役

「ファイトソング」に出演する芋生悠さん (C)TBS
「ファイトソング」に出演する芋生悠さん (C)TBS

 女優の芋生悠(いもう・はるか)さんが、清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)第4話(2月1日放送)にゲスト出演することが1月29日、明らかになった。清原さん演じる木皿花枝と同じ大学の空手部に所属し、ともに切磋琢磨(せっさたくま)したライバル・光(ひかり)を演じる。清原さんとは初共演となる芋生さんは「空手の練習を一緒にやっていく中で、関係値を少しずつ築いていく感覚が楽しかったです」とコメントした。

 芋生さん扮(ふん)する光は、花枝の突然の選手引退に人一倍心を痛めていたが、花枝と偶然再会する役どころ。空手が特技で小学1年生から9年間続けた実力者の芋生さんは、今回の役について「縁を感じ、とてもうれしかったです」と語る。劇中ではその実力を発揮し、パワフルな演技を披露している。